社会人としての心構えとは?必要なマナーや面接での答え方

このページのまとめ

  • 社会人の心構えとして、時間厳守や丁寧な言葉づかいなどのマナーを知っておこう
  • 仕事を円滑に進めるために、整理整頓やコミュニケーションを心がけよう
  • 社会人としての心構えを身につけておけば、円滑な人間関係を築きやすくなる
  • 社会人としての心構えを面接で聞かれたら、仕事に関することを完結に答えよう

押さえておきたい!社会人としての心構えの画像

社会人としての心構えとは、具体的にどのようなものなのでしょう。一般的には、仕事をスムーズに進めるためのビジネスマナーや心がけのことを指します。今から理解して身につけておけば、社会に出てからも役立つでしょう。このコラムでは、社会として持っておきたい「心構え」の具体例や、面接で聞かれた場合の答え方についてご紹介します。

カウンセリングで相談してみる

今のうちに知っておきたい社会人としての心構え

社会人としての心構えを知っておくことは、就活時だけでなく入社後も役立ちます。
ビジネスの現場では、社内外の多くの人とともに仕事を進めていくことになるため、「信頼関係」が欠かせません。相手を理解するために、コミュニケーションを積み重ねることや、安心されるような振る舞いを身につけていくことが必要です。
そのため、社会に出れば仕事相手との信頼関係を築くために「ビジネスマナー」が求められます。ビジネスマナーを身につけることは、社会人として持っておきたい心構えの1つといえるでしょう。

3つの基本的なビジネスマナー

社会人としての基本的なビジネスマナーを3つ紹介します。就活でも求められる部分なので、今のうちに身につけておきましょう。

1.時間厳守

時間を厳守することは、相手との信頼関係を保つために大切なことです。
出社時間や取引先への訪問時間、納品の期限など、仕事では時間を守らなければいけない場面が多々あります。時間厳守を維持できるよう、常に余裕を持った行動を心がけましょう。
万が一約束した時間に遅れそう場合は、早めの連絡が必須。遅れることに対するお詫びと理由、可能な限り具体的な数字で到着予定時間や提出予定日を伝え、相手に誠意を伝えましょう。

2.清潔感のある身だしなみ

身だしなみを整えることは、エチケットだけではなく重要なビジネススキルの1つです。
相手に好印象を与えることは、信頼関係を築くための第一歩。特に身だしなみは最初に目に入る部分なので、気を配るようにしましょう。
身だしなみで重要なポイントは「清潔感」です。身につけるスーツや靴の手入れをこまめに行い、爪は長すぎないか、髪型に乱れがないかなども念入りにチェックしましょう。

3.丁寧な言葉づかい

ビジネスでは、どのような場面においても丁寧な言葉を使うことが基本です。特に尊敬語や謙譲語といった、敬語の基礎を学んでおくと良いでしょう。
「言葉」は、仕事をするうえで欠かせない重要なコミュニケーションツールです。より円滑な人間関係を築くためにも、相手を不快にさせない言選びを心がけましょう。

仕事をスムーズに進めるための5つの心構え

ビジネスの現場では成果はもちろん、日々の仕事に取り組む姿勢も評価されています。仕事をスムーズに進めるために必要な心構えは、以下のとおりです。

1.主体性を持って仕事をする

仕事をするにあたって、主体性を持つことが求められます。
「まだ新人だから」といつまでも受け身でいては、仕事に対する積極性が伝わりません。他人からの指示を待つだけではなく、立場や与えられた役割を考えたうえで、自ら物事に取り組む努力をしましょう。

2.積極的に質問する

業務上で分からない点があるときにはそのままにせず、積極的に質問しましょう。不安なことを解決せず放置しておくと、大きな失敗やトラブルに繋がる恐れがあるからです。
なお、アドバイスを受ける際は素直で謙虚な姿勢を心がけ、仕事と真摯に向き合っている姿勢を見せましょう。同じ質問は繰り返さないよう、メモを取っておくことも大切です。

3.コミュニケーションを大切にする

コミュニケーションを大切にすることも、仕事を円滑に進めるために重要です。
先述したように、仕事では上司や同僚、取引先など、多くの人と関わることになるため、コミュニケーションは欠かせません。
ただ話すだけでなく、基本的な挨拶や伝わりやすい話し方などを心がけ、相手への配慮や敬意を示しましょう。

4.企業のルールを守る

企業が定めたルールを守り、節度のある行動を心がけましょう。
多くの企業に「就業規則」があるように、仕事をするうえでは守らなくはていけない「基本的なルール」が存在します。
「支給された業務用の携帯をプライベートでは使わない」「パソコンの持ち出しは禁止」など、規則は企業によって異なりますが、所属する一員として自社の規則を守ることは当然のことです。社内の規律を乱さず、ほかのメンバーも快適に働ける環境を維持しましょう。

