自己PRに適したキャッチコピーとは?作成のポイントと例文を紹介

このページのまとめ

  • 企業は自己PRから就活生の人柄や強みを確認している
  • 自己PRに適したキャッチコピーは仕事に役立つ内容であること
  • 自己PRにキャッチコピーを書く際は短い文章で分かりやすいものにする
  • インパクトのあるキャッチコピーを自己PRに書くと印象に残りやすい
  • キャッチコピーを考える際はそれを裏付けるエピソードも用意しよう

自己PRに適したキャッチコピーとは?作成のポイントと例文を紹介のイメージ

自己PRに適したキャッチコピーはどのような内容なのでしょうか?就活では自分の長所をしっかりとアピールできるキャッチコピーを考えることが重要。このコラムでは、就活で使えるキャッチコピーについて例文を交えて紹介します。また、キャッチコピー作成のポイントも解説。就活の自己PRに適したキャッチコピーを考え、ほかの学生と差をつけましょう。

就活にキャッチコピーが必要な理由

就活の面接ではキャッチコピーを問われる場面が少なくありません。事前にキャッチコピーを考えておかないと、すぐに返答できないことも。キャッチコピーは自分をアピールする方法であることはもちろん、面接官に印象を残す手段としても有効なので、事前に考えておくと良いでしょう。

面接官に問われる可能性がある

企業は就活生にキャッチコピーを問うことによって、自己分析がしっかりできているかを見極めています。自分自身をしっかりと理解し、自分の強みをキャッチコピーとして簡潔に伝えると効果的です。

履歴書やESとの内容に矛盾がないか

履歴書やESといった応募書類に書いた内容と面接中の発言内容に矛盾がないか確認のために用いられることもあります。インパクトあるキャッチコピーにするために、普段の自分からかけ離れたものを書くと、面接中にボロが出てしまう可能性も。応募書類と面接での発言内容に一貫性をもたせることで、説得力が増し、より効果的にアピールできるでしょう。

キャッチコピーのメリット

この項目では、キャッチコピーを作る際のメリットについて解説します。

就活に役立つ

仕事内容に関係のあるキャッチコピーは就活に役立つでしょう。自分のアピールポイントを簡潔に伝えることができますし、企業側により興味を持ってもらうこともできます。

印象に残る

ほかの就活生との差をつけるには、印象を残すことが大事です。インパクトのあるキャッチコピーを伝えることで、覚えてもらいやすくなるでしょう。キャッチコピーをきっかけに興味を持ってもらえれば、ほかの就活生との差が生まれ有利になります。

就活の自己PRに適したキャッチコピーとは?

就活でのキャッチコピーは自分のアピールポイントが簡潔に分かり、また、仕事に関係のある内容であるものが適切です。就活に適したキャッチコピーを考え、面接でアピールしましょう。

短い文章で長所をアピールできている

印象を残すには短い文章で長所をアピールしましょう。長い文章だと分かりづらいうえに印象に残りにくいことも。短い言葉で伝える方が面接官の印象にも残りやすいです。

仕事に関係のある内容

企業側が「仕事においてどのような場面で役立ちそうか」というイメージがしやすいキャッチコピーにすること重要です。インパクトがあっても仕事内容に関係のないキャッチコピーだと評価されるのは難しいでしょう。たとえば、長年野球をやってきた学生で「野球一筋です」といったキャッチコピーを企業に伝えたとします。聞いた企業側は「それは仕事に活かせる内容なのだろうか」と感じるでしょう。キャッチコピーを伝える際は、仕事に活かせる内容にする必要があります。

自分のアピールポイントを表現できている

キャッチコピーはいかに自分のアピールポイントを表現できているかが大事です。伝える際は抽象的な表現は避け、具体的な内容をアピールしましょう。しっかりと自己分析を行い、長所や強みを洗い出しておくことで、自分のアピールポイントが明確になります。

誰にでも分かりやすい内容である

キャッチコピーは凝りすぎて意味が捉えにくいものよりも、わかりやすいものが適切です。インパクトを重視した結果、笑いに走ったキャッチコピーになってしまうことも少なくありません。制作会社や出版会社といった文章力を重視する企業を除き、一般企業では表現のうまさはさほど求められないので、わかりやすさを意識して考えましょう。

