受検対策は必須!SPIのWebテスティングとは?

このページのまとめ

  • SPIとは、企業が書類や面接だけでは見えない応募者の性格や能力を知るために設けている適性検査の1つ
  • SPIの受検形式の1つである「Webテスティング」には、インターネットにつながったパソコンがあれば時間や場所を問わずに受検できるというメリットがある
  • Webテスティングの対策としては、Webテスティング用の問題集を繰り返し解く、苦手分野を強化する、パソコンや電卓を使用したテストに慣れるなどが効果的
  • Webテスティングは設問ごとに制限時間が設けられているため、時間をかけずに正確に問題を解けるようになる必要がある

現在では、多くの企業が新卒採用の選考に利用している「SPI」。ほとんどの就活生が受検を経験、または予定しているのではないでしょうか?
この「SPI」の受検形式にはいくつかの種類があります。どの形式で受検するかによって、対策・準備も異なりますので、受検前に確認しておきましょう。
このコラムでは、SPIのWebテスティングについてご紹介します。
 

SPIとは

新入社員を採用する際、できれば応募者のことをきちんと知った上で採用する人物を決めたいと考える企業は多いでしょう。
とくに、応募書類や面接での受け答えにはさまざまな対策が行われているため、そういった選考だけで応募者の人となりや実際の能力などをきちんと把握することは容易ではありません。
そのため、書類選考や面接とは別に「適性検査」と呼ばれるテストを受検してもらい、その結果を選考の参考にしている企業が増えています。
「SPI」はその適性検査の1つであり、多くの企業で利用されているテストです。

SPIには、大きく分けて2つの検査があります。
1つは「能力検査」。これは基礎的な能力を測る検査で、働く上で必要となる応募者の「言葉や話を理解する力」「論理的思考力」などが、企業が求める水準を満たしているかチェックされています。

そしてもう1つは「性格検査」。こちらは能力検査と異なり、出題される問題に対してYES/NOやA/Bなどで回答していくテストです。
さまざまな角度から多くの問題を出題することで、受検者がどのような行動や考え方をするのかといった部分を把握できるようになります。

もちろん、この適性検査の結果だけで合否が決まるわけではありませんが、前述したように、面接だけでは見えない応募者の性格や適性を理解するための補足情報として活用していることはあるでしょう。
また、性格検査の結果から社風とのマッチ度を見ている可能性もありますし、入社後の配属を決めるための参考にしているケースもあります。

入社後のミスマッチは新入社員の早期退職につながることもあるため、企業にとっても応募者にとってもマイナスです。そういった可能性をSPIなどの検査で事前にチェックできるという点でも、適性検査は有益だといえるのではないでしょうか。
 

Webテスティングとは

SPIの受検にはいくつかの形式があり、「Webテスティング」はその形式の1つです。
ほかにも、SPIを開発しているリクルートキャリアが用意した会場で受検する「テストセンター」、応募する企業へ出向き、企業のパソコンで受検する「インハウスCBT」、企業へ出向きマークシート形式のテストを受ける「ペーパーテスティング」があります。

それぞれの会場へ出向くほかの形式と異なり、「Webテスティング」は自宅や大学など、インターネットにつながるパソコンがあれば時間や場所を問わずに受検することができます。海外や地方に住んでいる人でも交通費用などをかけずにテストを受けられる点が大きなメリットです。

Webテスティングの最大の特徴は、問題数の多さと時間制限があることでしょう。この時間制限はテスト全体だけではなく、1問1問に設けられているため、1つの問題をスピーディーに解いていく力が必要になります。
また、入力式の問題が数多く出題される点や、電卓の利用が認められているのもWebテスティングの特徴です。
 

Webテスティングの対策法

SPI対策の問題集や参考書は数多く発行されていますが、Webテスティングの受検対策には、Webテスティングに特化した問題集を選ぶことが大切です。
そして問題集を何度も繰り返し解き、出てきた公式を暗記するといったことも対策として有効。また、問題を解いていくうちに自分の苦手分野が見つかったら、そこに重点を置いて勉強すると、より高得点を目指せるようになるでしょう。

