新卒でベンチャー企業は難しい?メリットや向いている人とは

このページのまとめ

  • ベンチャー企業とは先進的な発想力や技術をもとに、新しいビジネスやサービスを展開する企業のこと
  • ベンチャー企業で働くメリットは「一人ひとりの裁量権が大きい」「若手でも提案を採用してもらえる」「年齢や社歴に関係なく実力が評価される」など
  • デメリットは「教育体制が整っていない」「大手企業より給与水準が低い」「福利厚生が充実していない」などの傾向があること
  • ベンチャー企業に向いているのは、主体的に自分で仕事をつくれる人や年功序列ではなく実力で勝負したい人

ベンチャー企業について、何となくは知っていても、詳しく理解しているという人は少ないのではないでしょうか?
今回のコラムでは、ベンチャー企業の特徴や就職することのメリット・デメリット、向いている人・向いていない人についてまとめています。
「ベンチャー企業に興味がある」「ベンチャー企業に就職しようか悩んでいる…」という方は、ぜひご一読ください。

ベンチャー企業とは?スタートアップ企業との違い


ベンチャー企業とは、これまでになかった先進的な発想力や技術をもとに、新しいビジネスやサービスの展開を行う企業のこと。
明確な定義はありませんが、成長の段階にある企業やベンチャーキャピタルなどから出資を受けている企業を指していることが一般的です。
企業の規模としては、小規模や中規模でスタートすることが多いようですが、中には数年という短期間のうちに上場を果たし、急成長を遂げたという企業も少なくありません。

最近、ベンチャー企業と同じように注目を集めているのがスタートアップ企業。スタートアップ(start up)は、「始める」「起こす」などの意味を持つ英語です。日本のビジネスシーンでは、「起業」や「立ち上げ」という意味で使われています。
日本では、ベンチャー企業とスタートアップ企業の定義が曖昧なこともあり、どちらも似たような意味合いで使われることが多いようです。

ベンチャー企業とスタートアップ企業の大きな違いは、設定しているゴール。
ベンチャー企業が中長期的に課題に取り組むのに対し、スタートアップは短期間でのゴールを目指しています。そのため、海外では「短期間で急成長を目指すための一時的な組織」という認識が一般的なようです。

日本におけるスタートアップ企業は「新しいビジネスモデルで急成長し、市場を開拓している段階にある組織体や企業」を指すことが一般的。
既存のビジネスの延長線上にあるものではなく、0から新しいものを生み出すという点がスタートアップ企業の特徴です。
先ほどもお伝えしたように明確な定義はありませんが、会社の規模や設立してからの期間は関係なく、急成長しているビジネス形態であれば、スタートアップ企業と表現することが多いでしょう。
また、単に新しいビジネスモデルやサービスというだけでなく、人々のライフスタイルに変化をもたらすような社会貢献的な側面を持っていることがスタートアップ企業の動機になっていることが多いのも特徴と言えるでしょう。

▼関連記事
中小企業やスタートアップは違う?ベンチャーの定義とは
 

 

ベンチャー企業に就職するメリット


ベンチャー企業で働くことによって、どんなやりがいやメリットがもたらされるのでしょうか。
企業によって異なりますが、以下のような経験ができるベンチャー企業が多いようです。

・一人ひとりの裁量権が大きく、やりがいがある
・若手でも提案を採用してもらえる機会に恵まれる
・若いうちからプロジェクトや事業全体に関わることができる
・年齢や社歴に関係なく実力が評価される傾向がある
・仕事に対して情熱的な人が多く、刺激を受けられる

事業やプロジェクトに直接的に関わることができるのは、ベンチャー企業ならではと言ってよいでしょう。
会社を構成する歯車の1つではなく、責任のある仕事を任せてもらうことができるのは、モチベーションアップややりがいに繋がります。
また、年功序列ではなく、実力次第でキャリアアップできるという点も大きな魅力と言えるでしょう。

