サマーインターンの日程はいつから?スケジュールや選考突破のコツを解説

このページのまとめ

  • サマーインターンの日程情報は3月後半から提示される
  • サマーインターンは7月から9月の大学生の夏休みに実施される
  • サマーインターンは定員が決まっている場合もあるため早めに応募する

サマーインターンの日程はいつから?スケジュールや選考突破のコツを解説のイメージ

「サマーインターンの日程はどうなっているのだろう」「サマーインターンの募集はいつからだろう」と疑問を持っている就活生も多いのではないでしょうか。

サマーインターンは早ければ3月後半に情報が解禁され、7月か9月から参加できます。希望する企業のサマーインターンに参加できるように、準備を進めておきましょう。

この記事では、サマーインターンのスケジュール感や、参加時のポイントを解説します。

24卒の就活について相談したい

   
目 次

サマーインターンとは?実施時期や準備のタイミングを解説

サマーインターンとは、夏場に行われる短期インターンのことで、1日から2週間程度で行われることが一般的です。1日だと業務説明になり、3日から2週間程度の場合はプロジェクト型で行われます。

まず、サマーインターンの実施月や準備を始めるタイミングについて解説していきます。

サマーインターン実施時期

サマーインターンの実施時期は、7月から9月です。一般的には、大学生の夏休みに行われます。

サマーインターンのスケジュール

サマーインターンのスケジュール感は次のとおりです。

3月後半から4月

3月後半から4月にかけて、サマーインターンに関する情報が出回るようになります。また、インターン参加者の募集開始を行う企業も増えるタイミングです。

5月から6月前半

サマーインターンを行う日系企業の情報が出るようになります。6月には募集を締め切る企業も多いため、早めに応募しましょう。

6月後半から7月

6月後半ごろから、サマーインターンの選考が開始されます。グループディスカッションや面接が行われるため、準備しておきましょう。

また、サマーインターンの日程が確定され始めるのも6月後半から7月です。サマーインターンの日程を調整し、参加しましょう。

7月後半から9月前半

7月後半からは、サマーインターンが始まります。スケジュール管理や体調管理を行い、万全の状態で参加することが重要です。

サマーインターン参加に向けた準備を始めるタイミング

サマーインターン参加に向けて、4月中旬には動き出すといいでしょう。遅くても5月中旬には準備を始めなければ遅れてしまいます。早い人になると、3月からセミナーに参加している場合もあります。

サマーインターンの準備は、早ければ早いほど有利です。特に、参加するために選考が必要な企業は、早めに対策をしておきましょう。

24卒の就活について相談したい

 

サマーインターンに参加するメリット

サマーインターンはほかの時期に比べて規模が大きく、参加するメリットがあります。どのようなメリットがあるかを知っておきましょう。

面接などの選考に参加できる

サマーインターンに応募すると、面接などの選考に参加できます。選考を受けておくことで、選考に慣れることができるのはメリットです。

就職活動本番で選考を受けると、選考に慣れておらず失敗する場合もあります。志望度が高い企業の選考が一番に来てしまい、実力を出せないケースも発生するでしょう。

サマーインターンの選考を受けておけば、就職活動本番を想定して準備ができます。一度でも選考に参加しておけば、雰囲気に慣れ、リラックスした状態で本選考にチャレンジできるでしょう。

インターンで行われる選考に関しては、「インターンにはどんな選考方法がある?必要な対策とは」で紹介しています。

業界研究や企業研究が早めに行える

サマーインターンに向けて準備するため、業界研究や企業研究が早めに行える点もメリットです。サマーインターンに参加していない学生と比べて、一歩リードできるでしょう。

業界研究や企業研究を行うことで、就活の軸が決まり、今後の就職活動を進めやすくなります。また、志望動機やエントリーシートが書きやすくなるメリットもあるでしょう。就職活動本番に備えて業界研究を行っておけば、内定獲得に近づきます。

多くのインターンに参加しやすい

サマーインターンは夏休みに行われるため、多くの企業のインターンに参加できる点もメリットです。興味のある企業のインターンが重なることも少なくなるでしょう。

また、オータムインターンやウィンターインターンに比べて、実施する企業が多い点もポイントです。種類も豊富にあるため、参加したいプログラムを選びやすいメリットがあります。