理想の自分ではなく今の自分である

企業が知りたいのは、今までの経験を経て作られてきた現時点での人柄や強みです。夢や理想をキャッチコピーとするのは、就活の場では評価されない可能性も。理想の自分ではなく、今の自分を表現するようにしましょう。

評価されるキャッチコピーを作る5つのポイント

この項目では、キャッチコピーの作り方について紹介します。企業に評価されるポイントについても解説しているので、参考にし、強く印象づけられる自己PRづくりに活かしましょう。

1.自己分析を行う

キャッチコピーを作るには自分の強みとなるアピールポイントを明確にする必要があります。自分の強みを書き出してみて、複数のフレーズを用意してみましょう。自己分析が難しいと感じる場合には、周囲の人に聞いてみるのも1つの方法です。自分では見つけられなかった一面を知ることができるでしょう。

2.比喩表現を使いインパクトを加える

自分を動物や物にたとえることで、分かりやすく伝えられるでしょう。比喩表現は、ある事柄を分かりやすく説明するために似ている物に置き換えることです。比喩表現を使う際はインパクトを重視することも大事ですが、分かりやすい表現をするよう心がけましょう。

3.キャッチコピーに合ったエピソードを考える

面接官はキャッチコピーだけではなく、それを裏付けるエピソードについても聞いてくる可能性があります。キャッチコピーを証明できる具体的なエピソードを用意しておきましょう。エピソードを用意しておくことで、キャッチコピーの具体性が増し、より面接官にアピールできます。

4.商品や映画などのキャッチコピーを参考にする

商品や映画のキャッチコピーは短い文章で誰にでも分かりやすい内容になっていて、印象に残りやすく作られています。キャッチコピーが思いつかない場合は、商品や映画のキャッチコピーを参考にしながら作ってみるのも良いでしょう。ただ、商品のキャッチコピーをそのまま使用するのではなく、あくまでも自分のオリジナルで作るようにしてください。

5.弱みに焦点を当てるのもアリ

強みではなく、あえて自分の弱みに焦点を当ててみるのも良いでしょう。自分では弱みと思っていた部分が、他人によっては強みとして映ることも。自分の強みに焦点を当てたキャッチコピーを考える人は多いため、弱みに焦点を当てた内容だと面接官に興味を持ってもらえる可能性があります。

就活の自己PRに使えるキャッチコピーの例文

この項目では、キャッチコピーを作る際の例文を紹介します。キャッチコピーが思い浮かばない人はぜひ参考にしてみてください。

責任感・リーダーシップ

「私は『話さないリーダー』です。」(聞き上手とリーダーシップをアピール)
「私は『最後までやり遂げる仕事人』です。」(責任感をアピール)

部活やサークル、アルバイトなどでリーダーを経験した人は少なくありません。そのため、責任感やリーダーシップのアピールは埋もれやすくなってしまうことも。責任感やリーダーシップをアピールする場合は、具体的なエピソードとともにイメージを与えられやすい表現をすると良いでしょう。

行動力・向上心

「私は『誰にも負けないハングリー精神』を持っています。」(ストイックな努力家をアピール)
「私は『走りながら考える人間』です。」(行動力と思考力をアピール)

行動力や向上心がある点は入社後の姿勢をイメージさせやすくします。行動力や向上心をアピールする場合は、自ら進んで行動できる点を重視してキャッチコピーを考えてみましょう。

協調性

「私は『みんなのお母さん』です。」(周囲からの信頼度が高いことをアピール)
 

努力家・負けず嫌い

「私は『不屈の努力家』です。」(不屈の精神であることをアピール)
「私は『負けるほど強くなる人間』です。」(人一倍負けず嫌いであることアピール)

努力家や負けず嫌いをアピールする場合は、具体的な経験と何があっても諦めない心の強さを表現できるような言い回しにしましょう。

▼関連記事
就活で効果的なキャッチコピーとは?作り方のポイントと例文をご紹介
 

キャリアチケットについて

キャリアチケットは、就活生の最高のキャリアスタートを支援するサービスです。

20社内定した学生の就活ノートがもらえる!