メリットの多いベンチャー企業ですが、デメリットがないわけではありません。
次の項目で、デメリットについて説明します。

▼関連記事
今知るべき、ベンチャー企業のメリット・デメリット

ベンチャー企業に就職するデメリット


前項では、ベンチャー企業で働くメリットについてご紹介しましたが、デメリットについても知っておきましょう。
関心があることについては、どうしても良い面しか見えないもの。後悔しない判断をするためには、メリット・デメリットの両方の面を把握しておくことが大切です。

・教育体制が整っていないことがある
・大手企業より給与水準が低い傾向がある
・福利厚生が充実していない場合がある

設立からある程度年数が経っている企業、特に大手企業では、これまでの経験や範例に倣ったマニュアルやノウハウが蓄積されているケースがほとんどです。新入社員が安心して仕事をスタートできる環境が整っていると言えるでしょう。
その反面、設立から日が浅いベンチャー企業では、事業拡大を優先し、社員の教育が後回しになっていることも。「取り敢えず、やってみよう」という価値観を持っている企業も多く、手探りで仕事を覚えていくということもあるようです。

次の項目から、ベンチャー企業のメリット・デメリットを踏まえて「向いている人」「向いていない人」について説明します。
 

 

ベンチャーに向いている人


ベンチャー企業に向いている人は、どのような人なのでしょうか。
ベンチャー企業の特徴から考えられる向いている人は以下の通りです。

・自分で仕事をつくれる人
・主体的な人
・若いうちから色々な仕事に取り組みたい人
・年功序列ではなく、実力で勝負したい人

メリットで説明したように、ベンチャー企業は実力次第でキャリアアップが見込めます。
「自分の力を試したい!」「年齢に関係なく正当に評価されたい」という人は、向いているでしょう。
また、社員一人ひとりの裁量権が大きいベンチャー企業では、主体的に動くことが求められます。受け身で仕事を待っているのではなく、積極的に仕事を見つけられる人におすすめです。

▼関連記事
新卒から挑戦可能?ベンチャー企業とはどのような会社か

ベンチャーに向いていない人


前項でお伝えしたように、ベンチャー企業は主体的に動ける人向きと言えるでしょう。
以下のような受動的な人には、あまり向いていないかもしれません。

・与えられた仕事にコツコツと取り組みたい人
・ルーティーンワークが好きな人
・1から10まで丁寧に仕事を教わりたいと思っている人
・安定志向な人

ベンチャー企業は、他の一般企業に比べると環境が変わりやすいのが特徴です。
ほんの1年間で、組織体制や事業の方向性が大きく様変わりするということも少なくありません。
経営陣の判断で、何の予告もなく展開していた事業を取りやめるということもあるようです。柔軟に変化に対応できる人なら問題ありませんが、気持ちの切り替えが得意でない人やスピード感についていけないという人はストレスを抱えてしまうかもしれません。


今回は、ベンチャー企業について説明しましたが、いかがだったでしょうか?
ベンチャー企業が良い、悪いというのではなく、大切なのは自分のやりたいことが実現できる環境がどのような企業なのかを見極めることです。
後悔しない就職をするためにも、自分のやりたいことや適性をきちんと理解することから始めましょう。

自分がやりがいを持って働けそうな企業がベンチャー企業だという方は、ぜひキャリアチケットにご相談ください。
キャリアチケットでは数年後を見据えた活躍できるベンチャー企業をご紹介。
財務状況や企業規模、扱う商品サービスによって活躍できる人材特性も変わってきます。10年継続する企業は6.3%と言われるベンチャー業界で良い会社を見極めることは簡単ではありません。就活アドバイザーのサポート受けながら、効率よく就活を進めていきましょう。
 

 

キャリアチケットについて

キャリアチケットは、就活生の最高のキャリアスタートを支援するサービスです。

20社内定した学生の就活ノートがもらえる! LINE友だち登録をする