1 - 10 件を表示中

  • 日揮株式会社

    業種:プラント・エンジニアリング

    本社:神奈川県

    日揮の主な事業内容は、プラントや施設の建設サービスに関わるプロジェクトの遂行です。石油・ガス・LNG(液化天然ガス)などのハイドロカーボン分野を筆頭に、環境、医療などの一般産業、社会分野などの幅広い分野において、グローバルに事業を展開しています。 また、資源開発や電力・水事業への投資といった事業運営・投資事業にも進出。新たな可能性を求め発展を続ける、先進的な企業です。 日揮のプラント建設事業は、プロジェクトマネジメントを基盤として、設計(Engineering)・調達(Procurement)・建設(Construction)の3つの柱で構成されています。同社はこの頭文字から来る「EPC事業」をメインに企業を発展させてきました。 ■設計 日揮の技術者は、プロセス基本設計から各種プラント構成設備設計、空間設計に至るすべての分野に精通したプロフェッショナル。豊富な専門知識と最先端の設計ツールによる、高品質のプラントエンジニアリングサービスを提供します。 ■調達 プラントを構成する数万点もの機材の発注、工程管理や品質検査、そして建設現場への輸送といった一連のフェーズを一貫して遂行。機材選定に関しては、世界中の調達拠点からの情報を統合して最適なベンダーの選定・発注を行っています。 ■建設 スタッフ・建機・資材などの建設リソースを世界規模でマッチング。最短の工期と最小のコストで、安心・安全を保証した上でプラント建設工事プロジェクトを遂行します。長年の建設マネジメントノウハウを活かして、不測の事態にも的確に対処しながら建設サービスを提供しています。

  • ジェイエフイーホールディングス株式会社

    業種:プラント・エンジニアリング

    本社:東京都

    JFEホールディングスは、企業価値の最大化を目指し、グループ全体の戦略機能を担っています。「鉄」を中核として、エネルギー技術や資源リサイクル技術などいろいろな形で力を発揮し、社会に幅広く活かすべく事業を展開してきました。 ・JEFスチール 日本国内でも大手に位置する鉄鋼メーカーで、高い技術開発力を有する鉄鋼事業を担っています。技術力と開発力を最大限に発揮し、「オンリーワン・ナンバーワン」で付加価値の高い商品を製造販売しています。薄版や電磁鋼板、ステンレスなどを事業として展開するとともに、海外企業との提携を通して世界にも進出する事業です。また、独自技術を使用し、資源循環にも取り組んでいます。 ・JEFエンジニアリング 機械設備の製作や鋼製建築物の建設等、人々の生活と産業を支えるエンジニアリング事業です。都市環境・エネルギー分野を核とし、様々な資源を有効利用したクリーンエネルギー技術の提供を行っています。その他にも、橋梁やレール溶接などの鋼構造、エンジンやータービンなどを取り扱う産業機械の分野にもサービスを展開しています。流通システムやスマートアグリといったシステムやインフラ、アクアソリューションなども事業の一部です。 ・JEF商事 鉄鋼製品を中心に、国内取引や輸出入取引を行っています。鉄鋼製品の販売だけでなく、原材料や資機材も手がける事業です。加工分野では、自動車の鋼板加工や電気・電磁加工など顧客の製品づくりにおけるサポートも担っています。また、化学品や燃料、船舶といったものも取り扱っています。アジアを中心に、世界規模の活動ステージを持っています。

  • KYB株式会社

    業種:自動車・タイヤ

    本社:東京都

    1919年に創業したKYB株式会社は、油圧機器の開発を中心に発展してきました。 創業以来、振動制御技術とパワー制御技術の分野において、多種多様な製品を開発出荷。現在は主に、油圧緩衝器と油圧機器、システム製品を製造開発しています。 下記に、それぞれの分野における製品を列挙してみましょう。 ◆油圧緩衝器 四輪車用:ショックアブソーバ、サスペンションシステム、ステイダンパ 二輪車用:フロントフォーク、オイルクッションユニット その他:鉄道車両用セミアクティブサスペンションシステム、オイルダンパ、建物用免制震オイルダンパ、フリーロック ◆油圧機器 産業用:ポンプ、モータ、シリンダ、バルブ 四輪車用:パワーステアリング、CVT用ベーンポンプ 航空機用:離着陸装置、操舵装置、制御装置 ◆システム製品 特装車両:コンクリートミキサ車、粉粒体運搬車、剪定枝粉砕処理車、特殊機能車 装置製品:シミュレータ、油圧システム、舞台機構、トンネル掘削機、艦艇機器 その他:電子機器 これらの事業商品は、国内に留まらず外国でも多くのニーズがあります。

