どうしても緊張する!就活の面接を乗り切るコツとは?

就活の面接ではほとんどの人が緊張してしまうでしょう。それは決して悪いことではありません。 しかし、過度の緊張によって面接で本来の力が発揮できないのでは勿体ないです。 ここでは、緊張する原因や面接で緊張を和らげるための対処法などをご紹介。どうしても緊張して失敗してしまう人は、参考にしてみてはいかがでしょうか。

目次

就活の面接…なぜ緊張してしまう?

そもそもなぜ就活の面接で緊張してしまうのでしょう?以下のような原因が挙げられます。

・今後の人生を変える出来事だから
就活とは人生において大きなイベント。自分の今後がかかっていると思うと緊張してしまうものです。

・初対面との人との会話が苦手
そもそも人見知りだと言う人は、初対面の人と話さなければいけない面接のような場は気が重くなりがちでしょう。

・品定めされているように感じてしまう
面接とは本来、企業と求職者がお互いがミスマッチでないか見る場所です。しかし受ける側からすると、どうしても自分が品定めされているように感じて居心地が悪く感じる場合も。

・独特の空気感がある
面接会場というのは独特の空気感があります。それをプレッシャーに感じる人も多いでしょう。

・自分を良く見せようとしてしまう
内定を貰おうとするあまり、企業に自分を良く見せようとしてしまうことも緊張の原因。
「こう言わなければいけない」「何をしてはいけない」と必要以上に気負いすぎても緊張してしまいます。

面接で緊張しないための対処法は?

面接とは多くの人が緊張するもの…ですが、失敗しないためにも緊張を緩和する対処法を知っておきましょう。

まず、就活の面接で緊張することは悪いことではありません。自分だけでなく誰でも緊張するもの、という意識を持ちましょう。
「自分なら大丈夫」「自分ならできる」と心のなかで繰り返すことや、「ここで失敗しても人生が終わるわけではない」とある程度は楽観視してしまうことも、緊張しないコツです。

また、緊張状態にある身体へも対処しましょう。
面接の前に軽い柔軟体操などで強張った身体をほぐしたり、気持ちを落ち着かせるために深呼吸をすることも効果的です。
さらに、自分が緊張していることをオープンにしてしまうのもひとつの手段。言葉にすることで心が軽くなることもあります。「緊張していますか?」と聞かれた際に「第一志望なので緊張しています」などと答えてしまうのも良いでしょう。

なにより、本番で過度に緊張しないためには事前のシュミレーションが大切です。
模擬面接やセミナーなどで練習を繰り返したり、積極的に面接を受けて雰囲気に慣れたりして、事前の対策を万全にしておきましょう。

面接での失敗例も把握しておこう

どんなに対策をしても、面接で全く緊張しないというのは難しいでしょう。
ただ、よくある失敗例を把握しておけば、準備や練習などの対策もできます。

・回答中に質問内容を忘れてしまう
緊張しすぎて、話している途中に質問された内容を忘れてしまうケースです。

・ビジネスマナーを間違えてしまう
ノックや椅子に座るタイミングなどの基本的な面接のマナーを忘れてしまうことも。
あらかじめしっかり確認しておき、できれば模擬面接などで練習しておきましょう。

・軸のブレた回答をしてしまう
企業選びの軸や就活における軸、志望動機などはしっかり固めておきましょう。

・逆質問が出てこない
逆質問は意欲をアピールするチャンスです。「特にないです」などの答えは「うちの会社に興味が無いのでは」と思われてしまう可能性も。

・上手くコミュニケーションができない
真顔になってしまう、姿勢を正し忘れるなど、緊張からコミュニケーションが上手くとれなくなることもよくあるようです。

・練習した内容以外の質問に上手く答えられない
あまり話す内容を決めつけ過ぎても、その通りにいかないと混乱してしまいます。

キャリアチケットについて

キャリアチケットは、就活生の最高のキャリアスタートを支援するサービスです。

\ただいま月4回開催中!/失敗OKの選考会はこちら

\その他サービスについて/サービス概要はこちら

について

キャリアチケットは、就活生の最高のキャリアスタートを支援するサービスです。

\ただいま月4回開催中!/失敗OKの選考会はこちら

\その他サービスについて/サービス概要はこちら

カウンセリングで相談してみる

20社内定した学生の就活ノートがもらえる!

お電話からカンタン登録 !

無料

0120-962-647

受付時間:平日/土曜 9:00 ~ 18:00