会社選びの軸を決めよう!就活を有利に進めるためのコツ

このページのまとめ

  • 志望企業を見つける判断基準のことを会社選びの軸と言う
  • 興味や能力、価値観について考え、自分の軸を見つけよう
  • 自己分析のほか、社会人との交流も見つけるための近道
  • 面接で軸を聞かれても、待遇についての言及は避ける

自己分析や業界研究など、就活において自分とマッチする企業を見つけるためにやるべき準備はさまざまあります。このコラムでは、「会社選びの軸」に的を絞って、見つけ方やその重要性、面接で軸について聞かれた場合の答え方などをご紹介。
就職活動をスムーズに進めるためにも、ぜひ参考にしてみてください。

会社選びの軸とは

会社選びの軸とは、どのような条件で志望企業を選ぶかという判断の基準となるものを指します。働く上でゆずれない部分や企業に対しどういうことを求めるかなど、自分で軸を設定しておくことは就職において大切な要素の1つです。
軸を決めないまま就職活動に臨めば、志望企業に一貫性がない、やりたいことが定まっていないというような曖昧な状態になってしまいます。結果、運良く内定を獲得できたとしても、「自分がやりたいことができなかった」「思ってた社風と違った」など、入社後のミスマッチを招きかねません。

効率よく就職活動を進めていくためにも、会社選びの軸はぜひ決めておきたいところです。次項で、考え方について詳しく見ていきましょう。

▼関連記事
よく聞く「企業選びの軸」とは?決め方のポイント
 

 

どうやって見つける?

まずは、会社選びの軸を決定する上で大切な下記3つのポイントについて考えてみましょう。

・興味(何に関心があるか、何をしているときに楽しいと感じるか)
・能力(得意なこと、自身の売り、アピールポイント)
・価値観(大切にしたいこと)

上記のポイントに対する答えを出すために大切なのは、自分を知ること。まずは自己分析からしっかり行ってみるのもおすすめです。
自己分析では、何をやりたいのか、どういう職場環境が望ましいと考えるのか、どういう働き方をしたいのかといったことにポイントを置いて細かく考察できると良いでしょう。

また、「仕事を通じて何をしたいのか」について考えてみるのも判断基準の一つ。たとえば、大学で学んだ分野で専門性を活かし働きたい、人のためになる仕事をしたい、語学に自信があるのでグローバルに活躍したい、将来起業を見据えて活躍したい…などです。
仕事を通して実現したいものがなにかを考えてみてください。
パッと答えが出なかった人は、以下の方法を試してみることをおすすめします。

社会人と話す

実際に就職活動を経験した先輩たちの就活軸を聞いてみるのも1つの方法です。身近に先輩がいなくても、会社説明会などの質問の場で社員さんに尋ねてみることで考えや思いを聞くことができます。
また、会社説明会のほか、企業訪問やインターンシップへの参加、OBOG訪問も有効です。積極的に先輩社会人との交流の場を持ちましょう。いろいろな人の意見を参考にしながら、自分ならではの軸を定めてみてください。

業界や企業をたくさん知る

自分は何に興味があるのかよくわからない場合は、たくさんの業界や企業に触れてみることをおすすめします。世の中にある仕事に目を向け視野を広げることで、選択肢も広がることでしょう。
今までは興味がなかった分野に、新たに関心を持てるチャンスです。また、興味のある企業をいくつかピックアップできれば、そこに共通点を見つけられることもあります。

▼関連記事
企業選びに悩んだら読もう!就職先の決め方マニュアル
 

企業選びの軸になり得る理由例

興味のある分野や業界が絞れたら、次のステップでは企業の絞り込みを行います。主に以下のようなポイント例を参考に、企業サイトや会社説明会などで情報収集を行い、自身の希望が叶う企業か否かを見極めましょう。

・事業内容
・やりがい
・社風
・評価制度
・業種、職種
・企業の成長性
・社員の人柄
・給与
・社会貢献度
・裁量権
・ワークライフバランス
・労働環境
・待遇

ファーストキャリアで早期離職してしまっては、履歴書に書ける経歴が短期のものになってしまい、転職時に大変な思いをするでしょう。なるべく軸を明確に設定しておき、ミスマッチのリスクを回避したいものです。

▼関連記事
その選び方で大丈夫?企業選びの正しい方法
 

 

面接で企業選びの軸を聞かれたら

面接対策の際には、この質問に対する答えについてもしっかり考えておきましょう。企業選びの軸を設定しておくことで得られるメリットは、就活生だけのものではありません。企業側にとっても、「すぐに辞めないか」「本当にうちの企業を志望しているのか」「就活生側と企業側の価値観が一致しているか」などを知ることができます。
そのため、面接の場面では企業選びの軸について聞かれることは少なくありません。大切にしていた就活軸を言語化することで、自分を上手にアピールできることに繋がります。
以下、答え方のコツについてまとめてみましたので、ぜひ参考にしてみてください。

ホンネではなく建前が大切

給料が良い、福利厚生が良い、教育体制が良いなど、自分側のメリットばかりに重きを置いた軸を伝えるのは避けましょう。企業側は、雇うことで会社貢献してくれる、メリットがあるなどを採用の軸にしているためです。
待遇ばかりを気にする人だと思われないよう、選考時にはホンネを伏せておくことをおすすめします。

感情や興味などの抽象的な動機は避ける

例えば、IT業界を志望しているとして、シンプルに「PCが好きだから」という理由ではアピールが弱くなってしまいます。PCが好きな理由とそれを裏付けるエピソードを一緒に伝えることで、より説得力と熱意をアピールすることができるでしょう。

結論ファースト

「私の軸は社会に新たな価値を生み出すことです」のように、まずは軸から伝えましょう。前置きはせず、理由はあとで伝えてください。最初に結論を言わないことで、どこが質問に対する答えの部分かわかりづらくなってしまいます。
これは、自己PRや志望動機など、ほかの質問にも通じること。回答の際は最初に結論から話すことを意識しておきましょう。

▼関連記事
例文あり!面接で「就活の軸」を聞かれたときの好印象な回答


いかがでしたか?会社選びの軸を決めることは、就活を効率よく進めるために重要な要素の1つです。入社後のミスマッチといったリスクを避けるためにも、事前準備はしっかり行いましょう。
就活軸の決定のほか、自己分析やES・履歴書の作成、面接対策など、就職活動ではやるべき準備がたくさんあるものです。一人での就活に不安な場合は、就活エージェントを活用してみませんか?
就活エージェントであるキャリアチケットでは、経験豊富なプロのアドバイザーがマンツーマンであなたの就活をサポート。最初に丁寧なヒアリングを行いますので、あなたの強みや性格にマッチする企業の紹介が可能です。
紹介する企業は100%現地取材を行っているため、社風などなかなか自分だけでは情報収集が難しいポイントについてもしっかりお伝えすることができます。
相談やサービスの利用は無料です。まずはお気軽にお問い合わせください。

キャリアチケットについて

キャリアチケットは、就活生の最高のキャリアスタートを支援するサービスです。

20社内定した学生の就活ノートがもらえる! LINE友だち登録をする