就活で実施されるSPIって?種類ごとの違いをご紹介

このページのまとめ

  • SPIとは、就活生の能力や人物像を把握するための適性検査の一種
  • SPIの受検形式には複数の種類があり、マークシートやパソコン上で行われる
  • 就活で行われるSPIの検査の種類は、性格検査と能力検査の2種類に分けられる
  • 就活生は「性格検査」「能力検査」といった種類別に対策をしておく必要がある

就活で実施されるSPIって?種類ごとの違いをご紹介の画像

SPIの種類が多く、どのように対策したら良いのかと不安を感じている就活生も多いのではないでしょうか。検査の種類は大きく分けて「性格検査」と「能力検査」の2つ。性格検査と能力検査は内容が異なるため、それぞれの種類ごとに対策する必要があります。このコラムでは、SPIの種類の解説のほか、受検形式、対策ポイントをご紹介いたします。



 

SPIとは

SPI(エスピーアイ)とは正式名称を「Synthetic Personality Inventory(総合適性検査)」といいます。リクルートキャリア社によって開発された適性検査の一種です。SPIを通して、就活生の能力や人物像を把握することができます。
裏づけとなるデータが豊富なことから、多くの採用現場で取り入れられていることで有名です。

SPIの種類

SPIには下記のような種類があります。

・大学新卒者向けの「SPI-U」
・中途採用向けの「SPI-G」
・高卒向けの「SPI-H」
・大学新卒社員向け「SPI-U」
・SPI-Uの短縮版の「SPA-A」
・システムエンジニア向けの「SPA-B」

それぞれの種類によって、出題範囲は多少異なります。
大きな違いではありませんが、自分が受けるSPIの形式や種類をしっかりと把握しておきましょう。そのうえで、それぞれに合わせて対策しておくことをおすすめします。

▼関連記事
就活でまず攻略すべき、SPIとは何者?
SPIとは何か徹底解説!対策ポイントを押さえて準備しよう



 

SPIの4種類の受検形式

SPIの受検方法は「ペーパーテスティング」「テストセンター」「Webテスティング」「インハウスCBT」の4種類あります。
受検方法は企業が指定するので、それに従いましょう。

1.ペーパーテスティング

「ペーパーテスティング」は企業が用意した会場で直接テストを受検します。受検方法は、マークシート形式です。

2.テストセンター

「テストセンター」は、最寄りのテストセンター会場に赴き、パソコンで受検する形式です。会場は全国各地に設置されているので、都合の良い場所を選べます。
また、あらかじめ企業が「いつまでに受検してください」と期間を設けるのが特徴。期間内であれば自分で受検日程を決められるというメリットがあります。
さらに、テストセンターの結果はほかの企業で使い回せるため、就活生側のメリットが多い方法だといえるでしょう。

3.WEBテスティング

「WEBテスティング」は 自宅のパソコンで受検する方法です。
利便性が高くコストも抑えられますし、遠方や海外在住の人でも受検しやすいというメリットがあります。

4.インハウスCBT

「インハウス CBT」とは、企業が自社のパソコンを準備し、志望者が企業へ赴き受検する方法です。

▼関連記事
テストセンターとは?SPIの受検形式を知ろう
受検対策は必須!SPIのWebテスティングとは?



 

SPIで出題される検査の種類

SPIで出題される検査の種類は、「性格検査」と「能力検査」の2種類に分けられます。さらに「能力検査」は、国語問題が中心となる「言語分野」、数学問題が中心となる「非言語分野」に分類。SPI対策をする際は、それぞれの特徴を把握しましょう。

性格検査

性格検査は、正解・不正解はなく、「あてはまる」「どちらかというとあてはまる」「どちらかというとあてはまらない」「あてはまらない」といった選択肢から自分の考えに近いものを選択していくタイプの検査です。
選択された回答をもとに、応募者の考え方や性質、仕事への適性など、人格的な部分を測ります。具体的には下記のカテゴリから質問が出題されます。

