履歴書の作成はパソコンと手書きどっちがいいの?

このページのまとめ

  • 多くの企業が手書きで作成された履歴書を好む
  • IT企業や外資系企業などはパソコンでの作成を好む
  • パソコン作成時の場合、フォントは明朝体かゴシック体がおすすめ
  • 手書きの場合は黒のボールペンを使用し、摩擦で消えるペンは避ける

履歴書は、社会人でいう名刺のような役割を担うアイテムです。初対面の人に自分がどういう人間なのか知ってもらうために、魅力的な内容の履歴書を作成したいもの。
そこで本記事では、パソコンと手書きで作成する場合のメリット・デメリット、注意点などについてまとめてみました。採用担当者に「会いたい」と思わせる1枚を作成してみましょう。

履歴書は手書きとパソコン作成どちらが良い?

履歴書の作成は、基本的に企業の指示に従い行います。特に指示がなく、迷った場合は手書きでの作成がベターです。日本では昔から手書きで作成する慣習があり、多くの企業は手書きを好む傾向にあります。
ただし、手書きではなくパソコンでの作成を好むことが多いのが、IT企業や外資系企業、Web系企業など。これらの企業はパソコン業務がメインのため、履歴書を通じて基本的なパソコンスキルや作成スキルなどを確認したいと考え好む傾向にあるようです。
企業に応じて作成方法を選択する必要がありますが、基本的には手書きであると覚えておきましょう。

次に、手書きとパソコンで履歴書を作成した場合の、それぞれのメリット・デメリットについてご紹介いたします。

手書きのメリット

・文字から人となりを伝えられる可能性がある
・熱意や誠意を伝えやすい
・手書きで文書作成をする業務がある場合、評価されることがある(文字がキレイである場合)

手書きのデメリット

・作成に時間がかかる
・文字が見づらい場合がある
・修正する場合は一から作成し直す必要がある

パソコンのメリット

・手書きに比べると作成時間が短い
・文字が見やすい
・修正しやすい
・複製できる
・パソコンスキルのアピールになる

パソコンのデメリット

・意欲や個性を伝えづらい
・字がキレイな場合はアピールできない
・冷たい印象を与える可能性がある
・ライバルとの差別化が難しい

以上のとおり、それぞれに良し悪しがあります。どちらで作成すべきなのかどうしても不安な場合は、手書きなのかパソコンなのか企業に問い合わせるとより確実です。
その際は、「パソコンで履歴書を作成してもよろしいでしょうか」と単刀直入に質問しても良いですが、「御社で推奨しているフォーマットがあれば教えてください」と、企業側の意向に添いたいという姿勢を見せると好印象を与えることができます。

履歴書をパソコンで作成する時のポイント

パソコンで作成する時の注意点やポイントについてご紹介いたします。

フォーマットを活用

フォーマットを一から作成する必要はありません。インターネットで「履歴書、フォーマット」と調べると無料でダウンロードできるものがたくさんヒットします。フォーマットには、エクセルやワード、PDFなどさまざまな種類があります。
自身が作成しやすいものを選びましょう。ただし、サイズに関してはA4がベター。B4サイズも展開されており、基本的にはどちらを選択しても問題ありません。しかし、ビジネス文書のほとんどがA4サイズであるため、社内で飛び交う文書と同じサイズであれば企業側が取り扱いや管理をしやすくなります。以上の理由から、なるべくA4サイズで作成するようにしましょう。
企業からフォーマットを指定されている場合はそちらを活用してください。

フォントの種類、サイズ

フォントは、パソコンに標準搭載されている種類を選びます。無料でダウンロードできるものや、市販されているおしゃれなフォントもありますが、ビジネスシーンで用いられることの多い明朝体やゴシック体がベターです。
サイズは、10.5~11pt程度を選択。多くの学生がこのサイズで作成しているため、ほかの履歴書と比べて悪目立ちする心配がありません。
氏名においては、ほかの文字よりも少々大きいほうが枠の大きさに対してバランスを取れるのでおすすめです。

データ提出の場合はPDFで作成

履歴書の提出が持参や郵送ではなく、メールやWeb上でのエントリーなど、データにて送信して欲しいとの指示があった場合はPDFを活用しましょう。
レイアウトの崩れや文字の改ざんなどのトラブルを防ぐことができます。ワードやエクセルで作成したとしても、最新バージョンであればPDFへの変換が標準搭載されているので試してみてください。

装飾しない

履歴書は正式なビジネス文書です。ハイライトを付ける、太文字にする、アンダーラインを引く、黒以外の文字色を使用する、といったカスタマイズは不要であると覚えておきましょう。

履歴書を手書きで作成する時のポイント

手書きで作成する際のポイントについてご紹介いたします。

使用するボールペン

黒色のボールペンを使用します。サイズは0.7mmがおすすめです。インクはゲルインク、または油性を選び、摩擦で消えてしまうフリクションボールのようなペンの使用は避けましょう。
あとから修正が可能なシャープペンや鉛筆の使用も避けてください。

丁寧に書く

文字がキレイであれば一つのアピールポイントになることは確かですが、上手下手というよりもどれだけ丁寧に書けているかが評価のポイントです。
一文字ずつキレイに丁寧に、という思いで書くことで熱意を伝えることができます。
読み手がストレスなく目を通すことのできるような、文字の大きさや空白、改行を意識して記入しましょう。

修正液は使用しない

修正液や修正テープの使用は避け、書き損じた場合は一から作成し直します。一枚見本用の履歴書を作成しておき、それを見ながら書き進めると間違いを防げるためおすすめです。

そのほか、パソコン・手書きでの作成に共通する注意点として挙げられるのが、古いものの使い回しです。返送された履歴書をそのまま別の企業に使い回すのは避けてください。
日付がそのままになっていたり、ほかの企業でも言えそうな志望動機が書かれていたりすれば、採用担当者は分かるものです。証明写真に関しても、もったいないからと古いものを使い回す人がいますが、剥がす際に写真にシワが寄るのですぐに分かります。
また、空欄も避けてください。空欄は記入漏れであると受け取られることもあるため、何も書くことがない場合でも「特になし」「貴社規定に従います」などを必ず記載しましょう。

履歴書の添削を受けてみませんか?
キャリアチケットでは、人事目線を持つプロのアドバイザーが、ESや履歴書の添削を無料で行っています。書類選考を通過するための、あなたに合ったサポートが可能です。
そのほかにも、自己分析や企業研究の方法のアドバイス、本番さながらの面接対策などをマンツーマンで実施。二人三脚で本命企業への内定獲得を目指します。
まずはお問い合わせにて、あなたの現状をお聞かせください。

キャリアチケットについて

キャリアチケットは、就活生の最高のキャリアスタートを支援するサービスです。

カウンセリングで相談してみる

20社内定した学生の就活ノートがもらえる!

お電話からカンタン登録 !

無料

0120-962-647

受付時間:平日/土曜 9:00 ~ 18:00