面接に履いていく靴の選び方は?お手入れの仕方も合わせてご紹介

このページのまとめ

  • 男性に最適な面接用の靴は、黒か焦げ茶の内羽根ストレートチップの革靴
  • 女性に最適な面接用の靴は、黒の3~5cmヒールのプレーンパンプス
  • 私服面接用の靴も、落ち着いた色味でシンプルなデザインの革靴やパンプスがおすすめ

面接で履いていく靴選びに迷っている人はいませんか?当コラムでは、面接で履いていく靴の選び方を男女別に丁寧に解説しています。また、その他にも、私服指定面接の場合の靴の選び方や、靴の手入れ方法もご紹介していますので、「面接での身だしなみを完璧にしておきたい」という就活生の方はぜひ参考にしてみてください。
 

面接で履いていく靴選びは重要!

面接に臨む際、多くの就活生は髪型や服装に気を配っているでしょう。その一方で靴は「足元で目立たないから」とおろそかにしがちです。
しかし、面接官は応募者の靴までしっかりとチェックしています。面接では机がないことが多く、椅子のみが置かれるため、靴は面接官の目に入りやすいのです。
スーツをきちんと着こなし、清潔感のある髪型に整えていても、ビジネスシーンに似つかわしくないローファーなどのカジュアルな靴を履いていたら、「社会人としての礼儀がなっていない」とマイナスイメージを持たれてしまいます。

また、きちんと就活の場に合った革靴を履いていても汚れて傷だらけであれば、「細部に気を配れないルーズな人」と思われてしまうことも。

面接官に好印象を与えるためには、就活にふさわしい靴を選びを行うことと、着用後はこまめに手入れを行うことが大切です。
 

面接で履いていく靴の選び方:男性編

男性の靴は、「黒か焦げ茶の内羽根ストレートチップの革靴」が最適です。以下では、さらに詳しく解説していきます。

色:「黒」または「焦げ茶」

靴の色は、黒か焦げ茶のいずれかを選びましょう。迷う場合は、カバンの色と合わせて統一感をもたせると、洗練された印象になります。合わせる靴下は、黒または紺色で、ズボンの裾から肌が見えない長さを選びましょう。

デザイン:内羽根ストレートチップがおすすめ

靴のデザインは、内羽根のストレートチップで、つま先の丸いラウンドトゥを選びましょう。

内羽根とは、紐を結ぶ部分が内側に収納されている構造のことです。このほかに、外羽根と呼ばれる、紐を結ぶ部分が外側に出ている構造もあります。内羽根が、上品な印象を与える格式高いデザインなのに対し、外羽根は、軽快な印象を与えるカジュアルなデザインになるので、面接では内羽根を選びましょう。

ストレートチップとは、靴のつま先に一文字にステッチが入ったデザインのこと。この他にも、つま先に装飾のないプレーントゥ、U型のステッチが入ったUチップ、羽のようなステッチの入ったウイングチップがあります。
プレーントゥはシンプルなため、ストレートチップ同様、就活で使用することができますが、ステッチがない分、皺になりやすくこまめなメンテナンスが必要になるでしょう。
また、Uチップはファッション性が高く業界を選ぶデザインなので避けたほうが無難です。そのほか、ウイングチップは装飾の多いデザインなので、就活には不向きといえます。

また、革靴を選ぶ際はつま先の形状にも注意が必要です。一般的に、先が丸いラウンドトゥと先が細長く尖ったロングノーズがありますが、面接ではラウンドトゥを選びます。ロングノーズはファッション性が高く、面接官によっては印象が悪くなってしまうことがあるからです。

素材:「本革」または「合成皮革」

革靴の素材には、本革と呼ばれる天然皮革や合成皮革、スエード、エナメルなどがありますが、就活で使う靴は「本革」または「合成皮革」を選びましょう。
本革は、クリームやブラシで磨くと美しい艶が出ることや、通気性の良さがメリットです。一方合成皮革は、本革のような艶は出ませんが、安価で購入でき、軽量で防水性に優れています。
また、ソール部分の素材も、レザーソールとラバーソールの2種類があります。レザーソールは高級感があり、通気性に優れていますが、底が平らなデザインのため、雨の日は滑りやすくなります。ラバーソールはクッション性があるため長時間履いても疲れにくく、雨の日でも滑りにくいですが、次第にかかとがすり減ってきます。
それぞれの特徴を理解し、自分にあった素材を選ぶようにしましょう。
 