インターンの種類に関しては「どんな違いがある?インターンの種類と内容まとめ」も参考にしてください。

24卒の就活について相談したい

 

サマーインターンに参加する際のポイント

サマーインターン参加に向けて、意識したいポイントを解説します。ただ参加するだけではなく、目標を決めたり、学びたいことを意識することが重要です。

参加する目標を決める

サマーインターンに参加する際は、目標を決めましょう。目標があることで、モチベーションが上がったり、成長につながりやすくなったりするからです。

たとえば、「多くの社員と話す」「毎日振り返りを行う」などの目標で問題ありません。サマーインターンで学びたいこと、成長させたいことを考え、目標にしましょう。

目標や目的の決め方は、「インターンシップへは目的を持って参加するべき?」も参考にしてください。

積極的に質問する

サマーインターンでは、自分から積極的に質問をしてみるのも大切です。社員の方や人事担当者がいるため、気になることは聞いてみましょう。

自分が知りたいことを整理し、質問を行うと成長につながるでしょう。

参加後は振り返りを行う

サマーインターン参加後は、振り返りを行うことが重要です。振り返りを行うことで、学んだことや成長したことを把握できます。参加しただけで満足しないように心がけることが大切です。

エントリーシートなどの書類提出に慣れておく

サマーインターンでは、エントリーシートや事前課題の提出が求められることもあります。書き方が分からないと、応募がギリギリになってしまうので注意が必要です。

そのため、エントリーシートなどの提出書類には慣れておきましょう。書類作成に慣れておくと、スムーズに応募ができます。

サマーインターンのエントリーシートでは、次のような内容がよく聞かれます。

・企業の業界に興味を持った理由
・サマーインターンに参加したい理由
・インターンを通じて学びたいこと
・学生生活で頑張ったこと
・自己PR

聞かれやすい内容を知っておき、回答を準備しておくとスムーズでしょう。参加するインターンの数だけ書類は必要になるため、素早く準備できるようにしておくことが重要です。

24卒の就活について相談したい

 

サマーインターンで行われる内容

サマーインターンで行われるプログラムに関して知っておきましょう。ここでは、代表的な3つの内容に関して紹介します。

新規事業に関するプレゼンテーション

インターン開催企業が行う新規事業を考え、プレゼンを行うプログラムです。参加者同士でグループを作り、プレゼンを行ってフィードバックをもらう流れが一般的になります。

企業が持っている実際の課題を教えてもらい、その課題に対して新規事業をプレゼンするケースもあります。

業務の体験

実際の業務を体験したり、見学したりできるプログラムです。企業説明会や就活セミナーの形式に近い形式になります。1dayのインターンに多く、企業理解を深める目的で実施されています。

1dayタイプのサマーインターンは、参加しやすく、さまざまな業界や企業を知りたい場合におすすめです。部署見学や工場見学もあるため、活用してみましょう。

企業の課題解決に関するディスカッション

企業が抱えている課題を解決するために、ディスカッションを行うプログラムです。実践的な内容が強く、スキルアップにつながりやすいメリットがあります。

サマーインターンを通して成長したい、インターンならではの経験を得たい学生は参加してみましょう。

24卒の就活について相談したい

 

サマーインターンに参加するまでの流れ

サマーインターンに参加するまでの流れも知っておくことが重要です。必要な準備やポイントも解説します。

自己分析を行う

サマーインターンに参加する前に、自己分析を行いましょう。自己分析を行うことで、就活の軸を整理できるためです。

就活の軸が決まれば、参加するインターンも選びやすくなります。「まずは情報収集でさまざまな業界のインターンに参加したい」「志望業界が自分に合っているか判断したい」など、目的も決まるでしょう。

希望する企業のサマーインターンに申し込む

就活サイトや企業のWebサイトから、サマーインターンに申し込みましょう。近年ではコロナ禍もあり、遠方でも参加できるオンラインインターンが増えています。対面での参加だけではなく、オンラインも活用してみてください。

