就活で使う自分史の書き方が知りたい!どんな内容が好ましい?

このページのまとめ

  • 自分史とは、自己形成を明らかにするためにこれまでの経験をまとめたもの
  • 自分史を作ることで、自己分析や就活の軸に活用できる
  • 自分史は表にまとめる書き方がおすすめ
  • 自分史の書き方は、カテゴリー別にまとめて箇条書きにするのが基本
  • 自分史の書き方で悩んだら、過去の日記や他己分析を活用しよう

就活で使う自分史の書き方が知りたい!どんな内容が好ましい?のイメージ

就活の自己分析をより効果的にするのが、自分史の作成。「自分の歴史」と捉えられる自分史ですが、就活においては「これまでの経験をまとめたもの」と捉えるのが一般的です。細かい自分史を作成すれば、自己分析や自己理解、就活の軸に大いに活用できるでしょう。このコラムでは、自分史の概要から具体的な書き方、内容に悩んだときのコツをまとめています。就活の第一歩として、自分史を作成してみましょう。



 

自分史とは

自分史とは、「今の自分はどうやって形成されたのか」を明確にするため、過去を振り返ったものを指します。就活では、「自分のこれまでの経験をまとめたもの」と認識すると良いでしょう。
エントリーシートや面接では、「自分の性格」「強み・弱み」「モチベーション」を問う質問が頻出。これらの答えを出すために、自己形成のポイントとなった出来事を遡る目的で作成します。

自己分析とは

自分史と似た作業に「自己分析」があります。
自己分析とは、言葉どおり自分を分析すること。これまでの経験、自分の考え方などをまとめたうえで「どんなスキルがあるか」「強みや弱みはなにか」「どんなキャリアプランを描いているか」など、自分がどんな人間なのかを明らかにするのが目的です。
自分史との違いは、「分析するかどうか」といって良いでしょう。自分史は、あくまでも「これまでの経験をまとめる」のが目的。いっぽう、自己分析は「自分を分析する」のが目的です。後述しますが、自分史は自己分析に非常に役立つため、自己分析の一部と捉えることもできるでしょう。

▼関連記事
就活で活かせる!「自分史」についてご紹介



 

就活で自分史を作る理由

前述したように、これまでの経験を振り返って自分について改めて知るのが、自分史を作成する理由です。

自己分析に活用できる

自分史を作成することで、これまでの経験や経験から得た気づき、自分の強みや弱みといった部分が明らかになります。これらの情報は、自己分析に大いに活用できるでしょう。

就活の軸がはっきりする

就活の軸とは、就職先を選ぶ際の基準になるもの。軸が明確になっていないと企業選びが難航したり、選考でブレた回答をしたりしてしまいます。また、就労条件や職場環境など、経験とは関係のない理由で就職先を選ぶと早期離職に繋がりやすいため、自分史から見える「経験に基づいた軸」を定めましょう。

自分の行動パターンが分かる

過去の経験を洗い出すことで、自分の行動パターンが判明することも。たとえば、中学校から高校卒業までずっと同じ活動を続けていれば「忍耐力がある」「責任を持って取り組む」、多くの経験をしていると「新しいことに挑戦するのが好き」「行動力がある」といった行動パターンが読み取れます。

より有効な自己アピールができる

自分史から過去の出来事を確認し、そのときに起きたことや感じたことを深堀りすれば、自分への理解が深まります。自己理解が深まれば、書類や面接でより有効な自己アピールが叶うでしょう。
企業は、自分に対して理解が浅い就活生は採用しません。自分を理解することで、どんな点がアピールになるのか、自分を採用するどどんなメリットがあるのかを、根拠とともにアピールできます。

▼関連記事
自己分析のやり方は?簡単に行える方法をご紹介



 

自分史の基本の書き方

自分史は、「実際に取った行動」と「その理由」を掘り下げながら書くのが基本。また、表にまとめると、年代やカテゴリーごとに振り返りがしやすいのでおすすめです。

過去を書き出す

書き出すのは小学校・中学校・高校・大学。また、各年代に「頑張ったこと」「部活・習い事」「趣味」「辛かったこと・失敗」などカテゴリーを作成します。
表ができたら、各項目を埋めていきましょう。事実を簡潔に、箇条書きで記してください。

エピソードの深堀り

書き出しが終わったら、さらに各エピソードについて深堀りを行います。過去にあったことをまとめるのが自分史の目的ではありません。過去にどんなことを経験し、その経験から何を得たのか・感じたのかまでまとめるのが重要。下記を参考に掘り下げてみましょう。

・なぜその経験をしたのか(始めたきっかけ)
・どんな気持ちだったか
・その行動を取った理由
・印象に残っていること
・振り返った感想

各エピソードの共通点をまとめる

エピソードに対して深堀りを行ったら、共通点を探します。共通点があれば、それは「自分が大切にしていること」や「行動パターン」と捉えることができるでしょう。「小学校で皆勤賞を取った」「バイトで勤務態度を表彰された」といったものがあれば、それらから「意思が強い」「真面目」「体調管理ができる」などの自分の性質が見えてきます。
また、「中学校では美術部」「高校では水泳部」などの大きな変化が見られる箇所にも着目し、なぜ文化部から運動部に入ったのか、そのきっかけや背景などを探ってみると自己分析が進むでしょう。
共通点から判明した結果は、企業選びの軸や強み・弱みに反映させます。

自分史は自己分析の一環ですが、企業によってはエントリーシートに記載を求める場合も。提出書類に自分史を書く際は、「自分の性格・能力」とそれを裏付ける「出来事」が分かるように注意しましょう。

▼関連記事
「強み」と「弱み」の質問はどう答えたら良い?回答のコツや例文を紹介!



 

自分史の書き方のコツ

自分史は、作成するのがゴールではありません。作成した自分史をもとに、自己分析や企業選び、志望動機などに活用するのが目的。以下に、自分史の書き方のコツをまとめました。どのような観点に注目すればいいか悩む場合は、参考にしてください。

カテゴリーやテーマで分ける

書き始める前に、エピソードを分類するカテゴリーを作っておくと便利です。「勉強・部活・習い事」「趣味・遊び」「家族・友人」「環境」など、特に決まりはないので、自分が分類しやすいテーマを準備してみましょう。また、前項で紹介したように表にまとめると確認しやすいのでおすすめです。

日記やSNSを参考にする

過去の日記やSNSの投稿を参考に自分史を作成してみましょう。そのときの素直な気持ちや印象が書き記されている可能性が高いため、エピソードの深堀りに役立ちます。

第三者に評価してもらう

自分だけで過去を振り返ると、主観的になったり特定の経験を避けてしまったりと、正確な自分史が作成できない恐れも。第三者の視点から分析することで、自分では気付けない観点や結果が見つかることもあるでしょう。家族や友人など、自分以外の人にも意見を求めてみてください。



 

キャリアチケットについて

キャリアチケットは、就活生の最高のキャリアスタートを支援するサービスです。