自己分析とは何のためにする?やり方や準備するもの

このページのまとめ

  • 自己分析では就活における適切な求人探しができる
  • 面接に強くなるメリットがある
  • 気軽にできる自己分析のやり方がある
  • 自己分析の結果は就活に繋げることが大切

就活生なら必ずやっておくべきだと言われている自己分析。自己分析は何のためにするのでしょうか。また、実際にやり方が分からないという方のために、自己分析について特化した記事をご紹介します。

自己分析って何のためにするの?

自己分析を行う目的として第一にあるのが、面接において自己アピールができるようにすることです。
そのほかにも、就活においてさまざまなメリットがあります。

面接で自分のことを紹介できる

性格

自己分析は、自分自身がどのような性格か知ることができます。自分では気づかなかった長所や短所など、多角的に見ることが可能です。
また、仕事への取組み方や考え方、価値観などが分かります。
就活において、自分を分析することは非常に大切な要素なのです。

自分に合う仕事探しができる

自分の特性を知ることにより、自分に合った職業選びが上手になります。
職種や企業などをリサーチする時点から、冷静に判断することが可能になるでしょう。
自分が本当にやりがいを感じられる職業なのか、長く続けられる職業なのかを考えることができるため、ミスマッチを防げるといったメリットも挙げられるでしょう。

自分の強みを知ることができる

自分のことが分かると、自分のどの部分がアピール要素になるのか明確になります。
また、自己PRや志望動機などを考える時に内容をしっかりと固めることができるため、就活がスムーズになると言われているのです。

自己分析のやり方とは?

自己分析を実際に行うために、何の準備が必要なのでしょうか。また、どのようなやり方で実践するのかをご紹介します。
やり方は複数あるので、自分に合った方法で試してみると良いでしょう。

自己分析用ノートを活用

自己分析用ノートは、書店で購入することができます。ネットでも販売しているので、就活で忙しい方はネット購入がおすすめです。
自己分析ノートの種類は多様ですが、自分自身が各項目に該当するものを選択したり、自己の考えを引き出したりできる内容が主な構成でしょう。
ノートを自分自身で作り上げていく過程が楽しいという人が多く、人気の高い就活アイテムです。

ネットで自己分析ツールを活用

ネットで自己分析ツールについて、調べるとさまざまなツールがあります。
項目が多く、内容が充実しているツール選びが大切でしょう。自己分析ツールは主に、質問に沿って当てはまる内容にチェックしていくといった流れで、比較的簡単に行うことが可能です。より自分自身を深く知ることができるでしょう。

自分史ノートを作る

準備するのはノートとペンのみ。
あとは自分で書き出します。書き出す内容としては主に、以下の通りです。

・自分が今まで一番頑張ったこと
・なぜそのことに全力を尽くせたのか
・どんなことに感動するのか
・やりがいを感じられることは何か
・今まで困難に感じたことは何か
・自分の意欲を掻き立てた出来事
・自分を変えようと思った出来事
・どんなことに落ち込むのか
・挫折した時、這い上がる根性はあるか
・嫌なことがあっても前向きに考えるタイプか
・将来どのようになりたいか
・人に関心を持つことがあるか
・自分のことに興味があるか
・得意分野
・友人は自分の性格を何というのか
・家族は自分の性格を何というのか

主に上記のような項目を書き出し、自分自身を振り返り、見つめながら回答を出していきましょう。
じっくりと考えながら仕上げていく過程で、自分はどんな人なのかを知ることが可能です。
また、経験を掘り下げていく中で、適切な職種を見つけることもできるでしょう。

自己分析をする時の注意点

就活のために自己分析をする際は、いくつかの注意点があります。
以下の注意点を意識しながら、自己分析をすると良いでしょう。

短所や欠点ばかりを探さない

自己分析を行う中では、自分の嫌な部分を発見することがあります。
しかし、マイナス面だけを見ると就活において自信を失ってしまうことがあるので要注意です。
たとえ失敗した経験でも、それをどのように乗り越えたかに重点を置き、マイナス面の中からプラス面を見ましょう。
ポジティブ思考を意識して取り組むことが大切です。

主観や思い込みだけで自分を判断しないようにする

自己分析の各質問を回答する時、客観的に見ることを心がけましょう。
独りよがりな回答ではないことが大切です。
周囲にどんな影響を与えたか、どんな反応だったかなどを念頭におきましょう。
自己分析は、自分を客観的に見ながら特徴を分析していくことに意味があります。

本音で分析していく

企業の求める人物像に合わせたり、経験を偽って良い結果になるように仕向けることは避けましょう。
全く意味のない自己分析になり、適切な職種を探すのも困難になります。
応募企業の求める人物像にマッチした回答を作り上げ、内定をもらえたとしても、後々「仕事内容が合わない」「社風と合わない」など、ミスマッチが生じることになり兼ねません。
自己分析は、本来の自分を発見するために行うためのものということを頭に入れておくことが重要でしょう。

自己分析から就活に繋げる

自己分析をして満足するのではなく、それを就活に結び付けましょう。
自分の強みをどんな仕事で活かしたいか、どんな職種が実力を発揮できるのかなど。就職後、実際にその職種で起こり得るトラブルや得られれる魅力などを想定しながら行うことが大切です。

新卒に特化した就活エージェントを活用

キャリアチケットは、新卒専門の就活支援事業を展開。就活経験が浅い方はもちろん「まだ何も始めていない」という方でも気軽に相談できるサービスを提供しています。

自己分析もできる

キャリアチケットなら、就活に焦点を当てた自己分析を行うことが可能です。
「自分を客観的に見るってどうするの?」「第三者の意見が欲しい」など、ひとりで自己分析を行うことに不安がある方も是非、活用してみてください。

キャリアチケットについて

キャリアチケットは、就活生の最高のキャリアスタートを支援するサービスです。

20社内定した学生の就活ノートがもらえる!