内定をもらった後はどうすれば良い?返答の方法や注意点を徹底解説

このページのまとめ

  • 内定通知をもらった後は、入社の意思とお礼を伝える
  • 内定とは、企業が応募者に対して採用すると判断し、働くことがほぼ決まった状態
  • 内々定は「内定の前の段階の内定」といった意味で、労働契約が成立していない
  • 内定をもらった後は、書類の提出や内定式参加などするべきことがたくさんある
  • 内定をもらった後に辞退をする場合、丁寧な言葉で理由と感謝の気持ちを伝える

内定をもらった後の流れとは?お礼メールは書く?内々定との違いも解説の画像

内定通知をもらった後は、どのような手順を踏むべきでしょうか?ポイントは、入社の可否に関わらず「早めの連絡」「感謝の気持ちを述べること」です。このコラムでは、内定の定義をはじめ、内定通知を受けた後に行うこと、内定辞退の仕方などを例文つきでご紹介しています。内定後の流れを詳しく知りたい方は、ぜひご一読ください。
 

内定をもらった後の4つの流れ

内定の連絡をもらった後は、なるべく早めに企業に返事をするのがマナーです。この項目では、内定通知を受けた後の基本的な流れを解説します。

1.内定連絡を受ける

内定通知は、電話やメールでの連絡が一般的です。携帯電話に連絡が入った場合、移動中のため電話に出られないケースもあるでしょう。就活中は留守番電話に設定し、メッセージの録音ができる状態にしておくと安心です。企業から着信があった場合や留守番電話にメッセージが残っていた場合は、折り返し連絡しましょう。

2.企業に返答をする

企業から内定の連絡を受けた後は、入社に対する意思を伝える必要があります。

入社を希望する場合

電話で内定の連絡をもらった場合、口頭で「入社を希望する」という旨を伝えましょう。内定への感謝の気持ちも忘れずに述べます。その際、企業側から今後の流れについて説明があるでしょう。メモをとるなどして、忘れないように気をつけましょう。

保留にしたい場合

「いくつかの企業から内定をもらっている」「別の選考の結果を待っている」など、すぐに返事できないこともあるでしょう。その際は理由を伝えて、内定の返答期限をたずねましょう。企業によって異なるため、期限に沿って返事をします。

辞退する場合

「すでに他社への入社が決まっている」「面接後に勤務条件が合わないと気づいた」など、いくつかの理由で内定を辞退することもあるでしょう。電話で入社の可否を問われた場合は、内定への感謝の気持ちを伝えてから、辞退の意思を述べましょう。その際、可能であれば辞退理由を簡潔に説明します。ただし、正直に伝えにくい場合は、「諸事情により」と述べてもかまわないでしょう。

3.内定承諾書を返送

内定が決まれば「内定承諾書」や「内定誓約書」などと呼ばれる書類の提出を求められます。内定通知書と同時に郵送されることが多いでしょう。ほかにも、入社の手続きに必要な書類が同封されていることもあるようです。入社する意思が固まっているのであれば、書類はできるだけ早く提出しましょう。

4.内定者懇談会に参加する

企業によっては、内定者懇親会が開かれることも。参加可否を問われることもあるため、事前にスケジュールを確認しておきましょう。懇談会の日程まで期間が空く可能性もありますが、気を緩ませずに社会人としての自覚を持って過ごしましょう。

▼関連記事
就活で内定をもらったときの対応!辞退するときの注意点
 

内定へのお礼メールは必要?

内定通知を受けたら、早めにお礼メールやお礼状を送るのが望ましいでしょう。どちらも送る際は、感謝の気持ちと入社に対する意欲を伝えることが重要です。下記に挙げた内定のお礼メールのテンプレートを参考に、自分の言葉で感謝の気持ちを伝えましょう。

件名:内定のお礼 ☓☓大学・◯◯(氏名)
本文:
株式会社 キャリアチケット商事
人事部 採用ご担当 △△様

お世話になっております。☓☓大学の◯◯と申します。
この度は内定のご連絡をいただき、誠にありがとうございました。 謹んでお受けしたいと思います。
来年4月の入社以降、貴社でいち早く活躍できるよう、勉学に励みながら残りの学生生活を過ごしていきたいです。今後とも何卒よろしくお願いいたします。

▼関連記事
好感度アップ!内定のお礼メールの書き方を攻略しよう
 

内定と内々定の違い

新卒就活における内定とは、企業が採用すると判断し、学生側も入社意志があることを指します。企業の内定通知に対し、応募者側も承諾して労働契約が成立することで、正式な内定となるのが一般的です。一方、内々定には「内定の前段階の内定」といった意味合いがあり、労働契約が成立していない状態といえます。内々定の段階では、書面での通知を行う企業は少ないようです。労働契約の締結前であるため、法的な拘束力はありません。内々定が取り消されたとしても、企業や就活生どちらにも法的な問題は発生しないのが基本です。
 

内定・内々定は取り消されることがある?

