1 - 10 件を表示中

  • 株式会社SUBARU

    業種:自動車・タイヤ

    本社:東京都

    SUBARUは、自動車事業と航空宇宙事業の2つの事業を軸に開発を行っている企業。 自動車部門では、1958年に発売された「スバル360」を皮切りに、安全性能、走行性能にこだわったクルマづくりを行っています。 2010年には自社のクルマであるレガシィに追突事故を防ぐ運転支援システムを搭載。2014年にはさらに性能をアップした「EyeSight(ver.3)」をレヴォーグに搭載するなど、「誰もが安心して運転できるクルマ」にこだわった開発を続けているのが特長です。 航空宇宙部門では、日本の航空宇宙産業をリードする、グローバルに存在感のあるブランドを目指した開発を実施。国際共同開発にも参画し、2015年にはボーイング777X事業への参画も決定しました。その他、JAXA向けの「無人超音速試験機」や、防衛省向けの「無人偵察機システム」「無人機研究システム」などの開発にも積極的に取り組んでいます。

  • スズキ株式会社

    業種:自動車・タイヤ

    本社:静岡県

    二輪車や四輪車・電動車両・船外機を中心として、あらゆる人々の快適な暮らしに役立つ製品を生産・販売しているスズキ。 地球環境にやさしい製品づくりを目指し、ハイブリッド車やディーゼルエンジン車・電気自動車などの環境対応車の開発を進め、低燃費・低公害化技術の開発を加速させています。 また、国内外の人々から高い評価を得ているスズキの製品。徒歩や自転車などでの移動に不安を抱える方のための「スズキセニアカー」や、低床・大開口設計で大きな荷物が積みやすい「スペーシア」、カーオブザイヤーを受賞した「新型スイフトスポーツ」など、女性から男性まで、お年寄りから若者まで、スズキの製品は世界中のあらゆる人々の支持を集めています。 海外では「エスクード」や「SX4」、「A-star」といった世界戦略車を次々に投入することで、「コンパクトカーのスズキ」という地位を確立。 環境と人にやさしい製品の開発に、全従業員が力を注いでいる企業です。

  • マツダ株式会社

    業種:自動車・タイヤ

    本社:広島県

    マツダのメイン事業は自動車の製造と販売。 主要製品は四輪自動車で、一般車両のほかにも軽トラックなどの商用・特装車や福祉車両を扱っています。 1920年の設立より広島に拠点を置いており、販売会社は国内外合わせて約350社。 2017年3月期の世界販売台数はおよそ160万台(うち国内約ひ20万台)と、世界的な評価の高さが伺えます。 また、世界各地に研究拠点を置いて、それぞれの市場特性に合わせた商品開発を推進。 運転のサポートを行う安全技術や使用エネルギーに配慮した環境保全技術の研究・開発にも積極的です。

  • NOK株式会社

    業種:自動車・タイヤ

    本社:東京都

    NOK株式会社の主な事業はシール製品や工業用機能部品、油空圧機器などの製造、仕入、販売と機器器具設置工事。 潤滑油や薬液などが機械のすきまから漏れるのを防いだり、ホコリや土埃の侵入を防いだりするオイルシールの国内シェアNo.1企業です。 自動車の部品として大手自動車メーカーと取引があるほか、機器部品として各方面のメーカーに信頼されている同社。 事業所は国内に8ヶ所(17支店)、海外にはアメリカ、ヨーロッパ、アジアの各地に展開しています。 シール技術を活用した機能部品事業をメインに、複写機に使用されるロール事業にも進出を果たしている部品メーカーです。

  • アルパイン株式会社

    業種:自動車・タイヤ

    本社:東京都

    アルパイン株式会社は、カーエレクトロニクスをメイン事業としている企業です。カー製品に特化しており、音響機器や情報通信機器などを手がけています。アルプス電気株式会社が親会社であり、アルプスグループの一員として、より快適な生活インフラの実現に向けた取り組みを実施。スピーカーやカーナビ、オーディオなど様々なプロダクトを創出されています。多数の車メーカーに対応できる製品で、ユーザーの利便性を高めているのが特長の一つです。常にユーザー目線でのものづくりに尽力されており、相談窓口へ寄せられる意見から製品開発や品質の改良に取り組むケースも。顧客満足度調査における継続的な改善で、ユーザーにとってより良い製品を提供されています。また、アフターサービスにもこだわりを持ち、ワンストップの修理フローを実現。ユーザーのニーズに近づくための努力を積極的に推進している企業です。

