1dayインターンシップの特徴は?参加するメリット

このページのまとめ

  • 1dayインターンシップは1日完結型で、気軽に参加できるのが特徴
  • 1dayインターンシップには、講義型やワークショップ型、職場体験型などがある
  • 企業理解を深めたり人脈を築いたりできるのが参加のメリット
  • 服装の指定がない場合はスーツで行き、私服を指定されたときはオフィスカジュアルを意識する
  • お礼メールを送るなら、自分の言葉で表現することと当日中の送信を心がけよう

インターンシップは、学生が企業で就業体験できる制度を指します。学生のうちに会社の雰囲気や具体的な仕事内容を知ることで、入社後のミスマッチを防げるでしょう。
インターンシップは短期インターンと長期インターンの2種類に大別できますが、前者に含まれる「1dayインターンシップ」にはどのような特徴があるのでしょうか。ここでは1dayインターンシップの実施形式や参加するメリット、参加する際の服装について解説。インターンシップへの参加を検討している方は、ぜひご一読ください。
 

1dayインターンシップとは

1dayインターンシップは、1日完結型のインターンを指します。実施頻度が比較的高く、募集人数が多いため、気軽に参加できるのがメリットです。
1dayインターンシップの場合、午前中に業界・企業の説明、午後に社員との懇談会やグループワークといった流れが多いため、企業研究が進んでいない人やWebサイトではわからない情報について質問したい場合は参加すると良いでしょう。

企業側は、自社の宣伝のために1dayインターンシップを行うことが多いようです。自社に興味を持ってもらうことで応募につなげる、企業理解を深めてもらうことで入社後のミスマッチを防ぐ、といった目的があります。
 

 

1dayインターンシップの種類

1dayインターンシップの実施形式は、下記の3種類に大別できます。

講義・セミナー

講義・セミナー型は、業界や企業についての説明を聞くインターンシップです。会社説明会に近い形式のため、業界・企業理解を深めたい人は参加を検討すると良いでしょう。

ワークショップ

複数人のグループで指定されたテーマについて話し合ったり、新規事業の企画をしたりするインターンシップです。講義・セミナー型に比べると実践的な内容なので、志望する業界・職種が決まっていて適性を考えたい人は参加してみましょう。
ほかの大学の学生と人脈を築くチャンスでもあるので、就活の情報共有ができるように積極的に交流を図るのがおすすめです。

職場見学・仕事体験

1dayインターンシップには、工場や研究所を見学したり、実際に職場で仕事を体験したりするものもあります。どのような過程を経て商品が製造されているのか、会社の雰囲気は自分に合うかといった点を把握でき、企業理解に役立つでしょう。

先述のとおり、1dayインターンシップの中には「午前は企業の説明、午後は職場見学」のように複合型インターンもあります。企業によって具体的なプログラムは異なるので、Webサイトなどでしっかりチェックしてください。

▼関連記事
どんな違いがある?インターンの種類と内容まとめ
 

1dayインターンシップに参加するメリット

ここでは、1dayインターンシップに参加するメリットをご紹介します。

業界・企業理解を深められる

1dayインターンシップに参加することで、Webサイトだけではわからない情報を得られるでしょう。社員との懇談会では仕事のやりがいや働く環境について聞くことができ、職場見学・体験では社風や具体的な業務内容を把握できると考えられます。
また、同業他社の1dayインターンシップに参加すれば、効率的に企業ごとの特徴を押さえられるでしょう。

社員に質問できる

企業によっては1dayインターンシップで社員との座談会を実施しており、その際は採用担当者や現場で活躍している社員と交流できます。生の声を聞けるチャンスのため、事前に質問内容を考えて参加しましょう。

人脈を築ける

先述のとおり、インターンシップは同じ業界・企業を志望する学生と人脈を築くチャンスです。交流を図ることで、それまで知らなかった会社についての情報を得たり、就活仲間として励まし合いながら選考に臨んだりできるかもしれません。

1dayインターンシップは長期のインターンに比べると気軽に参加できるため、興味のある会社は積極的にエントリーしましょう。ただし、日程が被ったり体力的な負担が大きくなったりしないよう、スケジュール管理に注意することが大切です。

▼関連記事
インターンには短期と長期がある!それぞれの違いと特徴とは
 

 

1dayインターンシップの服装

ここでは、1dayインターンシップに参加する際の服装を確認しましょう。

指定がない場合

服装の指定がない場合は、スーツで行くのが無難です。スーツの色は黒やネイビーなどを選びましょう。
靴は男性なら黒の革靴、女性ならパンプスにして、事前に汚れがないかチェックしてください。カバンも見られているということを念頭に置き、A4のファイルが入る大きさで無地のものを選びましょう。

「私服で来てください」と言われた場合

私服を指定された際は、ビジネスカジュアルを心がけることが大切。露出が多い服やデニムパンツなどはビジネスシーンに不向きなため、これらを着て参加すると悪印象を与えてしまいます。
男性はジャケットやワイシャツ、パンツを身につけるのが基本。色はスーツの場合と同様に黒やネイビーなどにして、無地のものを選ぶようにしてください。
女性はジャケットの下にカットソーやブラウスを着ます。ボトムスはスカートとパンツのどちらでも問題ありませんが、スカートの場合、丈が短いものは避けましょう。

▼関連記事
インターンシップでは何を着る?服装選びのポイントとは
 

1dayインターンシップ後にお礼メールは送る?

1dayインターンシップに参加した際に、お礼メールを送るか迷う人もいるでしょう。必須ではありませんが、送ると丁寧な印象を与えます。
ただし、お礼メールを送るのであればマナーをしっかり守ることが大切。ここではマナーの例をご紹介するので確認してください。

当日中に送る

お礼メールは、インターンシップの当日に送るのが基本です。終わってから1週間後など、何日も経ってから送るとかえって悪印象を与えてしまいます。当日中に送るのが難しいときは、遅くとも翌日の午前中には送るようにしてください。

自分の言葉でお礼を述べる

文章力に不安がある人もいるかもしれませんが、例文の丸写しはやめましょう。例文は参考程度に留め、学んだことや得たことは自分の言葉で伝えるようにしてください。


就職活動に不安がある方は、キャリアチケットに相談してみてはいかがでしょうか。
キャリアチケットは、新卒者を対象に就活支援を行う就職エージェントです。専任の就活アドバイザーがカウンセリングで適性を把握し、あなたに合うお仕事をご紹介します。
当サービスは、応募書類の添削や面接対策といったサポートをマンツーマン体制で実施。アドバイザーとはメールやチャットツールを用いて連絡をとれるので、就活の悩みを気軽に相談できます。
サービスのご利用はすべて無料のため、就職成功のためにぜひご活用ください。

▼関連記事
インターンシップ後にお礼メールが必要な理由
 

 

キャリアチケットについて

キャリアチケットは、就活生の最高のキャリアスタートを支援するサービスです。

20社内定した学生の就活ノートがもらえる! LINE友だち登録をする