就活の書類選考や面接攻略のヒントに!自己PRの参考になる記事特集

就活時には、さまざまなシーンで自己PRをする機会がありますが、自分の強みや考えを上手く伝えることは容易ではありません。そこで、ここでは自己PRにつなげられる自己分析の方法や、面接で採用担当者に自分をアピールするときのコツをまとめた記事を紹介します!ぜひ、就活戦線を勝ち抜くための参考にしてくださいね。

(1)強みは誰もが持っている!視点を変えて強みを見つける方法

 

就活を成功させるポイントの1つとして、自己PRを上手く行うということが挙げられます。 しかし、就活生のみなさんの中には、「エントリーシートや面接でアピールできるほどの強みが自分にはない」と悩んでいる方もいるのではないでしょうか。 そのような就活生に参考にしてほしいのが、《『強み』誰もが持っている!視点を変えて強みを見つける方法》という記事。 筆者の井上大雅さんは、心と身体の健康をサポートするワークアウトパートナーとして活躍中の方です。 井上さんは、環境や見方によって自分の強みは変わると提唱しており、「自分の弱みが他者からは強みに見える」ということを、習い事やスポーツを例にして、分かりやすく解説しています。 そして、どのような視野を持つことが大切なのかについても触れているので、就活中の方は参考にしてみてはいかがでしょう。 新たに自分の強みを見つけて、魅力的な自己PRができるようになるかもしれませんよ! また、この記事以外にも、井上さんのブログ『井上大雅(TAIGA)official site 心と身体を整えて元氣に!』には、心身ともにポジティブになれる情報が多数掲載されています。 ぜひ、ほかの記事にもアクセスして、学生生活を充実させるヒントにしてくださいね。


【参照元】 ⇒https://workout-partner.jp/?p=916
 

(2)大した経歴がない僕が面接に合格した理由とコツ

 

留学経験やボランティア活動など、就活時の自己PRに活かせるようなエピソードがなく、自分をどう売り込めば良いのか分からないという方は、バイクと旅に特化したメディア『ぺけらいふ。』に掲載中の《【就活生必見!】大した経歴がない僕が面接に合格した理由とコツ》という記事も参考になりますよ。 この記事を執筆したぺけらいふさんも、実は就活で自分をアピールできるようなネタは持っていなかったとのこと。 しかし、趣味や学生生活を振り返り、そこから絞り出した内容に自分の考えを盛り込んだり、事実に基づいた脚色を加えたりして、自己PRにつなげたといいます。 また、面接時には以下のようなことを意識して臨んだそうですよ。 ・話す内容を丸暗記しない ・笑顔で会話をする ・面接は成長できるチャンスだととらえる そして、その結果、見事希望する会社への就職を叶えたのだとか。 本文には、これらを実践するためのポイントについても詳しく紹介されているので、書類作成や面接前に読んでおくと、背伸びをしたり、堅苦しさを感じたりすることなく、自分をアピールできるヒントが得られるかもしれません。 就活経験者のリアルなアドバイスは、就活マニュアルとは違った説得力があるので、ぜひくまなくチェックしてみてくださいね!


【参照元】 ⇒https://pekelife.com/interview-secret-of-success
 

(3)転職を成功させるための自己PRの書き方・面接での伝え方

 

志望企業へ自分を売り込むためには、自己PRが大切だということは多くの就活生が知っているのではないでしょうか。 しかし、自己PRを上手く書けない、話せないという人は少なくないようです。 そこで、ここでは《転職を成功させるための自己PRの書き方・面接での伝え方》という記事にスポットを当ててみました。 M&Aや経営に詳しい筆者によると、自分のストロングポイントのみを主張する自己PRは、実は高評価を得づらいとのこと。 意外な気もしますが、筆者が語るその理由を知ると「なるほど」と納得できます。 また、記事にはそのことを踏まえたうえで、どのような自己PRが効果的なのかについても詳しく解説。 これらを参照し、上手く活用することができれば 、採用側の心をつかむ自己PRができるようになるかもしれませんよ。 なお、この記事は『あなたの人生を豊かにするブログ』に掲載されています。 今回紹介した記事以外にも、ブログ内には社会人として必要な知識や心構えをはじめ、時計コレクションや素敵な大人アイテムの紹介記事がエントリーしており、読み応え抜群です! 就活のバイブルとしてはもちろんのこと、息抜きのための読み物としても満足できることでしょう。 いろいろな記事に目を通して、ぜひあなたの就活ライフに役立ててください。


【参照元】 ⇒https://enjoylife-blog.com/2019/04/01/selfintroduction/
 

(4)就活における自己分析のやり方・方法

 

自己PRをするうえで重要になってくるのが、自己分析。 まずは、自分自身のことを理解することで、真実味のあるアピールポインが見つけられるからです。 就活やインターンなどのお役立ち情報が満載のサイト『インたん』の運営者なおさんは、《就活における自己分析のやり方・方法》という記事の中で、その方法を具体的に紹介してくれています。 なおさんによると、難しいイメージのある自己分析は、実はたったの3つのステップで簡単に行うことができるとのこと。 その最初のステップとして、今までの経験を洗い出すことが挙げられており、自分が主体的に取り組んだことをできるだけ多く書き出すことで、自己PRにつながるヒントが得られると語っています。 また、残りの2ステップについても、それぞれ段階別に記事の中で解説。 さらに、本文後半では、導き出した自己分析の結果を就活で活かすための方法についても述べています。 就活は、誰もが1度はじっくり向き合うべき事柄であり、長所と短所を踏まえて、志望する会社に自分をきちんとアピールしていくためにも、ぜひ詳細をチェックしてみることをおすすめします。


