SPIは時間勝負!問題を残してのタイムアップを避けるには

このページのまとめ

  • SPIの受検方法は4つあるが、多くの企業ではテストセンターかペーパーテスト方式を採用している
  • テストセンター方式の能力検査では、制限時間が言語、非言語合わせて約35分で、回答状況により設問数や出題内容が個別に変化する
  • ペーパーテスト方式の能力検査では、言語が30分で約40問、非言語が40分で約30問あり、性格検査と合わせて長丁場になることが多い
  • 練習問題を繰り返し解いて多くの問題に触れること、制限時間を意識すること、難しいと感じたら飛ばして次の問題に進むことが大切
  • 未回答を防ぐためにも「必ず最初に選択肢を選んでから解く」という癖を付ける

多くの企業で選考方法として採用されているSPI。出題内容は、能力検査と性格検査でそれぞれ分かれていますが、前者の対策に頭を悩ませている人もいるのではないでしょうか。

能力検査はさらに「言語分野」「非言語分野」の2分野に分かれ、設定された制限時間内に解かなくてはなりません。問題を残したまま時間切れを避けるためには、受検方法ごとの特徴や出題数に合わせて対策する必要があります。

当コラムでは、SPIの出題数や制限時間、解き方のコツなどをまとめて解説。試験対策にぜひお役立てください。

SPIの受検方法と制限時間

SPIの受検方法は、テストセンター、ペーパーテスト、Webテスティング、インハウスCBTの4つ。多くの企業ではテストセンターかペーパーテスト方式を採用しているようです。

そこで、当コラムではその2つに絞り、制限時間と出題数、特徴について下記にまとめました。

テストセンター

SPIを開発したリクルートキャリア社が指定する会場、パソコンで受検する方法。決められた受検期間の中から、自分に合う日程と会場を選んでエントリーします。
能力検査の制限時間は言語・非言語合わせて約35分。設問ごとに制限時間が設けられ、画面上にゲージで表示されているのが特徴です。時間を過ぎてしまうと強制的に次の問題に進みます。
問題数や難易度は受検者の回答内容に応じて変化する、IRT(Item Response Theory)方式のため、出題数も難易度も一定というわけではありません。
また、テストセンター受検の場合、企業によっては、英語の読解力を測る「英語能力検査」、物事の構造や関係性の理解力を測る「構造的把握力検査」が出題されることもあるようです。

▼関連記事
回答時間が短いテストセンター、結果を出す方法とは?

ペーパーテスト

企業が用意した会場で受検する方法で、回答はマークシート方式。高校や大学の入試で経験しているのでこちらのほうが馴染み深いという人もいるかもしれません。
能力検査の制限時間と出題数は、言語が30分で約40問、非言語が40分で約30問。能力検査の前に性格検査を受けるため、集中力を継続できるかはペーパーテスト方式のポイントと言えそうです。
全体の出題内容を把握することができるのも、ペーパーテストならではの特徴の1つ。最初にざっと確認しておけば時間配分がしやすくなります。序盤では解きやすい問題に手を付け、時間が掛かりそうな問題は後回しにすることで、未回答数を少なくすることができるでしょう。


SPIは上記のとおり、受検方法によって特徴が異なりますが、基本的に1問あたり1分程度を目安に回答していく癖を付けておくと良いでしょう。
特にテストセンター方式では、問題が解き終わっていなくても自動的に次の問題へ進んでしまうため、焦りやすいもの。対策の時点でスムーズに解けるようにしておき、全問回答を目指しましょう。

時間切れで後悔しないためには?

制限時間内の回答を目指すために、以下の3つを意識して対策に取り組みましょう。

・問題集を繰り返し解く
・練習の時点から時間をチェックする
・難しいと感じたらこだわりすぎず次に進む

まずは対策の基本ともなる過去問のおさらい。繰り返し練習問題を解くことによって、出題内容だけでなく受検すること自体にも慣れておきます。

始めたばかりの頃は、問題を読み解くのに時間が掛かってしまう、分からない問題が多い…と感じる人が多いようですが、何回も練習問題を解くことで回答を出すまでのスピードも上がりますし、苦手な問題も減っていくはずです。
毎日少しずつでも良いので、継続して練習問題にチャレンジしましょう。

そして、徐々に余裕が出てきたら時間を意識して取り組みます。本番同様に時間を計り、なるべく多くの問題に対応できるように慣れていきましょう。

問題を一読して「難しそう」と感じたら、とりあえず次に進んでしまうのも大切。1つの問題にこだわりすぎると、解けるはずだった問題に充てる時間がなくなってしまい、結局未回答の数が多くなってしまった…という結果にもなりかねません。

また、飛ばした問題はチェックしておき、別途、勉強時間を取って対応を。苦手分野を克服し、徐々にクリアできる問題を増やしていきましょう。

▼関連記事
SPI対策は万全?テストセンター受検のポイント

確実に点を取るコツ

全問回答までいかずとも、なるべく未回答数を減らし、回答した問題については確実に点数を取りたいところ。そのために意識したいことは以下の3つです。

・出題傾向を把握する
・苦手分野を徹底対策する
・わからなくても未回答を避ける

まず、テストセンターとペーパーテストでそれぞれ出題範囲が異なることは理解しておきましょう。例えば、非言語分野の数学では、テストセンターで出題される「代金の精算」「割合の計算」がペーパーテストでは出題されない…という傾向が。出題範囲によってはその逆のケースもあります。
企業の実施割合としてはテストセンター受検を導入しているところが多いため、そちらの出題範囲を優先的に勉強するのも1つの手でしょう。

苦手分野を洗い出しておくことも大切。勉強に使える時間は限られていますから、苦手分野の克服をしながら回答数を伸ばせるよう効率的に進めていきましょう。SPIの問題は、非言語分野に苦手意識を持つ人が多いようですが、基本的には中学生レベルの数学で十分対応可能です。基本の公式をおさらいするだけでも、未回答数を減らすことに繋がりますから、しっかり復習しておきましょう。

また、分からない問題に当たっても未回答は避けます。
新卒採用時のSPIは、回答数のうち、間違えたものの割合を表す「誤謬率(ごびゅうりつ))」を測定しないことがほとんど。
分からなくても「最初に必ず選択肢を選んでから解き進める」という癖を付けておくことで、最低でも未回答だけは防ぎやすくなります。
ネットや書籍を活用して、なるべく多くの問題に触れておくのも大切。人にもよりますが、1日1~2時間、1ヶ月ほどは勉強時間が取れると良いでしょう。


今回はSPIの対策についてご紹介しました。
選考の第一関門ともいえるSPIですが、対策を万全にしておけば乗り越えられるものです。受検当日までに練習問題を繰り返し解き、1問でも多くの回答を目指しましょう。

SPIを始め、さまざまな選考フローに対応できるかは、就活におけるポイントの1つ。試験はクリアするけど、面接でいつも落ちてしまう…そんなお悩みはありませんか?
もし就活についてお悩みなら、新卒対象の就職支援サービス、キャリアチケットまでご相談ください。

キャリアチケットでは、最新の企業情報に基づいた効果的な面接対策を実施しています。
大学卒業見込みの方が1人で就活をした時と比較して、対策後の内定率は1.39倍。あなたもこの効果を体感してみませんか?
まずはお気軽にお問い合わせください。

▼関連記事
SPIを対策!テストセンターではどんな問題が出るの?

キャリアチケットについて

キャリアチケットは、就活生の最高のキャリアスタートを支援するサービスです。

20社内定した学生の就活ノートがもらえる!