1 - 10 件を表示中

  • 大和証券株式会社

    業種:証券

    本社:東京都

    大和証券の事業には、主にリテール事業とホールセール事業の2つがあります。リテール事業では、株式・債権・投資信託・年金保険など多様な金融商品を通じて、国内の個人投資家などに日々資産の運用提案を行っています。ホールセール事業では、有価証券のセールスやトレーディング業務を行い、投資家の利益最大化のソリューションを提供。また、様々な業種の法人のお客様に株式・債券などの引受業務やM&Aのアドバイザリー業務など、企業価値を最大に高めるサービスを行っています。大和証券の何よりの特徴は全国に130以上の店舗を有する実店舗型の証券会社ということです。ネット証券初心者のために、店舗窓口や電話相談、ネット上でセミナーを実施するなど、丁寧なサービスを行っています。

  • 野村證券株式会社

    業種:証券

    本社:東京都

    野村證券は日本を代表する証券会社として、30を超える国々のネットワーク・資本市場を通じて、国内外の個人投資家をはじめ、様々な企業に資産運用・資金調達などの付加価値の高いサービスを提供しています。日本を含むアジアをマザーマーケットとし、グローバルに拠点をもつ金融サービス・グループです。 野村證券のビジネスは主に営業部門、ホールセール部門、本社機能で構成されています。 ■営業部 営業部門では全国約160の本支店・営業所で、個人や法人のお客様を対象に資産運用などのビジネスを展開しています。営業部門が手掛ける資産運用などに関するコンサルティング営業では、お客様のニーズに応じて瞬時の商品を提供できる機能をはじめ、質の高いリサーチ機能、投資銀行機能など各分野の優れたノウハウを活用することで、付加価値の高いコンサルティングビジネスを実現しています。 また、お客様のニーズが多様化して今、豊富なラインアップに加え、信託代理店業務を展開するなど総合的な金融サービスを提供できるよう商品・サービスの充実を図っています。 ■ホールセール部門/本社機能 ホールセール部門/本社機能では幅広いお客様に対して、資金調達のサポートやM&Aなどのアドバイザリー、そして株式や債券をはじめとする資本市場で扱われている金融商品のセールスやトレーディング、さらにはリサーチ・レポートなどを提供しています。野村證券は「アジアに立脚したグローバル金融サービス・グループ」を目標とし、グローバルな事業基盤をさらに強化するとともに、技術革新と知的資本を駆使して、競争力を発揮できる分野を中心にビジネスを展開しています。

  • みずほ証券株式会社

    業種:証券

    本社:東京都

    みずほ証券は、みずほフィナンシャルグループの中核証券会社です。 「みずほ」の金融(銀行・信託・証券)サービスを総合的に提供し、これまで以上に付加価値の高い証券サービスをタイムリーに提供することを目標として掲げています。そのために、みずほ銀行との共同店舗化も積極的に進めています。ヨーロッパ・アメリカ・アジアなどの主要な海外金融市場にも拠点を設置し、グローバルに事業を展開している企業です。 個人向けのサービスとしては、業界トップの国内店舗ネットワークを活かして、多様な金融商品と上質な投資情報を提供しています。法人向けには、株式や債券の引受やM&Aアドバイザリーといった投資銀行ソリューションをはじめ、投資戦略や経営などあらゆるニーズに応える運用商品や投資情報の提供を行っています。 専門性の高いリサーチャーによる万全の調査体制は、金融市場において高い評価を得ています。金融専門紙などの株式アナリストランキングでは、2014年・2015年と2年連続で第1位を獲得した実績もあります。

