自己PRで資格取得をアピールするコツは?例文と3つのポイントを紹介

このページのまとめ

  • 企業は自己PRで会社への貢献度や応募者の人柄を確かめている
  • 自己PRで資格取得をアピールするためには、取得までの過程を具体的に述べる
  • 応募先企業で活かせる資格は、入社後の期待や印象アップにつながる

自己PRで資格取得をアピールするコツは?例文と3つのポイントを紹介のイメージ

自己PRで資格取得について書こうと思っても、「どのような流れで書けばよいか」「うまくアピールできないのでは」と悩んでしまう就活生も多いのではないでしょうか。

自己PRでは、入社意欲や貢献度の高さを示すことが大切です。この記事では、自己PRで資格取得をアピールする書き方のコツを解説します。例文も紹介するので、ぜひ参考にしてください。

自己PRの作り方について相談したい

   
目 次

企業が自己PRを必要とする理由

効果的な自己PRを書くためには、企業がなぜ自己PRを必要としているかを理解しておく必要があります。自己PRで企業が主に確認しているのは、以下の2つのポイントです。

入社後に活躍する人材か確かめる

企業は就活生の強みから、「自社の仕事に適性があるか」「企業に貢献する人材か」を判断しています。そのため、どれほど素晴らしい強みを述べていても、企業が求める資質と一致しなければ高評価を得ることはむずかしいでしょう。

自己PRを書くときは、求められる人物像を把握した上で内容を考える必要があります。なぜなら、場合によっては「自社のことをよく調べていないのでは」と悪印象につながる恐れがあるためです。

事前にしっかりと企業研究して、企業に自分を採用するメリットを伝えられるようにしましょう。

応募者の人柄を把握する

企業は自己PRを通して、就活生の能力だけではなく人柄も確認しています。企業の社風と人柄が合うかどうかは、両者にとって重要なポイントの一つです。

自己PRで資格取得経験を書くときには、たとえば「向上心がある」「計画的に行動できる」「チャレンジ精神がある」などの性格をアピールするとよいでしょう。

人柄が十分に伝わる自己PRを書くためには、自己分析して自身を客観的に見つめることも大切です。

採用担当者に伝わりやすい自己PRについては、「就職活動の採用面接で通用する自己PRとは?長所別の例文も紹介」も参考にしてください。

自己PRの作り方について相談したい

 

自己PRで資格取得をアピールする3つのポイント

資格取得は、自己PRで強みをアピールする効果的なテーマの一つです。自己PRで資格取得経験を伝えるために、以下の3つのポイントを参考にしてください。

1.どのような過程を経て資格を取得したか述べる

就活において、資格はアピール材料になることもあります。けれども、単に取得したことを述べるだけでは印象アップにつながりにくいといえるでしょう。

なぜなら、採用担当者は「なぜ資格をとろうと思ったのか」「合格に向けてどのような努力をしたのか」といった資格取得までの過程に着目しているためです。

自己PRでは、資格の勉強で大変だったことや学んだことを述べるようにしましょう。具体的なエピソードを交えることで、物事に取り組む姿勢や人柄をより明確に伝えられます。

2.応募先企業で活かせる資格を取り上げる

複数の資格を保有している場合は、志望する企業の仕事に役立つものをピックアップしましょう。なぜなら、実務に役立つ資格を取り上げることで、「入社後の活躍が期待できる」と印象アップにつなげられるためです。

たとえば、英語を使う仕事ならTOEICや実用英語技能検定、経理なら日商簿記検定などが挙げられます。

3.取得に向けて勉強中の場合はその旨を書く

取得に向けて勉強している資格があれば、履歴書やエントリーシートに記載するという選択肢もあります。

取得済みの資格でさらに上の級を目指している場合には、その旨を書くとよいでしょう。継続的に取り組む姿勢を示すことで、「目標に向かって努力できる」「向上心がある」といったアピールにつながります。

この場合、履歴書やエントリーシートの自己PRだけではなく、資格欄にも「△△の取得に向けて勉強中」と記載しましょう。受験日が決まっていて合格の可能性が高ければ、「△年△月取得見込み」と書くことで、合格に向けて努力している姿勢が伝わります。

就活生におすすめの資格については、「資格は就活に有利ってホント?企業へのアピール方法をご紹介!」も参考にしてください。

自己PRの作り方について相談したい

 

自己PRで資格取得経験を書くときの流れ

伝わりやすい自己PRにするには、結論、具体的なエピソード、入社後の抱負という流れで書くのがポイントです。

結論

自己PRの書き出しは「私の強みは△△です」と結論から述べます。最初から長々と回りくどく記述すると「結局何が言いたいのかわからない」と思われて、最後まで読んでもらえないことも珍しくありません。

採用担当者の印象に残るためにも、結論を端的に述べることが大切です。

具体的なエピソード

結論に続いて、強みの根拠となる具体的なエピソードを述べます。取得した資格を並べて単に強みを述べるだけでは、人柄を十分に伝えることはむずかしいでしょう。

自己PRに説得力を持たせるためにも、資格を取得する過程で工夫したことや目標に対する成果を具体的に記述する必要があります。

入社後の抱負

最後に、自分の資格や強みを活かして、どのように企業に貢献できるのかを述べましょう。

採用担当者に「ぜひ一緒に働きたい」「入社後にきっと活躍してくれる」と思ってもらうためには、入社後の目標やチャレンジしたいことについて具体的に書く必要があります。

印象アップにつながる自己PRについては、「新卒向け!自己PRの流れと印象アップのポイントを解説」も参考にしてください。

自己PRの作り方について相談したい

 

