玉手箱ってなに?Webテストの内容や特徴を紹介

このページのまとめ

  • 玉手箱とは、金融関係や総合商社で使用されることが多い適性検査のこと
  • 自宅で行うWebテスト方式が主流で、1つの問題形式に対して複数の問いが課せられるのが特徴
  • 同じ出題形式が続くため、出題パターンを把握できて問題に慣れやすいのがメリット
  • 一方で、問題に対する制限時間が短い、問題の難易度の幅が広いという点が難しいと言われる理由
  • 問題集を繰り返し解いたり、時間配分に気をつけたりして効率的な対策をしよう

書類選考を通過したら次はWebテスト…という選考フローが増えていますが、対策はしっかりと行っていますか?
今回は、SPIに次いで使用する企業が多いと言われている玉手箱について解説。
概要や問題の内容、有効な対策などをまとめたので、受検を控えている方は参考にしてください。

玉手箱とは?


近年、就活の選考フローに組み込まれることが増えた適性検査。
代表的なものとしてSPIと玉手箱が挙げられますが、玉手箱はどのようなテストなのでしょうか。

玉手箱とは日本エス・エイチ・エル(SHL)社が販売している総合職適正テストのこと。
能力テストと性格テストで構成されており、能力テストはさらに計数、言語、英語に分かれています。
テストセンターで受検をするC-GAB方式と自宅で受検をするWebテスト方式があり、SPIと並んで多くの企業で導入されている適性検査と言えるでしょう。

玉手箱は、SPIに比べて時間制限が厳しいと言われており、短時間で問題を解く力が求められます。
特に、スピード感と正確性を求める企業が導入する傾向が強く、証券会社や銀行といった金融関係を筆頭に、総合商社や総研などの選考に使用されるケースが多数。
また、中には総合職と一般職で使用している適性検査が異なる…といった例も見受けられます。
同じ業界の企業でも使用する適性検査が違うことは珍しくないため、事前に志望企業がどの適性検査を使っているのかを調べておくと良いでしょう。

玉手箱の特徴


SPIと並んで適性検査の主流となっている玉手箱には、どのような特徴があるのでしょうか。

最大の特徴は、「問題形式1種類に対して、複数の問が課せられる」というもの。
同じ問題形式が連続して出題されるため、ある程度出題パターンを把握できれば、同じ形式の問題を解きやすくなるというメリットがあります。
さらに、回答パターンは計数・言語は3種類、英語は2種類の全8種と少ないため、SPIに比べて慣れやすい適性検査と捉えることができるでしょう。

しかし、慣れやすい、問題形式が一定化しているという一方で、時間制限はSPIより厳しい設定となっています。
難易度は受検者によって異なるものの、計数理解の四則逆算では9分で50問を解く必要があるなど1問に対してかけられる時間はごくわずか。
時間を意識して問題に取り組むことだけでなく、スピーディーかつ正確な解答が求められる適性検査と言えます。

また、問題の難易度の幅が広いというのも、よく言われる特徴の1つ。
小学校低学年レベルから大学生でも難しい問題まで、難易度に一貫性がないので、慣れるまでは油断できないでしょう。

具体的なテスト内容


ここでは、玉手箱の具体的なテスト内容と所要時間を紹介します。
どのような問題が出るのか、どのくらい時間をかけられるのかの参考にしてください。

計数理解

計数理解テストでは、一部が空欄になっている方程式を解く「四則逆算」と、図表から法則を理解して問題を解く「図表の読み取り」、?で示されている箇所を法則に沿って導き出す「表の空欄の推測」が出題されます。
それぞれの所要時間は以下のとおりです。

・四則逆算…9分(出題数50問)
・図表の読み取り…15分(出題数29問)
・表の空欄の推測…20分(出題数20問)

問題数に対して時間が短いため、あらかじめ1問にかける時間を決めておくなど工夫が必要です。

言語理解

言語理解では、長文を読んで設問に答える「GAB形式(論理的読解)」と「IMAGES形式(趣旨判定)」、4つの選択肢の中から筆者の考えに最も近いものを選択する「論旨把握」が出題。
それぞれの所要時間は以下のとおりです。