  • GMB株式会社

    業種:自動車・タイヤ

    本社:奈良県

    GMB株式会社は、独立系の自動車部品メーカーです。ユニバーサルジョイントやバルブスプール、サスペンションなどの駆動・伝達系部品のほか、ウォーターポンプやファンクラッチなどのエンジン部品などを取り扱っています。 新車用と修理用の両方のマーケットに向けて製造・販売を実施。国内外問わず、顧客のニーズに幅広くお応えしている企業です。 現在では、以下のような事業部が存在しています。 ・設計、開発 コストを意識した設計の開発や3DCADを駆使した製品の設計を実施する。 ・生産技術 工法や工程設計、支援、設備管理などを担う。 ・品質管理 品質確保に向け、品質基準の立案や設計、品質検査や分析などを行う。 ・資材、生産企画 国内外への資材の仕入れのほか、効率良く製品を生産できるよう企画を立案する。 ・営業 製造している製品を国内や海外に向けて営業展開する。 セクションごとに業務の内容は異なりますが、1つの作業に複数のスタッフが関わります。周囲とのコミュニケーションを取りながらうまく恊働している企業です。

  • TPR株式会社

    業種:自動車・タイヤ

    本社:東京都

    TPRグループの一員としてカー業界を支えているTPR株式会社。自動車の部品製造を主軸事業として展開されています。 自動車関連の製品、サービスは内装、外装、パワートレイン、足回りの部品ほか多数取り扱っており、機械関連の製品にも注力。 それだけでなく、住宅設備や生活・サービスの領域でも活躍されています。 ◆自動車 ・ピストンリング ・シリンダライナ ・バルブシート ほか多数 ◆機械 ・自動車検査、整備用機械 ・パワーシステム ・空調機器 ほか多数 ◆住宅設備 ・エクステリア ・電装製品 ◆生活、サービス ・建設 ・介護 ・保険 ほか ◆新分野 ・キャパシタ ・特殊鋳肌製品 新領域にも積極的に参入し、業務領域を拡大している企業です。

  • KYB株式会社

    業種:自動車・タイヤ

    本社:東京都

    1919年に創業したKYB株式会社は、油圧機器の開発を中心に発展してきました。 創業以来、振動制御技術とパワー制御技術の分野において、多種多様な製品を開発出荷。現在は主に、油圧緩衝器と油圧機器、システム製品を製造開発しています。 下記に、それぞれの分野における製品を列挙してみましょう。 ◆油圧緩衝器 四輪車用:ショックアブソーバ、サスペンションシステム、ステイダンパ 二輪車用:フロントフォーク、オイルクッションユニット その他:鉄道車両用セミアクティブサスペンションシステム、オイルダンパ、建物用免制震オイルダンパ、フリーロック ◆油圧機器 産業用:ポンプ、モータ、シリンダ、バルブ 四輪車用:パワーステアリング、CVT用ベーンポンプ 航空機用:離着陸装置、操舵装置、制御装置 ◆システム製品 特装車両:コンクリートミキサ車、粉粒体運搬車、剪定枝粉砕処理車、特殊機能車 装置製品:シミュレータ、油圧システム、舞台機構、トンネル掘削機、艦艇機器 その他:電子機器 これらの事業商品は、国内に留まらず外国でも多くのニーズがあります。

  • 株式会社TBK

    業種:自動車・タイヤ

    本社:東京都

    株式会社TBKは、ブレーキやエンジン部品の企画・開発・設計を手がけている企業です。車両業界や建設機械業界を支える存在として活躍。車両メーカーやエンジンメーカーと共に考察し、新しい製品の制作に注力しています。 新製品は社会に送り出される前に、ベンチテストという性能・耐久試験を実施。厳しい試験を通過した製品のみが信頼性を得ることができると考え、数々のテストが行われています。 特に、高い信頼性が求められているのが、トラックやバス、トレーラー、産業機械などのブレーキシステムです。 同社のドラムブレーキという製品は、国内チェア率70%を超え、日本の大型車メーカー内で高く評価されています。 また、国際的な安全基準にもしっかり対応し、時代に沿った開発にも注力するなど、専門メーカーとして社会に役立つ企業として邁進中です。

  • トヨタ自動車株式会社

    業種:自動車・タイヤ

    本社:愛知県

    トヨタ自動車は、自動車の生産・販売の他にもレンタカー、カーリース、中古車販売などの事業、住宅事業、金融事業、e-TOYOTA事業、マリン事業、バイオ・緑化事業、新規事業開発など様々な事業を展開しています。自動車の生産に関しては、家庭用コンセントで充電できるプラグインハイブリッド車や、電気や燃料電池自動車など、次世代のクルマの開発を進めているほか、環境、安全、エネルギー問題などの解決に向けても、率先して取り組んでいます。販売に関してはトヨタ店、トヨペット店、カローラ店、ネッツ店の4つの販売店で取扱車種の異なる商品を販売しています。

今なら「面接対策ノート」がもらえる!