就活成功の鍵!適性検査の種類や対策ポイントまとめ

このページのまとめ

  • 適性検査は、企業と応募者双方のミスマッチを防ぐ役割も持っている
  • 自宅で受けるものや企業に出向いて受けるのもなど、さまざまな受験方式がある
  • 適性検査の種類ごとに特徴や対策法が異なり、いずれも事前準備が求められる

適性検査は、就活中多くの学生が経験するテストといえます。今回のコラムでは、適性検査の種類を重点的に、対策のポイントも含めて解説。事前対策を万全に行い、就活成功に近づきましょう。
 

適性検査とは

適性検査とは、民間のテスト会社が開発している検査のことです。適性検査の大きな特徴は、仕事をするうえで不可欠な能力や企業との相性を判断できる点。企業にとって、面接以外で応募者のことを合理的に判断できるツールの1つといえます。

以前は、筆記試験で一般常識のみを出題する企業がほとんどでした。しかし、それだけでは応募者の強みや弱みを含む総合的な能力が把握できないという難点がありました。

一般常識のみの出題では、応募者の表面上だけしか知ることができません。結果的に、入社後に企業と応募者の双方でミスマッチが生じ、早期退職につながるケースも多かったようです。
そのため、就活中に一時的に身につけた知識よりも、応募者の本来の素質や能力が重視される傾向になりました。
入社後のミスマッチを防ぐためにも、近年では多くの企業が適性検査を活用しています。

適性検査が普及した背景には、インターネットの影響があるようです。インターネットの普及とともに企業エントリーが容易になり、1社あたりの応募者数も増加。本来の能力や性格を客観的に測定可能な適性検査は、膨大になった応募者のなかからニーズにマッチする人材を確保するのに最適なテストだといえるでしょう。
足切りと同様の目的以外にも、入社後の配属に関しても適性検査を活用する企業があります。

適性検査の種類は実に豊富で、企業が独自に作成した一般常識を問うテストのほか論文を書くよう出題されることも。受験の形式も、自宅で行うWebテストや適性検査用の会場に出向き試験を受けるテストセンター、企業で受けるペーパーテストなど多様化しています。

以下では、適性検査の種類や特徴、対策方法などを詳しく見ていきましょう。

▼関連記事
適性検査の対策方法!種類や内容、受験方法について解説
 

SPI

リクルートマネージメントソリューションズ社が開発した適性検査です。多くの企業で導入されている筆記試験であり、応募者の性質や仕事への適性を知るために行われます。

SPIは、能力検査と性格検査に分類されるのが特徴です。
能力検査では、出題される問題を通じて働くうえで求められる基礎的な能力を測定。得点の高さというよりも、企業ごとに設定した能力の水準を満たしているかどうかが重視される傾向にあります。

性格検査では、応募者の日常の行動や思考などの質問が重点的に出題されます。質問の形式は二択がほとんど。その選択結果から、応募者の人となりや向いている組織の傾向を診断します。

SPIの事前準備として挙げられるのは、パソコンによる受験にあらかじめ慣れておくことです。
出題内容を理解し処理する能力が問われるため、本番でしっかり自分の力を発揮できるように問題を解く感覚を身につけましょう。

▼関連記事
SPIとは何か徹底解説!対策ポイントを押さえて準備しよう
 

玉手箱

日本エス・エイチ・エル社(SHL社)が提供しているWebテストです。四則演算や英語の試験、文章の趣旨を把握する問題など、国語・数学・英語の試験のような出題が特徴といえます。

能力検査と性格検査で構成されているところは、上記のSPIとの共通点です。
問題形式の組み合わせは、企業によって異なります。1問あたりの時間制限が短く設定されているため、スピーディーな処理能力が求められるといえるでしょう。

玉手箱は自宅で受験する形式がほとんどなため、電卓を上手く使いこなすのも対策の1つです。計数の問題をより迅速に処理できるよう電卓計算の練習を重ね、キーの位置を覚えておくことをおすすめします。
問題集を解き、問題形式に慣れることも大切なポイントです。玉手箱の出題パターンは8種類。練習を重ねればパターンも把握しやすくなるといえます。

▼関連記事
玉手箱ってなに?Webテストの内容や特徴を紹介
 

CAB

IT業界の採用試験で多く用いられている適性検査です。Computer Aptitude Test Batteryの略称で、玉手箱と同じ日本エス・エイチ・エル(SHL社)が提供しています。

能力検査と性格検査で構成されており、能力検査の分野は暗算・法則性・命令表・暗号の4つです。
CABを通じて測るのは、SEやプログラマーといった職業で重視される論理的思考力。図形に関する問題も多く、IQテストと類似する点が見られます。
テキスト全体の制限時間は95分。1問あたりの制限時間が短いこともあり早い処理能力が必要です。

対策ポイントは、過去問で予習を繰り返すこと。時間を意識しながら問題を解き、ペース配分を身につけることも大切だといえます。
出題傾向は5択が中心のため、直感で答える感覚も養っておくと良いでしょう。

▼関連記事
CABってどんなテスト?対象や内容について紹介
 

GAB

GABも、日本エス・エイチ・エル(SHL社)が提供している適性検査です。以前はマークシート形式がメインでしたが、Web版がリリースされた2012年以降はWebテストも復旧してきました。

GABの特徴は、言語分野において長文の設問が多く見られる点。CABのように図形の読み取りにくわえ、長文の読解能力も要求されます。
漢字や文法の知識というより、CABと同様に論理的思考力が問われるテストです。

1問ずつ時間をかけて考えれば解きやすい傾向にありますが、処理スピードも問われるため難易度が高いという声も。出題する企業はITや総合商社など幅広く、職種もさまざまです。

適性検査とはいえ難易度は高い傾向にあるGABは、問題形式も特徴的。まずは問題に慣れることから始め、実際に問題集を解くことをおすすめします。
その際も闇雲に解いていくのではなく、解答のスピードを上げることも念頭に置きましょう。

▼関連記事
どう対策する?WebテストGABの基本と特徴
 

TG-WEB

ヒューマネージ社が提供している適性検査です。あまり馴染みのない出題が特徴で、言語・非言語・英語・性格診断で構成されています。

言語の分野で出題されるのは、長文の読解や並べ替え、空欄補充などがメイン。抽象的かつ専門的な長文の設問も、TG-WEBの特徴といえます。
計数においては難易度が高い傾向にあり、暗号や展開図についての設問が出てきます。

TG-WEBを実施する企業の傾向として、応募者が数万人規模で集まるような大企業・有名企業が該当します。応募者が多いぶん絞り込みには有効的で、事前準備をしっかりと取っているかどうかも把握可能です。
事前準備は、応募者の志望熱意の表れと捉えることもできます。

TG-WEBは、対策なしで選考を通過するのは不可能という声が上がっているほど難易度が高いテストです。暗記が意味をなさない設問がほとんどで、解き方のコツをおさえたトレーニングを繰り返し行う必要があるでしょう。

ここまで適性検査の種類や対策法をまとめてきましたが、より詳しく知りたい方は就職エージェントの利用もおすすめします。
キャリアチケットは、新卒の就活をあらゆる角度からサポート。マンツーマンのカウンセリングから内定までを、トータル的に支えます。
企業の情報に精通している点も強みの1つ。新卒の就活は、キャリアチケットにお任せください。

▼関連記事
TG-WEBについて解説!あなたはもう対策しましたか?

キャリアチケットについて

キャリアチケットは、就活生の最高のキャリアスタートを支援するサービスです。

20社内定した学生の就活ノートがもらえる!