SPIの問題数はどれくらい?選考を通過するための対策とは

このページのまとめ

  • SPIとはリクルートマネジメントソリューションズが開発・提供する適性検査のこと
  • SPIの性格検査の問題数は、300問ほど
  • 能力検査の問題数は、受検形式によって異なる
  • SPIは問題数が多いのでスピードと正確性を意識した対策をしておく

採用試験に導入している企業が多い「SPI」。就活中ですでに受検したという方もいるでしょう。
SPIは、比較的選考の早い段階に実施されることが多く、企業によっては大勢の応募者を絞り込むことを目的としているケースも少なくありません。

当コラムでは、そんなSPIの概要や対策についてまとめています。
コラムを読んで、選考突破を目指しましょう。
 

SPIとは?


SPIとは、リクルートマネジメントソリューションズが開発・提供する適性検査のこと。「Synthetic Personality Inventory総合検査」が正式な名称です。

企業は、採用の選考試験で応募者の能力や人柄、仕事の適性などを把握することを目的として適性検査を実施することがあります。
その代表的な検査が、このSPIです。
SPIによる適性検査は、「性格検査」と「能力検査」の2つに分かれています。

適性検査の結果は、選考の初期段階での絞り込みや面接時に応募者を理解するための参考資料として用いられるのが一般的。入社後に配属先を決める際や、上司にその人を理解してもらうための資料として活用する企業もあるようです。

SPIの受検方法は、以下の4つに分かれています。

Webテスティング

Webテスティングは、自宅や学校など、インターネット環境が整っているパソコンから受検する形式。応募先企業から指定された期間内で、応募者の都合の良い時間で受検することができます。

テストセンター

テストセンターは、SPIを提供するリクルートマネジメントソリューションズが用意した会場でパソコンを使って受検する形式。
企業が指定する期間から都合の良い日にちで会場を予約し、受検する流れです。
テストセンターでは、性格検査は事前にWebテスティングで受検することになっています。

ペーパーテスティング

ペーパーテスティングは、応募先企業が用意した会場で受検する形式。マークシートを使って試験をするのが特徴です。

インハウスCBT

インハウスCBTは、応募先企業にて、企業内のパソコンを使って受検する形式です。

次の項目から、SPIの問題数について「性格検査」「能力検査」ごとにご紹介していきます。

▼関連記事
就活で実施されるSPIとは?詳しい検査内容や対策ポイントを解説
 

SPIの問題数はどれくらい?~性格検査~


SPIの性格検査の問題数は、300問ほど。考え方や行動などについてあらゆる角度から質問し、その人の人物像やどのような仕事・組織に適しているのか把握していきます。
受検するテストの形式によって問題数は変わらないものの、制限時間が以下のように異なるのが特徴です。

・Webテスティング…約30分
・テストセンター…約30分
・ペーパーテスティング…約40分
・インハウスCBT…約30分

性格検査は、主にWebテスティングでの受検になります。
続いて、能力検査の問題数について確認しましょう。

▼関連記事
適性検査の性格テストとはどんなもの?目的と対策
 

SPIの問題数はどれくらい?~能力検査~


能力検査の問題数は、受検形式によって異なります。
ペーパーテストでは、言語問題が40問、非言語問題が30問の合計70問です。
そのほかの受検形式では、受検者の解答に応じて、次に出題される問題の難易度が変わる「Item Response Theory方式」を採用。受検者一人ひとりの状況によって、出題内容・問題数が変化していくので、問題数は一定ではありません。
また、能力検査全体の制限時間だけではなく、設問ごとにも制限時間が設定されているので注意が必要です。
能力検査全体の制限時間は、以下を参考にしてください。

・Webテスティング…約35分
・テストセンター…約35分
・ペーパーテスティング…約70分
・インハウスCBT…約35分

どのような職種にも共通して求められる「知的能力」を測定するのが能力検査の特徴です。課題に対して合理的な考えはできているか、効果的かつ能率的に処理できる能力はあるのかなどを測定します。
問題が出題される分野は、「言語分野」と「非言語分野」の2つ。企業によっては、これらに加え英語の能力検査が課せられるケースもあります。
グローバルに活躍する企業や外資系の企業などで出題されるケースが多いので、このような企業を志望している場合は過去の出題傾向を調べておくと良いでしょう。

▼関連記事
SPIの能力検査は、いつから対策を始めればいい?
 

SPIを攻略するには


4つの受検方法があるSPIですが、どの形式で受検した場合も、制限時間内にできるだけ多くの質問に正確に解答することが重要になってきます。

SPIは、問題数が多いので最後の質問まで進むことができずに時間切れになってしまう人も少なくありません。スピードと正確性を意識した対策をしておくと良いでしょう。

具体的には、市販されている参考書や問題集などを購入し、実際に問題を解いて慣れておくことがポイントです。
はじめのうちは、時間がかかって、なかなかうまく解答できないかもしれませんが、繰り返し問題を解くことでコツがつかめるはずです。
慣れてきたら、今度は制限時間を意識して問題に取り組みましょう。1つの問題にどれだけの時間をかけて良いのかを考え、その感覚を身体で覚えておくと安心です。
Webで受検する形式の場合は、パソコンの操作にも慣れておくと本番中のリスクを減らすことができるでしょう。

先程もお伝えしたようにSPIは問題数が多め。そのため、分からない問題に時間を費やしてしまうと、全ての問題に取り組むことなく時間切れになってしまいます。
「分からない問題につまづいて、次の問題へなかなか進めない…」という方は多いと思いますが、時間はどんどん過ぎていきます。
自分が解ける問題に時間を使うためにも、こだわらずに次へと進むのも1つの手。効率を重視し、できるだけ多くの問題を正確に解答することに注力しましょう。

▼関連記事
就活を有利にするためのSPIの知識と対策方法


今回は、SPIについてご紹介しましたが、いかがだったでしょうか。
キャリアチケットは、新卒者を対象とした就職支援を行っています。
「就活は、何から手をつけたらいいの?」「自分がどんな仕事に向いているのか分からない…」といった、お悩みを抱えている方はいませんか?
キャリアチケットでは、経験豊富なアドバイザーがマンツーマン体制で就活をサポート。
丁寧なヒアリングを行い、あなたの希望や適性を考慮した企業を紹介させていただきます。
エントリーシートや履歴書の書き方についてのアドバイスや面接対策、面接の日程調整の代行などもお任せください。
サービスは、全て無料です。まずは、お気軽にご相談ください。

キャリアチケットについて

キャリアチケットは、就活生の最高のキャリアスタートを支援するサービスです。