・GAB形式…15分(8長文×4問、計32問)
・IMAGES形式…10分(8長文×4問、計32問)
・論旨把握…12分(10問)

IMAGES形式のほうが制限時間が短く、就職に関するテーマが出題されるケースがほとんど。
また、論旨把握では1問あたりにかけられる時間は1分ほどのため、文章を読み解く力が求められるでしょう。

英語

出題される問題から正しい答えを選択する「IMAGES形式(長文読解)」と、長文を読んで正誤を判断する「GBA形式(論理的読解)」が出題される英語。
それぞれの所要時間は、以下のとおりです。

・IMAGES形式…10分(8長文×3問、計24問)
・GBA形式…10分(8長文×3問、計24問)

中学・高校レベルの英語力があれば問題ないと言われていますが、英文の読解力がポイントになります。

上記の時間や問題数は、あくまでも目安。
企業によって制限時間や出題数が異なる可能性もあることを理解しておきましょう。

効果的な玉手箱対策は?


SPIに比べて設定時間が短く、スピーディーな解答が求められる玉手箱。
どのような対策が有効なのでしょうか。

まず、問題集を繰り返し解くことがポイント。
前述したように、玉手箱の出題形式はパターン化しているため、繰り返し問題を解くことで問題に慣れることができるでしょう。

解答の時間配分を気にすることも大切。
玉手箱はSPIに比べて制限時間が短いため、自分なりに「1問にどのくらいの時間をかけるか」を決めておいたり、解ける見込みがなければ早めに見切りをつけたりするなどの対処も必要です。

計数理解では電卓や計算用紙の使用が認められているため、事前に使いこなせるよう慣れておくと良いでしょう。
また、受検環境を整えることも重要。
パソコンまわりが雑多だったり、周囲が騒がしい環境だったりすると集中できない可能性が高くなるため、自分が集中できる環境を整えて受検に臨みましょう。

SPIとの違いはなに?


最後に、適性検査の代表格であるSPIと玉手箱の違いを説明します。

SPI、玉手箱ともに言語と計数の問題が出題されますが、SPIは中学や高校で見かけたことのあるような、馴染みある問題内容が多くなっています。
一方、玉手箱はより論理的な問題が多く、読解力が求められる形式を採用。
出題問題の難易度も、前述のように小学校レベルから大学生でも難しいものまで幅広いのが特徴です。

また、SPIはシンプルな設問が多数出題されるのに対し、玉手箱は「長文を短時間で読み解く」など同じ形式の問題が出題されるのも異なる点。
どちらも事前対策は必要ですが、玉手箱のほうが出題パターンや傾向が固定されがちなため、対策をすればするほど慣れて解答しやすくなるかもしれません。

それぞれの違いをしっかりと把握し、志望企業がどの適性検査を採用しているかを確認して納得できる対策を行いましょう。

志望業界や企業がなかなか決まらずに就活が進まない…という方におすすめなのが、就職エージェントのキャリアチケット。
多くの企業や業界に関する情報を豊富に持つ就職アドバイザーが、あなた専任となって就活をサポートいたします。
丁寧なヒアリングで適性に合う仕事を明確化するだけでなく、キャリアチケットが保有する170社以上の優良企業を紹介することも可能。
応募企業が決まったら、企業に合わせた対策も行います。
就活に関してお悩みがある方は一度ご相談ください。専任のアドバイザーがお待ちしております。

キャリアチケットについて

キャリアチケットは、就活生の最高のキャリアスタートを支援するサービスです。

\ただいま月4回開催中!/失敗OKの選考会はこちら

\その他サービスについて/サービス概要はこちら

について

キャリアチケットは、就活生の最高のキャリアスタートを支援するサービスです。

\ただいま月4回開催中!/失敗OKの選考会はこちら

\その他サービスについて/サービス概要はこちら

カウンセリングで相談してみる

20社内定した学生の就活ノートがもらえる!

お電話からカンタン登録 !

無料

0120-962-647

受付時間:平日/土曜 9:00 ~ 18:00