就活で「やりたいことがない…」と悩む学生向け!仕事の探し方と面接対策

このページのまとめ

  • やりたいことがないと感じていても、就活で内定を取ることはできる
  • 就活の先入観を捨て、「やりたいことがない」を強みにしよう
  • 就活でやりたいことがない人は、気になるキーワードや条件から企業を探してみよう
  • 就活の志望動機では、必ずしもやりたいことを答える必要はない
  • やりたいことの代わりに「社会人としてどうありたいか」を話すのもOK

就活で「やりたいことがない…」と悩む学生向け!仕事の探し方と面接対策のイメージ

「就活が始まっているのに、やりたいことがない…」と悩んでいませんか?やりたいことがしっかり決まっていなくても、探し方を工夫すれば自分に合った企業が見つかる可能性があります。このコラムでは、やりがいことがない人が就活をスムーズに進めるための対策や心構えを解説していきます。志望動機作成のヒントにも触れているので、参考にしてみてください。



 

就活はやりたいことがない状態でもできる

やりたいことがなくても、内定をとることは可能です。まずは、「やりたいことがないのはダメ」という先入観を捨てることから始めましょう。やりたいと思っていた仕事で入社後にミスマッチを起こすこともあれば、働きながら思わぬ部分にやりがいを見出すこともあります。就職活動中は、まだまだ試行錯誤の段階です。先入観を捨て、焦らずじっくり、少しでも興味が持てることを探していきましょう。

「やりたいことがない」は強みにもなる

やりたいことがないことは、裏を返せばこれからさまざまなことにチャレンジできる状態ともいえます。「やりたいことがない」をネガティブに捉えず、「いろいろな企業と出会えるチャンス」と前向きな気持ちで就職活動を進めていきましょう。やりたいことがない状態よりも、ネガティブな気持ちを抱えたままでいるほうが就職活動に支障をきたします。「やりたいことはこれからでも見つけられる」というポジティブな心構えが大切です。

やりたいことが良い仕事だとは限らない

「やりたいこと」が、必ずしも良い仕事だとは限りません。というのも、多くの就活生の「やりたいこと」は、サービスを提供する側ではなく、ユーザーとしての視点で語られることが多いからです。「◯◯が好きだから」「◯◯を使って良いと思ったから」など、商品やサービスをユーザー目線で語ってしまうと、実際の業務に携わったときに違和感を覚える可能性があります。企業側はこのようなミスマッチによる早期退職を懸念し、採用を見送ることも。やりたい仕事が必ずしも歓迎される良い仕事というわけではない、ということを心に留めておきましょう。

▼関連記事
就活でやりたいことがわからない方へ!自分に合った仕事の探し方をご紹介



 

「やりたいことがない」と焦ると起こること

やりたいことがないからといって焦ってしまうと、かえって良くない結果につながることもあります。やりたいことがないと悩む人は、まず1度立ち止まって自分の考えを整理することが大切です。

説得力のある志望動機を用意できない

本当はやりたくないことを、やりたいこととして無理に取り繕っても、説得力のある志望動機は作成できないでしょう。内容が薄いと、面接官の印象に残りにくく、評価につながらなくなってしまいます。

精神的な健康を損なう

説得力のない志望動機は評価されにくいので、そのままの状態で就活を続けていると、不採用が続き悪循環に陥る可能性も。精神的に参ってしまう場合があるので、注意が必要です。

エントリーを止めて自己分析をするのもあり

精神的な疲れを感じたら、一旦エントリーを取りやめて自己分析に立ち返ってみましょう。やりたいことは定まらなくとも、やりたいことの方向性は見つけられる可能性があります。

▼関連記事
就活で自己分析は本当に必要?自己分析のやり方



 

仕事に対する方向性を可視化するための6つの題材

紙と鉛筆を用意して、仕事に対する自分の気持ちを自由に書いてみましょう。目に見える状態にすることで、頭の中で悩み続けるよりも考えが整理され、今後の方向性が見えやすくなります。書く題材としておすすめなのは、下記の6つです。ぜひ参考にしてみてください。

1.「やりたくないことは何か」を考える

やりたい仕事が決まっていない場合、苦手なことやどうしても避けたい条件から考えてみましょう。
たとえば、「残業が多い仕事はやりたくない」「ノルマが厳しい仕事は避けたい」「コミュニケーションが苦手」など。やりたくないと思う仕事や条件を書き出していくことで、業界を絞っていけます。消去法でやりたい仕事に繋げていくのも一つの手です。