資格取得をテーマにした自己PRの例文

資格取得経験をテーマとする自己PRの例文と作成時のポイントを紹介します。

例文

私の強みは、目標達成に向けて計画的に行動できることです。

私は今年の2月に日商簿記検定2級を取得しました。簿記検定の勉強をすれば会計の知識・スキルを身につけられ、実務に役立つと考えたからです。

簿記検定の勉強をするにあたって、大学の講義や課題、アルバイトとの両立を図る必要がありました。そこで、私は効率よく勉強を進めるために計画表を作成。あらかじめ1日の勉強時間を決めることで、大学の授業やアルバイトをおろそかにせず、知識をスムーズに習得できました。

結果、約3ヶ月間の勉強で簿記検定2級に合格しました。知識をさらに深めたいと考えており、現在は1級合格に向けて勉強中です。

貴社に入社した際は、簿記検定の勉強で身につけた知識を活かすとともに、目標達成に向けて計画的に取り組む姿勢を大事にしたいと考えています。
 
 自己PRを作成する際のコツ

自己PRを作成するコツは、読みやすさやオリジナリティを意識することです。効果的な自己PRが書ければ、履歴書やエントリーシート全体の印象もよくなるでしょう。

作成時に気をつける点として、主に以下の3点を心がけてください。

読みやすくなるよう改行や文字の大きさに気をつける

話が変わるタイミングで適宜改行し、読みやすい文章にしましょう。また、小さい文字で記入欄を埋めると読みづらいため、手書きの場合は文字の大きさに気をつけることも大切です。

あらかじめ見本を用意して参照しながら書くと「最後の方だけスペースが足りず、文字が小さくなってしまった」となるのを防げます。

記入欄の8割以上を目安に書く

文字数が指定されていないときは、記入欄の8割以上を埋めるつもりで書きましょう。記入欄の半分程度しか書かずに空白が目立つと、採用担当者に「入社意欲が低い」「熱意が感じられない」と思われてしまうことも考えられます。

一方で、枠内に文字を詰め込みすぎても読みづらくなるため、多過ぎず少な過ぎないよう心がけましょう。

自分の言葉で表現する

自己PRを書くときに、例文の丸写しは禁物です。採用担当者は多くの自己PRに目を通しているため、定型文のような文章は見抜かれてしまい、マイナスイメージにつながりかねません。

自己PRで好印象を与えるためには、自分の言葉でまとめてオリジナリティのある内容にする必要があります。

効果的な自己PRの書き方については、「​​自己PRは構成が大事!企業に評価される書き方やポイントを紹介!」も参考にしてください。

自己PRの作り方について相談したい

 

自己PRで資格取得をアピールしたいあなたへ

自己PRで資格取得経験をテーマにしたいと思っても、どのように書けばよいか悩んでしまう就活生も多いのではないでしょうか。資格を効果的にアピールするためには、具体的なエピソードを交えて強みをわかりやすく伝える必要があります。

例文を参考にしてもなお、自己PRを自分の言葉で書くのが難しい場合は、就活エージェントへの相談もおすすめです。

キャリアチケットでは、自己分析や業界研究から自己PRの書き方や添削まで、就活生の悩みを解決するサポートをしています。自己PRの書き方で悩んでいる方は、ぜひ利用してみてください。

自己PRの作り方について相談したい

 

自己PRでの資格取得経験に関するよくある質問

就活における資格取得経験のアピール方法について、よくある質問をまとめました。

Q.履歴書に勉強中や取得予定の資格を書ける?

A.資格取得に向けて勉強中であれば、「△月取得予定」「講座受講中」など履歴書に書いておくことでアピールにつながる可能性もあります。この場合、すでに取得済みの資格から優先的に記載しましょう。

履歴書に書ける資格がない場合は、「履歴書の資格欄の書き方とは?ポイントや書ききれない場合の対処法を解説!​​」も参考にしてください。

Q.​​資格取得したときの経験はガクチカで使える?

A.資格取得経験もガクチカで使えるテーマの一つです。ガクチカでは、物事に向き合う姿勢や対応力をアピールする必要があります。資格そのものよりも、資格取得までに努力した過程を伝えられるようにしましょう。

ガクチカを書くときのポイントについては、「​​就活を有利にするガクチカとは?作成方法や例文をご紹介」も参考にしてください。

Q.ガクチカで使える資格は?

A.入社後の仕事に直結する資格として、TOEIC、日商簿記、MOS(マイクロソフト・オフィス・スペシャリスト)などが挙げられます。ガクチカでアピールするなら、入社後の仕事に活かせる資格が効果的です。

資格の正式名称など履歴書の書き方については、「どう書く?履歴書の資格欄!効果的に資格をアピールする方法​​」で詳しく解説しています。

自己PRの作り方について相談したい

 

キャリアチケットについて

キャリアチケットは、就活生の最高のキャリアスタートを支援するサービスです。