「就活の軸」の重要性と定め方とは?効果的なアピール方法もご紹介

このページのまとめ

  • 面接で聞かれる「就活の軸」は、企業が学生の主体性を確認するための質問
  • 就活の軸を決めることは、自分の未来の指標を定める重要なアクションである
  • 就活の軸を定めることで、効率良い企業選びができるだけでなくミスマッチも防げる
  • 面接で就活の軸を述べる際は、企業の採用ニーズと合致するように工夫する必要がある
  • 結論→具体的なエピソード→自分の軸と企業が合致する点、という構成を意識する

面接で「就活の軸」を聞かれた際、自信を持って答えられますか?就活の軸は面接で受け答えをする際だけでなく、就活する意味を考えるうえでも大切です。このコラムでは、就活の軸を決めることが重要な理由や、面接でのアピール方法を例文付きでご紹介します。「就活の軸」で効果的に自分をアピールしたい方は必読です。また、面接を控えた就活生や、就活への目的意識を見失ってしまっている方も、ぜひご一読ください。
 

「就活の軸」とは?

まずは、「就活の軸」の意味と重要性を明確にしましょう。

面接で聞かれる「就活の軸」の意味

面接で聞かれることが多い「就活の軸」には、自分がどのような目的意識を持って就活に取り組んでいるのか示す意味合いがあり、企業にとってはその学生の主体性を確認するための質問でもあります。
面接では自分がどんな考えを持って行動し、将来どのような自分になりたいと思っているのか、明確に伝えることが大切です。
就活の軸がはっきりしていれば、それだけ自分のアピールポイントが増えることになるでしょう。

就活の軸を決めるのが重要な理由

ただし、就活の軸は面接でアピールするためだけではなく、自分が就活する意味を定めるものにほかなりません。つまり、就活の軸を決めるのは、「将来どんな働き方をしたいか」「どんな自分になっていたいか」を考えることであり、自分の未来の指標を決めるアクションだということです。

業種や企業選びでも重要

就活の軸は、業種の選択や志望企業を選ぶ際にも重要です。例えば「一緒に働く人」を軸にすれば、自分が尊敬できる人や気が合う人がいる会社を中心に見ていけば良いですし、「成長できる」を軸にするならば、キャリアアップの制度や基盤が整っている企業に重点を置いていけます。

▼関連記事
就活の軸はそんなに大切?企業側が聞く意図と見つけ方
 

就活の軸を決める3つのメリット

就活の軸を決めるメリットを3つにまとめました。それぞれ見ていきましょう。

1.効率よく就活ができる

先述のとおり、就活の軸を決めておけば、それに沿った業種・企業選びができます。そのため、どんな企業を選べば良いのか分からず無闇にエントリー数を増やし、無駄に時間がかかってしまうというリスクを軽減できるでしょう。

2.入社後のミスマッチを防げる

就活の軸を決めることで自分が企業に求める条件がはっきりするため、入社後のミスマッチを防げます。軸を持たずに就活した場合、企業選びで大切にすべきポイントを押さえられず、自分に合っていない企業に入社してしまう可能性も否めません。

3.面接で一貫性を持った回答ができる

就活の軸をしっかり定めておけば、面接でも一貫性のある回答ができます。実際に「就活の軸」を聞かれた場合はもちろん、自己PRや志望動機にも応用していけるでしょう。先述のとおり、企業は学生の主体性に重きを置いているので、軸をしっかり持つことで選考を有利に進められる可能性があります。
 

「就活の軸」の定め方3ステップ

就活の軸の重要性やメリットが分かったところで、次は実際に「就活の軸」を定めていきましょう。就活の軸を決める際の手順は以下のとおりです。

1.自己分析を徹底する

就活の軸は、自分の経験や、それにより培われた価値観によって形成されるものだといえます。そのため、まずは今までの自分を振り返り、自己分析を行うことが重要です。成功体験や挫折経験、人生のターニングポイントなど、さまざまな過去を踏まえ、「自分が何を大切にしているか」「今後どんな自分になっていきたいか」をしっかり考えていきましょう。

