履歴書で簿記の資格をアピールするメリットは?書き方も説明

このページのまとめ

  • 簿記は経済の動きやお金を生む仕組みを勉強するビジネスマンにとって重要な資格
  • 簿記の資格を履歴書に書くことは、就活において効果的なアピールとなる
  • 2級から書くことが望ましいが、3級でも十分アピールできる
  • 資格はかならず正式名称で書く
  • 「勉強中」の資格や「セミナーの受講歴」も資格欄に記載できる

履歴書の資格欄に何を書けばいいのか分からず、悩んでいる方も多いのではないでしょうか。
もし「簿記」の資格を持っているならば、ぜひ資格欄に記載しておくことをおすすめします。
簿記の資格を保有していることは、就活において、非常に効果的なアピールになります。それは、簿記がどのような業種においても必要となる有益な資格だからです。
本記事では、簿記を履歴書に書くメリットや、基本的な資格欄の書き方について説明します。

簿記を履歴書に書くメリット

まず、簿記とは何かをふまえ、簿記を資格欄に書く具体的なメリットを見ていきましょう。

簿記とは

簿記とは、商品取引や経済活動・お金の動きを整理し、記録する手段。
3級では個人商店における帳簿の記入方法、2級では株式会社の会計処理、1級では大企業の会計について学びます。
どのような業種・業界でも必要になる、社会人として持っておいて損はないスキルと言えるでしょう。

簿記の種類とそれぞれの特徴

簿記には基本的に3種類あります。それぞれの特徴を確認していきましょう。

・日商簿記…「日本商工会議所」が主催する簿記検定試験。日本で一番有名で、他と比べ難易度が高い簿記試験。

・全商簿記…「全国商業高等学校協会」が主催する、主に高校生が受験する試験。

・全経簿記…専門学校生をはじめ幅広く受験されている、「社会法人全国経理教育協会」主催の試験。

簿記を資格欄に書くメリット

先述したように、簿記は、お金の支出の記録や経済の流れなど、ビジネスマンなら誰しもが持っておいて損はない有益な資格です。
お金をやり取りして利益を生み出す仕組みを理解することは、どんな仕事にも応用することができます。
簿記の資格があることを履歴書に記載すれば、それだけでビジネスマンの資質を高く評価してもらえる可能性があるので、率先して書くことをおすすめします。

何級から書ける?

3級は難易度がやや低めなので、2級から書くのが望ましいでしょう。
ただし、簡単な経理の仕事を業務内容として含んでいる企業では、3級でも十分アピールになります。
また、簿記の資格のなかでも、「日商簿記」は大学生・社会人を主な対象としており、他の簿記試験に比べて難易度が高く、採用に強いと言われています。

資格欄の書き方・注意点

簿記を資格欄に書くメリットが分かったら、次に、実際に資格欄を埋めていきましょう。
資格欄の書き方と注意点をまとめましたので、ご参考にしてください。

取得日の古い順に書く

資格の取得日は、古い順に記載するのが一般的です。
卒業と同時に取得できる資格は、「取得見込み」と記載しましょう。

西暦・和暦は統一する

取得日を記入する際、必ず西暦・和暦の表記を統一させましょう。
これは、資格欄のみでなく、履歴書全体で統一させてください。

正式名称で書く

資格は必ず正式名称を記載しましょう。定かでない資格は、必ずよく調べてから書くようにしてください。
下記は、3つの簿記資格の正式名称です。

日商簿記→日本商工会議所及び各地商工会議所主催 簿記検定試験
全商簿記→全国商業高等学校協会主催 簿記実務検定
全経簿記→社会法人全国経理教育協会主催 簿記能力検定試験

名称が変わった資格は取得時のものを書く

資格取得後に資格名が変更された場合、取得時の名称を記載します。
下記、名称が変更された資格・検定の一例です。

(旧)「宅地建物取引主任者」→(新)「 宅地建物取引士」
(旧)「一般旅行業務取扱主任者」→(新)「 総合旅行業務取扱管理者」
(旧)「Microsoft Office User Specialist(MOUS)」→(新)「 Microsoft Office Specialist(MOS)」

資格の名称は注意が必要で、長いものや、過去と現在で変更になったものも多いです。
一番正しい表記の仕方を確認し、間違いなく資格欄に記載しましょう。

履歴書に書ける資格は?

