新卒必見!就職セミナーで学べることや参加前にしておくべき準備を解説

このページのまとめ

  • 就職セミナーは新卒の就活に必要になる、企業研究や自己分析の方法などを学べる場
  • 「企業研究」「業界研究」「自己分析」「面接対策」などさまざまな種類の就職セミナーがある
  • 新卒で就職セミナーに参加する人は、事前に基本的な知識を身につけておく
  • 当日の服装は、新卒なら基本的にリクルートスーツが無難
  • 持ち物は「筆記用具」「ノート」「スケジュール帳」「ハンカチ」「腕時計」など

新卒必見!就職セミナーで学べることや参加前にしておくべき準備を解説の画像

就職セミナーは、就活において役立つ情報を得られるイベントです。会社説明会とは異なり、就活の進め方そのものに関することを学べます。「どのように会社を選べば良いか分からない」「面接に対する苦手意識を克服したい」など、就活に関するお悩みを持つ新卒生の方にとって、有益な場となるでしょう。当コラムでは、この就職セミナーの概要や、参加前にしておきたい準備などを解説します。

就職セミナーとは?

就職セミナーとは、就活の際に必須となる、業界研究や面接などについて学べるイベントのこと。多くの場合、参加型の形式となっており、質疑応答の場が設けられています。

新卒向けのイベントとしては、就活セミナーの他に、「会社説明会」「合同説明会」などがあります。これらは、該当する会社の業務内容や待遇など、採用に関する説明をしてもらう場であり、会社によっては参加することで選考に有利になるケースもあるようです。一方、就職セミナーは、選考に直結することはありません。あくまで、就活に関する知識を得るための場となっています。

就職セミナーの4つの種類

就活セミナーにはいくつか種類があり、その種類によって学べる内容も異なってきます。以下では、主な就職セミナーの種類と学べることをご紹介。これらを参考に、自分の目的に合ったセミナーを選択しましょう。

1.企業研究セミナー

企業研究の方法を詳しく学べます。採用の可能性を高めることはもちろん、自分に合った企業に就職し、長期的に活躍するためにも、企業研究は欠かせません。企業の特徴を的確に把握することは、自分と企業の相性を見極めることに繋がるからです。企業研究をどのように進めていいか分からないという方は、企業研究セミナーへの参加を検討してみてください。

2.業界研究セミナー

同じ業界内の企業の位置関係、比較方法など、業界研究の進め方について知ることができます。すでに目指す業界が決まっている人はもちろん、業界が決まっていない人も、業界ごとの特徴を知れる良い機会となるでしょう。面接においては、頻出する質問である「なぜ同業他社ではなく、うちの企業なのか」という問いに答える際にも役立ちそうです。

3.自己分析セミナー

自己分析に特化したセミナーもあります。自分自身のことが分からない、または言語化するのが難しいという方に向けて、具体的な自己分析の方法や、自己アピールの仕方などを教えてくれます。また、自分に向いている仕事が分からないという人も、的確な自己分析を行うことによって、目指す方向性が固まる可能性は高いです。

4.面接対策セミナー

面接対策セミナーでは、面接突破のコツを学べます。面接に苦手意識を持っている人は、自信を持って面接に臨むためにも、面接対策セミナーの受講を検討してみましょう。中には、模擬面接会など、本番さながらの面接練習を行えるイベントもあるようです。

▼関連記事
面接対策セミナーとはどんなもの?参加するメリットや注意点を徹底解説

参加する際に準備しておきたいこと

就職セミナーに限らず、企業説明会や合同企業説明会などでもそうですが、大切なのは参加すること自体ではなく、参加によって何を得るかです。「周りが参加しているから、とりあえず自分も」と、目的も無く参加するのは、時間の無駄遣いになってしまう可能性があります。参加するからには、できるだけ有意義な時間を過ごせるように、以下のような準備を整えておきましょう。

事前に自分で調べておく

就職セミナーを受講する際は、前もって自分で情報収集し、予備知識を持っておきましょう。「セミナーで説明してもらえるのだから、自分で調べる必要はないのでは?」と思われるかもしれませんが、基本的な知識を持っていたほうが理解力は高まります。
また、企業研究セミナーに参加する場合は、気になる企業をいくつかピックアップしておくと良いでしょう。各企業の特徴を把握する方法が身につけば、自分が惹かれる企業の共通点を把握でき、企業選びの軸を見つけやすくなるからです。

疑問に思ったことをメモしておく

就職セミナーは、基本的に、学生の主体的な参加が求められます。多くの場合、質疑応答の時間が設けられるため、自分で調べていて分からなかったこと、講義を受けて出てきた疑問などは講師に質問することが可能です。下調べの段階で疑問に思ったことは、忘れないようにメモしておきましょう。

就職セミナーに参加する際の服装は?

就職セミナーに参加する際、気になるのが「どのような服装がふさわしいのか」という点。結論からいうと、基本的には黒のリクルートスーツが無難なようです。

服装の指定が特にされていない場合

服装について何も書かれていない場合、男女ともにリクルートスーツ着用が基本です。指定がないので、スーツ以外の服装で行っても問題ないのですが、多くの参加者はスーツを着用していることが予想されます。自分だけ私服着用の場合、やはり居心地の悪さを感じてしまうことになるため、無難にスーツで参加しましょう。スーツおよび靴とバッグの選び方は、会社説明会や面接などと同様です。もちろん、髪型や髪色などの身だしなみ、清潔感も含まれます。

服装自由と記載されている場合

参加予定のセミナーに、服装自由の記載があった場合でも、スーツ着用が無難とされています。どうしてもスーツの着用が嫌という場合は、オフィスカジュアルを心がけましょう。スーツを着用している参加者が多くても、悪目立ちする心配がありません。
また、私服指定されている場合は、Tシャツにジーンズなどのラフすぎる格好や、露出の多い派手な格好は避け、オフィスカジュアルをベースとした落ち着いた服装を選ぶようにしてください。

▼関連記事
就活セミナーでの髪型は何が良い?人事目線の正解を考えよう

就職セミナーに持っていくものをチェック!

最後に、就職セミナー当日に持っていくものを確認していきましょう。就職セミナーに必要なものとしては、以下が挙げられます。
 
・ペンなどの筆記用具
・ノートやメモ帳
・スケジュール帳
・ハンカチ、ティッシュ
・腕時計
 
もし参加予定のセミナーから持ち物を指定されているのであれば、それに従ってください。女性の場合、万が一電線してしまったときのために、換えのストッキングを持っていくのも良いでしょう。

キャリアチケットについて

キャリアチケットは、就活生の最高のキャリアスタートを支援するサービスです。