自己分析の就活セミナーって?概要と参加するメリットをご紹介!

このページのまとめ

  • 就活において、自分自身への理解を深める自己分析は必須
  • 自己分析を行い企業選びの軸を定めることで、自分に合った企業を見つけやすくなる
  • 就活では自分を企業に売り込むために「自分がどのような人物か」把握する必要がある
  • 自己分析セミナーは座学と実践、フィードバックの構成で行われる
  • 就活セミナーでは就活専門のアドバイザーなどプロの講師に指導してもらえる
  • セミナーは就活の一部であるため、身だしなみには注意が必要

自己分析の就活セミナーって?概要と参加するメリットをご紹介!のイメージ

「自己分析セミナーって?」と興味をお持ちの就活生は多いのではないでしょうか?自己分析セミナーでは、自己分析の基礎から学び、実際に自己分析をした後にフィードバックが行われます。就活の基礎ともいえる自己分析について総合的に学べるため、セミナーでの経験を活かせば、アピール力の高い自己PRを作れるようになるでしょう。このコラムでは、セミナーの内容や、参加するメリットをご紹介します。
 

自己分析とは?

自己分析とは、自分の過去を掘り下げて分析し、自分自身への理解を深めることです。
今までに熱中してきたことや挫折したことを振り返り、それらを「なぜ?」と行動原理の追求を行うことで、特性を見極めます。
この手順を繰り返すことで、自分の価値観や自分の得意なこと、苦手なことが見えてくるようになります。

自己分析が必要な理由

就活を始めるにあたって、自己分析が必須とされているのには理由があります。ここでは、まず「自己分析を行う理由」を確認していきましょう。

企業選びの軸を定めるため

まず1つめに、自分がどのような企業に応募するかを定めるため、という点が挙げられます。
自分の好きなことや得意なこと、苦手なことといった特徴を知ることで「どのような仕事に興味を持っているか」「どのような仕事に向いているか」が見えてくるでしょう。
自己分析を行うことで、自分にはどのような企業が合うのかが明確になり、「企業選びの軸」が定まります。企業選びの軸が決まることで、就活を効率的に行うことが可能です。
この企業選びの軸が定まらないまま、自分に合わない企業にばかりエントリーしてしまうと、企業とのマッチングがうまくいかず、内定が出づらくなってしまう恐れがあります。
仮に内定をもらえて入社しても、自分に合わなければ早期退職に至る恐れも。こうしたミスマッチを防ぐために、自己分析を行う必要があるのです。

企業に自分を伝えるため

2つめは、自分がどのような人物なのかを企業に伝えるためです。
自分について自分で分かっているつもりでも、言葉に出して説明しようとすると案外難しいもの。自己分析で自分のこれまでの経験や価値観を掘り下げていくことで「自分がどのような人物か」客観的な理解が深まります。
また「自分は○○な人間です」と話す際に、過去の経験など具体的なエピソードを加えることで説得力が増します。

▼関連記事
自己分析のやり方は?簡単に行える方法をご紹介
 

自己分析セミナーの内容3点

ここでは自己分析セミナーの内容を3つに分けてご紹介します。

1.座学

まずはじめは座学で講義を受けることが多いです。自己分析の概要や押さえておきたいポイント、具体的な方法などが詳しく解説されますので、しっかりメモを取りましょう。
さらに、専用のワークシートを利用し、自分の過去のできごとなどを文字に起こして振り返ります。こうして講義で学んだすぐ後に自己分析を実行できるため、自己分析への理解が深まるでしょう。

2.自己分析の発表

ワークシートを用いて作成した自己分析を、参加者同士で発表します。ほかの参加者の自己分析も聞けるため、就活の参考にすると良いでしょう。

3.フィードバック

自己分析の発表後は、フィードバックを受けるのが一般的です。フィードバック相手は参加者同士であったり、講師が直接フィードバックしたり、その両方などセミナーごとで異なります。
ほかの参加者の自己分析も聞けるため、参考になる部分も多いでしょう。
フィードバックをもとに自分の自己分析を振り返り、ブラッシュアップを目指してください。
 

