1 - 10 件を表示中

  • 株式会社ファンケル

    業種:化粧品・薬品・生活用品・日用品

    本社:神奈川県

    ファンケルグループでは、化粧品事業、サプリメント事業、発芽米事業、青汁事業、肌着事業を行っているほか、化粧品やインナーウェアを扱うブランド「アテニア」と、スキンケアブランド「ボウシャ」を展開しています。 化粧品事業では、スキンケア、メイク、ヘアケア、ボディケアにいたるまで、すべて無添加にこだわったものを開発。安心・安全であることはもちろん、肌ストレスを取り去ることで本来の美しさを引き出すサポートをしています。 サプリメント事業は、高品質で低価格というコンセプトのもと、体内効率や体内持続時間に着目し、独自性の高い製品を作っているのが特徴です。発芽米事業では、安全にこだわった国内産玄米を原料として使用し、生産履歴も公開しています。 幅広いファンケルの事業の根幹にあるのは「お客様に喜んでもらえるもの」「安心して使えるもの」。研究・検証を重ね、徹底した品質管理を行い、責任を持って提供できるものだけを取り扱っています。

  • 株式会社キャンバス

    業種:化粧品・薬品・生活用品・日用品

    本社:静岡県

    株式会社キャンバスは、抗癌剤の研究開発を行う創薬ベンチャー企業です。主に以下のようなセクションに分かれ、新薬の開発を目指しています。 ・基礎研究 同社独自のスクリーニングシステムを用いた新規抗癌剤候補の化合物の検索を行います。そのほかにも、候補化合物の最適化や、候補に選ばれた化合物の分子構造を徐々に変化させてより最適なものにしていくことを目指す部門です。 また、候補に選出され最適化されただけではその化合物の作用メカニズムはクリアーではないため、日々解析も行います。 ・薬効薬理研究 社屋にある簡易動物試験施設にて動物試験を実施。臨機応変な薬効薬理研究を可能としています。 ・臨床開発 臨床試験を円滑に遂行すべく、政府当局、臨床試験コーディネーター、担当医師、医療機関などとの対応や連携を担う部門です。 これらの優秀なチーム間の連携により、キャンバス独自の創薬アプローチを可能に。研究に日々しのぎを削り、癌治療へ大きく貢献している企業です。

  • 株式会社ツムラ

    業種:化粧品・薬品・生活用品・日用品

    本社:東京都

    株式会社ツムラの売上の約95%は、医療用漢方製剤です。40年以上にわたって質の高い漢方製剤をつくり続けており、市場の85%ほどを占めています。 同社が重点を置いているのが「高齢者・女性・がん治療」の3領域。食欲不振やしびれ、更年期障害といったあらゆる症状を改善すべく、漢方のエビデンスを確立することに力を注いでいます。 同社には漢方医学の知識だけでなく、西洋医学の法規や制度、倫理などを熟知したMRが多数在籍。専門性の高い知識を活かし、医療の一端を担っています。また、常備薬としてや予防医療のためには、漢方製剤の普及を促すヘルスケア部門の営業活動も必要不可欠です。

  • アンジェス株式会社

    業種:化粧品・薬品・生活用品・日用品

    本社:大阪府

    アンジェス株式会社では、有効な治療法がまだ存在しない疾患の方を対象とした医薬品を手がけています。遺伝子の動きを利用する新薬として開発されているのが「バイオ医薬品」という薬です。 1999年の設立以来、実用化に向けて取り組み続けている同社。これまで研究と開発に尽力してきた結果、次のステージへと進んだ治療薬もいくつかあります。 その治療薬を以下に挙げてみましょう。 ・HGF遺伝子治療薬(国内製造販売の承認申請を実施) ・ムコ多糖症治療薬「ナグラザイム」(国内販売中) ・核酸医薬「NF-kBデコイオリゴ」(開発中) ・高血圧を対象とした「DNAワクチン」(開発中)など 同社は、「遺伝子医薬のグローバルリーダー」を目指しつつ、多くの期待に応えられるように邁進中です。

  • ピジョン株式会社

    業種:化粧品・薬品・生活用品・日用品

    本社:東京都

    ピジョン株式会社が行っている主な事業は以下の5つになります。 ・国内ベビー、ママ事業 ・子育て支援事業 ・ヘルスケア、介護事業 ・海外事業 ・中国事業 国内ベビー・ママ事業では、これまで行ってきた哺乳研究や乳幼児発達研究をふまえた高品質な商品の開発を行ってきました。 子育て支援事業で大切にしているのは、安全・安心・信頼の3つです。さらに、「子供の育ちを第一に」という同社の考えの下でサービスや人材育成の拡充に努めています。 高齢化に伴い、社会から求められているヘルスケア・介護事業。新商品を投入したり、介護サービスの質を高めたりしながら施策を練っています。 海外事業・中国事業では、さまざまな国や地域へピジョンの商品を展開。高いブランド評価を得ている事業の一つです。 同社が展開している主な商品は、育児やマタニティ、介護用品など。同社では、商品の製造から販売、輸出入、保育事業などを行っています。 商品の中でもよく知られているのは、1946年から研究開発されてきたピジョンの哺乳瓶です。多くの赤ちゃんの成長と共に進化を遂げたアイテムになります。

