夏採用で就活を成功させる5つのコツ!スーツや服装の正しい着こなしも解説

このページのまとめ

  • 春採用で内定を獲得できなくても、夏採用で逆転できる可能性はある
  • BtoBやベンチャー、中小企業だけでなく、大手や有名企業も夏採用を実施する
  • 夏場の就活では、清潔感のある身だしなみや服装に関するマナーに気をつける

夏採用で就活を成功させる5つのコツ!スーツや服装の正しい着こなしも解説のイメージ

「春採用で内定を獲得できなかった」「内定はもらったが、志望業界・企業が変わってしまった」と悩んでいる就活生へ。就活のハイシーズンを逃しても、夏採用という形で学生を募集している企業は数多く存在します。

この記事では、夏から就活を始める人のために、夏採用で就活を成功させるためのコツを5つ紹介します。また、夏場の就活におけるスーツの必要性や適切な服装なども解説するので、ぜひ参考にしてください。

就活の全体像やスケジュールについて知りたい方は「就活はいつから始めるべき?内定までにやるべきことがわかる!」も参考にしてください。

夏採用での内定獲得について相談したい

   
目 次

春を過ぎてもまだ間に合う!就活における夏採用とは

夏採用とは、6〜8月の夏季に実施される選考活動のことです。就職活動の多様化が進む現代では、夏採用を実施する企業も少なくありません。

現代の就職活動では、以下のような春季を中心としたスケジュールが一般的です。

・大学3年の3月にエントリー開始
・6月に選考開始
・順次内々定が出始める

上記のスケジュールで選考を行う企業の場合、夏前に募集人数が集まったら採用活動を終えることもあります。

令和5年12月に内閣府が発表した「学生の就職・採用活動開始時期等に関する調査結果について(概要)(4p)」によると、約9割の学生が、6月までに最低でも一つの内定(内々定)を獲得しているのが現状です。

内定(内々定)を獲得した時期のグラフ画像

引用元:「学生の就職・採用活動開始時期等に関する調査結果について(概要)(4p)

したがって、多くの就活生が内定を獲得している大学4年生の夏から就活を始めるのは、一般的に遅いといえるでしょう。

ただし、6月までに内定を獲得できなければ就活失敗というわけではありません。内定辞退者の発生に伴う追加募集や夏採用を別途行う企業もあるので、たとえ春に内定を獲得できなくても諦めずにエントリーすることが大切です。

なお、夏採用では6月に募集開始、7月に選考スタート、8月末までに内定を出すというスケジュールが一般的です。春採用より期間が短いだけでなく採用枠も少ない傾向にあるため、早めに準備と対策を済ませて万全な状態で選考に臨みましょう。

夏採用について詳しく知りたい人は「夏採用で内定を獲得しよう!選考対策のポイントや注意点を解説」もあわせてご確認ください。

参照元
内閣府
学生の就職・採用活動開始時期等に関する調査結果について(概要)

夏採用での内定獲得について相談したい

   

夏採用を実施する企業の特徴4選

夏採用を実施する企業の特徴を紹介します。夏採用で理想的な就職先を見つけるためにも、傾向を把握しておきましょう。

1.知名度の低いBtoB企業

大手企業と比較して知名度の低いBtoB企業は、夏採用を実施する傾向があります。BtoBとは「Business to Business」の略であり、主に企業同士の取引を意味します。BtoB企業の具体例は、以下のとおりです。

・素材メーカー
・原料メーカー
・部品メーカー

BtoB企業は、一般の消費者からの知名度は低い傾向にあります。就職活動においても学生からの知名度が低いため、春採用で募集人数を確保できず、夏採用を実施しているケースが多いようです。

就活生からの人気や知名度が低いからといって、BtoB企業が就職先として劣っているわけではありません。実際、BtoB企業は経済を支えるうえで欠かせない存在であり、経営状況が安定している企業も多いのが特徴です。

自分のビジョンとマッチした企業に就職するためにも、知名度や人気を重視し過ぎるのではなく、幅広い視野でエントリー先を検討しましょう。

一般的にはあまり知られていない優良企業の探し方を知りたい人は、「意外と知らない隠れ優良企業の探し方」もあわせてご確認ください。

2.通年採用を実施している企業

通年採用を実施している企業は、夏季も採用活動を行っています。通年採用とは、年間を通して社員を募集する採用方法です。以下のような企業で実施されている傾向があります。

