就活におけるOB訪問のメールはどう書く?書き方とマナーを解説!

このページのまとめ

  • 就活でOB訪問先にメールを送る際は、誤字脱字や時間帯に注意しよう
  • OB訪問をお願いするメールを送るときは、連絡先を知った経緯も書いておこう
  • OB訪問の可否に関わらず、相手からメールが来たら返信をしよう
  • OB訪問後はお礼のメールを忘れないようにしよう
  • 内定先が決まった後も、報告を兼ねて御礼のメールを送ろう

就活におけるOB訪問のメールはどう書く?書き方とマナーを解説!の画像

就活中は、OB訪問をして企業への理解を深めたいと考えているものの、どのようなメールを送れば良いのか悩んでいませんか?
OB訪問ではお願いするときだけでなく、返信やお礼のメールも送る必要があります。社会人の先輩に失礼がないよう、マナーを意識した対応を心がけましょう。
このコラムでは、OB訪問に関するメールの書き方やマナーを、シチュエーション別に解説します。例文も載せているので、参考にしてください。

就活のOB訪問はメールのやり取りが必要不可欠

企業研究の一環として、OB訪問で実際に働いている先輩の話を聞きたいと考えている方もいるでしょう。
OB訪問をする際は、アポイントの取り付け返信、訪問後のお礼など、メールでの連絡が必要になる場面が複数あります。
相手が社会人であることを念頭に置き、マナーを意識したやり取りを心がけましょう。

OB訪問に関するメールで注意すべきポイント

OB訪問のメールを送る際の基本的なマナーをご紹介します。

誤字脱字や名前の間違いに注意

メールを送る際は、誤字や脱字、名前の間違いがないようにしましょう。
誤字や脱字があると、「注意力がない」「いい加減」というマイナスな印象を持たれる恐れがあります。
また、相手の社名や担当者名の間違いも失礼に当たるため、要注意です。
メールを送る前に、間違いや漏れがないか入念にチェックしましょう。

返信はなるべく早めにする

相手からメールが届いたら、なるべく早めに返信をしましょう。
当日中か、遅くとも翌日の朝には返信するのが理想的です。
ただし、早朝や夜遅い時間帯のメール送信は非常識と思われる恐れがあるため、避けましょう。
目安としては、朝9時~夕方の時間帯に送るのがベターです。

決定後の日程・時間変更はNG

基本的に、OB訪問が決定した後の日程・時間の変更はマナー違反です。
家庭の事情や体調不良など、やむを得ない事情がない限りは最初に設定した日程と時間を守るのが基本です。
どうしても日程・時間変更が必要になった場合は、メールではなく電話で連絡しましょう。

▼関連記事
OB訪問のメールはマナーが大事!依頼やお礼の仕方とは
構成やマナーはどうする?就活メールの基本が知りたい!

OB訪問する際のメールの書き方

OB訪問を決めたら、相手先の企業にメールを送って許可を取りましょう。
用件が一目で分かるよう、件名は「OB訪問のお願い(大学名 名前)」にします。
また、相手に警戒されてしまう恐れがあるため、連絡先を知った経緯も忘れずに書いておきましょう。
最初のメールの段階では相手の都合が分からないため、日程の調整は相手に任せるのが無難です。

例文

件名:OB訪問のお願い(◯◯大学 キャリア花子)

本文:
株式会社◯◯ ◯◯部
◯◯様

初めまして。突然のご連絡失礼いたします。
◯◯大学◯◯学部のキャリア花子と申します。

大学の学務課で◯◯様をご紹介いただき、OB訪問のお願いでご連絡いたしました。
私は現在就職活動を行っており、貴社を志望しています。
ぜひ◯◯様にお会いし、貴社についてお話を伺いたいと考えております。
お受けいただけるようでしたら、◯◯様のご都合の良い日時をお知らせいただけませんでしょうか。

ご多忙中に大変恐縮ではございますが、ご検討いただけますと幸いです。
何卒宜しくお願い申し上げます。

----------------------------------------------------------------------------
◯◯大学◯◯学部3年 キャリア花子
メールアドレス:◯◯◯◯@◯◯.jp
電話番号:000-0000-0000
----------------------------------------------------------------------------

