ブラック企業の特徴をつかんで徹底回避!

このページのまとめ

  • ブラック企業を見分けるポイントは、特徴を把握すること
  • ノルマ、離職率、パワハラ、モラハラ、時間外労働、給与未払いがブラック企業の実態
  • 企業についてさまざまな方面からリサーチすることが必要
  • 初任給が高額、内定がすぐに出る、企業説明が抽象的なところはブラック企業の可能性あり

昨今、ニュースで見聞きする「ブラック企業」。社会問題になっているのは知っていても、具体的にどのような企業が該当するのか、ということを知っている人は多くないでしょう。

しかし、漠然としながらでも、大半の方はブラック企業への就職は避けたいと考えていると思われます。
もし就活をする際に見極めることができれば、無駄な時間を費やすことはありません。

今回、このコラムではブラック企業の特徴と見極めポイントをご紹介します。より良い就活となるよう、参考になさってください。

ブラック企業の特徴

「貴社はブラックですか」と尋ねたところで、企業が自ら「ブラックです」と言うことはないでしょう。では、どのような特徴をもつ企業がブラックなのか、ということをまずは見ていきたいと思います。

ノルマ

労働者に対して、無謀なノルマを課す企業があります。もしくは、表面上「目標」という数値を掲げていても、実質的には「ノルマ」と何ら変わらないという場合も多々あり。

パワハラ、モラハラ

上司からの叱責や要求が、常識の範囲を超えている場合、それはパワハラと言えるでしょう。また、人格を否定されるような発言はモラハラに該当すると思われます。

時間外労働

毎日のように長時間に及ぶ時間外労働がある場合は、ブラック企業だと言えるかもしれません。

給与のトラブル

残業代や給与の未払いがあるケースも、ブラック企業のおそれがあり。

懸念材料として、上記のようなことがあげられます。しかし、求人広告の情報だけでは、ブラック企業か否かの判断が難しいかもしれません。できるだけ詳しい事例を得るため、さまざまな方面からリサーチするよう心がけましょう。

▼関連記事
入社するのは避けたい!ブラック企業の特徴と見分け方
 

 

もしかしてブラック企業?注意した方が良いケース

一見、問題がないように思える事柄が、ブラック企業の特徴だと言うこともあります。その理由も含めて考察していきましょう。

新卒社員の離職率が極端に高い

過酷さ故に、スタッフが頻繁に退職していることがうかがえます。

企業理念や業務内容の説明が抽象的

具体的な内容や論理的な説明が希薄で、精神論ばかりを述べる企業は要注意です。業務を力技で押し切る、スタッフに対するモラハラが横行しているという懸念があります。

求人広告の掲載期間が長い

離職率が高いがために、常にスタッフを募集していることが推測されます。

初任給が高い

一見、喜ばしいことに思えるでしょう。しかし実は、単なる餌にすぎないことがあります。初任給が高くても、昇給率を調べると低い場合は、今一度検討されたほうが良いかもしれません。スタッフを捨て駒にしているおそれがあります。

内定が出るのが早く、辞退はできないと主張

内定を早く出すということは、人数確保が第一ということでしょう。ホスピタリティーよりも頭数、というブラック企業の採用図式が見え隠れしているようです。

疑うとキリがないかもしれません。しかしながら、社会人第一歩をブラック企業というぬかるみに踏み入れるのは、やはり回避したいものです。勉学やサークル活動に励んだ学生時代を無駄にしないためにも、上記のようなケースには充分注意してください。

▼関連記事
ブラック企業の見分け方とは?その特徴と対応策
 

就職を成功させるには

まずは、企業研究と情報収集を徹底的に行うことが大切でしょう。また、インターンや会社説明会を通して、実際に自分の目で確認することも重要です。その過程で、企業が求める人材像が見えてくると思われます。自分とマッチする素養を見出し、自己アピールに上手くつなげて内定を勝ち取りましょう。

もっと効率良く就活を進めたい方は、「キャリアチケット」の利用をおすすめします。経験豊富なアドバイザーに優良企業を紹介してもらうのも一つの方法です。
 

 

キャリアチケットについて

キャリアチケットは、就活生の最高のキャリアスタートを支援するサービスです。

20社内定した学生の就活ノートがもらえる! LINE友だち登録をする