自己PRの長さはどれくらいがベスト?面接を成功に導くアピール法とは

このページのまとめ

  • 面接の自己PRの長さは基本的に1分以内で300文字以内が理想
  • 自己PRを考える際は要点を絞り、長さに気をつけ簡潔にまとめることを心がける
  • 面接本番では堂々とした態度で、面接官との円滑なコミュニケーションを意識する

面接では避けて通れない自己PR。どれくらいの長さで話すのが適切なのか悩んでいる就活生は多いのではないでしょうか。
自己PRで理想的とされる長さを知っておけば、内容をスムーズに考えられます。面接は、限られた時間の中で自分の魅力を伝えきれるかが重要なポイントです。
長さ別の自己PR例文も併せてご紹介するので、当コラムを参考に面接の準備を整えましょう。

自己PRの適切な長さの目安は?

面接で効果的な自己PRをするために、まず一般的な長さの目安を知っておきましょう。
面接が終わった後に「長く話しすぎたかも…」「短すぎたかも…」と後悔しないよう、適切な時間内でまとめることが大切です。

1分以内が理想的

自己PRは、1分以内に収めるのが理想的です。聞いている側も話している側もストレスを感じにくい長さとされており、後に続くやり取りも円滑に進められます。
自己PRを話す際は、この1分という時間を意識しましょう。ただし、あくまで一般的な目安であり、企業によってはさらに短い時間内で話すことを求められる場合もあります。

文字数はおよそ300文字

自己PRは事前に用意する必要があるため、「1分以内」というだけでは難しさを感じるのではないでしょうか。
1分以内の自己PRは、文字数で換算するとおよそ300文字になります。自己PRを考える時は、300文字以内に収まるように内容を整理しておきましょう。内容をまとめ終わったら、実際に声に出して読んでみるとイメージをつかみやすくなります。

企業によって目安の時間は異なる

先程も述べたように、企業によっては1分よりさらに短い「30秒以内」や「20秒以内」の自己PRを求められる場合もあります。そのため、話す時間に応じてまとめたものをいくつか用意しておくと安心です。
自己PRは、短い時間の中でいかに自分を的確にアピールできるかが勝負になります。
企業側が明確な時間を明示してきた場合は、その能力を特に重視していると考えて臨んだほうがいいでしょう。

自己PRで効果的なアピールをするためには?

自己PRは時間内に収めるだけでなく、面接官に響く内容でなければいけません。
効果的な自己PRを仕上げるコツを下記にまとめているので、内容を考える時に参考にしてください。

実績よりも自分の強みを伝えよう

自己PRには何か大きなことを成し遂げた実績や、華やかな功績がないといけないと考えていませんか?
企業が自己PRで重視しているのは実績そのものではなく、その体験から見える人となりや強みです。派手な経歴や実績がないからといって、「自分にはアピールできることがない…」と諦めることはありません。
物事の大小関係なく、自分の長所をアピールできるエピソードを選ぶのがポイント。自分では当たり前のこと、小さなことだと思っていても、第三者から見たら長所となる可能性があるので、思いつく限りのエピソードをピックアップしていきましょう。
ただし、見栄を張って嘘をつくのは悪印象を与えてしまうので、禁物です。

自己分析をしっかりやっておこう

自己PRをする上で、自分を知っておくことは必要不可欠です。エピソードを選ぶ際は、自己分析を徹底的に行いましょう。
まずは自分のこれまでの体験を振り返り、何かを成し遂げたことや継続的に続けていることなど、いくつか洗い出してノートにメモしていきます。学生生活やアルバイト、日常的な趣味など、どんな些細なことでも構いません。その中からいくつかピックアップし、行動の動機や喜びを感じた瞬間、体験を通して学んだことなどを掘り下げていきます。
たとえば、エピソードにサークル活動を選んだ場合は、「なぜそのサークルに入ろうと思ったのか」「目標を達成するためにどのような努力や工夫をしたか」「大変なことや失敗をどのように乗り越えたか」「なぜその瞬間に喜びを感じたのか」というように、深掘りしていく方法が効果的です。
1つのエピソードに対して自問自答を繰り返していくことで、自ずと自分の長所が見えてくるでしょう。