自己分析セミナーに参加する4つのメリット

自己分析セミナーにはメリットが多数ありますので、積極的に利用して自身の就活に活かしましょう。
ここでは4つのメリットをご紹介します。

1.自己分析のやり方を基礎から学べる 

自己分析セミナーは、自己分析の方法に特化したセミナーのため、基礎から実践までトータルで学べます。また、就活専門のアドバイザーなどプロの講師に指導してもらえることもメリットの1つです。自分だけでは気付けない社会人の視点によるアドバイスが得られ、自己分析を効率的に進められるようになる効果が期待できます。

2.ほかの就活生と交流できる

自己分析セミナーに参加することでは、ほかの就活生と交流できます。そうすることで、刺激を貰えますし、ほかの就活生がどのような自己分析を行っているか知ることができるのもメリットの1つでしょう。
また、知り合いを増やし人脈を広げられれば、就活に役立つ情報を手に入れられるチャンスになる可能性があります。

3.ぶれない就活の軸ができる

セミナーで自己分析をしっかり学ぶことで、自分の思い描く将来が明確になり、ぶれない就活の軸が作れます。就活の軸が定まらないと、企業とのミスマッチにより不採用が続いたり、うまく入社できても自分に合わなかったりする恐れがあるのです。
自己分析に合わせた業界や企業を選べるようになることで、就活の軸が定まり、自分に合った企業が見つかるようになるでしょう。

4.自己PRの説得力が増す

自己分析セミナーに参加することで、自己PRの説得力が増す効果が期待できます。
自分のアピールポイントを見つけるには、自己分析を行い自分を知ることが重要です。自己分析セミナーでは「自己PRで重視するポイント」を企業視点で教えてもらえることが多いため、採用担当者に好印象の自己PRを作成できるようになるでしょう。
また、自己分析を通して自分の過去を振り返ることで「なぜそれが自分の自己PRだといえるのか」という理由になるエピソードも見つかるはず。そのエピソードを加えることで、より説得力の高い自己PRが完成するでしょう。

▼関連記事
就活セミナーってなに?おすすめのイベントの特徴と活用法をご紹介!
 

自己分析セミナー参加時に向けて準備するもの

ここではセミナーに参加するにあたって、準備しておくと良いものをご紹介します。

セミナーの予約

セミナーにはWebサイトで事前に参加予約ができるものと、直接イベント会場に向かって参加するものがあります。
しかし、予約せずに直接会場に行くタイプのセミナーでも定員数は決まっているため、「行ってみたけれど参加できなかった」ということも。そのような事態を避けるためにも、予約可能なものを選ぶことをおすすめします。

セミナーに着ていくスーツ

服装に悩む人も多いですが、服装について何も書かれていない場合、男女ともにリクルートスーツが基本です。企業の選考と同様の身だしなみを目指すと良いでしょう。
「服装自由」と記載のあるセミナーであれば、私服で参加しても構いません。その際はオフィスカジュアルを心がけましょう。Tシャツやジーンズ、サンダルなどはラフすぎる印象を与えるので、どのような場合でも避けてください。
また、「服装自由」であってもスーツ着用の参加者の方が多いことが予想されます。私服の参加者が少ないことで、自分が浮いてしまうこが心配であれば、スーツを選んだほうが無難でしょう。

セミナーの持ち物

持ち物は、参加表(事前プリントアウトがあれば)、筆記用具、スケジュール帳、腕時計、ハンカチ・ティッシュなどです。そのほか、セミナー開催側から持参するよう指示のあるものがあれば、そちらも忘れないようにしましょう。
 

キャリアチケットについて

キャリアチケットは、就活生の最高のキャリアスタートを支援するサービスです。

20社内定した学生の就活ノートがもらえる!