説明会で聞いておきたい質問とは?NG例の特徴もご紹介

このページのまとめ

  • 仕事内容に関する質問は、前もって自分の価値観や気になる部分を明確にしておく
  • 求める人物像について聞くときは、その理由まで踏み込む
  • 人間関係や職場環境を聞く前に、「どんな働き方をしたいか」を考えておく
  • 給与や雇用制度について聞くときは、「知りたい理由」も一緒に伝える
  • 「自分だけが対象」「自己アピール過多」「調べれば分かること」「ネガティブな内容」は避ける

会社説明会での質問の機会は、企業に対する疑問や詳細を聞く絶好のチャンスです。とは言え、「質問の内容が思いつかない」「お給料や残業について聞いても良いの?」と悩む就活生も多いでしょう。

このコラムでは良い質問やNGな質問について例を挙げてご紹介。質問時のポイントを分かりやすく解説しています。ぜひ参考にしてみてください。

仕事内容についての質問例

仕事内容に関して質問をするときは、仕事に対する自分の価値観や気になる部分を明確にし、具体的に聞くことが大切です。下記に例を挙げてみました。

・1日のスケジュールを教えてください
・仕事のやりがいは何ですか
・入社後に必要なスキルは何ですか
・どのようなモチベーションで仕事をしていますか
・入社前と入社後で仕事への印象は変わりましたか

生活リズム、モチベーションの維持方法、身につけられるスキル、入社後の印象の変化など、人によって仕事に抱く不安や疑問、期待は異なります。こういったことを事前に聞いておくことで、自分との相性が見極められるでしょう。

また、実際に働いている社員の意見や感想を聞くことは、志望動機の参考にもなります。

企業が求める人物像についての質問例

自己PRの参考にしたければ、下記のように企業が求める人物像についての質問がおすすめです。

・求める人物像と、その理由を教えてください

ポイントは「そういった人物を求めている理由」まで踏み込むこと。例えば、「求める人物像は?」という質問に対して「チャレンジ精神が旺盛な人」と相手が答えたとします。これだけでは「自分にはチャレンジ精神がある/ない」としか適性を判断できません。

ところが、「チャレンジ精神が旺盛な人を求めています。グローバルに事業を展開する弊社では未開拓地への進出も多く、未知の場所でもひるむことなく活躍できる人物が望ましいからです」と理由がセットになっていた場合はどうでしょう。

企業が本当に求めているのは「未開拓地でも活躍できる人」であり、「チャレンジ精神旺盛」とはその解釈の一つに過ぎないことが分かってきます。理由まで聞くことで、「語学が得意」「留学経験」「環境への順応力」など、その他の武器が見えてくるでしょう。

また、企業が人材に求めている資質や基準を知りたい場合には、下記の質問を参考にしてみてください。

・活躍している人たちの共通点は何ですか
・会社で活躍するにはどんなスキルや素養が必要ですか

こういったことを質問することで、自己PRを作成する際のアピールポイントが分かりますし、必要な資格やスキルがあれば、選考までの間に取得することも検討できます。

社内の人間関係や職場環境についての質問例

入社後にギャップを感じないためにも、質問を通して社内の人間関係や職場環境を知っておきましょう。下記にいくつか例を挙げてみました。

・社員間での交流はどれぐらいありますか
・どのような点に「働きやすさ」を感じますか
・職場の男女比はどれくらいですか
・産休育休を取得している社員はどれぐらいでしょうか

質問をする前に、「仕事とプライベートをきっちり分けたい」「結婚後も働き続けたい」などのように、自分がどんな働き方をしたいのか考えることが大切です。その上で、相手から具体的な答えが得られる質問を心がけましょう。

給与や雇用制度に関する質問例

就職するにあたり給与や雇用制度は大事なことです。入社前に把握しておきたければ聞いてみましょう。この場合、下記のように「知りたい理由」を前置きすることをおすすめします。

・空いた時間で資格の勉強をしたいため→毎月の平均残業時間はどれぐらいですか
・仕事とプライベートでメリハリをつけたいため→有給の取得率はどれくらいですか
・健康管理に気をつけたいため→利用できる施設やサービスはありますか

残業や有給取得率についての質問はネガティブなイメージがありますが、入社後に「こんなはずでは…」となってしまってはお互いに不幸です。ダイレクトな聞き方を避け、背景を伝えた上で質問しましょう。

会社説明会でのNG質問とは?

次に、会社説明会でNGな質問をチェックしていきましょう。歓迎されない質問にはどういった特徴があるのでしょうか。

自分だけが対象な質問

まず最初に挙げられるのは、下記のような「自分だけが対象な質問」です。

・○○の経験のある人の採用実績はありますか
・私の△△というスキルを活かせる部署はありますか

企業は公を対象に会社説明会を開催しています。そういった中で得た質問の機会を、個人にしかフィードバックのない内容にしてしまうと、あまり印象が良くないことを覚えておきましょう。

自己アピール過多な態度や質問

限られた時間の中での質問は、自己アピール過多とならないように注意が必要です。

「自分ばかり何度も質問する」「前置きや自己紹介が長い」などのふるまいは、他の就活生や企業の社員にストレスを与えます。結果的に全員の機会や時間を奪ってしまい、歓迎されません。

質問回数はほどほどにし、簡潔に分かりやすく内容をまとめ、マナー違反とならないように配慮しましょう。

調べればすぐに分かる質問

企業がすでに情報を提供しており、Webサイトや業界誌などで調べればすぐに分かる下記のような質問も控えることをおすすめします。

・昨年の売上高を教えてください
・現在進出している国はどこですか
・従業員数はどのぐらいですか

このような質問は企業に対する研究不足という印象を残してしまい、志望度が低いとみなされる可能性が高まります。また、答える社員や他の就活生にとっても無駄な時間となりかねません。企業の基本情報は前知識として調べてから臨みましょう。

企業が答えにくい質問、ネガティブな質問

また、下記のように企業が答えにくい内容や、ネガティブな内容の質問は避けておきましょう。

・入社後はどこに配属されますか
・新卒社員の離職率を教えてください

「現時点では答えようがない」質問は誰にとっても得となりませんし、「離職率」のようなマイナスイメージを聞くのは印象が下がります。

説明会の質問は、身になる情報を引き出せるような内容を心がけましょう。

「説明会には参加したけど、このあと何をすれば良いの?」「選考までの間にしっかり準備できるか不安」など、悩みや迷いを抱えている人はキャリアチケットを利用してみてはいかがでしょうか。

キャリアチケットは新卒者を対象に就活支援サービスを行っています。あなたのペースに合わせ、性格や能力に適した企業をご紹介。プロのアドバイザーが親身に寄り添い、就活をサポートします。

キャリアチケットについて

キャリアチケットは、就活生の最高のキャリアスタートを支援するサービスです。

\ただいま月4回開催中!/失敗OKの選考会はこちら

\その他サービスについて/サービス概要はこちら

について

キャリアチケットは、就活生の最高のキャリアスタートを支援するサービスです。

\ただいま月4回開催中!/失敗OKの選考会はこちら

\その他サービスについて/サービス概要はこちら

カウンセリングで相談してみる

20社内定した学生の就活ノートがもらえる!

お電話からカンタン登録 !

無料

0120-962-647

受付時間:平日/土曜 9:00 ~ 18:00