結論から述べる

相手に物事を伝える際は、まず最初に結論を述べましょう。結論から話しておくことで、その後の内容も頭に入りやすくなります。
自己PRの場合は、「私の強みは◯◯です(簡潔に結論)」→「学生時代は◯◯で、このような結果にたどり着きました(裏付け)」→「この体験を御社でもこのように活かしていきたいと思います。(再度結論)」という流れで構成するのがベストです。
自己PRだけでなく、就職活動全般、さらには社会に出てからも役立つので、「結論から伝える」ということを常に意識しておくといいでしょう。

要点を絞って簡潔にまとめる

自己PRは内容を詰め込みすぎず、要点を絞って簡潔にまとめるのがポイントです。伝えるエピソードやアピールポイントは応募先の企業に合わせ、1つに絞ってまとめましょう。
「あれもこれも」と複数のエピソードを同時に詰め込もうとすると内容が散漫になってしまい、相手に伝わらないので、要注意です。内容を簡潔にまとめることで、自分の強みをしっかり伝えることができます。

時間別の自己PRの作成例

企業によって要求される自己PRの長さが異なる場合があるため、時間別に準備しておきましょう。自己PRの時間が違っても、上記で説明した「強みを伝える」「自己分析をする」「結論から書く」「要点を絞る」という4つのポイントは変わりません。
それらを踏まえた例文を時間ごとにまとめたので、自己PR作成時に参考にしてください。

1分以内で収める場合の例文(300文字程度)

私の強みは、物事に真摯に取り組む姿勢です。人が「面倒だ」と思うようなことも手を抜かず、しっかり向き合ってこなしていくことができます。学生時代は文化祭実行委員会に3年間所属し、文化祭をより良いイベントにするために注力してきました。ちょうど文化祭の来場者数が低迷気味の時期に参加したので、チラシ配りやSNSでの呼びかけなど、宣伝活動を積極的に行いました。最初は不参加だったメンバーも、何度も話し合いを重ねてから次第に協力してくれるようになり、その年から来場者数が約20%増えました。この経験を御社でも活かし、社内外の人の心を動かせるよう、誠心誠意1つ1つの業務に向き合っていきたいと考えています。

30秒以内で収める場合の例文(150文字~200文字程度)

何事にも真摯に取り組み、しっかり向き合っていけることが私の強みです。文化祭実行委員会に3年間所属し、来場者数の低迷期には周囲にも協力を仰ぎ、チラシ配りやSNSでの呼びかけなどを行いました。結果的にその年から来場者数が上昇しました。この経験をもとに、1つ1つの業務に向き合い、社内外の人の心を動かせる人材になりたいと考えています。

20秒以内で収める場合の例文(100文字~150文字程度)

私は何事にも手を抜かず、しっかりと向き合える人間です。3年間所属した文化祭実行委員会では、文化祭を盛り上げるために周囲にも呼びかけて宣伝活動に力を入れ、来場者数の増加に貢献しました。御社でも1つ1つの業務に真摯に取り組んでいきたいと考えています。

面接本番で効果的に自己PRする3つのコツ

せっかく内容を練り込んだ自己PRを用意しても、本番で発揮できなければ結果に繋がりません。面接本番でアピールポイントを効果的に伝えるための、3つのコツをご紹介します。

1.時間別であらかじめ練習する

自己PRを時間内に収められるように、時間を測って話す練習をしましょう。基本的には1分以内ですが、念のため30秒や20秒の時間別でも練習しておくと安心して本番に臨めます。
話す時に無意識に出るクセがわかるので、練習の様子を撮影してみるのもおすすめです。

2.暗記ではなく「会話」を意識する

面接では、コミュニケーションや会話を意識することが大切です。もちろん事前の練習も重要ですが、いかにも「内容を暗記してきました」という棒読みの話し方では相手に不自然な印象を与えてしまいます。
ただ覚えた内容を口に出すのではなく、面接官との自然な会話を心がけましょう。

3.恥ずかしがらずに堂々と話す

面接本番は緊張するかもしれませんが、できるだけハキハキと話しましょう。話す時に声が小さかったり、下を向いていたりすると自信なさげに見え、せっかく考えた自己PRや志望動機の内容も説得力が薄れてしまいます。
本番では、なるべく堂々とした受け答えを意識するようにしましょう。

面接は、限られた時間内で自分をアピールしなければいけません。本番で力を発揮できるよう、入念に準備をしておきましょう。

キャリアチケットについて

キャリアチケットは、就活生の最高のキャリアスタートを支援するサービスです。

カウンセリングで相談してみる

20社内定した学生の就活ノートがもらえる!