SPIや玉手箱って何…?適性検査の種類と対策法をチェック

このページのまとめ

  • SPIの主な内容は適性検査の1つで、受検方法にはWebテスティングやテストセンターなどがある
  • 玉手箱は「能力テスト」と「性格テスト」で構成される適性検査で、自宅受検型のWebテストの中ではトップシェアを誇る
  • 能力検査は問題に慣れておくこと、性格検査は素直に回答するのがコツ
  • 適性検査は他にも「TG-WEB」や「内田クレペリン」「IMAGES」などさまざまな種類がある

就職活動でよく耳にする「SPI」や「玉手箱」。よく知らないし、対策方法も分からない…と不安になっていませんか?
採用の場では、まずはじめに適性検査を行う企業が多いです。選考突破の第一歩となることもあるので、しっかり理解しておいた方が良いでしょう。
当ページでは、「SPI」や「玉手箱」を中心に、主要な適性検査についてまとめました。対策方法にも触れているので、ぜひ参考にしてください。

SPIとは

SPIは、リクルートマネジメントソリューションズが提供する適性検査のこと。「Synthetic Personality Inventory(総合適性検査)」の略称で、「SPI試験」「SPI総合検査」などと呼ばれることもあります。

SPIの主な内容は「能力検査」と「性格検査」の2つで、それぞれ次のような特徴があります。

能力検査

仕事をする上で必要となる基礎能力を測る検査です。出題内容は、言葉の意味や意図を的確に捉えているかどうかを判断する「言語分野」と、数的な処理能力や論理的思考力を測る「非言語分野」に分かれています。企業によっては、英語力やや構造的把握力を測る検査がプラスされる場合もあるようです。

性格検査

日頃の考え方や行動に関するさまざまな質問から、受検者がどのような人物なのか、どのような組織や業務に向いているのかなどを把握するための検査です。「あてはまる」「どちらかというとあてはまる」「どちらかというとあてはまらない」「あてはまらない」といった選択肢からいずれかを選ぶ形で出題されます。

SPIの受検方法は、自宅のパソコンなどで受検できる「Webテスティング」をはじめ、テストセンターと呼ばれる会場で受検する「テストセンター」、応募先企業が用意した会場においてマークシート方式で受検する「ペーパーテスティング」、応募先企業のパソコンで受検する「インハウスCBT」の4つ。自分がどの方法で受けるのか、事前に確認することが大切です。

▼関連記事
玉手箱ってなに?Webテストの内容や特徴を紹介
 

玉手箱とは

玉手箱は、日本エス・エイチ・エル(SHL社)が提供する適性検査で、自宅受検型のWebテストの中ではトップシェアを誇るテストです。SPIと同様に「能力テスト」と「性格テスト」で構成され、それぞれ次のような内容が出題されます。

能力テスト

「言語」「計数」「英語」の3種類の測定科目から知的能力を測ります。内容は、「言語」から論理的読解・趣旨判定・趣旨把握の3種類、「計数」から四則逆算、図表の読み取り、表の空欄推測の3種類、「英語」から論理的読解、長文読解の2種類あり、全8パターンとなっています。これらを組み合わせて出題するため、企業によって出題範囲が異なるのが特徴です。

性格テスト

「性格」と「意欲」を測るテストです。200問程度の質問から、「課題に対してどのように考え行動するのか」「感情をコントロールする力はどうか」といったパーソナリティを判断します。

玉手箱の受検方法は、「Webテスト方式」と「テストセンター方式」の2パターン。Webテスト方式では、企業が指定した期間内に自宅で受検します。テストセンター方式は「C-GAB」と呼ばれ、指定された会場に出向いて受検。Webテストでは使用できる電卓は、テストセンターではカンニング防止のため使用不可となっているので、気をつけましょう。

▼関連記事
玉手箱はどんなテスト?英語問題は難しい?概要と対策を紹介
 

対策方法は?