面接で履いていく靴の選び方:女性編

女性の靴選びは、「黒のプレーンパンプスで3~5cmヒール」が最適です。以下では、男性編と同様にさらに詳しく解説していきます。

色:新卒なら「黒」一択

中途採用なら、グレーやネイビー等の色も可とされていますが、新卒の就活では黒が基本です。また、合わせるストッキングは肌の色に近いライトベージュ系で、無地のものを選びましょう。面接に向かう途中で電線してしまった時のことを考え、予備のストッキングをカバンに入れておくと安心です。

デザイン:3~5cmヒールのプレーンパンプスがおすすめ

デザインは、装飾のないプレーンパンプスを選びましょう。ヒールは3~5cmがベストです。高すぎるのはもちろん、ヒールのない「ぺたんこ靴」も、ビジネスシーンに不向きなので避けてください。
また、ヒールは太めでしっかりしたものが最適です。ピンヒールやウェッジソールはファッション性が高いため、面接で着用できません。

つま先の形状は先が丸いラウンドトゥ、先が水平で四角形のようなスクエアトゥ、先がやや細い形のアーモンドトゥ、先が尖ったポインテッドトゥ、つま先が空いたオープントゥがあります。
就活で使えるのは、ラウンドトゥ、スクエアトゥ、アーモンドトゥの3つですが、面接の場では、特にフォーマル向きなラウンドトゥがおすすめです。ただし、足に馴染むかどうかも大切なので、自分の足の形を考慮して選ぶのも良いでしょう。

歩くたびにパンプスがパカパカと脱げてしまう人は、つま先に入れるクッションや、かかと側に貼る滑り止めシートを使うと改善される可能性があります。ストラップ付きのパンプスを選んでも良いですが、金融系などの堅い業界の場合、印象が悪くなってしまうこともあるので、志望業種によって対応策を変えましょう。

素材:「本革」か「合成皮革」

素材は、男性用の靴と同様に本革か合成皮革を選びましょう。スエードやエナメル、サテン地などの素材は就活の場にふさわしくありません。

本革は、履き込むうちに足に馴染む点や、通気性の良い点がメリットです。一方合成皮革は、安価で購入でき、防水性に優れているところがメリットとして挙げられます。就活が終わった後も長く履くなら本革、就活でのみ使いたい場合は合成皮革など、使用目的に合わせて選ぶのも良いでしょう。

また、靴選びのチェックポイントの一つとして、インソールにも注目してみてください。インソールは、クッション性の高いものほど足が疲れにくくなります。特に、立体的で厚みがあり、土踏まずのアーチをサポートしてくれるタイプのものがおすすめです。

▼関連記事
就活生必見!覚えておきたいスーツの正しい選び方
 

私服面接で履いていく靴の選び方

私服指定の面接だからといって、普段通りの靴で良いというわけではありません。TPOに合わせた格好ができるかどうかが見られている可能性があるためです。では、私服指定の面接に臨む際、どのような靴を選べば良いのでしょうか。

男性の場合、革靴がおすすめ

スーツ着用の場合と同様に革靴を選ぶのがおすすめですが、完全にフォーマルなものではなく、多少のカジュアルさを取り入れても問題ありません。
たとえば、色は黒や焦げ茶以外にも、茶色や紺色などの色を選ぶのも可です。ただし、余計な装飾がついたものだとカジュアルになりすぎてしまうため、主張しすぎないシンプルなデザインを選ぶようにしましょう。

スーツ着用時に履く靴を使い回しても良いですが、その際は全体のバランスを見て、違和感がないかチェックしてみてください。もし、足元だけ重たい印象になってしまう場合は、私服面接用として別で用意することが望ましいです。

女性の場合、パンプスがおすすめ

オフィスカジュアルと相性の良い、シンプルなデザインのパンプスがおすすめです。色は黒やグレー、ベージュ、紺色、薄いピンクなど、落ち着いた色であれば何色を選んでも良いでしょう。装飾も、ワンポイント程度の控えめなものなら問題ありません。
「ヒールは足が疲れるので極力履きたくない」という人は、ローファーを選ぶのもありです。その場合は、シンプルなデザインで色味も落ち着いたものを選ぶようにしてください。

