Web-CABってどんなテスト?対象職種や対策を紹介

このページのまとめ

  • CABとは適性検査の1つで、IT系の企業で実施されることが多い
  • ペーパーテスト方式とWebテスト方式があり、Webテストのほうが難易度は高いとされている
  • 同じ企業が提供する適性検査「GAB」は、商社や投資などの総合職選考で導入されることが多く、CABにはない言語分野がある
  • 一通り問題を解いて自分の苦手分野を明確にし、効率よく対策するのがおすすめ

Web-CABってどんなテスト?対象職種や対策を紹介の画像

就職試験の一貫として適性検査を設けている企業は多くありますが、業界や会社によって導入しているテストが異なるのは知っていますか?
今回は、適性検査のひとつである「CAB」についてまとめました。
ペーパーテストとWebテストの違いやGABの説明だけでなく、効果的な対策も紹介しているので、これから受検を控えている方は参考にしてください。

 

CABとは?

就活のWebテストと聞いて、多くの方はリクルート社の「SPI」を想像するのではないでしょうか。
しかし、適性検査には多くの種類があり、企業や業界によって導入しているテストが異なることは珍しくありません。
では、「CAB」とはどのような適性検査なのでしょうか。

CABとは、「玉手箱」を提供している日本エス・エイチ・エル(SHL)社が作成・販売を行っている適性検査です。
SPIと玉手箱があらゆる業界・企業で導入されているのに対し、CABは情報処理やシステム関連といった、いわゆるIT系の企業で多く採用。
SEやプログラマー向けのテストと言われることもあるように、理系の業界や職種の選考で使われるケースが多く見受けられます。

CABは暗算・法則性・命令表・暗号の4科目と性格検査で構成されており、それぞれの詳細は以下のとおりです。

暗算

暗算計算または、玉手箱と同じ四則逆算(方程式の空欄に入る数値を計算するもの)の問題。
足し算や引き算、掛け算、割り算といった基本的な計算が出題されますが、大きな数字や小数点が使用されるので注意しましょう。
小数点以下を切り捨てたり、概算で答えに近い解答を選んだりするのがポイントです。

法則性

複数並んでいる図形の法則性を読み取り、空欄に当てはまる図形を選ぶ問題。
よく出題されるパターンとして以下が挙げられます。

・一定の角度で図形が回転する「回転」
・マス内で図形が移動する「移動」
・図形が上下左右斜めに移動する「交互移動」
・図形の個数が増減する「増減」

パターンごとの対策を行い、出題問題がどのパターンに当てはまるかを素早く理解することがポイントとなるでしょう。

命令表

記号に対する命令が書かれた表を参考に、記載されている記号を読み解いて結果を選択肢から選ぶ問題。
「前の命令を取り消す」「次の図形を取り消す」といった命令も含まれているので、注意しながら解いていきます。

暗号

異なる2つの図形が示され、どのように変換すると示された図形に変化するかを推測し、設問に答える問題。
典型的とされる暗号は以下のとおりです。

・色が反転する
・図形の大きさが縮小する
・図形や文字の数が変化する
・字の並びが逆になったり数字が増減したりする
・三角が丸になったり、四角が丸になったりする

元の図形がどう変化したかを箇条書きでメモしておき、暗号を解き明かしましょう。

SPIでは熟語の成り立ちや長文読解といった言語分野が出題されるのに対し、CABは計算や図形の読み解きといった理系問題に絞られているのが特徴と言えるでしょう。

▼関連記事
CABってどんなテスト?対象や内容について紹介

 

Web-CABとは?

Web-CABとは?の画像

同じ適性検査とはいえ、SPIとは出題内容がかなり異なるCAB。
CABにはペーパーテスト方式とWebテスト方式があり、Webで受検するCABを「Web-CAB」と呼んでいます。

ペーパーテストの場合は、主催企業が試験会場を用意する必要があり、学生側も会場まで出向かなければなりません。
人によっては長時間の移動になることもあるので、双方に負担がかかる…という意見も見受けられるようです。
一方、Webテスト方式のWeb-CABなら自宅や大学などパソコン設備のある場所で受けることが可能。
学生としては試験会場に出向く手間がかからない、企業側は導入コストがかからないことから、Web-CABを導入する企業は増加していると言われています。

だたし、Web方式の場合はペーパーテストに比べて難易度が高くなるので注意が必要。
構成は変わらないものの、以下のように出題数や制限時間が変化するのが難しくなる理由と言われています。

ペーパーテストの場合

暗算問題は10分で50問、法則性は15分で40問、命令表は20分で50問、暗号は20分で39問。
性格テストは20分で68問が課せられます。

Webテストの場合

暗算が四則逆算に切り替わり、9分で50問が出題されます。
そのほか、法則性は12分で30問、命令表は15分で36問、暗号は16分で30問。
性格テストはペーパーテストと同様に20分で68問です。

また、SPIでは前の問題に戻ることはできませんが、Web-CABでは可能となっています。

 

GABとは?

ここでは、CABに似た名前の適性検査である「GAB」について解説します。

GABとは、CABと同じ日本エス・エイチ・エル(SHL)社が提供する適性検査。
CABが主に理系・IT系の適性検査であるのに対し、GABは総合職採用で使われることが多く、特に総合・専門商社や証券、投資、総研といった業界で導入されているようです。

出題される問題は論理性を問われる長文問題の言語問題と、図やグラフ、図形から数字を読み取って問題に答える計数問題、性格テストで構成されています。
同社が提供する玉手箱と似ており、CABにはない言語問題が出題されるのが特徴と言えるでしょう。

GABは、CABと同様に解答時間が短いため、問題を解くスピードがカギとなります。
また、GABにもペーパーテストとWebテストがあり、所要時間や問題数が異なるので注意しましょう。

▼関連記事
どう対策する?WebテストGABの基本と特徴

 

どうやって対策すればいい?

どうやって対策すればいい?の画像

SPIとは出題問題の傾向がかなり異なるCABの対策はどうしたら良いのでしょうか。

まず、問題集を一通り解くのが基本。
そうすると、自分の苦手とする分野や問題の傾向が明らかになるので、そこに重点を置いて対策を行うと良いでしょう。
「全体的に苦手」という方や「全体的にできる」という方は、全ての問題をバランスよく解き進めるのがおすすめです。

擬似問題を繰り返し解いてCABの出題傾向を掴んだり、スピーディーに解いていくために練習時から時間を意識したりすることも大切。
タイマーやストップウォッチを使用して1問あたりの解答時間を測る、最初に概算して複数ある選択肢を絞り込む、繰り返し問題を解いて問題の傾向を掴むなどが効果的でしょう。

IT業界やプログラマーなどの職種を希望している場合は、選考に備えてCABの対策をしておくと安心です。
自分なりに就活対策をしているのに、なかなか内定が出ない…とお悩みなら、プロが相談に乗るキャリアチケットをご利用ください。
キャリアチケットは、新卒専門のエージェントサービス。
就職情報に詳しいプロによるサポートを受けることが可能です。
サポート内容は、就職カウンセリングやあなたに合う企業の紹介、提出書類の添削、面接練習など。
就活の状況や進み具合に合わせたオーダーメイドサポートを受けることができます。
思うような結果が出ない、自分に合う仕事がわからないなど、就活に関することならお任せください。
年間3,000人以上の相談実績を持つキャリアチケットが、あなたの就活をお手伝いいたします。

キャリアチケットについて

キャリアチケットは、就活生の最高のキャリアスタートを支援するサービスです。

20社内定した学生の就活ノートがもらえる!