1 - 10 件を表示中

  • アクサ生命保険株式会社

    業種:保険

    本社:東京都

    アクサ生命は、50カ国以上の国で事業を展開し16万人以上の社員が活躍する世界でも最大規模の保険・金融グループ「AXAグループ」の日本法人として設立されました。日本では約400万人の個人顧客及び、約1700社の法人顧客に対して、生命保険商品やサービスを提供しています。アクサ生命の強みとして、多彩な商品のラインナップ、全国に展開するネットワーク、商工会議所との提携、コンサルティング力などが挙げられます。 ■多彩な商品と販売ネットワーク 医療技術の発展など時代の変化とともに、お客さまのニーズに応じた多種多様な保険商品を揃えています。また全国に広がる販売ネットワークで、お客さまとのコンタクトポイントをしっかり確保しています。通販タイプもあります。 ■商工会議所(CCI)との連携 アクサ生命は、全国515ヶ所の商工会議所のうち511の商工会議所と提携(2016年6月現在)。個人事業主から一部上場企業まで、リスク対策や事業承継対策、福利厚生制度などをサポートしています。また、会員企業をコア・マーケットとして重視し、会員企業に向けた商品開発・制度設計にも力を入れています。 ■コンサルティング アクサ生命では、法人顧客・個人顧客に向けて、それぞれ経営サポートやライフプランニングを行う専門スタッフが活躍しています。様々な商品の中から設計をし、お客さまにとって最適なソリューションの提供に尽力しています。 アクサ生命では、営業力が会社における全ての基盤であるとし、営業体制を整えています。アクサCCI・アクサパートナービジネス・アクサFA・アクサコーポレートの4つの販売チャネルで、多岐にわたるお客さまのニーズに対応。また、それぞれのチャネルで社員はその特性に応じた高い専門スキルを習得し、お客さまに「選ばれる企業」を目指しています。

  • 日本生命保険相互会社

    業種:保険

    本社:大阪府

    日本生命保険は個人・企業に対するリスクコンサルティングサービスを総合的に提供し、世界有数の機関投資家である強みを生かした多様な事業で盤石な資産運用にも取り組んでいます。主に「リーテイル事業」「ホールセール事業」「資産運用事業」を中心に幅広いサービスを展開しています。 ■リーテイル事業 個人のお客さまを中心に保険商品を販売するほか、全国にいる約5万の営業職員が銀行などの販売窓口、来店型店舗「ニッセイライフプラザ」といった営業フロントに配置され、保険商品のマネジメントを行います。また、販売チャネルを通して得たお客さまの要望に適した保険商品の開発を商品開発部が担います。販売戦略は企画販売部が考案。様々な統計やデータをベースに最新戦略を練り上げ、戦略に基づいた営業職員が販売活動を行います。 ■ホールセール事業 上場企業や大企業、官公庁といったお客さまに対し、中長期的視野に則り団体保険や団体年金を中心にニーズに合わせたカスタマイズ商品を提案。また、お客さまの要望に応じて融資などの財務取引、不動産事業など提供商品のカスタマイズが必要になることも。ホールセール事業の仕事は多岐にわたるため、ハイレベルな提案力、コンサルティング力を身に付ける必要があります。 ■資産運用事業 お客さまから預かった資産を運用し、お客さまの利益に繋がる形で還元するとともに、広く社会に貢献できる資産運用を行っています。また、財務企画部による企画・立案に基づき、株式、融資、不動産といった各ジャンルに実際に運用することにより、経済を活性化に貢献しています。

