就職したくない理由とは?|就活以外の選択肢とメリット・デメリットも解説

このページのまとめ

  • 就職しない場合の選択肢、そのメリット・デメリットを把握したうえで考える
  • 就職したくないと感じるときは今後の自分の人生設計を一度考えてみる
  • 内定後に就職したくないと感じたら納得いくまで就活を続けるのも一つの手

就職したくない理由とは?|就活以外の選択肢とメリット・デメリットも解説のイメージ

「就職したくない」というネガティブな想いを抱きながら就活をしている大学3年生、4年生も少なからずいるでしょう。就活が大事なことは分かっているけど、「自分は就職できるだろうか」という不安な気持ちも出てくると思います。

この記事では、就活したくないと感じる理由とその解決方法、就職以外の選択肢、就職しない場合のメリット・デメリットを解説していますので、就活で悩んでいる方は参考にしてみてください。

就活には悩みがつきものです。就活の悩みの種類別の解消法について知りたい方は「就活がうまくいかないときはどうすればいい?就活中の悩みを乗り越える秘訣まとめ!」も参考にしてください。

就活の不安について相談したい

   
目 次

「就職したくない」と思うのは甘えではない

就活生の中には、「就職したくないと思うのは自分の甘えなのではないか」と考えている人もいるのではないでしょうか。

就活を続けていると、なかなか内定がもらえなかったり、思うように選考が進まなかったり、つらいと感じることもたくさんあると思います。「就活がうまくいかなくて就職したくない」という感情は、就活生なら誰もが一度は抱いたことのある共通の悩みなので、決して甘えではありません。

とはいえ、そのような暗い気持ちを抱えたままで就活をスムーズに行うことは困難です。

就職をしないという選択肢もあることを知ると、根詰めていた気持ちが少し楽になると思いますが、就職しないことを選んだ場合のメリットとデメリットも把握したうえで慎重に考えることが重要です。自分の正直な気持ちと向き合い、あなたの明るい将来に合った道を見つけてください。

就活できないのは甘えであると悩んでいる就活生は、「就活できないのは甘えじゃない!やる気が出ないときの対処法を解説」の記事も参考にしてみてください。

就活の不安について相談したい

   

就職したくないと感じる理由

就活生が「就職したくない」と感じる理由や場面はさまざまあるでしょう。ここでは、その理由について詳しく解説していきます。

仕事をしたくない

そもそも仕事をすることに対してモチベーションが上がらないという人は、就職したくないと感じやすいでしょう。学生のときにしていたアルバイトとは異なり、8時間のフルタイムで毎日仕事をすることにうしろ向きになってしまう人も多いようです。

自分の好きなことに時間を費やしたいという願望が強い人や、人付き合いが苦手な人は、就職して仕事をすることに意味が見いだせず悩む傾向にあります。

自分のやりたい仕事が分からない

自己分析や企業研究をしても、自分の興味のある業界や職種が分からないと、就職したくないと思いがちになります。

大学で力を入れてきた勉強や部活などの経験をそのまま活かせる仕事に出会えることは、ごく稀です。また、膨大な数の企業がある中で自分に合った会社はどこなのか、企業選びに対して億劫になってしまうこともあるでしょう。

自分の希望とマッチする企業が見つからない

企業選びは、業界や職種、給与、勤務地、休暇日数、福利厚生などさまざまな条件を比べながら行います。

しかし、自分の希望条件に合った企業が見つからないと、就職したくないと感じる要因となります。「給料は高いが勤務地が遠い」「仕事内容は魅力的だが休日が少ない」など、自分の理想に合う企業が見つからないと、希望が見いだせなくなってしまうこともあるでしょう。

働くことに自信がない

働いてお金をもらうということは、それなりのスキルが必要であり、企業からの期待も大きくなります。

社会人として働いた経験がない新卒学生の中には、そのようなプレッシャーを重く感じ、不安になることから「就職したくない」と思う人も多いようです。

組織に縛られたくない

就職したくないと感じる学生の中には、企業で働くことによって組織に縛られ、自分の時間がなくなるのでは、という懸念を抱えている人もいます。

働き方が多様化している現代において、正社員として働くことに抵抗がある学生も少なくないでしょう。

就活がうまくいっていない

就活がスムーズに進まず、精神的にも肉体的にも疲れてしまったときに「就職したくない」と感じてしまうでしょう。

時間をかけて作成したESが書類選考で通らなかった、面接で緊張して失敗してしまったというネガティブな経験も、就職に対するモチベーションが下がってしまう原因となります。

