どんな違いがある?インターンの種類と内容まとめ

このページのまとめ

  • インターンシップは「期間」「時期」「内容」によってそれぞれ得られるポイントが異なる
  • 近年は学生側にも会社側にも負担の少ない1dayインターンシップを開催する企業が多い
  • 企業の強みや特徴を知りたいならサマーインターン、より深い企業理解を求めるならウィンターインターンがおすすめ 
  • 自分がインターンに求める内容を考え、目的に合わせたプログラムに参加できるよう企業研究を行おう

近年、開催する企業も増えているインターンシップですが、複数の種類があることは知っていますか?
種類によって内容も違うため、しっかり調べてからエントリーしないと「自分が求めていたインターンではなかった…」となる可能性も。
当コラムでは、インターンの種類や内容、特徴などを解説してます。
自分に合ったプログラムを知りたい方はもちろん、いつ参加すればいいかお悩みの方も参考にしてください。

種類を把握してから自分に合う内容のインターンを探そう

多くの企業が開催しているインターンシップには、複数の種類があります。

まず、期間と開催時期で分類してみましょう。
開催期間は大まかに「1day」「短期」「長期」に分けることができ、さらに季節によって「サマーインターン」「ウィンターインターン」と呼ばれています。
スプリングインターンやオータムインターンを設けている企業もありますが、インターンシップは学業に支障が出ないよう大学の夏季・冬季休暇に合わせて実施されるのが一般的

次に、インターンシップの内容で分けてみます。
内容は企業によって異なるものの、「実践的体験業務」と「グループワーク」に分けることが可能
1dayの場合は講義やセミナーといった座学を中心としたものや、職場見学型のような内容も見受けられます。

会社によってはインターン自体を開催していないこともあるので、自分が志望する企業がインターンシップを実施しているか確認しておきましょう。

▼関連記事
就活中に聞くインターンとは?種類や期間などを徹底解説

 

種類別インターンシップの特徴~期間編~

開催期間ごとの特徴を以下にまとめたので参考にしてください。

1day

1日限りのインターンシップ。
1日で完結するため忙しい学生でも参加しやすい、企業側の負担が少ないといったことが利点となり近年実施する企業が増えているようです。
企業説明や講義、簡単なグループワークなどが行われていますが、十分な時間が確保できていないことから企業説明会と似たような内容になりがちな企業も。
「時間がない」「社内や社員の雰囲気を見てみたい」「とりあえず参加してみたい」といった学生には向いているインターンシップです。

▼関連記事
1dayインターンシップの特徴は?参加するメリット

短期

3日~1週間前後の開催期間を設けているインターンシップ。
最もオーソドックスなタイプで、企業によっては宿泊を伴うこともあるようです。
企業説明やセミナーといった座学からグループワーク、実際の業務体験まで一通り経験できるケースが多く、企業がどのような業務を行っているのか、職場環境や社員の雰囲気などもしっかりと確認することができます。
また、学生の思考力やコミュニケーション力を見ることができる、実際に話す機会も多いなどの理由から、開催する企業が多いインターンといえるでしょう。

▼関連記事
短期と長期どっちが良い?インターン期間による魅力とは

長期

1ヶ月以上の期間を設けているインターンシップで、企業によっては半年ほどのケースもあるようです。
エンジニアなどの制作に関わる職種や営業など売上に関わる職種で開催されることが多く、インターン終了後にそのまま就職する参加者が多いのも特徴。
参加者側は業務内容がしっかり把握できる、実際の業務をじっくりと体験できるといったメリットがあり、企業側には学生の能力や人柄をしっかりと見極られ、即戦力になるか判断できるのが利点でしょう。
しかし、拘束時間が長期になることから、就職を具体的に検討している学生以外の参加は多くないようです。

▼関連記事
給料が出ることもある?企業を知るには長期インターン
 

種類別インターンシップの特徴~開催時期編~

インターンの開催時期によって異なる点を以下にまとめています。
どの時期に参加するか悩んでいる方は参考にしてみてください。

サマーインターン

最も一般的なインターンで、大学の夏期休暇に合わせて6月~9月に実施されます。
就活の第一歩として参加する学生が多いため、認知度を上げるために1dayや短期を実施する企業が多いのが特徴。
学生の能力を測るというよりは、企業の強みや特徴、具体的な業務内容を伝えるプログラムが多い傾向です。

