「私服でお越しください」に適した服装は?注意点も知っておこう

このページのまとめ

  • 企業から「私服でお越しください」と言われた場合は、オフィスカジュアルが無難
  • 「私服でお越しください」と指定することで、就活生のTPOや個性をチェックしている
  • 男性のオフィスカジュアルは、ジャケットとシャツとスラックスが基本
  • 女性のオフィスカジュアルは体のラインを強調しすぎるものは避ける
  • 「私服でお越しください」と指定された場合も、Tシャツなどのラフな服装はNG

「私服でお越しください」に適した面接ファッションとはの画像

就活イベントや面接の予定を入れた際、企業から「私服でお越しください」と案内されることがあります。このような場合、本当に私服で行って良いのか迷う方もいるでしょう。私服を指定された場合、就活ではオフィスカジュアルを着て行くのが無難です。企業の「私服でお越しください」の意図やオフィスカジュアルのコーディネート、注意点などを知り、適切な服装で就活に臨みましょう。
 

「私服でお越しください」と言われた場合の服装は?

「私服でお越しください」の意味合いは、企業や業界によって異なります。下記で詳しく説明していますので、服装に迷った場合は参考にしてください。

オフィスカジュアルが無難

企業から私服を指定された場合の服装は、オフィスカジュアルが無難です。
オフィスカジュアルとは、スーツと普段着の中間に位置する、ビジネスにふさわしい服装のこと。スーツよりカジュアルな服装でありながら、オフィスに溶け込めるきちんと感を演出できます。

業界や職種によっては普段着を指定している場合もある

アパレル系や美容系、クリエイティブ系など、業界や職種によっては「好きな服装」または「自社のブランドイメージに合う(または自社ブランドを取り入れた)好きな普段着」という意味で私服を指定している場合も。
このような業界は、服装から就活生の個性やファッションセンスなどをチェックする傾向があるようです。ただし、すべての企業に当てはまるとは限らないので要注意。
また、たとえ普段着を意味する私服指定であっても清潔感は忘れないようにしましょう。

▼関連記事
就活では服装も評価される!スーツや私服の正しいマナーを解説
 

企業が「私服でお越しください」と指定する3つの意図

企業が面接や就活イベントに「私服でお越しください」と指定するのは、以下の3つの意図があるといわれています。

1.就活生の緊張をほぐすため

就活生の緊張をほぐすために、企業が私服を指定する場合があるようです。
緊張している状態だと、面接で本来の実力が発揮できない、説明会などの質疑応答で積極的に発言できないということもあるでしょう。
私服を指定することで、就活生が面接や就活イベントにリラックスして参加できるよう配慮しています。

2.就活生の等身大の姿を見るため

就活生の等身大の姿を見るために、「私服でお越しください」と指定する場合も。
スーツだと皆同じような雰囲気になるため、それぞれの個性や本質を引き出すのは難しいでしょう。
コーディネートが自由で個性が出やすい私服なら、一人ひとりの本質を確かめる判断材料の1つになります。

3.TPOを理解しているかチェックするため

企業からの私服指定は、TPOを理解しているかチェックする意図がある場合も。
私服といっても、何を着ても良いというわけではありません。あくまで就活の場なので、ビジネスシーンでも違和感がない服装を意識することが必要です。
あえて私服指定にすることで、社会人としてのマナーが備わっているか確かめています。

▼関連記事
私服OKの選考はどうすれば良い?面接官に好印象を与える服装とは
 

私服を指定されたときの男女別おすすめコーディネート

オフィスカジュアルは、自由度が高い分コーディネートに迷うこともあるでしょう。
ここでは、オフィスカジュアルのおすすめのコーディネートを男女に分けて紹介します。

男性編

男性のオフィスカジュアルの基本的な装いは、「ジャケット+シャツ+スラックス」の3点セットです。スーツほどかしこまらず、ラフになり過ぎないくらいの服装がちょうど良いでしょう。服の色やデザインについては、下記にまとめています。