2.今までの経験を振り返る

自己分析で過去の出来事を振り返ると、やりたい方向性が見えてきます。熱中したことや達成感があったことを書き出し、一つひとつを深掘りしていきましょう。たとえば、「バスケットボール部の活動に熱中し、県大会で3位を取った」という場合、深掘りしていくと「チームで協力し合って物事を達成することに喜びを感じる」といったことが見えてきます。このように、熱中していた出来事やモチベーションが上がる瞬間を洗い出していけば、自然と「何がやりたいか」という答えに繋がっていきます。

3.「誰のために働きたいか」を考える

誰のために働きたいかという視点から、仕事を考えてみるのも良いでしょう。たとえば、男性や女性、大人や子ども、国内の人や国外の人など。自分が貢献したい人を具体的にしてみることで、やりたい仕事が見えてくる可能性があります。

4.身に付けたい知識・スキルから考える

将来役立ちそうな知識やスキルから会社を選ぶ方法もあります。どの業界でも重宝されそうなスキルを身に着けておけば、将来本当にやりたいことが見つかったときに、そちらのキャリアへ向けて難なく移行できるでしょう。

5.待遇・福利厚生から考える

待遇や福利厚生など、条件面から探すのも有効な手段です。たとえば、「ワークライフバランスに配慮している」「安定性のある企業」「自分で裁量を決められる」など、惹かれる条件を洗い出してみましょう。やりたいことが決まっていなくても、希望条件がある程度決まっていれば、自然と就職したい企業も絞られてきます。

6.興味があるワードから考える

趣味や小さなことでもい良いので、興味のあるキーワードを就活サイトに入力し、企業を検索してみるのも良いでしょう。たとえば、ゲームが好きな場合は「ゲーム」というキーワードで検索します。検索結果には、プランナーやデザイナーなどの開発に直接携わる仕事、広報や営業など、さまざまな職種が並ぶでしょう。その中から自分の適性に沿ったものを探すのもおすすめです。

▼関連記事
独特な制度もある!ベンチャー企業の福利厚生事情とは



 

志望動機の作り方に関する4つのヒント

この項目では、志望動機の考え方に関する4つのヒントを紹介します。志望動機の内容で重視されるのは、企業と就活生の相性。「やりたいこと」を話すべきという考えにとらわれず、「社会人としてどのようにありたいか」「その企業でどう活躍したいか」などの視点から志望動機を考えてみましょう。その際、「他社でも実現可能なものではなく、その企業ならではの理由」や「理由を裏付けるエピソード」が用いられていると、説得力があり評価に繋がりやすくなります。

1.動機を掘り下げる

希望する会社が決まったら、なぜその会社を選んだのかを深堀りしてみましょう。「なぜ?」を繰り返すことによって、自分がその考えにたどり着いたきっかけが分かる可能性があります。たとえば、「〇〇社で働きたい」と思ったらまずなぜそう思ったのかを考えてみましょう。「ゆっくり働けそうだから」という理由が思い浮かんだら、「なぜ自分はゆっくり働きたいのか?」を考えます。
そうして次々と理由を突き詰めていくことで、その考えの元になった原体験が見えてくるでしょう。そこまで来たら、あとはそのエピソードを用いて志望動機を作成するだけです。

2.適性から考える

自分の得意なことから志望動機を考えてみても良いでしょう。ただし、企業が求める人物像とその強みがマッチしていることが大切です。たとえば、「積極的に行動できる人」を求める企業に、「慎重に行動できることが強みです」とアピールしても、評価に繋がりません。求められる素養をよく確認してから志望動機の作成に取り掛かりましょう。

3.インターンシップに行く

インターンシップに参加し、実際に働いている人と直接話してみるのもおすすめです。業務内容を詳しく聞いたり、実際に仕事を体験したりすることで、志望動機が書きやすくなるでしょう。

4.OB・OG訪問をする

OB・OG訪問で、志望動機のヒントを得るのも良いでしょう。先輩方に、その業界を選んだ理由や志望動機などを質問することで、自分の参考にできる可能性があります。

▼関連記事
冬のインターンは参加すべき?ウィンターインターンとは



 

キャリアチケットについて

キャリアチケットは、就活生の最高のキャリアスタートを支援するサービスです。