普段受けているようなペーパーテストとは異なり、Webテスティングはパソコンで受けるテストですので、当然パソコン操作に慣れておく必要があります。
前項で、Webテスティングでは電卓の使用が許可されている点を特徴として挙げましたが、電卓を使用して問題を解くことにも同じように慣れておかなければなりません。
SPIで出題される問題は難易度の高いものばかりではありませんが、慣れない環境では普段の力が発揮できない場合もあります。操作に手間取って問題に集中できないということがないようにしておきましょう。

性格検査は対策が裏目に出ることも

ここでご紹介した対策は能力検査に関するものですが、一方の性格検査には対策は必要ないとされています。
もちろん探せば対策本などを見つけることはできますが、性格検査は限られた時間の中で数多くの問題に回答しなければならないため、対策をしたり回答を考えすぎたりすることで検査結果に矛盾が出てしまう可能性があるのです。そうなると、正直に答えていないと判断され逆にマイナスなイメージを持たれてしまう恐れもあるでしょう。
企業に合わせすぎるのではなく、企業研究をしっかり行い企業の求める人物像を把握して、その人物像と自分に重なる部分があれば、そこを意識して回答すると良いかもしれません。
ただし、能力検査同様、性格検査も各設問に対する回答時間は短く設定されていますので、パソコンの操作に慣れておくといった対策は必要です。

時間を意識することが大切

お伝えしているとおり、Webテスティングは時間制限のあるテストです。
問題ごとに制限時間が設けられているため、テンポよく回答することが大切になってきます。タイピングが苦手という方は、できるだけ早く回答できるようにタイピングの練習もしておきましょう。
また、問題集などを解く際は時間を意識して回答するようにすると効果的です。とはいえ時間を意識するあまり正確性を欠くようなことがあっては意味がありませんので、どちらも意識して回答できるようになることが大切でしょう。
 

SPI以外のWebテスト

就活で受検する可能性があるWebテストはSPIだけではありません。
代表的なものでは、以下のようなテストが多くの企業で利用されています。

玉手箱

大手企業や人気企業など、Webテストの中でも最も多くの企業から採用されているテストです。
SPI同様、能力検査と性格検査で構成されています。

C‐GAB

テストセンターで受検する玉手箱をC‐GABと呼びます。Webテストであることに変わりはありませんが、テストセンターの会場では電卓の使用が許可されていないため、筆算のスキルを上げて臨むことが重要です。

TG-WEB

Webテストの中でも、難易度の高い問題が出題されるといわれています。問題の傾向や解き方を理解するなど、対策をしっかりと取ることが大切です。

上記以外にもWebテストにはさまざまな種類があり、どのテストを利用しているかは企業によって異なります。
それぞれのテストの特徴に合わせた対策が必要となりますので、自分が受ける企業がどのテストを採用しているのか、調べておく必要があるでしょう。


今回は、SPIのWebテスティングについてご説明しました。
対策が難しい性格検査と異なり、能力検査は対策することで良い結果を残せるテストですので、早い段階から時間をかけて訓練しておきましょう。

就活でなかなか面接に進めない、対策がうまくできないという方は就活のプロのサポートを受けてみませんか?
キャリアチケットは新卒に特化した就職エージェントです。
マンツーマンのカウンセリングで一人ひとりの状況や希望を把握し、応募可能な企業をご紹介。
ご紹介する企業と応募者、双方をきちんと理解したキャリアアドバイザーが推薦するため、書類選考や1次面接免除といった特別選考枠をご用意できる可能性もあります。
何度も受けられる企業毎の個別面接対策、企業とのやり取りの代行など、充実のサポートで就活をバックアップ。
キャリアチケットと一緒に納得のいく就職を実現させませんか?

キャリアチケットについて

キャリアチケットは、就活生の最高のキャリアスタートを支援するサービスです。

\ただいま毎日開催中!/就活セミナー概要はこちら

\その他サービスについて/サービス概要はこちら

について

キャリアチケットは、就活生の最高のキャリアスタートを支援するサービスです。

\ただいま毎日開催中!/就活セミナー概要はこちら

\その他サービスについて/サービス概要はこちら

カウンセリングで相談してみる

20社内定した学生の就活ノートがもらえる!

就活のプロがマンツーマンで、即日内定サポート

無料就活サポート詳細はこちら