履歴書において、「持っているならば書くべき資格」「書くと有利に働く可能性のある資格」を紹介していきます。

志望企業のニーズに合った資格を書く

資格欄に、志望企業の業務内容に関連するものを記載しましょう。
志望企業と関連の薄い資格を記入すると、志望度が低いのではないかと思われてしまう可能性があります。
ですから、率先して企業のニーズに合った資格を記載するようにしましょう。

就活に有利な資格

続いて、履歴書に書くと有利に働く可能性のある資格を紹介します。

TOEICのスコア

昨今、日本企業にグローバル化の波が押し寄せています。
英語力を証明できるTOEICの高スコアを持っていて損はないでしょう。
外資系企業を志している場合は、TOEICのスコアが今後のキャリアに影響する可能性もあります。

ITパスポート

ITパスポートとは、ITの知識を証明する資格です。
企業の業務やサービスのIT化は、日々止まることがありません。
また、今後さらなるIT知識が必要になってくるでしょう。
経済の発展に欠かせないIT知識を持っている人材は、あらゆる企業において強みとなるはずです。

MOS

「Word」「Excel」「PowerPoint」といったマイクロソフト社のオフィスソフトのスキルを示す資格です。
現在、日本のオフィスワークはパソコンでソフトを活用するのが一般的です。
採用においても、初歩的なパソコン操作のスキルを求める企業がほとんどなので、パソコンスキルを形として証明できるこちらの資格は記入しておいて損はないでしょう。

履歴書に書かない方が良い資格

ただ、資格欄にはどんな資格でも記載して良いというわけではありません。
就活には適していない資格や、なるべく書くのを避けた方が良い資格をみていきましょう。

志望企業の業務内容に関係のない資格

資格欄には、志望企業の業務内容と関係のないものを書かない方が無難です。
履歴書は自分がその企業のニーズに合った人材であることをアピールする材料でもあるので、あまりに企業と関係の薄い資格は逆効果になってしまう可能性があるので、控えましょう。

趣味・変わった資格

変わった資格や趣味の資格は、担当採用者に強い印象を与えることができますが、企業の業種とかけ離れてしまっていては、逆効果です。
どうしても趣味の資格を記入したい場合は、資格欄ではなく、趣味の欄に記載しましょう。

500点以下のTOEICスコア

先述したとおり、TOEICのスコアは英語力をアピールできますが、「500点以下」である場合は、むしろ「英語力に乏しい」と思われてしまうおそれがあります。
点数によっては就活で不利になってしまう場合もあるので、TOEICのスコアを記入する際は注意しましょう。

虚偽の資格

取得していない資格を記載することは絶対に控えましょう。
履歴書は法的には私文書にあたるので、もし虚偽の事実がばれてしまった場合、経歴詐称として罪に問われるおそれもあります。

履歴書に書ける資格がないときは?

履歴書に書ける資格が無い方は、基本的には「特になし」と書きましょう。
しかし、資格欄には取得した資格以外のことを記載することができます。
もし、資格欄を空白のまま提出することに不安を感じる方は、以下の方法を試してみてはいかがでしょう。

セミナーの受講歴を書く

志望企業の業種に関連するセミナーや講座の受講歴は、資格欄に書くことができます。
業種・業界の知識を深めるための自発的な取り組みは、意欲として評価されることもあるので、受講歴のある方はぜひ書いておきましょう。

勉強中の資格を書く

資格欄は、取得していない資格であっても、勉強中であれば記載することができます。
「志望企業の業種に関する勉強に精進している」というアピールになることもあるのではないでしょうか。
その際には、例えば「現在、簿記検定試験2級の勉強中」などと、具体的に分かりやすく記載すると良いでしょう。

以上、履歴書で簿記の資格をアピールするメリットと資格欄の詳しい書き方をご説明しました。
履歴書の書き方にまだ不安が残る方は、キャリアチケットで相談してみてはいかがでしょう。

キャリアチケットは、新卒向けの就活エージェント。
就活のプロである専任アドバイザーがあなたに合った就活プランを考え、個別相談に親身に応じます。
他にも、履歴書など応募書類の添削や自己分析の指南を実施。
就活に特化したセミナーも随時開催しております。
サービスは全て無料となっておりますので、悩んでいる方は、まずは気軽にご連絡ください。

キャリアチケットについて

キャリアチケットは、就活生の最高のキャリアスタートを支援するサービスです。

20社内定した学生の就活ノートがもらえる!