「就活の軸」の決め方とは?効果的にアピールできる作り方を例文付きで解説

このページのまとめ

  • 「就活の軸」とは、就活において志望する業種や企業を選ぶ際の物差しのこと
  • 企業が「就活の軸」を問うのは、自社とのマッチ度や応募者の意欲を確認するため
  • 就活の軸を定めることで、効率が良い企業選びや入社後のミスマッチ防止に繋がる
  • 面接で就活の軸を述べる際は、企業の採用ニーズと合致するように工夫する必要がある
  • 就活の軸は「結論→エピソード→企業との合致点」という構成を意識して伝えると良い

「就活の軸」の決め方とは?効果的にアピールできる作り方を例文付きで解説のイメージ

面接で「就活の軸」を問われ、どう回答すべきか迷う方もいるのではないでしょうか。「就活の軸」を作れば、自分が就活する意味を明確にできるだけでなく、仕事への意欲や主体性を企業に効果的にアピールすることが可能です。
このコラムでは、「就活の軸」の決め方や作り方のポイント、回答例などをご紹介します。代表的な「就活の軸」の一覧も参考にしながら、要点を押さえた自分なりの「就活の軸」を作り上げましょう。
 

「就活の軸」とは?

「就活の軸」とは、就活において志望する業種や企業を選ぶ際の物差しです。
「就活の軸」を作れば、自分が就活する意味を見出せるとともに、自分がどのような目的意識を持って就活に取り組んでいるかを企業にアピールできます。

面接で「就活の軸」を問われる理由

企業が面接で「就活の軸」を問うのには、「自社とのマッチ度」や「応募者の意欲」などを確認する意図があると考えられます。企業の質問意図を理解したうえで自身の「就活の軸」を伝え、自分を効果的にアピールしましょう。

自社にマッチした人材か

「就活の軸」は、企業にとって応募者が自社の社風や業務方針にマッチしているかを見極める判断材料の一つになり得ます。仕事への価値観や望む働き方が企業の方向性とズレていると、働く意欲の喪失や早期退職に繋がりかねません。自身の採用メリットを示せるよう、企業の特色や採用ニーズを意識した就活の軸を伝えることが大切です。

意欲や主体性はあるか

応募者の志望意欲や仕事への主体性も企業が関心を寄せる部分といえます。就活の軸を定めるのは、「将来どんな働き方をしたいか」「どんな自分になっていたいか」を考え、自分の未来の指標を持つためのアクション。面接で自分の就活の方向性や将来のキャリアビジョンを明確に伝えられれば、面接官に入社後の活躍を見込まれる可能性が高まるでしょう。

▼関連記事
就活の軸はそんなに大切?企業側が聞く意図と見つけ方
 


就活の軸を定める3つのメリット

就活の軸を定めるメリットには、「効率よく就活ができる」「入社後のミスマッチを防げる」「回答の一貫性を保てる」の3つが挙げられます。下記で、それぞれの詳細を見ていきましょう。

1.効率よく就活ができる

冒頭で解説したように、就活の軸を定めれば業種・企業選びの物差しができるため、自身の希望や目的に叶った企業を見出しやすくなり、効率的な就活に繋がります。どのような企業を選べば良いか分からずむやみにエントリー企業の数を増やし、時間や労力を無駄に消費しまうというリスクを回避できるでしょう。

2.入社後のミスマッチを防げる

就活の軸で自分が企業に求める条件を明確化できれば、入社後のミスマッチ防止にも役立つでしょう。就活の軸を持たずに就活を進めてしまうと、企業選びで大切にすべきポイントを押さえられず、自分に合っていない企業に入社してしまう恐れもあります。

3.面接で回答の一貫性を保てる

就活の軸は、実際に「就活の軸」を問われた場合はもちろん、自己PRや志望動機の方向づけにもなるため、自身の回答の一貫性を保てるでしょう。受け答えに筋が通っていれば、話の説得力が増し、仕事への意欲や積極性を効果的にアピールできます。面接官も応募者の人物像を掴みやすくなるため、選考を有利に進められる可能性が高まるでしょう。

▼関連記事
就活の軸はなぜ必要?面接で説得力のある回答をする方法と具体例
 

就活の軸の決め方3つの手順

就活の軸を決めるには、自己分析や企業研究を深めたうえで、言葉にしてアウトプットするという手順を踏みます。就活を決める際の一般的な手順を、以下の3ステップにまとめました。

1.自己分析を徹底する

就活の軸は自分の経験やそれにより培われた価値観によって形成されるものといえるため、まずは今までの自分を振り返り、自己分析を行うことが重要です。成功体験や挫折経験、人生のターニングポイントなど、さまざまな過去を踏まえ、「自分が何を大切にしているか」「今後どんな自分になっていきたいか」を見出しましょう。

2.多様な業種・企業に触れる

企業の合同説明会に参加したり、企業のWebサイトや業界地図などを活用したりして、多様な業種・企業に触れましょう。数ある業種・企業を比較検討するうちに、自分が興味の持てる業界や企業の傾向が見えてくるはずです。それらの共通点を導き出せば、「自分がどのような仕事に就きたいのか」「どのような働き方を望むのか」を表面化させられるでしょう。

