「中退」の学歴を履歴書に書くときの注意点とは

このページのまとめ

  • 中退の場合は履歴書に「中途退学」と記載しよう
  • 中退だからといって就活に不利になるとは限らない
  • 面接では中退理由を前向きに伝えるのがポイント
  • 留年や浪人期間は履歴書への記載は不要

学校を中退したことを履歴書に書くべきなのか…。また、書くとしたらどんな風に書くべきなのか悩んでいませんか?
当記事では、「中退」の経歴における履歴書の正しい書き方と面接での対処法などをご紹介します。
 

「中退」は履歴書にどう書く?

履歴書には、正しい情報を載せるのが常識です。
もし、学校を中退している事実があれば、嘘偽りなく学歴欄に記載しましょう。

理由は書くべき?

学校を中退した理由にもよりますが、ネガティブな印象として受け取られてしまう内容の場合には、履歴書に書くのを控えたほうがよいでしょう。
「学校がイヤになったから辞めた」「クラスになじめなかった」「友達が辞めてしまったから」といった明確な理由のない中退は、企業の不安材料になりかねません。根拠のないネガティブな理由を聞くと、長く勤められる人材なのか、途中で責任を放棄しないだろうか…と、採用担当者の不安を煽るだけです。
そのため、留学や病気、経済的な問題など、やむを得ない事情がある場合には、中退の理由を書きましょう。

中退理由の書き方

「中退」という言葉は略語です。
履歴書には、中退ではなく「中途退学」と正しく記載しましょう。
理由を添える際には、学校名の後に中途退学と記入し、その一行下に理由を記載します。もし、書く欄に余裕があれば、学校名と中途退学の間に理由を添えてもよいでしょう。
理由は面接時にも聞かれるため、必ずしも履歴書に記載しなければならないわけではありません。理由は書かずに、「中途退学」の文字のみ記載するのもOKです。

例)理由を一行下に記載する場合
○年○月 △△大学 社会学部 中途退学
アメリカ留学を通じて語学を学ぶため退学

例)末尾に追記する場合
○年○月 △△大学 経済学部 中途退学(社会人として就職するため)


また、別の大学に編入したケースでは、期間が空いていない場合には中途退学は明記せず、「転入学」と記入します。期間が空いている場合には、一度中退したことを書き記し、その後に編入学した学校名を記載しましょう。

例)期間が空いていない場合
○年○月 △△大学 法学部 入学
○年○月 △△大学 経済学部 編入学
○年○月 △△大学 経済学部 卒業

例)期間が空いている場合
○年○月 △△大学 法学部 入学
○年○月 △△大学 法学部 中途退学
○年○月 △△大学 経済学部 編入学
○年○月 △△大学 経済学部 卒業

場合によっては、理由を書かないほうが良いケースもあります。
面接時にも聞かれるため、やむを得ない事情などで理由を書きづらいときには、中途退学のみ記載するとよいでしょう。
 

「中退」は就活に不利?

中退だから就活に不利だとは言えないでしょう。
学歴はあくまでも応募者情報の一つに過ぎません。学歴のみで採用を決定するわけではなく、面接を通して応募者の人となりや仕事への姿勢、企業とのマッチ度などを見極めています。そのため、中退の事実があったとしても、選考に影響するとは言い難いでしょう。

学歴詐称に注意しよう

しかし、選考に大きく影響しないとはいえ、履歴書にはウソ偽りなく中退の事実を記載し、面接では中退の理由をいかに前向きに伝えるかが大切です。
「中退したことで就活が不利になるのでは…」との思いから、中退をしているのに「卒業」と書いてしまわないように注意しましょう。ウソの学歴を記載してしまうと、それは立派な学歴詐称です。
企業によっては、専門学校卒や大卒などの学歴別に給与の設定が異なる場合もあります。もし、経歴を重視して採用され、偽りの学歴に対する給与額を受け取っていたとしたら、懲戒解雇になる可能性もあるでしょう。
 

面接で聞かれたときの対処法

履歴書に中退理由を記載している場合でも、面接時には改めて詳しく理由を伝えることが大切です。

前向きな理由を伝えよう

「単位がとれなかった」「学校に興味がなくなった」のように、たとえネガティブな中退理由だったとしても、面接では前向きな理由で学校を途中退学したことを伝えることが大切です。
単位を落としてしまって卒業が危ぶまれたから中退したという場合には、その期間に夢中になっていたアルバイトや趣味の分野を掘り下げてみます。学業よりも専念したくなるほど強い気持ちがあったこと、中退して就職するキッカケになった出来事を伝えるとよいでしょう。

前進する気持ちはポジティブな印象を与えます。
目的を叶えるための中退であるならば、臆することなく中途退学の理由を述べましょう。また、病気や介護など、やむを得ない事情で中退することになった場合でも、自分にとってはある意味、人生の転機でもあります。退学した理由に目を向けるのではなく、その後に考えたこと、学んだこと、行動したことなど、その間にあった出来事が重要です。

納得できる理由を述べよう

履歴書に理由を記載していない場合も、簡単な理由を追記している場合であっても、きちんとした中退理由を伝える必要があります。
面接で理由を聞かれた際には、正直に伝えましょう。

口頭で伝えることによって、ネガティブな理由であっても、面接官の納得のいく答えを返すことができます。
中退理由は正直に答えるのが基本ですが、ネガティブな内容になるのでは…と心配になり、長々と理由を伝えてしまわないように注意しましょう。グダグダと理由を聞かされているうちに、何か隠しているのではないか…と怪しんでしまう原因にもなりかねません。
面接官に伝える際には、誠実な気持ちで答えることが大切です。
 

留年や浪人経験は記載する?

中退と違い、留年や浪人の時期については、履歴書への記載は不要です。
入学と卒業の年を見ることで一目瞭然なので、あえて書く必要はないでしょう。留年は在学しているため書かなくてもよいとわかりますが、浪人経験は期間が大きく空いてしまうため、予備校の名前を記入するべきか悩む人も多いようです。
しかし、予備校は国や自治体の許可を受けて運営しているわけではなく、正規の教育機関には当てはまらないため、学歴として記載することはできません。

留年も浪人の期間も記載はできませんが、家庭の事情や病気など、やむを得ない事情による場合には、学歴欄に書くのではなく、備考欄で伝えましょう。
また、備考欄に記載していなくても、面接で留年や浪人の期間について尋ねられる場合もあります。留年は特に、具体的な理由を求められることもあるため、面接官が納得のいく答えを準備しておきましょう。
中退は履歴書に記載する必要がありますが、記入できない留年や浪人の期間については、口頭で伝える以外に方法がありません。面接時に学歴について聞かれた際には、事実をありのまま伝えましょう。


中退や留年、浪人といった時期があり、履歴書への記載方法に悩んだ際には、就活支援機関に相談するのも一つの手段です。
当キャリアチケットは、新卒者向けの就活支援に注力しています。多くの就活生のサポート経験を持つアドバイザーが多数在籍。プロの意見を聞くことで、即解決へと繋がり、時間を有効に活用することが可能です。

キャリアチケットについて

キャリアチケットは、就活生の最高のキャリアスタートを支援するサービスです。

カウンセリングで相談してみる

20社内定した学生の就活ノートがもらえる!

お電話からカンタン登録 !

無料

0120-962-647

受付時間:平日/土曜 9:00 ~ 18:00