  • SMBC日興証券株式会社

    業種:証券

    本社:東京都

    SMBC日興証券が展開する事業には、未上場企業や富裕層の個人のお客様を対象としたリテール、金融法人や上場企業などのお客様を対象としたホールセール、証券会社のあらゆる業務をサポートするコーポレートがあります。 ■リテール部門 全国に120以上ある店舗を基盤にお客様に対しサービスネットワークを構築し、お客様の投資目的やリスクを考慮した上で資産運用のコンサルティングサービスを提供しています。その他、様々な専門部署と協働することによって、企業オーナーの事業承継をはじめ、M&Aや株式公開など、幅広いニーズに対応しています。 コンサルタントをはじめ、投資アドバイザーやPB(プライベートバンキング)などの職種があり、個人のお客様や企業のよき相談相手として高品質なソリューションサービスをお届けする仕事です。 ■ホールセール部門 インベストメントバンキング、セールス&トレーディング、リサーチの3点にさらに細分化されたホールセール部門は、クライアントの企業価値向上に向けて、資金調達やM&Aをはじめとする金融サービスなど、マーケット環境や企業の多様なニーズに合わせた最適なソリューションを提供しています。また、投資家のニーズに合わせたオーダーメイドの金融商品の開発・提供や、常にクオリティの高い情報を提供するためのリサーチ業務なども欠かせない仕事です。 ■コーポレート部門 システムの新たな開発やバージョンアップなどを役割とし、様々な部門のフロントと連携して最新かつ万全なシステムの維持・構築を担っています。 システムインフラのもと、SMBC日興証券のグローバルサービスをサポートする大切なポストです。リテールシステムやホールセールシステムといった、国内外のビジネスシーンを支える仕事だけでなく、お客様に安心してご利用いただけるようにサイバー攻撃などに対するセキュリティ対策や強化をする一面も持ち合わせている部門です。提案されたビジネスモデルを形にするコーポレート部門では、システムに関する知識だけでなく、証券会社としての深い業務知識も求められます。

  • ゴールドマン・サックス証券株式会社

    業種:証券

    本社:東京都

    ゴールドマン・サックスは、アメリカ・ニューヨークに本拠を置く世界最大級の投資銀行。日本では、ゴールドマン・サックス証券株式会社をはじめ、ゴールドマン・サックス・アセット・マネジメント株式会社などのグループ企業を通じて、金融機関・政府機関・企業・個人などといった様々なお客さまに、投資業務や資産運用などの金融サービスを提供しています。 【投資銀行業務】 主に公共団体や企業に対して、M&Aに関するアドバイザリー業務や、資金調達に関する引受業務などを通じて、財務上やその他の課題に対するソリューションを提供しています。ゴールドマン・サックスは、業界でトップレベルのアドバイスと取引執行を誇っています。 【証券業務】 証券部門は「エクイティ・グループ」と「債券為替コモディティ・グループ」から成り、一般法人や機関投資家などのお客さまの投資活動を支援。投資に役立つ市場情報などの提供や、最先端のコンピューターを駆使した高度な取引戦略の提案など、世界中の取引所で金融商品の取引をサポートしています。 【投資業務】 企業・不動産に積極的に投資を行っています。ゴールドマン・サックスが運用するファンドは、世界最大規模。企業への投資後は、パートナーとして更なる発展を助ける支援策を実施しています。不動産への投資は日本において先駆けて行ってきた実績があります。これまで培った経験と豊富な専門知識、ネットワークが最大の強みです。また、投資サービスを通じて、資金を必要とする組織やプロジェクトを支えています。 ほかにも世界規模での運用体制を活かした資産運用サービスや、債権・株式・為替・コモディティ市場に関する調査リポートの発信、世界のビジネスと金融市場を統率するシステム開発などにも尽力しています。