2.企業研修をする

次に、自己分析で浮き彫りになった自分の価値観と合致する企業を探しましょう。企業情報の中から自分とマッチする企業を見極め、情報を取捨選択していきます。企業情報を調べる際は、Webサイトや四季報、就活情報誌を活用すると良いでしょう。

3.就活の軸を言葉にする

最後に、自分の「就活の軸」を言葉として表します。「将来どんな自分になっていたいか」「そのためにどんな企業に入社する必要があるか」と漠然と頭に浮かんでいたものを、相手に伝えるため形にしましょう。
ここで大切なのは、自分の定めた「軸」をそのまま伝えるのではなく、企業によってアプローチを変えていく必要があるということです。定めた「就活の軸」を、自分のアピールポイントとしてさらに昇華させていきましょう。

▼関連記事
就活の軸は定まってる?企業選択のために必要なこと
 

就活の軸を効果的にアピールするポイント

それでは、実際に面接で「就活の軸」を効果的に伝え、自分をアピールするためのポイントを見ていきましょう。

採用ニーズに合った「軸」を述べる

先述のとおり、面接で就活の軸を伝える際はその企業に響く内容になるよう工夫しましょう。企業によって採用ニーズは異なります。定めた就活の軸をそのまま伝えても、企業の求める人材と合致しなければ採用に繋がりません。その企業について入念に調べ、求めている人材像と自分の軸をすり合わせて伝えることを心がけましょう。

具体的なエピソードを述べる

実際に就活の軸を述べる際は、根拠となるエピソードを盛り込みましょう。自己分析をした際に印象に残っている成功体験や挫折経験でもかいまいません。重要なのは、「どのようにして現在の軸となる価値観が形成されたのか」という過程の部分です。面接官に主体性をアピールするためには、自分の経験をしっかりと述べる必要があります。

構成を意識して分かりやすく述べる

就活の軸で自分をアピールする際は、相手の立場に立った分かりやすい伝え方を意識しましょう。具体的には、まず結論(例:「私の就活の軸は~です」)から述べ、何を伝えたいのかはっきりさせます。その後、軸を確立した経緯や具体的なエピソードを盛り込み、最後に自分の軸とその企業が合致している点を伝える、というのが理想的な構成といえるでしょう。

効果的な「就活の軸」の例文

最後に、お伝えした効果的なアピール方法をふまえた「就活の軸」の例文をご紹介します。ぜひご参考にしていただき、自分のオリジナリティを盛り込んだ「就活の軸」を完成させてください。

「一緒に働く人」を軸にした例文

私の就活の軸は、「一緒に働く人」です。生活の大半を占める会社のなかで、尊敬できる人と共に働くことは、私にとって特に重要な要素です。私は学生時代、広告研究会に属していました。もともと特に広告に関心があったわけではありませんでしたが、新入生歓迎会でお世話になった先輩と気が合い、「この人とこれからも一緒にいたい」と思ったのが入部のきっかけです。その後、先輩の考え方や人となりに共感し、学びの多い学生生活を過ごすことができました。その経験から、どんな物事も「誰とするか」が大切だという価値観が生まれました。御社に関しましても、もちろん事業内容にも惹かれましたが、それ以上に説明会でお話しさせていただいた営業部の方の人柄に感銘を受け、この人の働く会社で働きたいと強く思ったのが志望のきっかけです。

▼関連記事
就活の軸がブレてしまう人必見!考えるポイントと具体例
 

就活の軸を明確にして選考へと挑もう

以上、就活の軸を決めることが重要な理由やメリット、面接でのアピール方法などを詳しくお伝えしました。
就活において「軸」を定めることは、効率化や企業のミスマッチ防止だけでなく、面接で自分をアピールする大きな手段になります。
また、自分自身の今後の生き方を考える重要なアクションであることも分かったのではないでしょうか。
現在就活がうまくいかずに悩んでいる方や、面接でうまく自分をアピールできない人は、「就活の軸」を明確にして選考を突破しましょう!

キャリアチケットについて

キャリアチケットは、就活生の最高のキャリアスタートを支援するサービスです。

20社内定した学生の就活ノートがもらえる!