  • JUKI株式会社

    業種:半導体・電子・電気機器

    本社:東京都

    JUKI株式会社では、工業用・家庭用ミシンを展開する縫製機器&システム事業と、産業装置や修理、パーツ共有などを行う産業機器&システム事業が展開されています。 メインとされているのは工業用のミシン事業です。 世界でもトップシェアを誇り、性能はもちろん、生産向上や脱技能化、品質向上などさまざまなラインソリューションを強みにしています。 工業用ミシンの種類は約2,000機種。用途や素材、顧客のニーズに沿って多様性のあるラインナップで取り揃えています。 縫製工場では、技術指導やセミナーを実施。また、トラブル時の対応や生産性を上げるためのコンサルティングなどにも対応し、安定した品質を保持しています。 サポートにあたるのは、的確に問題を解決するプロ集団です。世界各地に配置され、安定した品質を生産性を提供しています。 工業用ミシンの生産工場は、日本に2箇所、中国に2箇所、ベトナムに1箇所の計5箇所を稼働。その中でも中心となっているのは、日本の大田原工場です。 さらに、マザー工場として、マネジメント教育や生産工法、品質管理手法などを行い幹部候補生の教育の場も担う拠点となっています。 技術革新が広がる中、同社でも「スマートファクトリー」へと転換する動きもあり、顧客ニーズへの対応が求められているようです。

  • 信越化学工業株式会社

    業種:化学・素材・繊維

    本社:東京都

    信越化学工業は世界最大規模の塩化ビニル樹脂メーカーです。塩化ビニル樹脂やシリコーン、電子・機能材料などの日用品から、宇宙開発に携わる素材や技術の提供まで行っています。 「素材と技術を通じて暮らしや産業、そして社会に貢献すること」という理念にある通り、化粧品用シリコーンゲル化剤や世界でもトップレベルの性能を誇る粒界拡散合金法を使ったレア・アースマグネットの開発など、世界を大きく変える卓越した技術力を保有しています。1960年にポルトガルへ生産拠点を設けたことで海外事業への一歩を踏み出し、現在では海外売上比率の高水準を保つなどグローバルな展開力があります。米国、欧州、日本といった主要な3大市場には大型の生産能力を持ち、塩ビや半導体シリコン、合成石英では世界でトップクラスのシェアを誇っています。製品は日用品だけではなく、人工衛星に搭載するための電子機器や部品の装着にも使われるなど宇宙開発にも貢献しています。 「これまでの常識を超える製品をつくる」という目標の元、研究開発にも余念がなく、主力事業の強化および潜在的なニーズの追求、先取りした技術革新による新製品開発に取り組んでいます。信越化学工業では営業、開発、製造が三位一体になったモノづくりを実施しており、顧客のニーズに寄り添った独自の研究開発体制を設けています。営業部門が得た市場ニーズはそのまま開発部門へと伝えられ、それが研究テーマとなります。開発部門はテーマに沿った素材の開発を行い、製造部門と連携しながら量産化へ向けた研究開発を行います。それらの独自の研究開発体制をより効率的に行うため、すべてのR&D拠点は工場敷地内に集結しています。

  • 株式会社IHI

    業種:重電・産業用電気機器

    本社:東京都

    株式会社IHIの取り扱い事業は「資源・エネルギー・環境」「社会基盤・海洋」「産業システム・汎用機械」「航空・宇宙・防衛」の4つです。 「資源・エネルギー・環境」の事業では、低炭素化社会の実現を目指しています。現に、航空エンジンを転用したガスタービン発電設備は、低NOx型の高効率ガスタービンを採用し、CO2とNOxの排出量削減を実現しました。 「社会基盤・海洋」では、貴重なエネルギー資源として注目されているLNGの洋上対応に力を入れています。同社が生み出した船用LNGタンクは、高く評価されています。 「産業システム・汎用機械」で、特に力を入れているのは、自動車用ターボチャージャー。国内トップシェアを誇り、今日までに4,000万台以上生産されています。近年では欧米でのニーズが高まってきているので、今後ますます拡大するでしょう。 「航空・宇宙・防衛」では、日本のジェットエンジン業界のトップシェアを担っています。宇宙開発においては、小型衛星へ柔軟に対応できる、次世代の固体燃料ロケット「イプシロン」が注目を集めています。