・一部の大手企業
・中小企業
・ベンチャー企業
・外資系企業

留学帰りや公務員志望など、さまざまな事情から春採用にエントリーできなかった多様な経歴を持つ学生を採用するために、有名企業でも通年採用を実施するケースはあります。ライバルが手強いぶん選考の難易度は高めですが、大手有名企業に就職できるチャンスではあるため、チャレンジしてみるのも良いでしょう。

通年採用について詳しく知りたい人は「就活生が通年採用を受けるメリットは?通年採用を導入する企業の特徴も解説」もあわせてご確認ください。

3.採用予定人数を確保できていない企業

業界や会社の規模にかかわらず、春採用で予定人数を確保できなかった企業は夏採用を実施する可能性があります。また、春時点で定員が埋まっていたとしても内定辞退者が複数出た場合、夏採用で補充するケースもあります。

大手有名企業でも内定辞退者が発生する可能性はあるため、入社したい企業のリクルート情報をこまめにチェックしておきましょう。

4.大手企業のグループ会社

大手企業のグループ会社も夏採用を実施する可能性があります。グループ会社は、本体企業に比べると応募者が集まりにくいのが特徴です。春採用で不足した人員を補充するために、夏採用で採用枠を広げるケースもあります。

なお、グループ会社といえど福利厚生や経営基盤は本体企業に準じているので、就職後の満足度は高い傾向です。夏採用における有力な選択肢の一つなので、エントリー先に悩んでいる人はグループ会社まで視野を広げてみましょう。

夏採用での内定獲得について相談したい

   

夏採用を実施している企業の探し方

夏採用を実施している企業の探し方を紹介します。納得のいく形で就活を終わらせるためにも、自分に合った企業の探し方を選びましょう。

大学のキャリアセンターに相談する

夏採用を実施している企業の探し方として、大学のキャリアセンターへの相談がおすすめです。

キャリアセンターとは、学生の就活をサポートするために作られた大学内の部署です。大学によっては、就職課や就職センターと呼ばれる場合もあります。

求人紹介や進路相談、就職支援講座・プログラムなどを実施しており、相談することで夏採用を効率的に進めるためのアドバイスをもらえるでしょう。また、キャリアセンターでは非公開求人を取り扱っている場合もあるため、就職先の幅を広げたい人は活用してみてください。

WebサイトやSNSから探す

夏採用を実施している企業を探すにあたって、インターネットを有効活用しない手はありません。具体的には、以下のような方法で幅広く求人情報をリサーチしましょう。

・求人情報が数多く掲載されている就活サイトを利用する
・企業のWebサイトや採用ページを閲覧する
・X(旧Twitter)やInstagramなどのSNSを活用する

まだエントリー先の目星がついていない場合は、求人掲載数の多い就活サイトから業界や条件を絞って検索すると、自分に合った企業を探せるでしょう。

一方、具体的に入社したい企業が決まっている場合は、会社の採用ページやSNSから選考状況を調べるのがおすすめです。Webサイト内にエントリーフォームが設置されている場合も多いので、条件が当てはまればそのまま応募するのも良いでしょう。

合同説明会に参加する

合同説明会に参加するのも、夏採用を実施している企業を探せる方法の一つです。合同説明会とは文字どおり、複数の企業が合同で開催する説明会です。一度に複数の企業の採用情報を得られるため、効率的にリサーチを進められます。

また、エントリー先の企業が絞れている場合は、単独の企業説明会に参加するのもおすすめです。

企業説明会の参加方法やメリットを詳しく知りたい人は「​​合説ってどんなもの?参加するメリットと有益に過ごすコツ」もあわせてご確認ください。

夏採用での内定獲得について相談したい

   

夏からの就活を成功させる5つのコツ

夏採用に挑戦しようと考えている学生に向けて、夏からの就活を成功させるコツを紹介します。納得のいく形で就活を終わらせるためにも、ここでご紹介する5つのコツをしっかりと確認しておきましょう。

