広告代理店の仕事内容を職種別に解説!やりがいや大変なことも

このページのまとめ

  • 広告代理店は媒体の数や取引先によって3種類に分けられる
  • 広告代理店の中での職種は主に3つあるが、どの職種も業務内容は幅が広い
  • 広告代理店で求められるスキルは、行動力や緻密性と正確性
  • 広告代理店ならではのやりがいは形になるよろこびや人脈
  • 広告代理店の大変なところは

広告代理店の仕事内容を職種別に解説!やりがいや大変なことものイメージ

広告代理店では、クライアントの依頼を受けてから、広告活動にかかる全てのサポートをしています。近年、インターネット広告の需要が急激に拡大していることによりデジタル広告に関わる職種を中心に採用件数は増加傾向にありますが、広告代理店ではどのような人材を求めているのでしょうか。職種や業務内容と一緒にみていきましょう。

広告代理店の種類

広告代理店では広告活動のすべてを成果に結びつけるまでのサポートをトータルして行います。広告代理店は媒体の種類や数・担当企業によって大きく3つに分けられるため、種類ごとにみてみましょう。

総合広告代理店

ありとあらゆる媒体と種類の広告を取り扱います。新聞・テレビ・ラジオ・雑誌、インターネットなど複数のメディアでアプローチしたい場合は総合広告代理店に依頼します。

専門広告代理店

1つの媒体に特化して広告活動を行う代理店のことです。新聞・雑誌・インターネットといった特定の媒体に特化しているため、強力なノウハウを持っています。

ハウスエージェンシー

特定企業の広告業務を専属して行う広告代理店のことです。大手企業の場合、広告コストの削減や秘密保持を行えるので、自社を専門に広告する代理店を持っていることがあります。

▼関連記事
就活生必見!広告代理店について徹底解説

LINE友だち登録をする

広告代理の主な職種と仕事内容

広告代理店での職種は大きく3つに分けられ、どの職種でも、取引先や担当者との調整やスケジュールの管理を行わなくてはなりません。職種によって、主な業務内容は異なりますが、どれも幅広い仕事内容を求められます。

営業職

広告代理店でクライアントの獲得から制作の調整・制作された広告の確認まで行う職種です。業務過程において、仕事内容は主に2つに分かれます。

企画の立案や提案

単独で案件を受注するだけでなく、競合する案件では、プレゼンやコンペを行って案件を獲得していきます。クライアントによって広告内容や予算が異なるため、マーケティング部門と協力して戦略を提案することが重要です。クライアントの広報担当者だけでなく、開発部門や経営部門の担当者とも連携が必要であり、総合窓口的なポジションといえるでしょう。

制作の進捗を管理

受注・獲得した案件を社内で共有し、制作部門や担当者と調整を行い、進捗状況をクライアントに報告・管理する業務です。クライアントの希望に沿って、内容・スケジュール・予算とマネジメントする必要があります。

マーケティング職

マーケティング職では広告を制作する前に、プレゼンに必要な戦略を立てる重要な職種です。大きく2つに分けられ、どちらも成功の鍵となる戦略に特化しています。

調査と分析

どんな広告を行えば、大きな反響を得られるのかといった市場や消費者の分析や調査を行います。戦略を立てる前に、説得力の持ったプレゼンを行うために、緻密な調査と分析を行い、データを取得して根拠を示す仕事です。

プランナー

調査と分析を元にして、課題解決のための戦略を練ることが仕事です。媒体や内容ごとにプランナーを持ち、それぞれ専門的に業務を行っています。

クリエイティブ職

営業部門がマーケティング部門と強力して獲得した案件を、最終的に表現する職種です。下記のように専門的分野に分かれることが多く、ほかの職種に比べて専門的な知識が必要です。

・コピーライター:キャッチコピーを作成する
・デザイナー:企画のターゲットや内容によってデザインを作成する
・イラストレーター:クライアントの要望に沿ったイラストを専門的に作成する
・アートデザイナー:デザインの責任者としてプロジェクトを指揮・管理する