【参照元】 ⇒https://intan.jp/jobhunting-zikobunnseki/
 

(5)就活で自己分析は必要?自己分析のやり方・必要有無を解説

 

自己分析は、就活成功のカギを握るといっても過言ではありません。 しかし、就活生の中には、「どのように自己分析をすれば良いのか分からない」という方もいるのではないでしょうか? そんな悩みを抱える方へ、《就活の自己分析は必要ない?【自己分析のやり方・必要有無を解説】》という記事を紹介しましょう。 自己分析方法には、自分史作りやジョハリの窓など、いろいろな手法がありますが、筆者のるあせすさんが実践したのは、以下の方法だったとのこと。 ・自分がやりたいことを中心に考える ・過去の自分よりも、今の自分のことを掘り下げる ・入社後の自分を想像しながら「本当にその企業に入社したいのか?」を考える どれも一見すると、とても簡単な方法なので、「これで本当に自己分析ができるの?」と疑問に思う方もいるかもしれませんね。 しかし、るあせすさん曰く、深堀りし過ぎて自己分析の内容がまとめられなくなるようなら、簡単な方法を選んだほうが、時間や労力を軽減できるため、浮いた時間を企業研究に充てられると綴っています。 記事には、るあせすさんが行った自己分析の詳細が分かりやすく記されているので、ぜひ一読してみてくださいね。 ちなみに、上記の記事は、『るあせすブログ』に掲載されています。 趣味や受験、就活など、るあせすさんがこれまで経験したことを中心に、さまざまな情報が公開されているので、そちらもぜひお見逃しなく!


【参照元】 ⇒https://ruasessublog.com/job-hunting-self-analysis
 

(6)就活 自己分析 簡単なやりかた

 

就活で自己分析が必要なのは分かっていても、自分のことは客観的に見れないもの。 実際、自己PRが上手くできず、頭を抱えている就活生は多いようです。 そこで今回、そんな方に読んでほしい記事としてピックアップしたのが《就活 自己分析 簡単なやりかた》という記事。 筆者のあかおにさんが、自己分析の効果的なやり方をまとめてくれています。 記事の中であかおにさんが提案しているのは、自身の過去のモチベーショングラフを作り、そこから自己分析を行う方法。 モチベーショングラフとは、幸福な状態は上に、辛い状態では下にいくグラフで、幼少期から現在までを振り返り、印象的なポイントをプロットしていきます。 また、プロットした点は線でつなげて、自身のモチベーションのピーク時や変化があった時期を割り出し、そこに説明を書き込めばグラフは完成です。 そして、このグラフを見ながら、さらに以下の5つを深堀りをしていくのだとか。 ・印象的な出来事を思い出す ・そのときの自分の行動を思い出す ・行動を生んだ感情を思い出す ・感情の基になった価値観を導き出す ・その価値観を作った原体験を探す この手法によって、自身の価値観を知ることができるので、自己分析が苦手な方はぜひ実践してみるといいかもしれませんよ。 また、あかおにさんが運営するブログ『理系大学生体験記』には、就活体験記というカテゴリーがあり、就活の参考になる内容が多数掲載されています。 就活に関する情報を収集したい方は、こちらも併せて読んでみてはいかがでしょう。


【参照元】 ⇒https://akaoniblog.com/shukatutaikenki/self-analysis/
 

(7)【メモの魔力】大人になった今こそ”自己分析”をしよう

 

『モカのてーげー日記』は、運営者であるモカさんの好きなものに対するレビューや、メンタルハックなどの記事が公開されています。 今回はその中から、自己PRのヒントが得られる情報が載っている記事を紹介しましょう。 その記事とは、こちらの《【メモの魔力】大人になった今こそ”自己分析”をしよう》です。 ここには、モカさんが自分を見つめ直すきっかけになったという、前田裕二氏の著書“メモの魔力”の感想と、それを基にモカさんが自己分析をした結果がまとめられていました。 なんでも、モカさんは就活生時代、自分に取り柄がないことを思い知らされるような自己分析が嫌いだったそうです。 しかし、自分の行動や考え方などをその都度メモしていくうちに、本来の自分の性格や自分が本当にやりたいことが見えてきて、自然と自己分析ができるようになったとのこと。 メモの魔力という本にも、知的生産を目的としたメモを取っていくことで、情報獲得の伝導率が増したり、傾聴能力が増したりするなど、5つの効果が期待でき、自分自身も変わっていけると綴られており、モカさんは共感できる内容だったいいます。 ちなみに、こちらの本には、1000問の質問に答えていくことで、より良い人生を生きるための自己分析ができる特別付録もついていたのだとか。 モカさんも質問に答えていく中で、本来の自分が見えはじめたそうなので、興味のある方はぜひ、メモの魔力を手に取ってみてはいかがでしょう。


【参照元】 ⇒https://mochahappyblog.com/themagicofmemos/

キャリアチケットについて

キャリアチケットは、就活生の最高のキャリアスタートを支援するサービスです。

20社内定した学生の就活ノートがもらえる! LINE友だち登録をする