  • 第一生命ホールディングス株式会社

    業種:保険

    本社:東京都

    第一生命保険は、個人向けの保険や企業保険の販売、財務貸付、有価証券投資などの事業を行う企業です。同社は創立以来、原爆投下や関東大震災の際に保険金・給付金を迅速に支払ってきた実績を持ち、徹底したお客様目線での事業展開を続けています。 ■保険商品の例 ・個人向け 「ブライトWay」・・・商品のベースは、死亡や高度障害に備える終身保険。特約の付加により三大疾病をはじめとする幅広いリスクに対応しています 「こども応援団」・・・子どもの大学進学にかかる費用を準備する保険。契約者がもしもの時に備える仕組みがあります ・企業向け 「TOP PLAN エクシードU」・・・経営者が要介護となった場合に備えながら、事業資金としても活用可能な保険 ■海外進出 同社は海外市場への進出に積極的で、生命保険需要の拡大が予想されるアジアを中心として事業を推進。2007年には国内の生命保険会社として初めて、ベトナムでの営業をスタートしました(「第一生命ベトナム」)。翌年にはオーストラリアへと事業を広げ、その後も展開地域を拡大。現在は米国市場への進出も果たしています。 ■社会貢献 第一生命は事業の拡大とともに、社会貢献への活動を充実させています。国内では健康の増進を支援するため多数のマラソン大会へ協賛。社会問題である待機児童の問題解消のため、同社が所有する不動産物件へ保育園を誘致する活動を行っています。ほかには緑豊かな都市づくりを目指す「緑の環境デザイン賞」や児童の交通安全への願いを込めた「黄色いワッペン贈呈事業」への協賛など、生命保険業と合わせて、より良い社会の実現に向けた取り組みを進めています。

  • 東京海上日動火災保険株式会社

    業種:保険

    本社:東京都

    東京海上日動は、損害保険事業では火災保険や海上保険、自動車保険などの各種保険の引き受け、保険料として収受した金銭その他の資産の運用を行っています。また、イーデザイン損害保険株式会社、東京海上日動あんしん生命保険株式会社の損害保険業、生命保険にかかる業務の代理、事務代行なども行っています。 他にも、確定拠出年金の運営管理業務や、政府の行う自動車損害賠償保障事業のうち、損害のてん補額の支払いの請求の受理、てん補すべき損害額の関する調査、損害のてん補額の支払いなどの政府業務の一部を委託を受けて行っています。

  • 損害保険ジャパン日本興亜株式会社

    業種:保険

    本社:東京都

    リーディングカンパニーを目指す損害保険ジャパン日本興亜は、本社管理部門を基盤に営業部門、保険金サービス部門がそれぞれの役割を担ってお客様へ高品質なサービスを提供しています。大きく3つの部門に分かれて機能する損害保険ジャパン日本興亜の仕事内容を一部ご紹介します。 ■本社管理部門 資産運用部門やIT部門などが入る本社管理部門では他の2部門をサポートし、会社運営の円滑化に努めています。その中のひとつ、商品開発部門は形のない商品「保険」を多角的に捉え、新たなアイデアを生み出します。仕事は商品の開発だけでなく、営業推進や電話照会など幅広いです。 ■営業部門 代理店への支援・育成やお客様に対する企画・提案を行う営業部門は、一般営業・企業営業・自動車営業と部門がさらに細分化。代理店は保険専業代理店以外にも、企業、自動車販売会社、金融企業と多岐に渡ります。営業部門ではそれぞれの代理店ごとに合わせたち密なマーケット調査を行い、最適な販売アプローチを考案。保険の知識だけでなく、対象の代理店や市場の特性を知る理解力や洞察力なども求められる仕事です。 ■保険金サービス部門 お客様とダイレクトにやり取りする保険金サービス部門は、会社の顔でもあります。企業・個人のお客様に対して、事故の受付から保険金支払いまでをトータルにサポート。個人のお客様に対しては、万全の事故・故障対応や充実の補償内容、安心のサービスを提供する個人用自動車保険「THEクルマの保険」や、ケガに対する補償を暮らしに合わせて設定できる障害総合保険「THEケガの保険」、個人のライフスタイルに合わせて住まいに関する補償を行う個人用総合火災保険「THEすまいの保険」など、実にさまざまな種類があります。また、契約している車が走行不能になった場合にレッカー手配などを行う「ロードアシスタンス」や、安全運転をサポートするアプリ「Safety Sigh」、家族の情報をまとめてスマホで管理できるアプリ「ほけんアプリ」などの先進的なサービスも提供しています。