  • 日本ロレアル株式会社

    業種:化粧品・薬品・生活用品・日用品

    本社:東京都

    ロレアルグループは、世界130カ国で主要32のブランドを展開する世界No.1の化粧品会社です。一般消費者向け製品から、百貨店向け製品まで、多彩なブランドポートフォリオでマーケットのニーズに応えています。スピーディーかつダイナミックな化粧品市場のトレンド・セッター&リーディングカンパニーとして、既成概念にとらわれない発想と分析力で業界をリードし、「美」を通じてお客様の人生を豊かにすることを使命とするのがロレアルグループです。 日本ロレアルは、ロレアルグループの中でも、アジア、グローバル市場の戦略的な拠点としての役割を担っています。そのため、本社をフランスに持ちながらも、国内に研究開発所と工場を有しています。日本の研究開発所は、アジアの同グループで唯一、基礎研究や評価など、化粧品開発の機能の全てを揃えた施設です。 化粧品の製造・販売事業などを行う日本ロレアルは、4つの事業部に細分化され各々のブランドを戦略的にサービス展開しています。 ■ロレアル リュクス事業本部 百貨店・路面店などを介して製品をお客様に届けるビジネス。製品に留まらず、美容部員の提供するサービスと共に「ブランド体験」を演出する点が特徴。 (ブランド例:ランコム、イブサンローラン、シュウウエムラ、キールズなど) ■コンシューマー プロダクツ事業本部 ドラッグストア、大型スーパー、バラエティストアを介して製品をお客様に届けるビジネス。競合がひしめき、接客の少ない売り場でお客様自身が製品を選ぶ環境であることが特徴。 (ブランド例:メイベリン ニューヨーク、ロレアル パリ、エッシーなど) ■プロフェッショナル プロダクツ事業本部 ヘアサロンを介して製品をお客様に届けるビジネス。美容のプロでもあるサロンに、製品のみならず、メニュー提案も行う。 (ブランド例:ケラスターゼ、ロレアル プロフェッショナル、アトリエメイド by シュウウエムラなど) ■アクティブ コスメティックス事業部 皮膚科・調剤薬局などを介して製品をお客様に届けるビジネス。敏感肌など特定のお悩みを抱えたお客様がターゲットの、医学的専門知識を兼ね備えたパートナーへのビジネス提案が特徴。 (ブランド例:ラ ロッシュ ポゼなど)

  • ユニリーバ・ジャパン株式会社

    業種:化粧品・薬品・生活用品・日用品

    本社:東京都

    ユニリーバ・ジャパンでは、食品・スキンケア・洗剤などといった分野において「ポンズ」「ラックス」「リプトン」といったブランドを展開。日本の消費者ニーズを素早くキャッチし、暮らしに寄り添った研究開発を行っています。例えば、のべ8万人以上の日本人女性の声を集めてできたラックスヘアケアシリーズがあります。ラックスヘアケアシリーズは、日本人女性が持つ髪の悩みを徹底的に分析し追求して生まれた商品です。近年では、ノンシリコン・シャンプー「ラックス ルミニーク」を発売しています。また、リプトンの紅茶は、販売する国や地域によってブレンドを変えているのが特徴です。もちろん日本で発売されるリプトンも例外ではありません。日本人の好みに合わせた紅茶のブレンドをティーエキスパートが行い、日本人が飲みやすく好きな味に仕上げています。 1964年にはユニリーバの日本法人として「ユニリーバ・ジャパン」が設立しました。東京の本社以外に、神奈川のユニリーバ・ジャパン開発センター、相模原工場、静岡工場などを事業所に持っています。ユニリーバ・ジャパンでは以下の事業を行っています。 ・ユニリーバ・ジャパン・カスタマーマーケティング株式会社 マーケティング及び営業、カスタマーサービス ・ユニリーバ・ジャパン株式会社 製品製造、品質管理及び品質保証 ・ユニリーバ・ジャパン・サービス株式会社 製品開発、技術サービス、購買・物流及び製品供給計画に関するグループ内サービス提供 ・ユニリーバ・ジャパン・ビバレッジ株式会社 清涼飲料のマーケティング ・ユニリーバ・ジャパン・ホールディングス株式会社 持株会社の経営管理・管理部門業務サービス