就活をしたくないと悩んでいる就活生は、「就活をしたくない場合はどうすればいい?注意点や対処法をご紹介」の記事も参考にしてみてください。

就活の不安について相談したい

   

就職したくない場合の選択肢

就職したくないと思ってしまうときは、就職しない場合の選択肢を考えてみるのもひとつの手です。悶々とした思いのまま就活を続けて苦しくなってしまう前に、まずはどんな選択肢があるのかを確認しましょう。

進学する

学びたいことがあるなら大学院への進学、また専門学校への入学という選択肢もあります。

大学院卒後の就職では学部卒より給料が高くなる傾向にあるので、高収入が狙えるというメリットがあります。また、専門学校で専門分野のスキルを極めれば、卒業後の就職が有利になる可能性があります。

ただし、どちらにしても2年〜4年ほどの学費がかかってしまうのがデメリットと言えます。

留学する

語学力を磨きたい人や、外資系企業を目指したい人は海外留学をするのもよいでしょう。

見知らぬ土地で高い目標を持って勉強することで日本では味わえない貴重な経験ができるのがメリットです。帰国後の就活でも、留学経験によって得た幅広い価値観がアピールできるでしょう。

フリーランスになる

起業やフリーランスを目指す学生も、近年では多くなっています。会社という組織に属さず、自分一人で確実に収入を得られる能力があれば、自分の好きな時間に・好きな場所で働くことが可能というメリットがあります。

しかし、稼げるようになるまで時間がかかること、職種にもよりますが、収入が安定しない可能性があるというデメリットも。

また、自由な働き方ができるということは、定められた環境がなくても惰性にならないよう、高い自己管理能力も必要になります。

起業を考えている就活生は、「起業したい大学生が押さえるべきポイントは?」の記事も参考にしてみてください。

フリーターになる

正社員としてではなく、アルバイトやパートタイムとして働くフリーターという選択肢もあります。

勤務日や勤務時間が柔軟な場合が多く、正社員と比べると仕事の責任や負担が少なくて済むのがメリットですが、安定した収入が得にくいというデメリットも。また、待遇の面においても不利なことが多く、たとえば、怪我や病気で休んだ場合は、有給休暇制度がない職場であれば、その間の収入がなくなってしまいます。

自分のやりたいことを重視する人や、時間の自由さを重視する人には向いていますが、将来家庭を持ったり、福利厚生の安定が必要になったときには南天が多いでしょう。

留年・就職浪人する

大学に在籍しながら卒業を保留にする形が、留年や休学という選択肢です。就職するまでに時間を確保でき、翌年に卒業しても「新卒」として就活ができるのがメリット。

大学を卒業してすぐには就職せず、就活のために1年間時間を費やす形が就職浪人です。 留年とは異なり、就活に専念できることがメリットといえます。「就職するかどうか考える時間が欲しい」「就職したい会社が見つからなかったからもう少し時間が欲しい」と悩んでいる人に向いている選択肢と言えるでしょう。

ただし、その後の就活の面接で、留年の理由や休学中に何をしていたかを企業に説明できるようにしておく必要があります。留年・就職浪人したとしても、その期間に取り組んだ活動や自分がどう成長したのかをアピールできれば、面接官によい印象を与えられるでしょう。

資格の勉強をする

就職したくない場合の選択肢として、資格取得のための勉強に時間を当てることもできます。専門性の高いスキルや公務員試験など難易度が高い資格を取得できれば、就活でも大きな強みとなり、志望企業の幅も広げることができるでしょう。

ただ、資格取得のための勉強にかかる費用は、自分で捻出しなければならないので、工夫が必要です。

就活の不安について相談したい

   

就職しない場合のメリット

大学を卒業したら必ず企業に就職しなければならない、という固定概念が不透明になりつつある現代にあって、就職しない選択をする大学生も増えています。その場合のメリットを解説します。

時間に束縛されずに済む

会社に所属し正社員として働く場合、一日の大半以上を仕事に費やすのが一般的です。

しかし、フリーターやアルバイト、フリーランスとして働く場合は、勤務時間の融通が効くので自分の好きなスケジュールを組むことも可能。働きたいときに働き、休みたいときは休む、といった自由な時間の使い方ができるのがメリットです。

仕事上の人間関係に悩まなくて済む

企業で働いていると、社内のさまざまな人と関係を構築していきながら業務を進める必要があります。

一方で、フリーランスや起業家の場合は、業務やスケジュール管理もすべて自分で行うため、上司や同僚など職場の人間関係に悩まなくて済むというメリットがあります。

クライアントなどとの付き合いは予想されますが、指示を出されることが苦手な人や、一人で作業することが好きな人には好都合でしょう。

好きなことができる

就職をしないということは、自分の趣味や好きなことができるということでもあります。大学卒業後に就活をしない分、自分のやりたいことに集中する時間もできるでしょう。貴重な大学生活を思う存分エンジョイできるのもメリットのひとつです。

