Web面接ってどうやるの?就活生が知っておくべきマナーや注意点

このページのまとめ

  • 新しい就活の形式として、Web面接を取り入れる企業が増えてきている
  • Web面接は自宅で行えるので、就活生の移動コストや負担を軽減できる
  • Web面接の前にカメラやマイクのチェック、部屋の掃除などをしておこう
  • Web面接の際も就活生の服装はスーツが基本
  • Web面接を受ける際は、周囲の生活音や余計な映り込みに気をつけよう

Web面接ってどうやるの?就活生が知っておくべきマナーや注意点の画像

導入する企業が増えつつあるWeb面接。対面とは違った形式の面接に戸惑う就活生もいるのではないでしょうか。画面越しであっても、対面の面接と同じようにマナーを意識する必要があります。このコラムでは、Web面接ならではのメリットや必要な準備、注意点などをご紹介。Web面接のノウハウを身につけ、好印象を残しましょう。

Web面接とは?

Web面接とは、スマートフォンやタブレット、パソコンのビデオ通話アプリケーションを使用し、オンラインで行う面接の形式を指します。
遠方からも応募が集まりやすいうえ、人事担当者の負担軽減にもなるため、昨今ではWeb面接を実施する企業が増えてきているようです。
主に海外や遠方からの人材を必要としているときや、対面での面接を行うことが困難な状況のとき(感染症流行時や災害直後など)、在宅勤務の募集をかけるときなどに行われます。

Web面接にはこんなメリットがある

Web面接は、企業側だけでなく応募者にとってもメリットがあります。
主に挙げられるメリットは、下記のとおりです。

会場に向かう手間とコストを削減できる

Web面接のメリットの1つは、会場に向かうためのコストや労力を削減できること。
オンラインという特性上、ネット環境があれば自宅でも面接を受けられるのが、Web面接の大きな特徴です。
会場までの交通費や移動にかかる時間を節約できるうえ、満員電車を気にする必要もなくなります。遠方に住んでいる方も気軽に受けられるでしょう。

対面の面接よりもリラックスして受けられる

Web面接は、対面の面接よりもリラックスした状態で受けられるのも魅力でしょう。
基本的に自宅で面接を受けられるうえ、画面越しで行われるため、通常よりも緊張しにくいと感じる方が多いようです。
ただし、マナーや受け答えを厳しくチェックされるのは対面の面接と同じなので、気を緩めすぎて失礼な態度を取らないよう注意しましょう。

▼関連記事
Web面接に必要な準備と、ありがちな失敗とは?

Web面接の前に済ませておきたい準備8つ

Web面接のために必要な準備を、8つご紹介します。事前に済ませておき、面接を受けられる環境を万全に整えておきましょう。

1.インターネット環境のチェック

まずはインターネット環境のチェックを行いましょう。
インターネットの接続はスムーズか、アプリが途中で止まらないかなど、安定して面接を受けられる状態かどうか事前に確認します。
万が一接続しづらい、動作が極端に重いなどのトラブルがあった場合は、インターネット環境や場所を見直す必要があるため、早めにチェックしておきましょう。

2.アプリのインストールとアカウント作成

通話用アプリのインストールとアカウントの作成がまだの方は、面接の前に済ませましょう。環境のチェックにかかる時間やトラブルなどを想定し、余裕を持ってインストールしておくと安心です。
企業が使用するツールに合わせるのが基本のため、事前に確認しておきましょう。
また、すでにアプリがインストールされている場合は、最新版かどうかのチェックも必要です。旧バージョンのままであれば、公式サイトから最新版をインストールしましょう。

3.プロフィールのチェック

プロフィールのチェックも忘れずに行いましょう。
プライベートでも使用しているアカウントの場合、IDやアイコン画像、自己紹介文などがビジネスに不適切なものを設定している可能性があります。
面接に相応しくない部分があった場合は、一時的にプロフィールを修正する、ビジネス用のサブアカウントを作成するなどの対処法がおすすめです。