5.整理整頓を心がける

整理整頓を心がけることも、仕事をスムーズに進めるための手段の1つ。特に自分のデスク周りは常にきれいな状態を保っておきましょう。
自分の机や周辺が散らかっていると、そのときの業務に必要なものがすぐに取り出せません。
また、会社の書類には個人情報や機密情報など、重要なことが記載されているものもあるため、漏洩や紛失防止のためにも整理整頓を習慣化しましょう。

▼関連記事
就活セミナーをドタキャンすると選考に不利?社会人のルールを解説
 

カウンセリングで相談してみる

社会人としての心構えを身につけておくメリット

就活生のうちに社会人としての心構えをある程度身につけておけば、入社後に社内外の信用を得やすくなるでしょう。
特にビジネスマナーは、身につけたつもりになっていても意外と見落としやすいもの。早いうちに正しいマナーを習得していれば、それだけで相手に好印象を与えられる可能性があります。
今後の人間関係を良好にするためにも、今のうちに社会人としてのマナーを勉強しておくと良いでしょう。

▼関連記事
社会人に必要なマナー!正しい言葉遣いを習得しよう
 

カウンセリングで相談してみる

面接で社会人としての心構えについて聞かれたら?

面接でも、社会人の心構えについて聞かれることがあります。質問の意図を知り、適切に答えられるよう対策しておきましょう。
ここでは、面接で社会人としての心構えを聞かれた際の対処法についてまとめているので、参考にしてください。

面接で「社会人としての心構え」を聞く目的

面接で「社会人としての心構え」を聞いてくる主な目的を、下記に挙げています。

社会人としての自覚があるか知りたい

応募者にこれから社会人になる自覚があるのか確かめることが、質問の目的の1つです。
社会に出たら、いつまでも学生気分のままではいられません。これまで経験しなかった理不尽や、重い責任を背負わなければならないことも多々あるでしょう。
社会人としての心構えを聞くことは、その覚悟ができているかをチェックする指標となります。

価値観が合うか知りたい

もう1つは、自社と価値観が合うか確認する意図もあります。
企業との価値観が合わないと、入社後にミスマッチを起こして早期退職となる恐れも。そのような事態を防ぐために、質問を通して自社と相性が良い人材かどうかを確かめています。

社会人としての心構えの答え方3ステップ

下記の3つのポイントを踏まえ、社会人としての心構えを答えましょう。

1.仕事に関係することを答える

答える内容は、仕事に関係することを選びましょう。
たとえば、「責任感」「信頼」など、仕事への姿勢が垣間見える回答がベターです。
「時間を守る」「約束を守る」といった当たり前のことや、趣味などの仕事に関係ないことを答えるのは、熱意を疑われる可能性があるため避けましょう。

2.具体的な理由を添える

ただ自分の考えを示すだけでなく、具体的な理由も添えましょう。論理的な思考力をアピールできます。
大学生活やアルバイトなど、具体的なエピソードを取り入れると説得力が増すでしょう。

3.どのように会社に貢献していきたいか伝える

社会人としての心構えを通し、どのように企業に貢献していきたいか伝えましょう。長々と言及せず、最後にさりげなく触れる程度に収めるのがベターです。

社会人としての心構えを答えるときの注意点

面接で社会人としての心構えを答える際は、以下の点に注意が必要です。

冗長にならないようにする

回答が冗長にならないように注意しましょう。
「社会人としての心構え」を面接で聞かれた際は、約30秒を目安に簡潔に答えるのがベターです。

個人的な願望が主体にならないようにする

仕事に対する姿勢を聞かれているため、個人的な願望が主体の回答は控えましょう。
たとえば、「福利厚生が充実している職場で働きたい」「お金を稼ぎたい」「プライベートと仕事は分けたい」など、待遇ばかりを気にするような内容は避けるのが無難です。

例文

私は社会人として相手との信頼関係を大切にしていこうと考えています。仕事を円滑に進めるためには、お互いへの信頼が不可欠だからです。大学のゼミでは、最初は衝突もあったものの徐々に打ち解け、協力して課題をこなせるようになりました。仕事でも相手との信頼関係の構築は大切なことだと思っています。この経験を御社でも活かし、一緒に働く方々と良好な関係を築いて成果を上げていきたいです。

キャリアチケットについて

キャリアチケットは、就活生の最高のキャリアスタートを支援するサービスです。

20社内定した学生の就活ノートがもらえる! LINE友だち登録をする