どう答える?就職活動で重要な就活の軸

このページのまとめ

  • 就職活動の軸とは自分が企業に求める条件のこと
  • 企業側は、応募者の就職活動の軸が事業内容や社風に合っているかチェックしている
  • 就職活動の軸を作成するためには、自己分析と業界研究が不可欠
  • 自分の望む条件ややりたいこと、やりたくないことから就職活動の軸を導き出す

実際に就職活動をスタートして初めて「就職活動の軸」という言葉を知った人もいるでしょう。
就職活動の軸が一体どのようなものなのか、まだわからないという人もいるのではないでしょうか。
こちらのコラムでは、そんな就職活動の軸についてまとめています。
就職活動の軸ってなに?という疑問から、就職活動の軸の作り方、答え方までをご紹介。
これからエントリーシートの作成や面接を控えている方は、ぜひ参考にしてください。
 

就職活動の軸ってなに?

就職活動において、重要とも言われることがある「就職活動の軸」。
そもそも、「就職活動の軸って何なの?」と疑問に思う人もいるでしょう。
就職活動の軸とは、志望する業界や企業など、職業選択の際に「何を重視しているのか」という基準のこと。
実際の面接では、「あなたの就職活動の軸はなんですか?」という質問を受けることがあります。

「企業選びの基準を教えてください」という聞き方をする時もありますが、聞かれていることは同じです。
どちらの聞かれ方をした時でもスムーズに答えられるように、あらかじめ回答を準備しておくのが良いでしょう。
 

企業が就職活動の軸を問う理由は?

就職活動の軸や企業選びの基準については、実際の面接でよく聞かれることがあります。
では一体、この質問から企業は何を知りたいと思っているのでしょうか。

就職活動の軸と他社への応募状況から、興味のある分野や仕事に一貫性があるかどうかを確認している企業が多いようです。
応募している企業や業界に一貫性がない場合は、「内定が出ればどこでも良い」と思われてしまう原因に。
有名企業ばかりに応募しているケースでは、ミーハーなだけだと判断されることがあります。

入職後のミスマッチをなくして早期離職を防ぎたいというのも、企業が就職活動の軸について聞く理由の1つ。
応募者の求める条件と企業側の実際の仕事内容や社風などにズレが生じていないか確認する狙いがあります。
また、就職活動の軸で語った内容と実際に応募している企業とがマッチしていないと、「何も考えていない」「業界研究が甘い」と受け取られてしまう可能性も。

だからと言って、どの業界や企業にも当てはまるような内容で答えるのは避けましょう。
「うちじゃなくても良いだろう」という印象を与え、志望度が低いとみなされてしまうことがあります。

▼関連記事
就活の軸はそんなに大切?企業側が聞く意図と見つけ方

就職活動の軸の作り方

これから企業選びをする人は、就職活動の軸を先に定めておくのが良いでしょう。
就職活動の軸をしっかり持っていると、今後の活動を進めていく手がかりになります。
今まで意識したことがなかったという人も、就職活動の軸について今一度見直してみましょう。

就職活動の軸を作るためには、自己分析と業界研究が欠かせません。
すでに自己分析と業界研究が済んでいるという人の場合も、知識や情報をさらに深めると新たな発見があるかもしれません。

就職活動の軸を作る時は、まず過去を振り返るところからはじめます。
その上で自分が何に興味を持っているのか、何が得意なのかなどを書き出してみるのが良いでしょう。
さらに苦手なことややりたくないことについても考えてみます。
やりたい仕事や向いている仕事、逆にどうしてもやりたくない仕事に結びつくでしょう。

自分が仕事に何を求めたいかについても一度考えてみます。
「海外で仕事がしたい」「高収入を得たい」「残業はしたくない」などといった条件を一度書き出します。
自分の条件に合った企業に共通する項目は何か考えてみると、就職活動の軸が定まっていくでしょう。
しかし、実際に面接で聞かれた場合に「高収入を得たい」などの待遇面に関する軸を答えるのは避けるのが良いようです。

▼関連記事
就活の軸がブレてしまう人必見!考えるポイントと具体例

軸の伝え方

実際に就職活動の軸について聞かれた際には、まず結論から伝えるのがわかりやすくて良いでしょう。
結論のあとには、なぜそう思ったかという根拠、そしてその軸と志望企業の共通点を示します。

就職活動の軸と志望企業がちぐはぐであったり、ありきたりだったりすると業界研究が甘いと思われる原因に。
「違う業界でも良いのでは?」と言われてしまうこともあるため、合わせて2~3つほどの就職活動の軸を用意しておきます。
より踏み込んだ質問を受けても困らないよう、あらかじめ質問と回答を想定しておくのが良いでしょう。
 

就職活動の軸…よくある例は?

これまでの項目を参考に、いくつか例文をご紹介していきます。

例1

私は「英語を活かしたい」「人との繋がりを大切にしたい」を就職活動の軸にしています。ボランティアと旅行を兼ねてカンボジアを訪れた時、現地で体調を崩して困っていた私に見ず知らずの人が声をかけ、助けてくれました。その時、国や人種、言葉や貧困などさまざまな違いや問題があっても、人を思う心に違いはないと感じたからです。
御社はベトナムにすでに支社を持ち、さらに今後も発展途上国を中心に海外支社を増やしていく予定だと聞いています。日本から海外、海外から日本、現地での雇用にも力を入れ、国内だけでなく発展途上国の雇用問題や貧困問題の解決に力を注ぎたいという考えに共通点を感じました。

例2

私の就職活動の軸は「パソコンスキルを活かしたい」と「集中できる環境で働きたい」です。以前から一人で黙々と作業することが好きで、授業がきっかけでパソコンに興味を持ちました。その後、MOSの資格を習得し、今はプログラミングを勉強中です。
御社では個々の能力や社員自身を信頼し、自由な出社スタイルや在宅ワーク制度を取り入れており、御社でならより集中しながら自分の能力を発揮できると考えました。

例3

私は「人を笑顔にすること」「人の助けになること」「自分の経験を活かせること」を、就職活動の軸にし、飲食業界を志望しました。学生時代はファミリーレストランでのフロアを担当していました。実際にいろんなお客様を接客していくうちに、外食を利用する理由は人それぞれですが、どんな時でもお腹を満たし、楽しい、嬉しい気分になってほしいと思うようになりました。しかし、人を助けること、笑顔にすることは自分自身に余裕がなくてはできません。御社では、「まずは自分から」というテーマの元、社員がライフワークバランスを保ちながら働けるよう待遇改善に注力しています。このテーマに自身の理想との共通点を感じました。


就職活動の軸が思いつかない、何を基準に企業を選べばいいのかわからないという人はぜひ、キャリアチケットにご相談ください。
キャリアチケットでは、新卒の方の就職活動をサポート。
就活セミナーを通してエントリーシートや自己分析に対するフィードバックを行っています。
そのほか、キャリアアドバイザーによるマンツーマンの個別サポートを実施。
一人では解決できないエントリーシートや面接などに関する悩みや不安を解消することができます。

キャリアチケットについて

キャリアチケットは、就活生の最高のキャリアスタートを支援するサービスです。

カウンセリングで相談してみる

20社内定した学生の就活ノートがもらえる!