適性検査の対策ポイントは、能力検査(テスト)か性格検査(テスト)かによって異なります。

能力検査の場合、出題傾向を把握し問題を解き慣れておくことが大切です。テストには時間制限があるため、どのような問題が出題されるのか全く知らないで受検すると、あせってしまい最後の問題まで解き終わらないかもしれません。繰り返し問題に触れておくことで「1つの問いにどのくらいの時間をかけれるか」といったペースをつかめるため、落ち着いて受検することができます。Web上で探せる練習問題や市販の参考書籍などでテストのイメージをつかみ、対策しておきましょう。

一方性格検査の場合は、対策しすぎないのがポイント。企業によって求める人物像が異なるため、何が正解というものはありません。「よく思われたい」という気持ちで嘘をつくのは、「実は社風と合っていなかった」というミスマッチを感じる原因になる恐れがあります。あくまで性格検査なので、素直に回答するようにしましょう。ただし、SPIでは300問程度、玉手箱では200問程度と問題数が多いので、制限時間は意識します。1問に集中しすぎると最後まで終わらない可能性があるので、コンスタントに答えるようにしましょう。

また、普段パソコンを使わない人は、ある程度パソコン操作に慣れておきます。特に、自宅で適性検査を受ける場合はネット環境に注意が必要。テスト中に通信エラーになってしまった…ということのないよう、万全の環境を整えて挑みましょう。

▼関連記事
就活のテスト対策を始めよう!適性検査の基礎知識
 

SPIと玉手箱以外も知っておこう 

就職活動で行う適性検査には、SPIと玉手箱以外にもいろいろあります。よくあるものを簡単にご紹介するので、目を通しておきましょう。

TG-WEB

ヒューマネージ社が提供する自宅受検型のWebテストです。測定科目は「言語」「計数」「英語」「性格テスト」の4種類。他のWebテストに比べ、あまり馴染みのない難しい問題が出題されるのが特徴です。とはいえ、「一度解き方が分かれば次からは解きやすくなる」という傾向があるので、繰り返し練習問題を解き、しっかりと対策をするのが有効でしょう。

内田クレペリン

日本・精神技術研究所社が提供する検査で、Web方式とマークシート方式の2種類あります。単純な1桁のたし算を連続して行う検査を15分×2回行い、処理能力の程度や性格・行動面の特徴などを測定。「どれだけ効率よく作業を行えるか」「物事への取り掛かりがスムーズか」「仕事を進める際の行動や気分の波はどうか」といった要素から、受検者の人間性を判断します。

IMAGES

玉手箱と同じ、日本エス・エイチ・エル(SHL社)が提供する簡易版の総合適性テスト。基本的な能力を短時間で測定できるのが特長で、応募人数が多数いる場合などに適しています。測定科目は「計数」「言語」「英語」「パーソナリティ(性格テスト)」の4つ。マークシート方式で行います。

SCOA

株式会社日本経営協会総合研究所が提供するテストで、受検方法はマークシート方式とテストセンター方式、Web方式があります。「基礎能力テスト」「パーソナリティテスト」「事務能力テスト」の3つで構成され、測定領域が広いのが特徴。特に能力テストでは国数理社英の5教科がまんべんなく出題されるため、それなりの対策が必要でしょう。

GAB

日本エス・エイチ・エル(SHL社)が提供する新卒における総合職の採用向けのテスト。マークシート方式とWeb方式があります。知的能力とパーソナリティを測定するとともに、将来のマネジメント適性や職務適性などについても予測可能です。

CAB

こちらも日本エス・エイチ・エル(SHL社)が提供するテストで、マークシート方式とWeb方式があります。SEやプログラマーといったコンピューター職向けに開発され、職務適性などを測ります。


ここまでご紹介したように、適性検査にはさまざまな種類が存在します。応募先企業がどのような適性検査を実施する傾向があるかなど、事前にチェックしておくことで、慌てず、落ち着いて受検することができるでしょう。
また、採用選考が本格化すると、適性検査以外にも、応募書類の作成や面接対策など、やるべきことは増えていきます。
就活をスムーズに進めるなら、就職エージェントを活用してみてはいかがでしょうか。

▼関連記事
就活のWebテスト対策はどうする?主な種類や勉強法を知っておこう!

キャリアチケットは、就職相談から内定まで一貫したサポートを行う新卒専門の就職エージェント。就活セミナーや個別サポートが受けられるので、1人での就職活動が不安な方におすすめです。ご利用は無料なので、ぜひお気軽にご相談ください。

キャリアチケットについて

キャリアチケットは、就活生の最高のキャリアスタートを支援するサービスです。