新入社員の下準備!内定後のお礼メールにおけるマナー

このページのまとめ

  • 内定後のお礼メールは送った方が印象アップ
  • メールだけでなく、手紙や電話でもOK
  • マナーはビジネスメールと同じ
  • 内容は感謝と意気込みを簡潔にまとめて

長い就職活動にピリオドを告げる内定通知…もらった後は開放感で浮かれてしまいたくなりますよね。でもその前にもうひと仕事、「内定後のお礼メール」を出しましょう。お礼メールを出さなければいけない、という決まりはありませんが、メールを出すことで印象もアップします。新入社員としての下準備だと考えましょう。
 

内定後にはお礼メールが必要?

先にも述べましたが、内定後のお礼メールは必須ではありません。とは言え、感謝のメールをもらって気分を害する人はいないでしょうし、内定の喜びを伝えることに損はありません。

入社後に直接お礼を言いたいと考える人もいるでしょうが、配属部署によっては採用担当の方に会う機会を作ることが難しい場合もあるでしょう。「お礼を伝え逃してしまった…」と後悔しないように、前もってメールを出すことをおすすめします

内定通知がメールで来たときには、承諾返信の際にお礼を伝えておきましょう。その他、何か質問があってメールをする際にも、まず最初に感謝を述べてから要件に入ると良いです。

お礼メールの送り先は基本的には採用担当となります。ですが、内定先が小規模な会社で、採用段階から社長と接する機会が多かった場合などは、社長宛に出しても良いかもしれません。

また、直接面接などで関わっていない場合でも、もし就職活動中に大学の先輩やOG・OBなどお世話になった人がいたら、その方にも内定報告とアドバイスへのお礼メールを出しておきましょう。
 

内定のお礼は手紙でも良い?

お礼を伝える手段はメールに限らず、手紙で伝えてもOKです。ペーパーレスな企業であればメール、古風な気質の会社であれば手紙で送るなど、内定企業の雰囲気に合わせて手段を変えることをおすすめします。

手紙で送る際には、シンプルなデザインの便箋を選びましょう。ビジネスシーンに相応しい、白無地のものが理想的です。文字は黒インクのボールペンか、筆ペンを使って書きましょう。また、間違えたときは修正テープを使わず、書き直すこと。せっかくのお礼状なのに、修正後だらけでは格好がつきませんからね。

手紙でお礼状を送ることで、より丁寧な印象になるメリットはありますが、メール以上に誤字脱字や読みやすい文字などに気をつけなければなりません。時間もかかってしまいますし、自信がない人は避けておいた方が無難です。

その他、内定連絡が電話だった際には、受けた電話で直接お礼を伝えましょう。
 

お礼メールを送る際の基本的な注意点

まだ入社前とは言え、お礼メールも立派なビジネスメールです。これからお世話になる企業に失礼がないよう、基本的なマナーを押さえておきましょう。

まず最初に、内定通知を頂いたら、できるだけ早くお礼メール送るように心がけましょう。内定通知後、遅くとも1日以内の返信を目安と考えてください。送信時間は営業時間内であることも重要です。深夜や早朝などに送ることはマナー違反と心得ましょう。


また、当たり前のことですが誤字脱字には注意しましょう。特に相手の名前、配属先や所属部署、肩書などは絶対に間違えてはいけない箇所です。送る前に再度チェックしておきましょう。送信先アドレスにも注意し、間違えて採用担当以外の人に送ってしまわないように気をつけること。

その他、件名や著名の記入漏れ、CCやBCCに余計なアドレスが入っていないかなどもよく見ておきましょう。

▼関連記事
件名はわかりやすく!お礼メールのマナーと書き方

お礼メールの内容の各ポイント

ここからは、お礼メールの内容についてお話しましょう。各項目でポイントを紹介します。

件名は簡潔に

お礼メールの件名は「内定の御礼」や「採用内定の御礼」など、シンプルにまとめましょう。件名はひと目見て内容が分かる文言にすることが大事です。

まずは感謝の気持ちを伝える

お礼メールは、内定をもらえたことに対する喜びを伝えることが目的です。まずは採用してもらえて嬉しい気持ちを素直に述べましょう。
また、企業は選考に時間を費やしています。そのことに対する気遣いや感謝を含めておくことも、マナーの一つと覚えておきましょう。

抱負や意気込みを入れる

お礼の後には、入社後の抱負や意気込み入れましょう。そこまで詳しく書く必要はありませんので、「活躍できる人材を目指す」といったことを簡潔に述べるだけで十分です。

長くならならないように

採用担当は仕事中にこのメールを読みます。業務の負担とならないよう簡潔にまとめることを心がけましょう。文量の多さ=感謝の大きさ、ではありませんよ。
 

お礼メールの例文を紹介

上記で紹介したことを踏まえ、実際に送るメールの例文を見ながら振り返ってみましょう。まずは採用担当に宛てたお礼メールです。

例文①採用担当宛

-----------
□□株式会社
採用担当 ○○様

お世話になっております。
本日、貴社より内定通知を頂きました、◯◯大学の△△です。

この度の採用、誠にありがとうございます。今は喜びの気持ちでいっぱいです。
また、面接のためお時間をいただきましたことにも、感謝申し上げます。

入社後は、1日でも早くお役に立てますよう努力いたします。
今後ともご指導・ご鞭撻の程よろしくお願いいたします。
-----------

文量としてはこれぐらいが好ましいでしょう。また、挨拶文、感謝の気持ち、意気込みと、それぞれのセンテンスを改行して分けておくと読みやすいです。最後に著名を入れることを忘れずに。

次に、就活でお世話になった方に宛てたケースを見てみましょう。お世話になった方が内定企業にいる場合と、そうでない場合と2つのパターンで紹介します。

例文②お世話になった人が内定企業にいる場合

-----------
□□株式会社
営業部 △△様

お世話になっております。
○○大学の◯◯です。

この度、貴社より内定通知をいただきました。

無事ここまで辿り着けたのは、△△様のアドバイスがあってのことと存じております。
ご多忙にも関わらず私のためにお時間を作っていただき、誠にありがとうございました。

△△様と一緒に働けることを、今から楽しみにしております。
入社後はどうぞご指導のほどよろしくお願いいたします。

取り急ぎ御礼申し上げます。
-----------

内定企業にお世話になった方がいる場合は、配属先の表記などに気をつけましょう。また、入社後に同じ会社で働くことを想定した意気込みを加えておくとより良いです。

例文②お世話になった人が内定企業にいない場合

-----------
○○様

お世話になっております。△△大学の□□です。

就職活動中は何度も相談に乗っていただき、誠にありがとうございます。
おかげ様で、本日、◯◯株式会社より内定をいただきました。
良い報せをお伝えすることができ、嬉しく思います。

まだまだ社会人としては未熟者ですが、今後ともご指導よろしくお願い申し上げます。
まずは略儀ながらメールにてお礼申し上げます。ありがとうございました。
-----------

お世話になった方には、相談に乗ってもらったことへのお礼と、アドバイスのおかげで内定をもらうことができた旨などを伝えるといいでしょう。

内定後のお礼メールについて、理解は深まりましたか?キャリアチケットでは就職活動のあらゆる悩みに応えます。お気軽にご相談ください。

キャリアチケットについて

キャリアチケットは、就活生の最高のキャリアスタートを支援するサービスです。

20社内定した学生の就活ノートがもらえる! LINE友だち登録をする