  • AIGジャパン・ホールディングス株式会社

    業種:保険

    本社:東京都

    AIGグループはアメリカ合衆国のニューヨークに本社を持つ企業で、生命保険、損害保険、モーゲージ保険、リタイヤメント・サービスを扱う世界最大規模のリーディングカンパニーです。日本においてのAIGグループの保険持株会社として、AIGの日本事業の統括や傘下の保険会社や子会社の経営管理を行う役割を担っています。 同グループでは個人のお客様に向けたコンシューマー・インシュアランス、法人のお客様に向けたコマーシャル・インシュアランス双方を通し、国内海外問わず約9,000万のお客様にサービスを提供しています。 ■保険事業 「AIU損害保険株式会社」 「アメリカンホーム医療・損害保険株式会社」 「富士火災海上保険株式会社」 「AIG富士生命保険株式会社」 ■関連事業 「AIG富士インシュアランスサービス株式会社」 「テックマークジャパン株式会社」 「AIGテクノロジーズ株式会社」 AIGグループでは上記の関連会社によるサービスの提供だけではなく、商品やサービスに沿った活動やボランティアも行っています。道路の安全、健康問題などの問題を解決する「セーフティ」、経済や教育などの保全することで地域の安定性を促進する「セキュリティ」、災害対策、被災地の復興を含む「災害救援」の3つのテーマを設けた取り組みを行っており、地域の発展へと貢献しています。協賛活動も積極的に行っており、「キッザニア東京」では子どもたちが火災の恐ろしさと予防の大切さを学ぶことができる消防署パビリオンのオフィシャルスポンサーを努めています。 同グループは世界的なビジネスチャンスを提供しているグローバル企業であり、多様な能力を持つ人材が活躍しています。それぞれのプロフェッショナルが業界ごとに的を絞った戦略を駆使することで、幅広い分野で有益な結果を出し続けている企業です。

  • 株式会社かんぽ生命保険

    業種:保険

    本社:東京都

    かんぽ生命保険の主な事業は、保険商品と各種サービス(学資、入院・災害特約など)の提供です。少子高齢化といった時代の変化やニーズの多様化に対応し、一人ひとりのライフスタイルにふさわしい商品・サービスの提供を目指しています。 ■サービス・事業活動の例 ・かんぽプラチナライフサポート ご高齢者の安心できる暮らしをお手伝いするサービス。その内容は、健康や医療、介護についての相談ダイヤルの設置や、ご高齢のお客様の暮らしを充実させる情報誌の発行など。各種の案内書を大きな文字や平易な表現で読みやすくするといった、情報の伝わりやすさ向上にも取り組んでいます。 ・短期払養老保険(新フリープラン) 保険料の払い込み期間を短くすることで、払い込みの負担を早期に解消したいというお客様のニーズに応えた商品。入院特約の付加により個々の要請にさらに対応できる商品となっています。 ・ラジオ体操の普及 ラジオ体操の小学校出張授業や各種イベントを通して、健康づくりへの積極的な貢献を行っています。 かんぽ生命保険が事業活動にあたって掲げる使命は、「簡易な手続きで、国民の基礎的生活手段を保障する」。わかりやすく、質の高いサービス・商品を、郵便局と直営店の2つを通してお客様に届けています。 <郵便局チャネル> 郵便局の渉外社員や窓口を通して、保険商品の販売や保険料の収納、保険金の支払いを行います。 <直営店チャネル> 全国の主要都市に設置された営業部では、法人を対象とした保険商品の販売や保険料の収納、保険金支払いのサービスを行っています。