  • プロクター・アンド・ギャンブル・ジャパン株式会社

    業種:化粧品・薬品・生活用品・日用品

    本社:兵庫県

    プロクター・アンド・ギャンブルは、洗剤や紙おむつ、化粧品、小型家電製品など、暮らしに関わる製品とサービスを展開する日用品メーカーです。 ■営業統括 他社に自社品を売り込むのではなく、「ショッパー(お買い物客)基点」で提案し、いかに満足を提供できるか、どのように需要を創造できるか、というアイディアの提供を行います。 ■広報・渉外 社内外のコミュニケーションの最前線に立ち、メディア・消費者・専門家といった第三者を対象に活動します。製品広報・企業広報・お客様相談室のグループに分かれ、会社の口・耳・目となり事業拡大に貢献しています。 ■ヒューマンリソーシス ビジネスを理解し、目標達成に向けて戦略を立案・反映・実行していくことを担っています。組織担当業務やコーポレート業務に携わり、組織や個人への質の高い人事システムの提供やビジネスを拡大するための人材・組織戦略の役割を果たしています。 ■マーケティング 消費者の生活に密着してニーズを理解し、満足感や驚きを提供し続けるために、消費者に触れるメッセージ作りや包括的なマーケティングプランを立案し実行します。 ■研究開発 消費者の潜在的なニーズを理解し、時代を先取りした製品のアイディアを生み出し、開発します。 ■消費者・市場戦略本部 「消費者こそが私たちのボス」という理念のもと、消費者のニーズや市場動向に応え、ブランドが勝つビジネス戦略を作ります。 ■経営管理 株主や経営者の立場に立ち、収益性の高いビジネスモデルや財務戦略を立案。事業活動の収益性を最大化することが使命です。 ■情報戦略本部 プロクター・アンド・ギャンブルが価値を創造し続けるために、ビジネスニーズや情報テクノロジーの変化に注目し、ビジネスモデルの変革を目指します。 ■生産統括 ものづくりに関わるすべての業務を担い、消費者のニーズに合った商品を、適切な価格・品質で供給しています。

  • ファイザー株式会社

    業種:化粧品・薬品・生活用品・日用品

    本社:東京都

    ファイザーは、業界一の研究開発投資を行い、研究や臨床開発、最新の IT技術の導入など新薬研究に複合的に取り組んでいます。 日本では60年に渡り活動しており、循環器系、中枢神経系、筋骨格系、鎮痛・抗炎症系、感染症、がん、泌尿器系、眼科系、ワクチン、内分泌系などを含む幅広い疾患分野で事業を展開。ファイザー日本法人の医療用医薬品事業は「エスタブリッシュ医薬品事業部門」「イノベーティブ医薬品事業部門」「ワクチン事業部門」「オンコロジー事業部門」の4つのビジネス部門があります。 医薬開発では、優れた新薬を世界中に届けられるように取り組んでいるだけでなく、医薬品のリスク管理計画や患者さん向けの臨床試験結果などの公開も積極的に進めています。

  • ノバルティスファーマ株式会社

    業種:化粧品・薬品・生活用品・日用品

    本社:東京都

    ノバルティス ファーマは、医薬品の開発、輸入、製造、販売などを幅広く展開。循環器・代謝、がん、呼吸器、免疫抑制剤などの医療用医薬品や、眼科用医療機器やコンタクトレンズなどのアイケア、高品質かつ安価なジェネリック医薬品など、幅広い分野の製品を世界180カ国以上で提供しています。さらに、確実な治療法がみつかっていないアンメットニーズの革新的な医薬品や、QOL改善のための医薬品、症例が少ない病気の治療薬など、あらゆるニーズに対応しています。 研究から販売までの過程には「開発」「MSL」「生産技術」「MR」の4分野との関わりが必要不可欠となっています。 ■開発 製造販売の承認を得るために必須の臨床試験(治験)を実施し、用法・用量を検討し、有効性や安全性について調べます。臨床試験の実施計画立案や医療機関の選定・依頼・契約、モニタリング、結果の統計解析、報告書の執筆など、事務作業などを含め様々な内容の仕事があります。 ■MSL 特定の疾患領域において幅広い影響力を持つ専門家とコミュニケーションを取り、新薬の完成時から特許が切れるまでの長期間にわたり、製品価値の最大化を図る役割を担っています。開発や営業の部門とは独立して活動しており、専門家との対話の中から得た新しい気付きを提起し、製品の価値を高めています。 ■生産技術 日本市場に供給された製品を直属の工場でガイドラインに基づき最終検査を行い、市場に流す大切な役割を担っています。高品質な医薬品を安定して届けるために、GMPといわれる医薬品製造に関するガイドラインに守り、品質や生産効率の向上に努めています。 ■MR 医療用医薬品の適正な使用と普及を目的に医療機関を訪問し、有効性や安全性に関して情報提供したり、医療現場でしかわからない副作用情報を収集したりします。また、他の薬との相互利用や適正量など様々な質問を受けることがあるため、速やかに回答するのも仕事のひとつです。

今なら「面接対策ノート」がもらえる!