正社員以上に高収入が得られる可能性も

企業に就職すれば毎月安定した給料が見込めますが、基本的には、日本の経済状況が急激に変わったりしない限り一定の金額しかもらえないでしょう。

しかし、フリーランスや起業家などになれば、あなたの努力次第で正社員よりも高い年収を稼ぐことも可能です。

就職したくないと思ってしまう就活生は、「働きたくない大学生はどうすればいい?選択肢や対処法を紹介!」の記事も参考にしてみてください。

就活の不安について相談したい

   

就職しない場合のデメリット

就職しない選択をすることで得られるメリットもあれば、デメリットもあります。あなたの将来を深く考えるためにもしっかり確認しておきましょう。

社会的信用を得にくい

正社員として就職しない場合、社会的信用を得にくいことがあります。例として、下記のデメリットが考えられます。

・家や車などのローンが組みにくい
・金利が高くなることがある
・クレジットカードが作りにくい
・賃貸物件が借りれないことがある

以上のことが必ず起こるとは限りませんが、企業に勤めていないということは、肩書きや実績がないという点で不利になる場合がある、ということを頭に入れておきましょう。

収入が安定しにくい

正社員として働いていない場合、安定した収入を得ることが難しいのも、就職をしないデメリットです。フリーターであれば、固定されたシフトに入れるとは限らず、勤務先の状況によってシフト時間を削られてしまうこともあります。

フリーランスや起業家であれば、多くの顧客と契約を継続的に結ぶことが理想ですが、時には難しい場合もあります。起業したての時期や独立直後は、契約に取り付けず、仕事がないという状況が続く可能性も出てきます。

ビジネスマナーが身に付かない

正社員として企業での就業経験がないと、社会人としての基本的なビジネスマナーが身に付かないというデメリットがあります。ビジネスメールの書き方、電話対応、名刺交換、顧客への対応方法など、新入社員研修で指導されるのが一般的です。

しかし、就職しないでフリーターやフリーランスになると、社会人としての基本的マナーを習得する機会は少ないでしょう。数年経ってから就職をしようと思ったときに、ほかの転職者と基本的マナーや基礎的なパソコンスキルで差がついてしまう可能性が高いです。

人脈や人間関係が広がりにくい

正社員として就職すると、社内外問わずさまざまな人と関わる機会に恵まれます。職種にもよりますが、多くの人と仕事をすることで自然とコミュニケーション能力も身に付き、人間関係の構築の仕方も学べるでしょう。

しかし、企業に属さないと人間関係の幅を広げにくいというデメリットがあります。

特に、フリーランスの場合は、自分から積極的に人間関係を構築したり、新しい人脈を広げていかないと仕事の受注が難しくなる可能性もあります。

新卒より就活のハードルが高くなる

企業に就職せずに後から転職のための就活をすると、新卒採用よりもハードルが高くなる傾向にあります。

卒業して数年後の就職は中途採用枠となるため、フリーターやフリーランスとして働いていた人は、正社員として就業していた転職者に比べるとスキルやマナーの面で不利になる可能性も高いです。

また、正社員としての社会人経験がないことや、ブランクがあることについて企業が納得のいく理由を説明できないと、希望の会社への転職は困難でしょう。

大学院卒後の就活について詳しく知りたい学生は「大学院卒では就活が不利?対策方法や注意点を詳しく解説!」の記事も参考にしてみてください。

就活の不安について相談したい

   

就職したくないと思ったときに確認すべきこと

ここでは、一時的な感情で「就職したくない」のかを確認するためのポイントを解説します。就職しないことのメリット・デメリットを把握したうえで、それでもあなたは就職したくないのか、就職すべきなのかを再度考えてみてください。

自己分析をする

就活したくないという気持ちが強い人は、改めて自己分析をすることをおすすめします。

就活の大変さに圧倒され自己評価が低くなり、冷静に自分を見ることができないときにも効果的です。どんな分野に関心があるのか、自分の強みは何か、自分自身のことを見直してみましょう。

そうすることで、今まで気付かなかった自分の新たな面に気付き、興味のある仕事が見つかるかもしれません。

今後の人生設計を考えてみる

就職したくないと思っている人は、5年後、10年後どのような生活を送っていたいのか、人生設計を考えたうえで、就職するかしないかを判断することが大切です。

キャリアプラン、結婚や出産、住宅購入など、どのような未来を歩みたいのか、自分の理想をできるだけ具体的に想像しましょう。そうすることで、今するべき行動が見えてくるとともに、就職しないことが自分にとって正しいのか判断する基準になります。

