Web-CABってどんなテスト?対策方法や合格ラインを解説!

このページのまとめ

  • Web-CABはWebで行う適性検査の1種
  • Web-CABはIT企業やコンピューター関連企業で使用されている
  • Web-CABは数学的な問題が多く出題傾向の把握と対策が必要

Web-CABってどんなテスト?対策方法や合格ラインを解説!のイメージ

「Web-CABってどんなテスト?」「対策はどのように進めればいいのだろう」と悩む就活生も多いでしょう。IT企業やコンピューター関連の企業では、Web-CABが選考に含まれるケースがあります。
この記事では、Web-CABで出題される検査の内容や、対策方法を解説します。

SPIだけを対策していて、Web-CABの対策ができていなかった…とならないよう注意しましょう。

24卒の就活について相談したい

   
目 次

Web-CABはWebで受験する適性検査

Web-CABとは、Webで受験する適性検査です。テストセンターや試験会場には行かず、パソコンから受験を行います。

Web-CABは適性検査である「CAB」の一種です。ペーパーテストで行うものを「CAB」、Webで行うものを「Web-CAB」と呼びます。

Web-CABの特徴は、試験項目を中断できる点です。たとえば、「暗算」試験をすべて解き終わったあと、次の「法則性」試験の勉強を行い、準備してから臨めます。

ペーパーテストで行うCABとの違い

Web-CABとペーパーテストで行うCABでは、問題に大きな違いはありません。検査項目は5項目あり、Web-CABと同じです。

ただし、問題数や制限時間はCABの方が少し多くなっています。また、ペーパーテストのCABは指定された試験会場で試験を受ける点に注意してください。

Web-CABとGABの違い

Web-CABとGABでは、問題傾向が異なります。GABで出題される問題は、次のとおりです。

・言語理解
・計数理解
・性格検査

Web-CABとの大きな違いは、GABには言語理解が含まれている点。Web-CABは暗算や法則性など数学の問題が多く、言語問題は出題されません。

また、Web-CABは主に理系やIT系の企業で使用される検査です。一方で、GABは総合職を対象にした検査であり、専門商社・証券・総研などの業界で導入されています。

GABについては、「GABのテストは難しい?特徴と対策法を解説」も参考にしてください。

24卒の就活について相談したい

 

Web-CABで回答する5つの検査

Web-CABでは、「暗算」「法則性」など5つの検査が行われます。それぞれの特徴について紹介するので、参考にしてください。

暗算

暗算では、四則逆算の問題が出題されます。四則逆算とは、穴抜きされた計算式が出題され、空欄にあてはまる数字を回答する問題です。

暗算では、「足し算」「引き算」「掛け算」「割り算」のような、基本的な問題が出題されます。ただし、小数点や大きな数字が出題されるため、計算ミスに注意してください。小数点以下の切り捨てなど概算での計算がポイントになります。

法則性

法則性とは、複数並んでいる図形の法則を読み取り、あてはまる図形を選ぶ問題です。次のようなパターンが出題される傾向にあります。

・回転:一定の角度で図形が回転する
・移動:マス内で図形が移動する
・交互移動:図形が上下左右斜めに移動する
・増減:図形の個数が増減する

パターンは決まっているため、問題がどのパターンにあてはまるかを見極めるのがポイントです。

命令表

命令表とは、命令に従い表を完成させる問題です。命令にすべて従った結果、どのような表が完成するかを回答します。

命令表は、学力ではなく、思考力だけで解ける問題です。しかし、「図形の移動」「命令の取り消し」など複雑な命令が多いため、冷静に対処する必要があります。

暗号

暗号とは、異なる2つの図形が表示され、どのような変化を与えれば図形が一致するかを答える問題です。たとえば、次のような変化が与えられます。

・色が反転する
・図形の大きさが縮小する
・図形や文字の数が変化する
・字の並びが逆になる
・数字が増減する
・三角が丸になる
・四角が丸になる

暗号では、元の図形がどのように変化したか、箇条書きでメモしておきましょう。

性格検査

性格検査とは、回答者の判断基準や行動基準を明らかにする検査です。企業に合う考え方をしているか、入社後の配属先はどこがいいかなどを検討するために使用されます。

性格検査に回答する際は、正直に回答しましょう。自分をよく見せようと嘘をつくと、回答に矛盾が発生してしまう場合があります。

性格検査については、「適性検査の性格テストとはどんなもの?目的と対策」で詳しく解説しているので参考にしてください。

24卒の就活について相談したい

 