美術大学や専門学校などで勉強やスキルを身に着けている方限定の応募もありますので、企業毎に調査してください。

▼関連記事
広告代理店とは?具体的な仕事内容や職種をご紹介

広告代理店の仕事内容に向いている人

業務内容は、上記のようにさまざまですが、広告代理店が求める人材の特徴をみていきましょう。コミュニケーション能力だけではなく、どのような部門においても求めている人材の特徴を紹介します。

行動力のある人

広告代理店では、すべての職種においてチームで進めるため、社内外問わず軽いフットワークが求められています。マーケティング職やクリエイティブ職であっても、各媒体の関係者や制作担当者との調整が多いため行動力は必要不可欠です。

情報収集能力のある人

新しい情報やトレンドに敏感で、強く関心と興味を持って情報を収集できる人材が求められるのも広告業界の特徴。Web広告やSNSの浸透や種類の増加によって、大きな変化に適応しながら情報をキャッチして成長していく必要があります。

緻密な戦略を練れる人

全ての職種において緻密な戦略を練ることが求められます。コンセプトやスケジュール・制作物のすべての項目ごとに戦略を練って共有するしていく必要があるためです。確実に成果が出せるような戦略練りながら、臨機応変に修正しながらチームで進めていかなければなりません。を練る必要があり、緻密さが求められます。

責任を持って仕事を遂行できる人

広告代理店での案件はチームで遂行され、担当部門や専門が異なるため、与えられた仕事を確実にこなす責任感が必要です。他人任せにしたり、明確な指示や目標を持たずに何となくで仕事を行ってしまうと雰囲気を重視して仕事を行うと、チーム全体に影響を及ぼすため、自分に与えられた仕事に対して責任を持って遂行できる人材でなくてはなりません。

LINE友だち登録をする

広告代理店での仕事内容を通じて感じられるやりがい

広告で扱う内容は多岐にわたり、時代や必要性に合わせて常にチャレンジすることが求められます。広告代理店で実際に働いている人はどのような点にやりがいをもっているのか見ていきましょう。

さまざまな業界のトレンドや情報・人と関わることができる

広告業界は、クライアントや取引先の業界や職種の幅が広い点では群を抜いています。最新のトレンドに常に触れる必要があるため、人脈や知識を常に広げられる環境に身を置くことにやりがいを感じる方も多いのです。

世間への影響力を実感できる

広告の持つ影響力はとても大きく、ニュースやトレンド情報でも大きく取り上げられることが多くあります。また、家族や友人からダイレクトに反響を得られることもあり、影響力を実感することが、仕事へのやりがいに繋がっていくようです。

イメージを形にできる

クライアントが広告に求めることは「新商品の知名度をあげたい」や「売上を伸ばしたい」といった課題を解決することです。制作によってイメージから形あるものにして発信する工程にやりがいを感じる方も多くいます。

広告代理店での仕事で大変なこととは?

人脈が広がることや影響力をダイレクトに実感できるというやりがいがある広告代理店の仕事ですが、その一方で大変なこともあります。広告手代理店ならではの苦労をみていきましょう。

広告の成果はシビアに判定される

広告の効果は、レポートという形に数字で判断されます。クライアントは、数値によって費用対効果などをシビアに判断して継続案件の発注を行うため、効果を確実に出さなくてはなりません。

制作物で表現方法を間違えてはいけない

不適切な表現を用いてしまうと批判が殺到する事態にもなりかねないため、使用する表現は慎重に選ぶ必要があります。炎上してしまった場合、クライアントの損失につながるだけでなく、広告活動を行えなくなることも。そのため多角的な角度から表現方法を検討し、広告活動を行わなくてはなりません。社会的な影響を与えるからこそ、厳しく判断されることを覚悟して取り組むことが必要です。

納期や調整によって働き方がハードになることも多い

広告するサービスや商品のスケジュールにあわせて仕事を進めなければならないため、納期前などは時間外勤務が発生することも多くなりがちです。クライアントや制作会社が主導となる過程においては、再調整が必要となったり、追加業務があったりと、多忙を極めることもあります。クライアントや制作会社との調整を行った結果、確認することや担当者ごとの調整など、多忙を極めることもあります。お付き合いや人脈やトレンドに触れる時間も、ときには必要となりタフに仕事を進めなくてはなりません。

キャリアチケットについて

キャリアチケットは、就活生の最高のキャリアスタートを支援するサービスです。