4.マイクのチェック・購入

Web面接は、マイクのチェックも必須です。
音声が聞き取りやすいか、途切れ途切れにならないかなど、相手と問題なく通話できるかどうか確認しておきましょう。
マイクはパソコンに内蔵されている場合もありますが、ない場合は別途購入する必要があります。ヘッドホン型やピンマイク、ワイヤレスなどさまざまな種類があるため、自分に合ったものを選びましょう。

5.カメラのチェック

位置や映り具合など、カメラのチェックも忘れずに行いましょう。
カメラの位置が高すぎると上から目線で見下ろしたような印象になり、低すぎると顔が見えにくくなってしまう恐れがあります。必ず適切な位置を確認しておきましょう。

6.表情や身だしなみのチェック

たとえ対面でなくても、表情や身だしなみに気を配っていないと相手に悪印象を与える恐れがあります。
服装や髪型が乱れていないか、清潔感が意識できているか、明るい表情ができているかなど、念入りにチェックしましょう。
カメラに向かって面接の練習をし、自分の姿を客観的に見ると効果的です。

7.部屋をきれいにしておく

面接の前に、必ず掃除や片づけをして部屋をきれいにしておきましょう。
指定された会場で行う対面の面接と違い、Web面接では必然的に部屋の様子を見られます。床に物が散乱していたり、目立つ汚れやホコリがあったりすると、「だらしない」「整理整頓ができない」と思われてしまうでしょう。

8.Web面接でも服装はスーツ

Web面接でも、企業から「私服」などの指定がない限りはスーツを着て臨みましょう。
また、映っているのが上半身だけだからといって、下をジーパンやスウェットなどのカジュアル過ぎる服装にするのは禁物です。
全身を見られる可能性もあるため、服装は上下ともビジネスに相応しいものにしましょう。

▼関連記事
最近流行りのWeb面接とは?事前にこれだけ準備しよう!
就活では服装も評価される!スーツや私服の正しいマナーを解説

Web面接で注意すべき5つのポイント

Web面接を好印象で終えられるよう、下記のポイントに注意しましょう。

1.Web面接はなるべくパソコンで対応する

Web面接は、可能な限りパソコンで対応しましょう。パソコンは画面が大きくて見やすいだけでなく、据え置きできるため手ブレの不安も軽減できます。
「家にパソコンがないので、タブレットやスマートフォンで対応したい」という場合は、専用のスタンドで固定しておくと良いでしょう。

2.自宅の静かな場所を確保する

自分も面接官も落ち着いて面接を進められるよう、自宅の静かな場所を確保しましょう。
インターフォンや周囲の話し声、生活音などの雑音が入ると、面接の進行に支障をきしてしまう恐れがあります。

3.家族と同居している場合は事前に知らせておく

家族と同居している場合は、事前に面接の日時を伝えて配慮してもらいましょう。
家族に知らせて協力を仰ぐことで、面接中に部屋に入られる、音を立てられるといったトラブルを回避できます。

4.面接中のスマホいじりやネットサーフィンはバレる

面接中にスマートフォンをいじったり、ネットサーフィンをしたりするのは、高確率で見抜かれるので控えましょう。
カメラに一部しか映っていなくても、面接中の視線の向きや動作、タイピング音などは意外と目立つものです。
Web面接であっても最後まで気を緩めず、集中して臨みましょう。

5.余計なものが映り込まないようにする

先述したようにWeb面接は部屋の様子もチェックされるため、余計なものが映り込まないように注意しましょう。
部屋の掃除ができていても、壁に貼ってあるポスターや棚に飾っているフィギュアなど、思わぬものが相手の目に入る可能性があります。
掃除を終えた後はカメラの映像をチェックし、面接に不適切だと思うものは死角に移動しましょう。

キャリアチケットについて

キャリアチケットは、就活生の最高のキャリアスタートを支援するサービスです。

20社内定した学生の就活ノートがもらえる!