▼関連記事
夏のインターンが勝負?サマーインターンは参加すべきか

ウィンターインターン

1月~3月の間に行われるインターンで、本選考に近い時期に実施されます。
就活の第一歩であるサマーインターンから半年ほど期間が空いているため、より深い企業理解を求めて参加する学生が多い傾向。
グループワークや業務コンテストといった学生の能力を見るプログラムが中心で、中にはインターンシップに参加することで本選考を有利に進めることができる…といった企業もあるようです。
サマーインターンに比べて本選考に影響が出やすいのが特徴と言えるでしょう。

▼関連記事
冬のインターンは参加すべき?ウィンターインターンとは

 

種類別インターンシップの特徴~形式編~

インターンの開催形式によっても内容が異なります。
特徴を以下にまとめたので、形式によって得られる内容を確認しておきましょう。

体験業務型

実際の業務を体験できるプログラムで、短期で多く行われています。
主に入社1年目の社員と同等の内容が用意されていることが多く、職場の雰囲気や具体的な業務内容を短期間で理解できるのが特徴。
説明会やパンフレットでは分からない業務まで体験できることもあれば、雑用や限られた業務のみしかできないケースなど、企業によって体験内容に幅があるようです。

グループワーク型

用意されたプログラムの多くをグループで行うタイプで、中には最終的にワーク内容をまとめて発表するプログラムも。
新規事業や企画の立案、実際に業務で発生した問題解決などを行うことが多く、実際の仕事を体験できる内容が主流です。
先述のように実際の業務に近い内容を体験できる、自分の知識や経験が業務に活かせるか分かるのがメリットで、他社と似たようなワークを用意される、フィードバックが乏しい可能性があるといった点がデメリットとして挙げられます。

▼関連記事
インターンの定番?グループワークの目的と攻略ポイント

セミナー型

学生にとって役立つテーマや、企業の業務内容についてのセミナーを受講するプログラム。
ロジカルシンキングやリーダー論といった大学で学べないことを講義するケースもあれば、単なる会社説明のように広報活動として捉えている企業もあるようです。
1dayや短期で実施されることが多いため、短時間で企業を知れる、企業の強みや理念が分かるのがメリット。
デメリットとしては、企業との接点(社員との交流など)が少ない、業務の大変な点などを捉えにくいといった点が挙げられます。

職場見学型

オフィスや工場、研究所といった実際の職場を見学するタイプ。
1dayで行われるほか、短期インターンシップの初日にプログラムを設けるケースも多いようです。
見学後に社員との交流会が開催されたり簡単なワークを用意していたりする場合は、短時間で社内の雰囲気や業務内容を理解できるのがポイント。
一方、社会見学のように「見るだけ」の場合は業務内容を掴みづらい、社員に質問できないこともあるようです。
 

自分に合うインターンシップを探すには

以上のように、一口に「インターンシップ」と言っても期間や時期、内容によって得られる情報が異なります。
参加してみたら「目的と違った」「知りたい内容を得られなかった…」となる可能性も。
自分に合うインターンシップを探すにはどうしたら良いのでしょうか。

まず、自分がインターンを通して何をしたいのかを考えることが大切です。
企業について大まかな情報を知りたければ「1day、セミナー型」や「職場見学型」、具体的な業務について知りたければ「短期、グループワーク型」、本格的に業務を体験したりマッチングを見たいのであれば「長期、体験業務型」など、目的によって参加インターンを見極める必要があるでしょう。

また、インターンは参加人数が限られていることが多いため、気になる企業に手当たり次第応募しても受かるとは限りません。
応募に際してエントリーシートや面接を設ける企業もあるほか、複数の企業に受かっても時期が被っているなどの理由で選別せざるを得ないケースも。
あらかじめ企業研究を行ってエントリーする企業を絞っておくこともポイントです。

中には、応募条件が厳しかったり採用選考に関わったりすることもあるので、企業が掲載しているインターンシップ情報はしっかりと読み込んでおきましょう。

インターンに参加したいけど、エントリーシートが思うように書けない…という方は、新卒専門の就職エージェント「キャリアチケット」に相談してみてはいかがですか?
キャリアチケットでは、ご利用者一人ひとりに対して専任の就職アドバイザーが担当。
カウンセリングを通してあなたの強みやアピールポイントを見出し、エントリーシートのアドバイスを行います。
さらに、書類だけでなく面接のサポートも充実。
ビジネスマナーの確認や受け答えのコツなど、模擬面接を通してしっかりとサポートいたします!
インターン選考でお悩みの方はもちろん、本選考で悩んでいる…という方もお気軽にお問い合わせください。

▼関連記事
インターンの探し方を解説!自分に合う企業を選ぶには
 

 

キャリアチケットについて

キャリアチケットは、就活生の最高のキャリアスタートを支援するサービスです。

20社内定した学生の就活ノートがもらえる! LINE友だち登録をする