  • 住友生命保険相互会社

    業種:保険

    本社:大阪府

    住友生命は、多様な保険商品で多くの人の安心と未来を支える企業です。 主な事業は、 ・各種生命保険契約(個人保険、団体保険)の販売 ・財務貸付 ・有価証券投資 ・不動産投資の資産運用 など 同社の事業は生命保険を中心としています。法人に向けては企業の福利厚生充実を図る保険商品や、経営者自身が死亡・働けない状態になった時に備え、企業経営のリスクをカバーする商品を展開しています。「ビジネスサポートプログラム」では、企業の若い従業員に向けて将来設計の大切さを、50代の従業員に退職後の生活に必要な準備について伝えるセミナーを開催。ほかに年金セミナーやメンタルヘルスセミナーを用意し、従業員の方が生活や精神面の両方で健やかな日々を送れるよう支援サービスを行っています。 住友生命の生命保険事業の強みは、業界の常識を打ち破る商品展開。健康上の理由から医療保険に入れなかった人に向けた「千客万頼」など、社外から表彰・評価される商品を数多く生み出しています。また、新たな商品である「Wステージ未来デザイン1UP」は働けなくなった時と死亡した時の両方のリスクに対応し、公的制度と連携しながら働けない状態を幅広くサポート。24時間年中無休の健康相談ダイヤルでは、介護・育児を含む幅広い相談を受け付け、緊急時に近隣の医療機関を案内するなどの対応も行っています。 住友生命は、漠然とした不安感のある現代において、超高齢化社会を迎えて多様化するニーズをとらえ「強く生きる」ための商品展開で業界をリードしています。

  • 明治安田生命保険相互会社

    業種:保険

    本社:東京都

    明治安田生命は、1881年設立の明治生命と1880年設立の安田生命の2社が2004年に合併して生まれた、歴史ある生命保険会社です。個人および企業向けの生命保険や、年金商品の販売・契約管理、資産運用などが中心事業です。同社は、アフターフォローサービスを中心とした「ブランド戦略」、医療・介護系商品やサービスの拡充および海外への展開を推し進める「成長戦略」、そして「経営基盤の強化」に力を入れています。アフターフォロー強化に向けた取り組みの一例としては、「MY長寿ご契約点検制度」の創設が挙げられます。長寿の祝賀年齢に該当する方へコンタクトを取るなど、ご高齢の契約者さまに対して今まで以上に積極的な請求案内・請求確認を行うことで、超高齢化社会に向けた細やかなフォロー体制を実現しています。 ■個人向けサービス 同社は生命保険の契約以外にも、契約者が受けられる専用のサービスを提供しています。健康医療に関するサービスとして、24時間対応の健康相談や妊娠育児相談を電話で受け付けているほか、健康チェックなどを行っています。デジタル版の家庭医学書やスポーツクラブの優待利用、医療情報の配信なども提供しているサービスです。また、ベストスタイル専用のサービスとして、総合相談医との面談予約や臨床医紹介などを行うセカンドオピニオンサービスがあります。 ■法人向けサービス 同社が法人向けに提供している保健商品は、福利厚生関連をはじめ、リスクマネジメントや経営者用など様々です。付帯サービスを用意することで、より高い商品価値を生み出しています。また、団体年金のコンサルティングでは、効率的な運営のサポートを行っています。そのほか、事業活動の支援として融資やオフィスの賃貸もサポートする事業です。

  • 三井住友海上火災保険株式会社

    業種:保険

    本社:東京都

    三井住友海上火災保険では、個人や法人に向けた保険・金融サービス事業を行っています。具体的には「損害保険業」や「ほかの保険会社における保険業務の代理、事務の代行」、「債務の保証」、「確定拠出年金の運営管理業務」、「自動車損害賠償保障事業の委託業務」といった5つの事業を展開。代理店は全国に4万3千店を超えています。 世界トップクラスの保険・金融サービスグループ会社を目指し、持続的な成長と企業価値の向上を追求しています。 成長を実現する取り組みとして、海外保険企業との積極的な提携を推進しています。スペイン系の最大手である「MAPFRE」やイタリアで最大の「GENERALI」などと提携戦略を進めながら、グローバルに活動しています。また、いち早く進出していたアジア圏では外資系損保トップクラスの規模を誇っています。

今なら「面接対策ノート」がもらえる!