サマーインターンの選考を受ける

サマーインターンに参加するためには、選考に受からなければならない企業もあります。合格するために、選考対策を行いましょう。

サマーインターンの選考では、面接やWebテスト、グループディスカッションへの対策が必要です。

また、サマーインターンは倍率が高いことから、選考も難しくなりやすいため注意しましょう。

サマーインターンに参加する

選考に受かれば、サマーインターンに参加できます。参加する前に、参加目的や学びたいことを整理し、有意義なサマーインターンにしましょう。

24卒の就活について相談したい

 

サマーインターン参加時の注意点

サマーインターン参加時の注意点も確認することが重要です。失敗しないように、ポイントを確認しておいてください。

人気企業は募集がすぐに終わってしまう

人気企業はすぐに募集が埋まるため要注意。エントリーに定員を設けている場合もあるため、早めの申し込みが重要です。

特に、3日から1週間程度のサマーインターンは人気になりやすいため、すぐに申し込みましょう。企業からサマーインターンの情報が提示されるのを逃さないようにしてください。

参加までに厳しい選考がある

サマーインターン参加までに厳しい選考があることを理解しておきましょう。人気のインターンは倍率100倍を超える場合もあるため注意が必要です。

企業もより優秀な学生を獲得したいため、選考は厳しくなります。エントリーシートはもちろん、面接対策やグループディスカッション対策も忘れずに行いましょう。

インターンの選考に受かるために、「インターンに受からない人とは?選考に通るポイント」も参考にしてください。

開催場所や移動手段を調べておく

参加にあたり、開催場所や移動手段を調べておくことも大切です。選考に受かっても、当日遅刻してしまうのは問題になります。せっかくサマーインターンに参加できても、評価が下がってしまいます。

また、スケジュールミスを起こさないためにも、場所と時間の確認は必須です。移動が間に合うかなども確かめて、スケジュールを決めておきましょう。

サマーインターンは2社以上参加しておく

サマーインターンは2社以上参加しておくのがおすすめ。就活を始めた段階では、業界や企業の比較が重要になるからです。2社以上参加しておくと、業界や企業を比較でき、その後の就活に役立つでしょう。

また、多くの業界や企業のサマーインターンに参加しておけば、学びも増えます。できるだけ多くのサマーインターンに参加することが重要です。

自分に合ったインターンの選び方は、「業界から?職種から?インターン先の選び方と探す方法」で解説しています。

24卒の就活について相談したい

 

日程調整が必要な時の対処法

複数のサマーインターンに応募していると、日程調整が必要な場合もあります。もし、日程が被ってしまっても、落ち着いて対応しましょう。

サマーインターンの場合、「8月1日から8月10日の間で3日間」のように、学生が自分で日程を決めるケースもあります。自分で日程を決める場合は、余裕をもってスケジュールを調整しましょう。また、遠方のサマーインターンに参加する場合は、移動も考慮しなければなりません。

もし、サマーインターンの日程が被ってしまった場合は、「辞退する」または「別日程での参加を打診する」の選択があります。もし、辞退する場合は、早めに電話で連絡しましょう。

メールの場合は、「大学名」「氏名」「参加日程」「辞退の旨とその理由」「辞退に対する謝罪」などを記載してください。

別日程を確認する場合も、電話で連絡するのが望ましいです。メールの場合は、辞退と同様な内容を記載して送ります。

24卒の就活について相談したい

 

サマーインターンに挑戦したいあなたへ

「就職の軸が決まっていない」「インターンの選び方が分からない」と悩んでいる方も多いのではないでしょうか。サマーインターンに参加する準備ができていない場合は、就活エージェントに相談してみましょう。

キャリアチケットは、新卒専門エージェントとして、毎年多くの就活生をサポートしています。サマーインターンに向けた準備もマンツーマンで相談可能です。カウンセリングを通して適性や強みを判断し、各自に合った業界や企業を紹介しています。

サマーインターンに向けて準備を進めたい、就活のプロからアドバイスがほしい方は、ぜひキャリアチケットに相談してください。

24卒の就活について相談したい

 

キャリアチケットについて

キャリアチケットは、就活生の最高のキャリアスタートを支援するサービスです。