女性も男性と同様、スーツ着用時の靴を使いまわしても問題ありませんが、コーディネートがすっきりまとまるように服装の全体のバランスを考えることが大切です。もちろん、ストッキングも忘れず着用してください。

▼関連記事
「私服でお越しください」に適した面接ファッションとは
 

面接で履いていく靴を間違えてしまった時の対処法

 面接当日には、緊張による思わぬ失敗を起こすことも少なくありません。その一つとして、面接用の靴と普段履いている靴を間違えて履いていってしまうことが考えられます。もし、靴を間違えたらどうすれば良いのでしょうか。 

面接まで時間に余裕がある場合は、新たに購入する

時間に余裕があり、なおかつ近くに靴屋や紳士服量販店がある場合は、その場で革靴やパンプスを購入して履き替えることをおすすめします。たとえ慣れない靴で歩くことになっても、靴を間違えてしまったことに気を取られ、面接での受け答えがうまくいかなくなるよりは良いでしょう。
また、就活用の靴は複数所持していても無駄になりません。むしろ使用頻度が高いのに1足しか持っていないと、劣化が早まる原因になるため、2足以上持っておいたほうが良いとされています。

面接に間に合わない場合は、間違えた旨を伝えて謝罪する

購入していたら面接の時間に間に合わない、近くに靴屋がないといった場合は、面接官に間違えてしまった旨を伝えて、謝罪しましょう。また、間違えてしまったものは仕方ないと気持ちを切り替え、引きずったり落ち込んだりしないようにしてください。面接でうまく自己PRできれば挽回できる可能性もありますので、諦めずにベストを尽くしましょう。
 

面接で使用する革靴の3つの手入れ方法

就活中は説明会や面接などにより、革靴の使用頻度が高くなります。靴を清潔に保ち、面接官に好印象を持ってもらうためには、下記のような手入れをこまめに行うことが大切です。

1.汚れや傷がついている場合

1日履いた革靴には埃が付いてしまうため、馬毛ブラシを使って丁寧にブラッシングして落としましょう。汚れが付いていたら、靴用のクリーナーを使って拭き取ります。また、傷が付いていた場合は、色付きのクリームで補色すると目立たなくなるでしょう。

定期的なお手入れとしては、1ヶ月に1回程度を目安に靴クリームを塗って磨くと色艶のある状態をキープできます。また、防水スプレーをかけておくと、水を弾くだけでなく埃や汚れなども落としやすくなるのでおすすめです。こちらは、週2回程度を目安に行うと良いでしょう。

2.雨に濡れてしまった場合(革製のみ)

革靴は雨に濡れると、その箇所がシミになってしまったり、カビが生えやすくなってしまったりするため、放置は厳禁です。早急に対処するようにしましょう。

まずは、濡れた箇所と濡れていない箇所を軽く絞った濡れタオルで滲ませて、乾いたタオルで押さえるようにして拭き取ります。これは、砂や溶け出した着色料などを分散し、シミを目立たなくするためです。
次に、靴の中に丸めた新聞紙を入れ、立て掛けるようにして完全に乾くまで陰干しします。丸めた新聞紙はそのままにすると、中の湿度を上げてしまうので、2~3時間に1回取り替えましょう。直射日光やドライヤーで乾かすのは、ひび割れの原因になるので避けてください。乾かした後はシューキーパーを使って形を整えます。

3.底がすり減っている場合

靴は使用していくうちに、地面との摩擦によりヒール部分が削れ、ソールがすり減ってしまいます。底がすり減っている状態では見た目が悪く、ハイヒールの場合歩き方も不自然になってしまう可能性があるので、そのままにしておくのは良くありません。
底の補修は自身で行うことが難しいので、修理屋さんに出しましょう。真ん中に穴が空いてしまったり、つま先が削れ過ぎたりしていると、修理代が高くなる可能性があるので、すり減りがひどくなる前に修理してもらうことをおすすめします。

靴底はそもそも消耗の激しいパーツなので、購入後すぐにラバーソールを貼り補強しておくのも手です。これも靴の修理店で行ってもらえます。ラバーソールで補強しておくと、すり減ったときにラバーソールの交換だけで済むので、本体を痛めることなく使い続けることができます。
 

キャリアチケットについて

キャリアチケットは、就活生の最高のキャリアスタートを支援するサービスです。

20社内定した学生の就活ノートがもらえる!