靴の選び方で評価が変わる?就活にふさわしい靴の探し方

このページのまとめ

  • 選考で、応募者の身だしなみやマナーを見るために「靴」をチェックするという面接官は意外と多い
  • 就活は黒の革靴が基本
  • 男性はストレートチップやプレーントゥ、女性はプレーンタイプやストラップのあるシンプルなものを選ぶと良い
  • 靴は実際に試着して選ぶのがポイント。通販だと失敗したときに買い直しになるケースがある

「就活用の靴」を準備するのを忘れてはいませんか?
就職活動をスタートさせるには、求人探しだけでなく、リクルートスーツや鞄といった身だしなみの準備も必要です。
服装のマナーが守れていないと、採用担当者にマイナスイメージを与えてしまうこともあるでしょう。
そこで、このコラムでは、身だしなみの準備で見逃しがちな「靴」について詳しく解説。準備を万全にして就活に備えましょう。
 

就活は靴の選び方で評価が変わる?

選考において、「靴」は意外と見られているポイントです。
身だしなみやマナーを見る上で、靴をチェックするという面接官は多いようです。
もちろん靴の評価だけで合否が決まるということはありませんが、就活にふさわしくない靴を履いていたり、かかとを踏んでいたりすると、面接官に「マナーが守れていない」「選考の場という意識がない」というマイナスの印象を与える可能性があります。
以下のような靴を履いている場合は就活のマナー違反になるので、注意しましょう。

就活にふさわしくない靴の例

・スニーカー
・サンダル
・派手な色の靴
・個性的なデザインの靴
・汚い、破れている

マナーを守り、靴をきちんと履いているに人に対して、面接官は好印象を受けるようです。
また、質疑応答の評価が同じなら、面接官は、マナーが守れていない人より選考に適した身だしなみをしている人を選ぶでしょう。
例えきちんとした印象のリクルートスーツを着ていたとしても、就活に適さない靴を履いていると、不採用に繋がりかねません。
面接を受けるときは、「靴なんて見ていないだろう」と甘く考えずに、ビジネスマナーを意識することが大切です。

▼関連記事
就活で使う靴は何がいい?男女別の選び方を解説します

 

就活の靴は「黒」が基本

就活の靴は黒の革靴が基本です。
しかし、黒の革靴といっても種類や値段帯が多岐に渡っているため、どれを選んでよいか迷ってしまうという人もいるのではないでしょうか。

就活用の靴を選ぶときは、派手なものや個性的なデザインのものは避け、ビジネスシーンにも通用するものが適しています。
既にリクルートスーツを購入している場合は、服装に合うものを選ぶと良いでしょう。
また、ベルトや鞄といった小物とのバランスを意識するのもポイント。応募先企業が多いときは2足購入し、交互に履くと靴を長持ちさせることができます。

靴の値段帯は、1万円以下の手頃なものから数万円の高価なものまでさまざま。値段が高いから良い、安いからダメというということはありません。
安くても15000円位の値段帯を選ぶのが無難という意見もありますが、参考程度に捉え、自分に合ったものを選ぶようにしましょう。

▼関連記事
面接に履いていく靴の選び方は?お手入れの仕方も合わせてご紹介

 

男性の靴の選び方

男性の就活靴は「ストレートチップ」というデザインが王道です。
ストレートチップは、足のつま先から甲の部分に横に切り替えラインが入ったシンプルなデザインで、ビジネスシーンはもちろん、冠婚葬祭にも使いやすいのが特徴です。
また、「プレーントゥ」と呼ばれる、つま先に装飾のないデザインも就活に適しています。
ストレートチップに比べるとカジュアル度が増しますが、ジャケットなどとの相性も良く就活用の靴として使用できます。

ここで注意したいのは、「紐のあるもの」を選ぶこと。
紐の代わりにベルト(ストラップ)のあるデザインなどもありますが、紐のないものはカジュアル要素があるため、避けたほうが無難でしょう。

▼関連記事
知っておきたい!就活用の靴の選び方
 

女性の靴の選び方

女性用の就活シューズはヒールのあるパンプスが定番です。
装飾のないプレーンタイプかストラップのあるもので、3.5cmか5.5cm位のヒールが適しています。
ヒールがあると疲れてしまうという人は、ヒールが太めでストラップのあるデザインを選ぶと安定感があり疲れにくいでしょう。

シンプルなパンプスは一足あるとさまざまなシーンに使え、重宝します。
「就活中だけだから」と自分の足に合わないものを我慢して履くのではなく、歩きやすい、履きやすいなどの機能面を重視して、長く使えるものを選んでみてはいかがでしょうか。

▼関連記事
就活用パンプスの選び方&ケア方法のススメ

 

選び方のコツは?

靴を選ぶときは、めんどうでも試着するようにしましょう。
最近では店舗へ行かなくても通販でリクルートスーツや小物一式を揃えることが可能です。
しかしながら、同じ靴のサイズでもメーカーにより違いがあることも多いため、実際に履いてみるとブカブカで脱げてしまう、きつくて履けない、靴ズレでうまく歩けないなどのトラブルになることも。
その場合、買い直しになることもあるので、通販や勘に頼らず、店舗で実際に試着して自分のサイズにぴったりの靴を探すのがおすすめです。

また、私服指定の面接の場合は、服装に合わせて靴を選ぶことが大切です。
TPOをわきまえないデザインや汚れた靴は避け、マナー違反にならないよう応募先企業に合ったものを選びましょう。

▼関連記事
身だしなみは足元も大事!失敗しない就活靴の選び方とは


就活用の靴選びのほかにも、就活マナーについて知りたいときは、就職エージェントのキャリアチケットに相談してみてはいかがでしょうか。
キャリアチケットは、新卒向けの求人紹介サービスをはじめ、就職にまつわるさまざまなサポートサービスを提供する民間のエージェント。
専任の就活アドバイザーが、応募書類作成や面接対策の一環として、就活のマナーも詳しくアドバイスすることが可能です。
これから就活をはじめるという人や、いまさらほかの人に聞けない就活の悩みがあるという人は、ぜひお気軽にキャリアチケットまでご相談ください!

キャリアチケットについて

キャリアチケットは、就活生の最高のキャリアスタートを支援するサービスです。