ここでは、内定や内々定が取り消しになる可能性や理由について解説します。

企業側の理由

企業側の経営状態の悪化などの事情によって、内定や内々定が取り消されるケースも考えられます。内定の場合は労働契約が成立しているため、取り消しは簡単に認められるものではないものの、天災やリーマンショックのような状況下であれば、内定が取り消されることもあるでしょう。

学生側の理由

内定を取り消されることには、学生側に理由があるケースもあります。学生側の理由として考えられるのは、留年や健康上の問題、経歴詐称、素行不良などです。内定が決まった後であっても、社会的な問題行動をしてしまった際には内定取り消しもあり得るでしょう。また、より高い評価を得たいからといって応募書類に虚偽の内容を書いてしまい発覚した場合にも、内定の取り消しが考えられます。日頃から、自分の行動に責任を持つように意識しておきましょう。

▼関連記事
内々定、内定の取り消しにあう事由とは?
 

内定を辞退する際のマナー

内定を辞退する際のマナーをお伝えします。以下で詳しく確認しましょう。

本当に辞退して良いのか考える

内定辞退の連絡には、「入社を辞退する」という意思を正式に示したことになります。そのため、内定辞退を取り消すことは原則できません。本当に内定を辞退してしまって良いのか十分に考えたうえで、内定辞退の連絡を入れましょう。

電話での連絡がベスト

内定辞退を伝える場合、基本的には電話で連絡しましょう。直接話したほうが辞退の旨を確実に述べることができ、お詫びの気持ちがストレートに伝わります。下記は、電話で辞退を伝える際の例文です。

お世話になっております、この度御社から内定通知をいただいた◯◯(氏名)と申します。
採用担当の△△様はいらっしゃいますか?

―担当者が電話に出る―

お世話になっております、この度内定通知をいただいた◯◯(氏名)です。内定のご連絡をいただき、ありがとうございます。大変申し上げにくいのですが、慎重な検討の結果、内定を辞退させていただきたく思い、ご連絡させていただきました。自分自身が今後、どのように社会貢献していけるか考えたところ、他会社でより力を発揮できるのではと感じ、他社への入社を決めました。
本来ならば直接伺うべきところ、電話での連絡になってしまったこと、深くお詫び申し上げます。また、 御社に大変ご迷惑をおかけしてしまい、申し訳ありません。

不在の場合はメールを送る

企業に電話が通じなかった場合は、内定辞退のメールを送りましょう。メール本文に「電話をしたが不在であった」という旨を書き添えておくと、失礼にあたりません。以下、内定辞退のメールの例文をご紹介します。

件名:内定辞退のご連絡 ☓☓大学◯◯(氏名)

本文:

株式会社キャリアチケット
人事部 人事課 △△様

お世話になっております。この度、貴社より内定通知をいただきました、☓☓大学の◯◯(氏名)です。
先ほどお電話させていただきましたが、ご不在とのことでしたのでメール文面にて失礼いたします。
この度は内定のご連絡、誠にありがとうございました。
このような有り難いお知らせをいただきながら、大変恐縮ではありますが、内定を辞退させていただきたく思います。
慎重に検討を重ねましたが、貴社の内定を辞退することを決めさせていただきました。
エントリーシートに目を通していただいたり、お忙しいなか面接を実施していただいたりと、貴重なお時間を割いていただいたのにも関わらず、ご期待に添えず大変心苦しく感じます。
本来直接お伺いし、辞退のお詫びの旨をお伝えすべきところですが、今回メールでのご連絡になってしまったこと、何卒ご容赦いただきたくお願い申し上げます。
ご担当してくださった△△様はじめ、採用に関わってくださった関係者の皆様に、心から感謝しております。
末筆ながら、貴社の益々のご発展を心よりお祈り申し上げます。
 

キャリアチケットについて

キャリアチケットは、就活生の最高のキャリアスタートを支援するサービスです。

20社内定した学生の就活ノートがもらえる! LINE友だち登録をする