Web-CABの対策を進めた方がいいケース

Web-CABの対策を進めた方がいいのは、幅広い企業にエントリーするケースとIT企業を志望するケースです。Web-CABはすべての学生が受ける試験ではないため、自分にあてはまるか確認してください。

幅広い業界にエントリーする場合

幅広い業界にエントリーする場合、Web-CABの対策を進めておきましょう。特に、理系やコンピューター関連の業務を行う企業では、Web-CABが採用される傾向にあります。エントリーしてから困らないように、対策を行ってください。

IT企業を志望する場合

IT企業の多くが、採用試験にWeb-CABを取り入れています。また、IT企業ではなくても、システムエンジニアやプログラマーの場合、Web-CABが必要になりやすいため対策しておきましょう。

IT企業を志望する場合は、「IT企業の就活のポイントは?求められる人物像や選考対策を紹介」も参考にしてください。

24卒の就活について相談したい

 

Web-CAB合格に向けての対策方法

Web-CABの合格に向けては、出題傾向の把握や時間配分の意識が重要です。ここでは、Web-CABの対策方法を紹介するので、参考にしてください。

出題の傾向を把握する

Web-CABならではの出題傾向を把握しておきましょう。命令表や暗号のように、Web-CABならではの問題に慣れておけば、解答速度が上がります。

Web-CABの問題はSPIのようなほかの適性検査とは違うため、個別に対策が必要です。解き方のパターンを覚えて、対応できるようにしておきましょう。

Web-CAB以外の適性検査については、「適性検査25種類の内容から対策まで!就活に役立つ情報を詳しく解説」で詳しく解説しています。

時間配分を意識して練習する

時間配分を意識して、時間切れを起こさないように練習しましょう。Web-CABは1問あたりに掛けられる時間が短く、10秒から30秒程度しかありません。

1つの問題に悩んでいると時間切れを起こし、最後の問題までたどり着かなくなります。練習の段階から時間を意識して、ペース配分を決めておきましょう。

自分の苦手分野に力を入れる

苦手分野を把握し、対策に力を入れてください。得意分野を伸ばすよりも、苦手をなくしたほうが点数はあがりやすくなります。

まずは問題集を解いて、自分の苦手分野を知るところから始めましょう。

最新の問題集を使用する

問題集は最新のものを使用しましょう。過去の問題集の場合、問題の傾向が変わっている恐れがあります。書店で購入できるため、探してみてください。

24卒の就活について相談したい

 

Web-CABへの対策を万全にしたい方へ

「Web-CABを受けたことがないから不安」「Webテストの対策方法がわからない」と悩んでいるなら、就活サポートを受けてみましょう。

キャリアチケットでは、Web-CABをはじめとするWebテスト対策のサポートを行っています。就活のプロがアドバイスをするので、Webテストの対策に自信がない方は、ぜひ相談してください。

24卒の就活について相談したい

 

Web-CABに関するよくある質問

ここでは、Web-CABに関するよくある質問に回答します。

Q.Web-CABの合格ラインはどのくらい?

A.Web-CABの合格ラインは、5割から6割程度とされています。満点は狙おうとせず、解ける問題を確実に解くようにしましょう。問題を繰り返しとき、出題パターンに慣れておくのが大切です。

Q.Web-CABにはどんな問題がある?

A.Web-CABでは、次のような問題が出題されます。

・暗算
・法則性
・命令表
・暗号
・性格検査

Web-CABの場合、図形や計算など、数学的な問題が出題される点が特徴です。SPIや玉手箱と異なる問題形式もあるため、Web-CAB専用の対策も行いましょう。

性格検査については、個人の考えや行動基準を検査する問題が出題されます。性格検査が原因で落ちることは少ないため、安心してください。性格検査については、「性格検査で落ちることはある?対策のコツとは」で詳しく解説しています。

Q.Web-CABが難しすぎる場合の対策方法は?

A.Web-CABが難しすぎて点数がとれない場合は、次のような対策を試してください。

・出題傾向を把握する
・時間配分を意識する
・苦手分野に力を入れる
・最新の問題集を使用する

もし、自分の力だけで解けない場合は、就活エージェントへの相談もおすすめです。どのように問題を解いたらいいのか、アドバイスをもらいましょう。

24卒の就活について相談したい

 

キャリアチケットについて

キャリアチケットは、就活生の最高のキャリアスタートを支援するサービスです。