3.就活の軸を言葉にする

最後に、「将来どんな自分になっていたいか」「そのためにどんな企業に入社する必要があるか」を、自身の「就活の軸」として相手に伝わりやすい形で言葉にしましょう。面接官に「自社に合いそうな人材だ」「主体性を持って仕事に取り組んでくれそう」と思ってもらえるよう、各応募先の企業が持つ特色や事業方針を理解したうえで、それを意識したアプローチ方法を考えることが大切です。

▼関連記事
就活の軸は定まってる?企業選択のために必要なこと
 


参考にしたい「就活の軸」の一覧

ここでは、一般的によく挙げられる「就活の軸」をまとめてみました。どうしても「就活の軸」が思いつかない…という方は、参考にしてみてください。

・人の役に立てる仕事がしたい
・やりがいを感じたい
・人と多く関わる仕事に就きたい
・大学で学んだ専門知識やスキルを活かしたい
・実力主義の職場に身を置きたい
・自分の好きな分野に関わりたい
・海外勤務を視野にグローバルな働き方がしたい
・尊敬できる人がいる職場に勤めたい
・これまでの経験を活かせる仕事がしたい
・長く働ける仕事がしたい
・ものづくりに携わりたい
・ライフワークバランスを大切にしたい
・風通しの良い組織で働きたい
・新事業の展開に積極的な企業に入りたい
・人や企業を支える仕事がしたい
・お客さまの笑顔を見られる現場で働きたい

上記以外にも、就活の軸となり得ることは多様にあります。自身の経験や能力、性格傾向を洗い出し、仕事をするうえで自身が何を重視したいのかを導き出しましょう。

▼関連記事
就活の軸とは?成功に導く考え方と伝え方
 

就活の軸はどう伝える?効果的な作り方3つのポイント

「就活の軸」は、「就活の軸(結論)→エピソード→企業との合致点」の順に構成すると伝わりやすくなります。作り方のポイントを押さえ、面接で「就活の軸」を通じて効果的に自分をアピールしましょう。

1.採用ニーズに合った「軸」を述べる

まず結論として就活の軸(例:「私の就活の軸は~です」)から述べ、何を伝えたいかを明確にします。
先述のとおり、面接で就活の軸を伝える際はその企業に響く内容になるよう工夫が必要です。企業によって採用ニーズは異なるため、各企業について入念に調べ、求められている人材像と自分の就活の軸をすり合わせて伝えることを心がけましょう。

2.具体的なエピソードを述べる

就活の軸を述べる際は、根拠となるエピソードを盛り込みましょう。自己分析で印象に残った成功体験や挫折経験でも構いません。面接官に納得してもらうには、「どのようにして現在の軸となる価値観が形成されたのか」という過程を具体的に伝えて、話に説得力を出すことが大切です。

3.応募先企業との合致点を述べる

最後に、自分の就活の軸と応募先企業の特色で合致している点を絡ませて伝えてください。応募先企業の理念や事業方針、社風などを挙げて、「御社だからこそ志望した」という自身の志望意欲を示せば、面接官の納得感を得やすくなるでしょう。

▼関連記事
例文あり!面接で「就活の軸」を聞かれたときの好印象な回答
 


業種別に紹介!「就活の軸」の回答の例文

ここでは、「就活の軸」の例文を業種別にご紹介します。下記の例文を参考に、自分のオリジナリティを盛り込んだ「就活の軸」を完成させましょう。

IT業界

「私の就活の軸は、日常に根付く情報システムを作り、人の生活を支えることです。大学では主にソフトウェアの開発研究に取り組み、プログラミング言語を習得しました。私の田舎は過疎地域で、住民は病院通いや買い物などに苦慮していました。しかし、御社が展開するオンライン診療や荷物宅配といったITサービスを導入し、住民の負担は軽減されつつあります。私も御社の一員としてIT事業に携わり、日々の暮らしに悩みを抱える方々の力になりたいと考えております。」

マーケティング業界

「私の就活の軸は、お客さま自身も気づけなかった真のニーズを探り、新たな価値を持つ商品を開発することです。アルバイトでケーキの販売スタッフをしたときは、店長の許可のもと、お客さまにアンケートを募ったり、利用客の世代や購入商品の傾向をデータ化したりするなど市場調査を行いました。その結果をもとに、商品配列の改善や新たなイベントなどを実施したところ、売れ残り商品が減り、売り上げが前年度に対して20%アップしました。お客さまから『ここのケーキを買うのが生活の楽しみになった』と言われたときの喜びは忘れられません。御社では顧客アンケートや市場ニーズの情報収集を定期的に実施したうえで、必要に応じた商品のリニューアル化を行っていると伺いました。御社のマーケティング職として、顧客の潜在的ニーズを満たす商品の開発に貢献したいです。」

不動産業界

「私の就活の軸は、人が安心して豊かな生活が送れる住まいを提供することです。住む場所は、人の生活の基盤であり、日々の暮らしや健康を守る存在として欠かせません。大学で参加した災害ボランティアでは、住居がいかに人の暮らしに密接したものであるかを実感し、その重要性を再認識させられました。御社の『長く住める家』をコンセプトにした不動産開発事業は、私の目指すところです。御社で耐震性や安全性に優れた住居の開発に貢献し、人の暮らしを支える一助になれたらと考えております。」

キャリアチケットについて

キャリアチケットは、就活生の最高のキャリアスタートを支援するサービスです。

20社内定した学生の就活ノートがもらえる! LINE友だち登録をする