広告代理店の仕事内容は?やりがいと苦労

このページのまとめ

  • 広告代理店は、広告を出したい企業と、広告を掲載するメディアの仲介役を担う
  • 営業部門は、企画の立案や受注後のスケジュール調整を担当する
  • マーケティング部門は企画の骨子を作成するほか、広告効果の調査、分析を行う
  • クリエイティブ部門はデザインやコピーの作成を担当するが、外注することもある
  • アイデアが形になれば達成感があるが、複数のプロジェクトを同時進行する大変さもある

「広告代理店の仕事は楽しそうと思う反面、忙しくて大変そう…」と考えている就活生もいるでしょう。
広告代理店には営業やマーケティング、制作部門があり、部門によって業務内容は異なります。
ここでは、広告代理店の部門ごとの仕事内容ややりがい、苦労についてご紹介。当コラムを読み、広告代理店の仕事の特徴を把握しましょう。

広告代理店とは


広告代理店は、広告を出したい企業と、広告を掲載するメディアの仲介役を担います。
メディアの例として挙げられるのが、テレビ、新聞、雑誌、ラジオ、Webサイトなど。広告代理店は、クライアント(広告主)の依頼を受けて広告のプランニングを行い、必要に応じて制作会社に発注したり、広告枠を代理販売したりする役割があります。
広告代理店は総合広告代理店、専門広告代理店、ハウスエージェンシーの3種類に大別でき、それぞれの特徴は下記のとおりです。

総合広告代理店

総合広告代理店は、テレビ、新聞、雑誌などさまざまな種類の広告枠を扱います。1つの媒体にとらわれず、横断的にアプローチするのが特徴です。

専門広告代理店

専門広告代理店は、1つのメディアに特化した広告代理店です。インターネット広告を専門とするところもあれば、新聞の広告枠に特化した広告代理店もあります。

ハウスエージェンシー

ハウスエージェンシーは、特定の企業に専属する広告代理店を指します。ハウスエージェンシーを活用する企業は、広告のコスト削減や秘密保持を目的としているようです。

ここまで広告代理店の役割や種類をご紹介しました。
それぞれの広告代理店には営業、マーケティング、クリエイティブ(制作)といった部門があり、業務内容や役割は部門によって異なります。業務を円滑に進めるには他部門との連携が必須になるため、それぞれの部門の仕事内容や役目を知っておくことが大切です。

▼関連記事
広告代理店とは?具体的な仕事内容や職種

広告代理店の仕事内容:営業部門


広告代理店における営業職の仕事内容は、下記の2つに大別できます。

企画の立案・提案

他部門の担当者と協力しながら企画を立案し、内容が決まったら企画書をまとめます。
クライアント先では、営業職が主体となって企画を提案。ほかの広告代理店との競争(コンペ)になることが多く、その際は高い評価を得られれば企画が採用されることになります。

広告の制作

案件の受注が決まったら予算やスケジュールを調整し、制作を開始。クライアントの要望に沿った広告を制作できるよう、適宜ヒアリングを行いながら他部門と連携して作業を進めます。

広告代理店の営業職は上記のような仕事を行うため、計画力や提案力のほか、傾聴する姿勢などが求められるでしょう。

広告代理店の仕事内容:マーケティング部門


広告代理店のマーケティング部門では、下記のような業務を行います。

企画の骨子を作成

クライアントから広告の実施条件や目標を聞き、データ・数値に基づいて企画の骨子を作成します。目標の実現のためには何が必要なのか、なぜこの企画が必要なのかといったことを論理的に示すために、過去の資料やデータを調査・分析するのがマーケティング部門の役割です。

調査・分析

広告によるプロモーションやキャンペーンが行われた後は、効果があったのか、目標を達成できたのかを調査・分析します。ターゲットの認知度の変化や売上の増加など、目標に対する成果を分析するのが仕事です。

マーケティング部門で働く際は、データ分析に関する知識・スキルのほか、課題発見力、プレゼンテーション能力などが必要になるでしょう。

広告代理店の仕事内容:クリエイティブ(制作)部門


企業によって異なりますが、クリエイティブ部門では下記のような職種が広告を制作します。

・デザイナー:企画内容やターゲットに沿ってデザインを作成
・コピーライター:広告のキャッチコピーやボディコピーを考案
・イラストレーター:クライアントの要望に沿ってイラストを作成
・アートディレクター:デザインの責任者としてプロジェクトを指揮、管理

クリエイティブ部門では、他部門のアイデアを基にデザインを考えます。
受注したすべての広告を自社で制作するわけではなく、必要に応じてほかの制作会社に発注することも。外注の際は適宜情報共有を行い、協力して制作を進めることになります。

やりがいと大変なところ


入社後のミスマッチを防ぐためには、興味がある仕事について魅力的な部分と大変な部分の両方を知っておくことが大切。どちらも把握することで、「思い描いていたのと違う…」というギャップを減らすことができます。
まずは広告代理店の仕事のやりがいを確認しましょう。

自分の案が形になる

クライアントの要望やマーケティングに基づいてアイデアを出し、試行錯誤を繰り返す中で自分の案が世に出たときは、達成感があるでしょう。その広告がきっかけとなって商品やサービスへの注目度が高まれば、さらに喜びを感じられるはずです。

チームで協力して制作を進められる

前項でもご紹介したとおり、広告代理店で働く際は他部門との連携や他社との協力が必要になります。お互いの意見を尊重しつつ、より良い広告を制作できれば、やりがいを感じられるでしょう。

上記のようなやりがいがある一方で、大変なところもあります。

スケジュールが過密

複数のプロジェクトを並行して進めることが多く、進捗状況や締切を常に意識して作業を進めなければなりません。ときにはクライアントの依頼によって内容やスケジュールを急遽変更することもあり、その際は臨機応変な対応が求められます。

ミスへのプレッシャーが大きい

広告に誤植や不適切な表現があった場合、クライアントに損害を与えてしまうでしょう。広告は企業や商品・サービスへの影響力が大きいということを念頭に置き、常に責任感をもって制作する必要があります。

企業によって状況は異なりますが、広告代理店で働く場合、上記のようなやりがいと苦労があるでしょう。入社後に後悔しないよう、自分に合うかしっかり考えた上で応募してください。

「自分に向いている仕事が分からない」「アドバイスをもらいながら就活を進めたい」という方は、キャリアチケットに相談してみてはいかがでしょうか。
キャリアチケットは、新卒者の方を対象に就活支援を行う就職エージェントです。就活アドバイザーがマンツーマンでカウンセリングを行い、あなたに合うお仕事をご紹介します。
当サービスでは実際に取材した企業の求人を取り扱っているので、「仕事内容を事前に詳しく知りたい」「職場の雰囲気を知ってから応募したい」という方も安心です。
サービスのご利用はすべて無料。書類選考なし、1次選考免除といった特別選考フローもあるので、就活をスムーズに進めたい方はぜひご相談ください。

キャリアチケットについて

キャリアチケットは、就活生の最高のキャリアスタートを支援するサービスです。

カウンセリングで相談してみる

20社内定した学生の就活ノートがもらえる!