  • メリルリンチ日本証券株式会社

    業種:証券

    本社:東京都

    メリルリンチ日本証券は、大きく3つの事業展開を行っています。世界最大級の総合金融サービス会社、バンクオブアメリカ・メリルリンチのグループ企業として、日本法人顧客を対象としています。 ■投資銀行、資本市場業務 資本の流れがグローバル化する昨今、複合的な財務ニーズに対する提案を行い、顧客の事業展開や財務戦略等で成功できるよう、国際的な視点でアドバイスをしています。まずはお客様のニーズをしっかり把握し、資本調達戦略立案、執行をサポートします。また、それぞれの業界に特化した戦略的アドバイザリー・サービスを提供しています。他にも、同事業では国内外市場における資本調達、デリバティブ、転換証券などの金融手法、負債管理による資本増強、リスク管理手法など、お客様に役立つさまざまなアドバイスサービスを提供しています。 ■金融市場業務 世界の金融市場の中心にいるとも言える同社では、金利やクレジット、資産担保証券、負債管理、通貨、コモディティ、デリバティブなどの商品を取り扱っています。また、幅広いリスク管理手法を提案するサービスも行っているので、安心して相談ができる環境です。また、株式市場ではさまざまなセールスやトレーディングを行っていますが、株式以外にも先物や転換証券、電子取引等も含まれています。さらには海外の関連会社を通じて個別取引の資金手当てや貸借、清算、決済、報告、保管サービスも行っています。 ■リサーチ業務 同社がお客様に提供するサービスの中核を担っているのがリサーチです。アナリストの投資や世界中に渡る情報量、ビジネスについての徹底した理解がこの業務の優秀さを支えています。お客様がしっかりとした情報を基に投資の判断が下せるよう、高い洞察力と客観的な調査レポートを提供しています。

  • 三菱UFJモルガン・スタンレー証券株式会社

    業種:証券

    本社:東京都

    三菱UFJモルガン・スタンレー証券は、MUFGグループ各社の総力を結集し、多角的な総合金融サービスの提供を実現。「国内営業部門」「投資銀行部門」「市場商品部門」「リサーチ部門」に分かれ、個人・法人向けの資産運用コンサルティングや市場商品(債権、デリバティブなど)の提供、株式の新規公開やM&Aなどの投資銀行業務、投資情報のリサーチ(収集・分析・提供)などの事業を行っています。また、多様化するお客さまの金融ニーズに応えるため、三菱UFJモルガン・スタンレー証券ならではの体制を整えています。 ■情報力 株価は世界景気の見通しや地政学的なことが契機になり変動するため、世界43カ国以上に拠点を置くモルガン・スタンレーのネットワークを活かせる点が最大の強みです。グローバル経済において存在価値を高めています。 ■商品力 投資におけるリスク分散の観点から、国内外の金融商品を広く取り扱うことが大事になります。モルガン・スタンレーから得られる情報を基盤に、三菱UFJモルガン・スタンレー証券では、外国企業の債権や株なども積極的に提案。お客さまのリスク分散をサポートしています。 ■コンサルティング コンサルティング型の営業により、多様な商品の中からお客さまのニーズに応える最適なものを提案するだけでなく、世界中に散財する意思や夢を繋げることで、顧客基盤や独自の情報力・商品力に活用しています。 証券アナリスト、インベストメントバンカー、資産運用コンサルタントなど、社員1人1人がプロフェッショナルとなり付加価値を提供するとともに、チームワークを大切にしています。成果を最大化し、お客さまから信頼を得ることを戦略にさらなる成長を目指しています。

  • 三菱UFJモルガン・スタンレーPB証券株式会社

    業種:証券

    本社:東京都

    三菱UFJモルガン・スタンレーPB証券は、2012年から三菱UFJフィナンシャル・グループの100%子会社となり、グループがもつ幅広い金融サービスを活用できるようになりました。また、米国モルガン・スタンレーによる徹底した調査・分析力を備えているという強みもあります。 お客様の資産を適切なポートフォリオとして作成し育てていく「ウェルス・マネジメント」は、一人ひとりの価値観に合わせたテーラーメイドのポートフォリオを提案しています。ファイナンシャルアドバイザーが資産の運用や管理以外にも、次世代へ資産継承など、色々な要望に対して専門的な目線で適切なサービスの提案をしています。 ■ウェルス・マネジメント・プロセス 資産運用ニーズを「プロファイリング」「プラン」「アクション」「レビュー」と4段階で構築・設計しています。「プロファイリング」は運用目的の確立をします。「プラン」はポートフォリオの立案をします。「アクション」は設計したポートフォリオに基づいて、プランの実行を行います。「レビュー」ではお客様と定期的に面談し、プランの検証を行います。 ■ポートフォリオ・マネジメント ウェルス・マネジメント・プロセスにおいて、「プラン」と「アクション」がポートフォリオの立案と実行になります。 ■ウェルス・アロケーション 価値観や資産運用に合わせて、資産カテゴリーが3つあります。「保全」「保守的運用」「積極運用」のサービスとなっています。「保全」は現有財産の確保、「保守的運用」は市場収益の効率的運用、「積極運用」は超過収益の追求を目的に合わせて配分しています。