ジャケットもしくはカーディガンを着用

ジャケットやカーディガンを軽く羽織るだけで、きっちりとした印象になります。色はグレー、ネイビー、ブラックなどの暗めの色調が無難です。

トップスはシャツかポロシャツ

トップスは襟付きのシャツやシンプルなカットソーがおすすめです。夏場はジャケットを羽織らずに、ポロシャツのみでも可。色は清潔感のある白や薄いブルーがベターです。

ボトムスはスラックスかチノパン

ボトムスはシンプルな形のスラックスやチノパンを選びましょう。色は黒やベージュ、グレー、ブラウンといったダークカラーをおすすめします。

革靴もしくはスエード靴

靴は革靴やスエードなど、スマートな印象のアイテムがベター。また、清潔感を出すためにも靴は定期的に磨いて手入れをしましょう。

女性編

女性のオフィスカジュアルは、男性に比べてバリエーションが広いのが特徴。気候や気分、企業の雰囲気などに合わせて変化をつけられるというメリットがあります。その中でも、ポイントとなるアイテムを下記に挙げています。

ジャケットもしくはカーディガンを着用

ジャケットやカーディガンを羽織るときちんと感が増すうえ、冷房対策にも役立ちます。色はダーク系が基本ですが、応募先が自由な社風の企業の場合や、柔らかい雰囲気を出したい場合はベージュなどの明るい色もおすすめです。

トップスはブラウスやカットソー

トップスはブラウスやシンプルなカットソーが定番です。色は清潔感のある白や、水色などの淡いパステル系が良いでしょう。襟ぐりが広いデザインや透ける素材は避けてください。

ボトムスはパンツでもスカートでも可

女性の場合、ボトムスはパンツとスカートどちらを選んでも問題ありません。ただし、いずれの場合も体のラインを強調し過ぎないものが望ましいです。
また、スカートの丈は立った時に膝が隠れ、座った時に膝上5cm以内になるものが上品に見えます。

足元はストッキングとパンプス

ビジネスカジュアルとはいえ、足元をラフにするのは印象が良くありません。
パンツでもスカートでも、必ずベージュ色のストッキングを着用しましょう。ストッキングを着用すれば冷え対策にもなり、パンツスタイルのときに下着の線が浮き出るのも防いでくれます。
また、靴はヒールが3~5cm以内のシンプルなパンプスがおすすめです。

▼関連記事
オフィスカジュアルとは?就活時の私服や髪型を解説
 

要注意!私服指定でも避けたい7つの服装・身だしなみ

たとえ私服を指定されたとしても、下記のような服装や身だしなみは避けましょう。

1.ラフすぎる服装

TシャツやGパンなど、ラフすぎる服装は避けてください。企業に「だらしない」「清潔感がない」などの悪印象を与えてしまう可能性があります。

2.過度の露出

オフショルダーやミニスカートなど、過度な露出も就活の場にはふさわしくありません。採用担当者や周りの就活生が目のやり場に困る、あるいは不快感を与える恐れがあります。

3.アクセサリーなどの過度な装飾品

アクセサリーや帽子、サングラスなど、過度な装飾品の着用は避けましょう。ただし、腕時計はシンプルなものであれば着用しても問題ありません。

4.派手すぎるメイクや香水

派手すぎるメイクや香水は、就活では悪印象です。
アイシャドウはブラウン系の濃すぎないもの、ファンデーションは自分の首元の色に馴染むものを選び、ナチュラルメイクを心がけましょう。
香水は匂いが苦手な人もいます。場合によっては「スメハラ(匂いによるハラスメント)」と見なされる恐れもあるため、避けるのが無難です。夏場などでどうしても匂いが気になる場合は、汗ふきシートや制汗スプレーなどで対策しましょう。

5.奇抜な髪型・髪色

明る過ぎる髪色や、奇抜な髪型は避けましょう。
生まれつき髪色が明るい場合を除き、就活中の期間は黒髪が無難です。
また、髪型はおでこと耳を出した清潔感のあるスタイルにしましょう。ロングヘアの女性の場合は後ろで1つにまとめると爽やかな印象になります。

6.カジュアルすぎる鞄

リュックサックやショルダーバッグ、ウエストポーチなど、カジュアルすぎる鞄は就活では避けてください。
就活用の鞄なら、A4の書類が入るサイズの黒いリクルートバッグが理想的です。

7.靴にも注意する

就活では、履いていく靴も注意して選びましょう。
スニーカーやピンヒール、サンダルなど、カジュアルな印象を与える靴は避けるのが無難です。

▼関連記事
就活では服装も評価される!スーツや私服の正しいマナーを解説
 

キャリアチケットについて

キャリアチケットは、就活生の最高のキャリアスタートを支援するサービスです。

20社内定した学生の就活ノートがもらえる! LINE友だち登録をする