・行動的側面
・意欲的側面
・情緒的側面
・ライスケール

性格検査では、できるだけ正直に回答するよう心がけましょう。この検査では、取り繕った回答をすると矛盾が生じ、「虚構性がある」と結果に出てしまいます。
性格検査の質問は、制限時間30分という短い時間のなかで、約300問の質問に答えなければなりません。深く考えるよりも、直感的に素早く答えていくのがポイントです。

能力検査

能力検査は、国語的な能力を問う「言語分野」と、数的な思考力を問う「非言語分野」から出題されます。企業によっては英語問題の出題があるようです。
能力検査でも、短時間で多くの問題が出題されるため、1問1問にあまり時間をかけることができません。

言語分野の問題

国語的な能力を問う「言語分野」では下記のような項目があり、ランダムに出題されます。

・二語関係
・語句の意味
・語句の用法
・文の並び替え
・空欄補充
・長文読解
・同意語
・反意語

上記のなかでも特に出題頻度が高いとされるのが、「二語関係」「語句の意味」「語句の用法」「長文読解」です。ペーパーテストでもテストセンターでも出題されることが多いため、押さえておきましょう。

非言語分野の問題

数的な思考力を問う「非言語分野の問題」では下記のような項目があり、ランダムに出題されます。

・推論
・確率
・集合
・割合と比
・損益算
・料金割引
・仕事算
・速度算
・場合の数
・代金の清算
・表の読み取り
・長文読み取り計算

非言語分野では数的な思考力を通して、効率的かつ正確な仕事を行う能力があるかどうかを測定しています。

▼関連記事
就活を有利にするためのSPIの知識と対策方法
就活で実施されるSPIとは?詳しい検査内容や対策ポイントを解説



 

SPI対策の5つのポイント

最後に、SPIを受検するにあたって対策しておくべきポイントをご紹介します。

1.早くから対策を始めておく

SPI検査は就活の初期段階で導入される傾向があります。そのため、SPIの勉強はなるべく早めに行っておくと良いでしょう。
問題内容は中高生レベルであるため、前もって勉強していれば解ける問題がほとんどです。
大学3年生の6月頃にはインターンの選考が始まるため、3年生の1月頃には着手しておきましょう。

2.パソコンの操作に慣れておく

パソコンでの受検となった際に、操作方法などで手間取らないよう、あらかじめ体験版のWebテストなどを受けておくことをおすすめします。
画面の操作に慣れておくことで、本番で操作方法が分からず焦ってしまい本来の力を発揮できないという事態を未然に防げるでしょう。

3.制限時間を意識する

受検方法や種類が豊富なSPIですが、どの形式で受検した場合も、制限時間内にできるだけ多くの質問に正確に解答することが重要となります。
SPIの勉強をする際に、「自分が1問あたりにどれほど時間をかけているか」「難易度が高い問題に必要な時間はどれくらいか」などを把握しておきましょう。考えても解けない問題があれば、無理に時間をかけず諦めて次の問題へ進むのも1つの手です。

4.性格検査は正直に答えることを意識しておく

性格検査では、特に対策を練ろうとはせず、正直に答えましょう。
「こんな人間に見られたい」「こう答えたほうが企業からの印象が良いだろう」と考えて回答しても、その後の面接で違いが明らかになります。また、自分に合った企業に入社するためにも正直に答えてください。自分を偽ってマッチングした企業に入社しても、自分に合う企業とは限りません。

5.能力検査対策に何度も問題集を解く

能力検査は、Webサイトの例題や市販の問題集を用意し、実際に問題を解いて慣れておくことがポイントです。
始めのうちは時間がかかったり、分からない問題も多かったりとつまずくことも多いかもしれませんがは、繰り返し問題を解くことでコツがつかめるようになります。一通り問題集を解くと、得意な分野と苦手な分野が分かってくるはずです。対策では苦手分野の問題を繰り返し解くようにしましょう。



 

キャリアチケットについて

キャリアチケットは、就活生の最高のキャリアスタートを支援するサービスです。