  • クレディ・スイス証券株式会社

    業種:証券

    本社:東京都

    クレディ・スイスでは、ファイナンシング、オルタナティブなどの幅広いサービスを提供するインベストメント・バンキング、機関投資家、個人投資家に向けたアセット・マネジメント、そして富裕層へ向けた資産管理や運営についてのアドバイスやサポートを長期的に実践するプライベート・バンキングの3事業を中心に展開しています。 クレディ・スイス証券では、2009年にプライベート・バンキングを開始したことで、クレディ・スイスが展開する3つの事業全てを日本でもスタートさせています。 ■インベストメント・バンキング 債券・株式・投資銀行と各部門に分かれています。それぞれに経験豊富なスタッフを配置し、世界に通じるグローバルなサービスを実践。債券では、国内外の幅広い機関投資家に向けたクレジット商品、為替商品などを展開し多彩な金融サービスを顧客へ提供しています。 ■アセット・メネジメント アセット・マネジメント部門では、オルタナティブ・インベストメンツとコア・インベストメンツの2分野に焦点を当てています。機関投資家だけでなく、運用会社などを通した個人投資家向けのサービスコンテンツも広げています。 ■プライベートバンキング スイス発祥のプライベート・バンキングは、世界各国の富裕層の資産運用や管理などを包括的にサポートし、資産を守る役割を担っています。クレディ・スイス証券では、クレディ・スイスが創業以来培ってきたノウハウを活かし、日本の顧客に寄り添ったサービスを提供。専門的な立場や顧客の立場など多角的な視点を交えながら、長いスパンで考えた有益なアドバイスを行っています。

  • 株式会社日本取引所グループ

    業種:証券

    本社:東京都

    日本取引所グループでは、東京証券取引所や大阪証券取引所、日本取引所自主規制法人といったグループ会社や子会社、関連会社の総合的な経営管理を行っており、グループの全体で取引所金融商品市場の開設や運営に関わる事業を行っています。 ■上場関連業務 企業への上場推進や審査、それらの基準の制度設計や管理など、魅力的な市場を作るための企業や商品の上場に係る総括的な業務です。 ■清算・決済関連業務 決済不履行によるマーケットへの連鎖的な悪影響を防ぐため、取引への決済リスクや信用を一手に引き受けています。高度なリスク管理体制を構築しており、世界基準に適合した運用を行えるシステム構築に取り組んでいます。 ■市場運営管理業務 公正・公平な市場を保つための売買の審査や監理を行っている他、取引制度の設計や市場分析に基づく新商品の企画立案、システム開発など市場の運営に関する業務です。 ■情報サービス関連業務 投資家や報道機関などへ向けての情報配信や、コーポレートアクションに関する情報管理。また、ユーザーのニーズに応じた情報配信システムの開発などを行っています。 ■グローバル展開活動 東京証券取引所や大阪取引所は、市場の60%以上を海外投資家が占めるグローバルマーケットとして機能しています。海外投資家層のさらなる拡大を目指して、日本株プロモーションの発信などグローバルな展開活動にも力を入れています。 日本取引所グループでは取引関連収益、清算関連収益、上場関連収益、情報関連収益などを主な収入源としており、証券会社等の取引参加者や、市場へ上場している会社、情報ベンダーなどを主なステークホルダーとしています。

今なら「面接対策ノート」がもらえる!