髪の色や服装は?内定式が開催される目的と基本マナー

このページのまとめ

  • 内定式とは企業の公的行事のひとつで、正式に内定を通知するために実施される
  • 内定者だけでなく、社員や役員など上司も多く参加するため、社会人としての振る舞いが求められる
  • 就活時と同じように黒髪やスーツが基本なので、ヘアカラーをしている人は染め直そう

10月になるとニュースで取り上げられることも多い内定式。
「その企業に内定している学生が参加する式典」と認識する方は多いと思われますが、実際にはどのようなことを行っているのでしょうか。
今回は、どんなことをするのか、誰が参加するのかといった内定式の概要や、ふさわしい服装、注意すべきマナーなどを解説。
髪の色や身だしなみなどについてもまとめたので、ぜひ参考にしてください。



 

内定式とはどういう場か

ニュースなどで取り上げられることも多い企業の内定式。
就活を終えて内々定をもらうと内定式に関する通知が届きますが、どのような行事なのでしょうか。

内定式とは、内々定を出した学生に対して、企業が正式に内定を通知するために行われる行事のこと。
公式の会社行事のひとつで、経団連の「採用選考に関する指針」で正式な内定日は卒業・修了年度の10月1日以降と規定されていることから、その年の10月に実施する企業が多くなっています。

10月に開催されるケースが多いため、就活が終わってから期間が空いて学生気分で参加してしまう方もいるようですが、前述の通り内定式は会社の公式行事です。
式には内定者だけでなく、社員や役員、社長も参加。
多くの社員と顔を合わせる場となるので、不適切な振る舞いをすると入社前から印象が悪くなる可能性も考えられます。

また、言葉を交わす前の第一印象は外見で決まると言われるように、外見はその人の印象に大きく影響を与える要素。
正式な場でもあることから、社会人としてふさわしい身だしなみで参加するのが適切です。

立場としては学生ですが、参加するのはその企業への入社が決まっている人。
内定式から社会人としての意識が求められるため、学生の感覚で出席するのは控えたほうが無難です。



 

明るい茶髪は避けるべき

社会人としての意識が求められる内定式ですが、参加者の中には就活を終えてヘアカラーを行っている方もいるのではないでしょうか。

先述のとおり、内定式は会社の公式行事のため、個性的過ぎる髪型や明るい髪色で内定式に参加するのは避けたほうがベター。
企業の雰囲気によっては暗めの茶髪はOKというケースもありますが、すべての人が茶髪に対して何も感じないとは限りません。
中にはヘアカラーを好ましく思わない人もいるため、万が一のことを考えて黒に染め直しておくのがおすすめです。

また、就活中と内定式での印象が違いすぎると、企業側に「常識がない」「社会人としての自覚がない」といった印象を抱かれるかもしれません。
さらに、あまりにもイメージが異なれば採用したことを後悔されたり、入社後の仕事に影響が出たりする可能性も考えられます。

以上のことから、内定式ではビジネスの場にふさわしい身だしなみを意識することが大切。
男性なら襟足をすっきりさせ、耳が出る黒髪が基本です。
女性の場合は、自然であれば茶髪が許容されることも。髪が長ければ結んで顔にかからないようにするなどマナーにも気を配ります。
どの程度のカラーが許されるかはその企業の社風や業種によって異なるので、就活中の身だしなみを参考にするのがおすすめです。

内定式は会社の正式行事であることを念頭に置き、男女ともに就活時のような清潔感のある髪型を心がけて内定式を迎えましょう。



 

服装はどうするべき?

内定式に参加する際の服装はどうしたら良いのでしょうか。

繰り返しになりますが、内定式とは企業が正式に内定を通知し、内定者はその企業で働くことを承諾する場です。
そのため、企業から私服やスーツといった指示がある場合はそれに従いますが、特に指示がなければ社会人としてふさわしいスーツで参加するのが基本。
スーツで参加する場合は、柄物ではなく黒の無地を選びましょう。
就活で使用したリクルートスーツがあればそれを着用し、黒がなければ濃紺やダークグレーも許容範囲です。

ネクタイや靴にも注意し、基本は就活時と同じものを使用します。
内定式だから…と派手なネクタイや靴を選ぶと悪目立ちする可能性があるので気をつけましょう。

もし、「私服」や「服装自由」と指示があったら、完全な私服ではなくオフィスカジュアルと捉えます。
以下に、男女別のオフィスカジュアルスタイルをまとめたので参考にしてください。

男性の場合

ジャケットに襟付きのシャツ、チノパンが基本。
ジャケットはスーツのようなものでなく、コットンなどの素材を選んでも良いでしょう。
シャツは白を基本に、水色や控えめなストライプもOK。ニットやニットベスト、カーディガンを合わせるのもおすすめです。
パンツはチノパンかスーツ以外のスラックスで、色は紺や黒、グレー、ベージュを選びます。
清潔感を意識し、スニーカーは避けて革靴を履きましょう。

女性の場合

ジャケットにブラウスやニットのインナー、スカートまたはパンツが基本。
ジャケットはノーカラー(襟なし)や七分袖を選ぶのもおすすめです。
インナーはブラウスのほかにニットやワンピースをチョイスし、派手な柄や色は避けます。
明るく華やかな印象を与えるために、パステルカラーなどの柔らかな色を選んでみても良いでしょう。
オフィスカジュアルでもストッキングは必ず着用し、アクセサリーは小さめのものを選びます。

男女ともに、デニム素材やスエット素材、カーゴパンツ、リュックといったカジュアル過ぎるアイテムや、短パンやミニスカートなど露出の目立つ服装は避け、ビジネスシーンに合う服装を心がけましょう。



 

内定式での振る舞い方

同期だけでなく、先輩社員や役職者が一堂に会する内定式。
どのような振る舞い方が適切なのでしょうか。

内定式ではじめて同期と顔を合わせる…という方もいるかもしれません。
同期は、仕事の悩みだけでなくプライベートな相談もしやすいなど、入社後には大切な存在になり得ます。
そのため、内定式では積極的にコミュニケーションを取って良好な関係を築くきっかけを作るのがおすすめ。
入社までに行う課題の確認をしたり、同期だけで懇親会を行ったりするケースも多いため、内定式をきっかけに連絡先を交換するのも良いでしょう。

また、内定式後には懇親会などの食事会を催すケースも多く見受けられます。
アルコールが振る舞われることも多いため、自分の適正量を考えるのが大切。
お酒に飲まれたり、羽目を外しすぎて心証を悪くしたりしないよう楽しむのがマナーです。

内定式は、同期や先輩社員、役員といったこれから一緒に働くメンバーが集う行事です。
緊張するとは思いますが、すれ違う人に挨拶をしたり姿勢や表情に気をつけたりと、礼儀正しい振る舞いを心がけましょう。

なかなか内定が出ないなど、就活に関するご相談ならキャリアチケットにお任せ下さい。
キャリアチケットは、年間の利用者実績3,000人を誇る新卒専門の就職エージェント。
あなた専任の就職アドバイザーが就職カウンセリングや提出書類の添削を行います。
取り扱っているのは、170を超える優良企業。その中からあなたの希望や適性に合う企業をご紹介いたします。
サービスをご利用頂いた方の選考通過率は、利用しなかったときに比べて1.39倍増加という実績も。
最短3日で内定が出ることもあるので、短期間で就活を終わらせたい…という方にもおすすめです。
なかなか良い企業に出会えない、ひとりでの就活に限界を感じるという方はぜひ一度お問い合わせください。



 

キャリアチケットについて

キャリアチケットは、就活生の最高のキャリアスタートを支援するサービスです。