先輩や周りの人の話を聞く

両親や知人、大学のOB・OGなど、すでに社会人としての経験がある人の話を聞いてみるのもよいアイデアです。

その際、正社員だけでなく、フリーランスや起業家など、さまざまな立場の人たちの話を聞くことがおすすめです。それぞれのリアルな体験、メリットやデメリットも理解したうえで照らし合わせると、あなたの将来の姿がより具体的に思い描けるでしょう。

OB・OG訪問について知りたい人は「OB・OG訪問のやり方とは?流れやマナー、注意点を知ろう」の記事も参考にしてみてください。

就活の不安について相談したい

   

就活がうまくいかないときの対処方法

就活がうまくいかないがために「就職したくない」と感じてしまっている人向けの対処方法を解説します。就活につまづいてしまっている人は試してみてください。

志望業界や志望企業の幅を広げる

志望業界や職種への視野が狭まっているときは、就活がうまくいかず、就職したくないという気持ちになりがちです。

たとえば、大手企業のみに絞っている人は、自分の興味のある業界の幅を広げて企業研究をしてみることにより、自分の興味に合った中規模の優良企業やベンチャー企業が見つかる可能性があります。

理想の社会人像を描く

就活に対してやる気を無くしてしまっている人は、就職後のあなたの理想像を想像してみましょう。下記の例を参考にしてみてください。

・稼いだお給料で好きなものを買う
・海外出張の夢を叶える
・プロジェクトのリーダーとして活躍する
・自分の開発商品がヒットする
・上司や後輩から頼られる存在になる

就活によるストレス解消法を知る

就活がうまくいかないことによるストレスが溜まっている人は、そのストレスを発散する方法を実践しましょう。♪ここまで

一定期間、就活をストップして自分の好きなことをする、周囲に話をする、海や山など自然に触れてリフレッシュするなど、あなたに合ったストレス解消法を見つけることが大切です。

就活ストレス解消方法については「就活ストレスがやばいときはどうする?限界になる理由や対処法を解説」の記事にも載っています。

就活エージェントに相談する

就活に行き詰ってしまった人は、就活エージェントに相談するのも有効な方法です。就活のプロからのサポートを受けることにより、悩みが解決する可能性が高いです。

専門的なアドバイスを得ることで、就職に対しての考え方が変わるでしょう。

内定がもらえず悩んでいる就活生は、「就活でどこも受からないのはどうして?考えられる原因や対処法を解説」の記事も参考にしてみてください。

就活の不安について相談したい

   

内定後に就職したくないと感じたら

就職したくないと悩んでいる就活生の中には、すでに内定をもらっている人もいるかもしれません。内定が決まった会社にこのまま就職すべきかどうか迷っている人に向けて、おすすめの対応方法を解説します。

内定をもらったあとの対応方法について知りたい就活生は「就活で内定をもらったときの対応!辞退するときの注意点」の記事も参考にしてみてください。

初めての就職に不安は付きものと割り切る

新社会人としてうまくやっていけるかという不安は、初めて就職する学生なら誰もが抱えているものです。

新卒の場合は皆初めての経験であり、「不安なのは自分だけではない」「これが人生最後のチャンスということはない」とポジティブに構えることも大事です。

納得いくまで就活を続ける

内定をもらった会社にどうしても就職したくないのであれば、自分の納得のいくまで就活を続けましょう。

実際、入社をしてみないとその会社があなたに合っているかどうかは分かりませんが、あなたが「あのときもう少し頑張ってみればよかった」と後悔しないことが最重要です。

どうしても譲れない条件ややりたい分野があるなら、夏や秋採用も考慮に入れ、妥協せずに就活を継続してみるのもありです。

就活の不安について相談したい

   

就職したくないと悩んでいるあなたへ

「就職した方がいいと分かっていても就職したくない」「プロからの専門的なアドバイスが欲しい」と思っている方もいるのではないでしょうか。そんなあなたには、キャリアチケットがおすすめです。

就活エージェントであるキャリアチケットでは、専任アドバイザーによる自己PR添削、面接対策など、ひとりひとりの悩みに合わせた丁寧なサポートを提供しているので、新卒や就活をはじめたばかりの方でも安心です。

困ったことがあったら一人で悩まず、まずは一度ご相談ください。

就活の不安について相談したい

 

キャリアチケットについて

キャリアチケットは、就活生の最高のキャリアスタートを支援するサービスです。