1.企業選びの軸を見つめ直す

夏採用で内定を目指す場合は、企業選びの軸を見つめ直してみてください。

企業選びの軸がぶれていると、自分の強みや適性とマッチしていない企業にエントリーしてしまう可能性があります。その場合、自分のアピールポイントをうまく伝えられたとしても企業が求めている人物像とは異なるため、高評価は期待できないでしょう。

仮に内定を獲得できたとしても、自分の理想とかけ離れた企業に入社してしまうと早期退職のリスクが高まります。

特に、春採用で内定を得られなかった場合、企業選びの軸がぶれている可能性を疑ったほうが良いでしょう。夏採用の選考期間が短いからといって手当たり次第にエントリーしてしまうと、同じ失敗を繰り返す結果になりかねません。

そのような結果を避けるためにも、自己分析や企業研究を十分に行い、企業選びの軸を定めたうえでエントリーする企業を選びましょう。

企業選びの軸を定める方法を詳しく知りたい人は「会社選びの軸を定めて納得のいく就活をしよう!面接での回答例文も紹介」もあわせてご確認ください。

2.面接対策を徹底する

就職活動を成功させるためには、面接対策を徹底的に行うべきです。特に、夏採用の面接では以下のような答えづらい質問を受ける可能性があるため、事前に回答を考えておきましょう。

・なぜ春の選考を受けなかったのですか
・内定はありますか
・内定をもらったのになぜ就活を継続しているのですか
・これまでどのように就活を進めてきましたか

たとえば、「なぜ春の選考を受けなかったのですか」と質問された場合は、「春の選考を受けたが自分の志望業界に変化があった」と理由をきちんと答えることで、悪印象を避けられます。

面接対策やよく聞かれる質問について詳しく知りたい人は「就活の面接対策で必要なことは?よく聞かれる質問と対策法も解説」も参考にしてください。

3.細かくスケジュールを管理する

短期決戦になりやすい夏採用を効率良く進めるには、スケジュール管理を徹底する必要があります。具体的には、以下のような方法を取り入れるのがおすすめです。

・就活ノートを作成する
・就活手帳にスケジュールを記入する
・Excelやスプレッドシートでスケジュール管理表を作成する
・就活スケジュール管理アプリを活用する

選考日程のダブルブッキングや抜け漏れを防止するためにも、一目でスケジュールが分かるように情報をまとめておきましょう。

就活スケジュールについて詳しく知りたい人は「就職活動の流れはどう進む?基本的なスケジュールや準備方法を解説」もあわせてご確認ください。

4.選考後の振り返りは必ず行う

手応えのあるなしにかかわらず、選考後は必ず内容を振り返りましょう。

面接のなかでうまくアピールできたと思う部分や、うまく回答できた質問などを細かく書き出してください。また、意図を正しく汲み取れなかった質問や、用意していた回答を伝えられなかった場合など、うまくいかなかった点も書き出します。

書き出した項目から改善点を見つけて対策を練り、次回以降同じ失敗を繰り返さないようにしましょう。

5.就活エージェントを活用する

夏からの就職活動を成功させたいなら、就活エージェントを有効活用するのがおすすめです。

就活エージェントでは、就活のプロであるキャリアエージェントからの手厚いサポートを受けられます。自分のリサーチだけではなかなか手に入らない貴重な情報を教えてもらえるケースもあるため、ほかの学生よりも効率的に就活を進められるでしょう。

しかし、ひとくちに就活エージェントといっても、それぞれ提供しているサービスの内容やサポート体制は異なります。就職活動を効率良く進めるためにも、サービス内容の手厚さや特化している業界などを確認し、自分に合ったエージェントに登録しましょう。

夏採用での内定獲得について相談したい

   

夏の就活でスーツはおかしい?適切な服装や身だしなみを解説

就活において服装の身だしなみやマナーは、採用担当者の評価を左右する重要なポイントです。

特に、夏場はクールビズによってイレギュラーな対応を求められるケースもあります。スーツやジャケットは必要か、ワイシャツは長袖と半袖のどちらを着用すべきかなど、身だしなみや服装で迷ってしまう人も多いのではないでしょうか。

