面接でのスーツのボタンマナーとは?好印象を与える正しい着こなし方

このページのまとめ

  • スーツのボタンマナーは性別によって決まりがある
  • 女性はスーツのボタンをすべて締める
  • 男性は基本的に1番上のみ締める
  • 面接ではスーツのボタンを締めたままにしよう

「面接ではスーツのボタンを開けるの?締めるの?どっちが正しいの?」と気になる就活生がいるでしょう。身だしなみは第一印象を決める重要なポイントなので、正しくボタンを締めるのが大切です。スーツのボタンの締め方は男女で違いがあり、なかでも男性はスーツの型によっても細かく決まりがあります。正しい着こなしのマナーを把握し、面接官にスマートな印象を与えましょう。
 

スーツのボタンの締め方にはマナーが!

就活におけるスーツのボタンの締め方にはマナーがあります。
第一印象は選考のポイントになるので、身だしなみを整えて面接に臨むのが就活の鉄則。スーツの着方が間違っている場合、面接官に「だらしない」「社会常識がない人間」と判断される恐れがあります。

スマートな印象を与えるためにも、正しいボタンの締め方を確認しておきましょう。
 

スーツのボタンは男女で締め方が違う?

スーツのボタンの締め方は、男女によって違いがあります。
女性の場合、スーツのボタンはすべて締めるのが正しいマナー。一方、男性の場合は1番上のボタンのみを締めるのが基本的なマナーです。

なぜ男女で違いがあるかというと、性別によって体形とスーツの形が違うからです。性別により締め方を変えることで、スーツのラインがきれいに見え見栄えがよくなります。

ボタンの締め方は一律で決まっていないので、自分の性別にあわせて正しく着こなしてください。
 

ボタンが締まらないときの対処法


スーツを買った当初と体型が変わってしまったなどの理由で、ボタンが締まらないときの対処法を説明します。


新しいスーツを購入する

ボタンが締まらないときは、新しいスーツを購入しましょう。スーツはサイズ感が大事なので、購入前に試着するのが鉄則。
「ボタンが締まるか」「締めたときにしわが寄らないか」を確認し、体型にあったスーツを選んでください。
また、スーツは「腕をおろしたときに袖からシャツが1cm~1.5cmほど見える」のが正しい着方です。
自分で選ぶ自信がないときは店舗スタッフに相談し、1番ラインがきれいに見えるスーツを見立ててもらいましょう。

▼関連記事
就活生必見!覚えておきたいスーツの正しい選び方
 

洋服のリフォームやレンタルサービスを利用する

ボタンが締まらないときは、洋服のリフォームやスーツのレンタルサービスを利用するのもおすすめです。新しく買うのに比べて安く済むので、就活にかかる費用をおさえられます。
ただし、手元に届くまでの期間は即日~1週間以上と店舗によってまちまちです。面接日前にスーツが手元に届くように、時間に余裕をもって申し込んでください。
 

面接で着席中のときもスーツのボタンは締めたままにしよう


就活生は、面接で着席中のときもスーツのボタンは締めたままにしましょう。正式には、着席時のボタンの締め方は男女によって決まりがあります。
女性の場合、座るときも立つときもボタンを締めたままにするのが正しいマナー。一方、男性の場合は「座るときにボタンを開け、立つときにさりげなくボタンを締める」のが本来のマナーです。

ただし、就活生の場合は男性もボタンを締めたままにしてかまいません。スーツに着慣れていないので、無理にボタンを開け締めしようとするとかえって不格好な動きになるからです。また、面接官によっては「ボタンを開けて座る学生=生意気」と捉えることもあります。
就活生らしいフレッシュな印象を与えるためにも、面接ではあえてボタンを締めたまま着席してください。
 

就活生なら知っておきたいスーツの基本マナー

スーツのボタンの締め方に決まりがあることを説明しました。ここから先は、就活生なら知っておきたいスーツの基本マナーを解説します。

スーツの色

スーツの色は黒・濃紺・ダークグレーが一般的です。ただし、色が黒や濃紺だからといって、ストライプやシャドーチェックといった柄が入ったものを着てはいけません。就活のスーツは無地が一般的なので、柄が入ったスーツでは悪目立ちするおそれがあるからです。
ちなみに、「就活生の7割は黒のスーツを着る」といわれているので、悩んだときは黒を選ぶのが無難。
落ち着いた色のスーツを着用し、面接官に就活生らしい爽やかな印象を与えましょう。

スーツのフラップ

スーツのフラップは、面接時にはポケットの中にしまうのがマナーです。フラップとは、ポケットの上についた長方形のフタ状の部位のこと。日本語では「雨ふた」とも呼ばれ、その名の通り雨からポケットを守る役割をしています。
そのため、外出時にはフラップを出し、室内ではポケットのなかにしまうのが正しい着こなしです。
フラップをしまったほうがフォーマルな印象になるので、建物に入る前にポケットにしまう癖をつけましょう。

シャツの色と形

シャツの色は男女ともに白が一般的です。白はフォーマルな色なので、スーツの下に着ることで清潔感を出すことができます。
ただし、色が白でもボタンダウンのシャツはカジュアルな印象なので、就活で着てはいけません。柄物や色のついたシャツも、就活の場にはふさわしくないので避けたほうが無難でしょう。

シャツのボタン

男女ともにシャツのボタンは1番上まで締めます。シャツの襟はスーツの外に出ないようにし、清潔感のある着こなしを心がけましょう。
ただし、スキッパーブラウスを選んだ女性の場合は、1番上のボタンを締める必要はありません。スキッパーブラウスは1番上のボタンを開け、スーツの外に襟を出すのが正式な着方です。
いずれにせよ襟元は面接官の目に入りやすいので、シャツの襟がよれていないか面接前にご確認ください。

靴下の色

男性の場合、靴下の色は黒または濃紺がベストです。素肌が見えるとだらしない印象になるので、長さが脛(すね)まであるものを選びましょう。
女性の場合は肌色のストッキングがマスト。柄が入ったものや色が黒のものは就活には不向きなので、無地で自然な肌色のストッキングを選んでください。

腕時計

就活では腕時計が必須アイテムです。面接待ちの場や採用試験の会場で、スマホで時間を確認した場合、面接官に「遊んでいる」と判断される恐れがあります。余計なリスクを減らすためにも、黒や茶、シルバーといった落ち着いた色の腕時計を用意しましょう。
文字盤はデジタルよりもアナログのほうがフォーマルな印象なので、スポーツウォッチなどは避けたほうが無難です。

ネクタイの色

ネクタイの色は、就活に相応しい落ち着いたものを選びましょう。色によって見た目の印象が変わるので、企業にあわせてネクタイの色を選ぶのがおすすめ。色別の印象の違いは下記の通りです。

・赤…情熱的、積極的、自信がある
・青…誠実、知的、勤勉
・緑…温厚、平和、協調性
・黄色、オレンジ…活発、開放的、親近感
・ピンク…優美、優しさ、個性的

ちなみに、ネクタイの柄は大きければ大きいほどカジュアルな印象になるので、就活では小さ目なドットやストライプ、チェックを選びましょう。
 

キャリアチケットについて

キャリアチケットは、就活生の最高のキャリアスタートを支援するサービスです。

カウンセリングで相談してみる

20社内定した学生の就活ノートがもらえる!