  • 大成建設株式会社

    業種:建設

    本社:東京都

    大成建設株式会社は、建築・土木や住宅・不動産、都市・海洋開発といった分野での事業を行っています。日本を代表するゼネコンとして、街の創造・インフラ整備に携わり、人々のより良い暮らしや社会を支えるという義務を果たします。 他社に先駆け2009年10月には環境問題に対する専門部署「環境本部」を設置し、環境関連事業にも真摯に取り組んでいます。また戦後、国内初の海外プロジェクト「ホテルインドネシア」をはじめとする多くの海外事業が展開されています。世界最高水準の技術レベルを支える研究開発においては、建設ICT実験棟や津波造波装置といった技術センターを設け、更に高機能かつ高付加価値な技術を必要とする業界をリードしていくための研究開発に務めています。

  • 清水建設株式会社

    業種:建設

    本社:東京都

    清水建設は、オフィスや医療・福祉施設、教育・文化施設など多種多様な建物を設計・建設しています。集合住宅施設などにも携わり、商品開発や技術開発、維持管理などライフサイクルに関わりのある様々な分野にわたって、次の世代に受け継がれる価値のある住まいづくりを行っています。 また、ダムや橋、道路や空港、鉄道の建設などの土木事業にも大きく貢献しており、豊富な施工実績や技術を残しています。 ほかにも清水建設は、民間の資金や経営能力などを利用して公共施設等の建設・運営などを行うPFI事業や、不動産に関わるソリューション・パートナーを目指した投資開発、「21世紀型安心社会の実現」を目指して10年後を見据えた技術研究などを行っています。

  • 新日鐵住金株式会社

    業種:鉄鋼・金属・鉱業

    本社:東京都

    新日鐵住金は、2012年に新日本製鐵と住友金属工業が経営統合をし誕生。その結果、国内第1位、世界第2位の鉄鋼メーカーになりました。鉄の機能や使い方を極め、良質で均質な商品の製造に高い評価を得ています。 製鉄事業を展開する新日鐵住金は、橋梁、鉄道、石油・天然ガスの採掘、火力・水力・原子力発電所などの社会インフラ整備に注力する一方で、自動車、電機・家電、容器などにも製品が使用されており、下記はその中の一部です。 ・橋梁 東京ゲートブリッジや明石海峡大橋などの大プロジェクトにも参加。高い強度を誇る鋼線が明石海峡大橋のケーブルに使用され、東京ゲートブリッジではコストパフォーマンスにも優れた高強度・高性能の鋼材が使用されています。 ・鉄道 国内の車輪・車軸シェア率100%の鉄道部門は、レールにおいてもその高い技術力を発揮。世界一の硬さを誇るレール製品は、長期的な視野で利用できるライフサイクルコストにも優れています。 ・自動車 鋼鉄メーカーとしての高いノウハウを活かして、自動車製品の製造だけでなく設計、加工と車づくりに対する一貫したソリューション技術を発揮。グローバル供給体制を国内外に拡充させています。 ・電機 洗濯機や冷蔵庫などの家庭用家電に使用されるステンレス製品や、システムキッチン、照明器具などの住宅設備・オフィス設備向けの製品まで幅広いラインナップを取り揃えています。 新日鐵住金は、お客様のニーズや環境問題など社会的ニーズに対応した技術開発にも力を入れており、大河内賞など各賞の受賞もしています。

  • 株式会社日立製作所

    業種:半導体・電子・電気機器

    本社:東京都

    「優れた自主技術・製品の開発を通じて、社会に貢献する」を理念とする日立製作所の事業は、冷蔵庫やエアコンなどの家電製品から電力、情報・通信システムなどのインフラづくりまで多岐に渡ります。 特にインフラ事業は、生活インフラと共に医療、製造などの分野で国内外を問わず高い功績をあげています。地形を活かした風力発電システムの開発や鉄道システムの開発などの実績を持ち、アジアだけでなく今後は北米への事業拡大を計画。インフラ技術とIT技術を組み合わせた社会イノーべション事業を通じて、世界中へソリューションを提供していく考えです。

今なら「面接対策ノート」がもらえる!