ここでは、夏場の就活における適切な服装や身だしなみについて解説します。

スーツのジャケットを着用する

面接や企業説明会、インターンシップなど、企業を訪れて採用担当者に会う際は、暑い日でもスーツのジャケットを着用するのがマナーです。

なお、企業側からクールビズの指示があったときはジャケットを着用しなくても良い場合もありますが、念のため持参することをおすすめします。クールビズにおける適切な身だしなみは、企業によって基準が異なるからです。具体的な指定がないにもかかわらず、ノージャケットや半袖シャツといった服装で選考に参加してしまうと、悪目立ちしてしまう可能性があります。

そのため、仮にクールビズスタイルで面接会場に向かう場合でも、万が一の備えとしてジャケットや長袖シャツを持っておくと安心です。

基本的に半袖のシャツは避ける

夏場の就職活動では、上着の下に着ているシャツにも注意が必要です。

就活の場では、基本的に半袖シャツの着用はマナー違反とされています。不適切な服装で選考に臨むと採用担当者の評価が下がる可能性もあるため、真夏でも長袖シャツを着用しましょう。

ただし、クールビズに対応している企業の場合は「半袖シャツでも構いません」など、服装を指定される可能性もあります。具体的に服装を指定された場合は、企業の指示に従いましょう。

原則ネクタイの着用も必須

就活における適切な身だしなみとして、原則ネクタイの着用は必須です。

ただし、スーツのジャケットやワイシャツの場合と同様、企業側から「ノーネクタイで構いません」といった具体的な指示があった場合は、着用しなくても問題ありません。

夏採用での内定獲得について相談したい

   

夏の就活で取り入れたい3つの暑さ対策

体力的にもハードな夏の就活をできるだけ快適にするには、暑さ対策も重要です。暑さの厳しい夏場でも清潔感のある印象を与えるために、ここでご紹介する3つの対策を取り入れましょう。

1.夏用のスーツ・ジャケットを着用する

夏場の就活を少しでも快適にするには、夏用スーツやジャケットの着用がおすすめです。

夏用のスーツは秋冬用と比較して生地が薄く、通気性の良い仕上がりになっているため、着用時の体感温度を下げられます。
また、夏用スーツを選ぶ際は、家庭でも洗濯できるものがおすすめです。こまめに洗濯できるスーツであれば、汗をかきやすい夏場でも清潔な状態を保ちやすいでしょう。

2.機能性の高いインナーを着用する

汗をかきやすい夏場は、スーツやジャケットだけでなく、インナーにも工夫が必要です。以下のような機能を持ったインナーを着用することで、スーツやワイシャツへの汗染みや匂いを軽減できます。

・接触冷感機能
・消臭、抗菌機能
・ストレッチ機能
・吸湿速乾機能

なお、インナーを着用する際は色にも注意しましょう。黒や紺色のインナーはワイシャツから透けて見えてしまうため、白やベージュといった色味を選ぶのがおすすめです。

3.冷却グッズや制汗剤を活用する

夏場の就活を少しでも快適にするために、冷却グッズや制汗剤を活用するのもおすすめです。具体的には、以下のようなアイテムを活用してみてください。

・携帯用扇風機
・日傘
・冷却、制汗スプレー
・脇汗パッド
・汗拭きシート

長時間の選考でも最後まで清潔感を保てるように、使えそうなアイテムは積極的に活用しましょう。

夏採用での内定獲得について相談したい

   

内定獲得に向けて夏の就活に力を入れたい学生へ

夏に照準を合わせて就活を進める場合、春採用とは少し異なる対策が必要です。特に、春採用で内定を獲得できなかった就活生は、その反省を活かしたうえで改善策を練る必要があります。

「夏採用の対策として何をするべき?」「内定獲得に向けてどこを改善するべき?」など、夏の就活に関して不安や疑問がある学生は、キャリアチケットにご相談ください。「量より質」の新卒就活エージェント「キャリアチケット」では、就活生一人ひとりに寄り添った就活支援サービスを提供しています。

カウンセリングや求人紹介をはじめ、面接対策、応募書類の添削など、あなたの就職活動を総合的にサポートいたします。また、企業の採用活動に精通した専任のキャリアアドバイザーがマンツーマンで対応するため、些細な疑問や不安をすぐに解決できます。

夏の就活を効率良く進め、第一志望の企業から内定を獲得したい学生は、ぜひキャリアチケットをご活用ください。

夏採用での内定獲得について相談したい

 

キャリアチケットについて

キャリアチケットは、就活生の最高のキャリアスタートを支援するサービスです。