OB訪問の交渉先からメールが届いたときの返信方法

先輩からメールの返事が来たら、OB訪問の可否に関わらず返信のメールを送りましょう。
いずれの場合も、なるべくその日のうちに返信してください。

承諾してもらった場合

OB訪問を承諾してもらった場合は、指定された日時に伺う旨と、当日聞いておきたいことを簡潔に書きましょう。聞かれる内容があらかじめ分かっていれば、当日相手もスムーズに話を進められます。
また、相手は社会人なので、急な仕事の都合でスケジュールが変更になることも想定し、緊急時に繋がりやすい連絡先を本文中に提示しておくと親切です。

例文

件名:◯月◯日(曜日)のOB訪問について(◯◯大学 キャリア花子)

本文:
株式会社◯◯ ◯◯部
◯◯様

お世話になっております。
◯◯大学◯◯学部のキャリア花子です。

この度は、ご多用のところOB訪問をご承諾いただき、誠にありがとうございます。
私は現在就職活動を行っており、貴社を志望しています。
ご提示いただきました◯月◯日(曜日)◯時◯分に、貴社にお伺いします。
当日伺いたいお話を事前にお知らせいたしますので、ご確認いただけますと幸いです。
・質問
・質問
・質問
以上でございます。

急用等で日程に変更が生じた場合は、
私の携帯電話(000-0000-0000)までご連絡いただければと存じます。
何卒宜しくお願い申し上げます。

----------------------------------------------------------------------------
◯◯大学◯◯学部3年 キャリア花子
メールアドレス:◯◯◯◯@◯◯.jp
電話番号:000-0000-0000
----------------------------------------------------------------------------

断られた場合

相手の都合が合わず、OB訪問を断られた場合も、忙しい中返信をくれたことに対するお礼のメールを送りましょう。

例文

件名:返信のお礼(◯◯大学 キャリア花子)

本文:
株式会社◯◯ ◯◯部
◯◯様

お世話になっております。
◯◯大学◯◯学部のキャリア花子です。

この度は、OB訪問に関してご返信をいただき、ありがとうございます。

ご予定が合わないとのこと、承知いたしました。
突然のお願いにも関わらず、ご検討いただき誠にありがとうございます。
また別の機会がありましたらお話をお聞かせいただけますと幸いです。

今後とも宜しくお願い申し上げます。

----------------------------------------------------------------------------
◯◯大学◯◯学部3年 キャリア花子
メールアドレス:◯◯◯◯@◯◯.jp
電話番号:000-0000-0000
----------------------------------------------------------------------------

OB訪問後はお礼メールが必要?

OB訪問が終わったら、時間を割いてくれた先輩に必ずお礼のメールを送りましょう。礼儀としてはもちろん、今後自分を振り返るための活動記録にもなります。
できればOB訪問の記憶が鮮明な当日中、難しければ翌日の朝にメールを送るのがベター。
先輩のお話で特に印象に残っていることや、気づきなどを書き添えると感謝の気持ちがより伝わるでしょう。

例文

件名:OB訪問のお礼(◯◯大学 キャリア花子)

本文:
株式会社◯◯ ◯◯部
◯◯様

お世話になっております。
本日OB訪問で貴社にお伺いした◯◯大学◯◯学部のキャリア花子です。

本日はお忙しい中お時間を割いていただき、誠にありがとうございました。
◯◯様のお話から一つの製品を作り上げる楽しさや難しさを学ぶことができ、貴社の事業への理解が深まりました。
また、貴社への入社意欲も一層高まり、◯◯様のような製品と真摯に向き合う方とともに働きたいと思いました。

今後とも何卒宜しくお願いいたします。

----------------------------------------------------------------------------
◯◯大学◯◯学部3年 キャリア花子
メールアドレス:◯◯◯◯@◯◯.jp
電話番号:000-0000-0000
----------------------------------------------------------------------------

▼関連記事
これで完璧!気持ちが伝わるOB訪問のお礼メールは?

内定後にOB訪問先へお礼メールを送る必要性

内定を獲得し、就職活動が終わった後も、できればお礼メールを送っておきたいもの。
就職先がOB訪問をした企業でなくとも、報告も兼ねて忙しい中対応してくれたことに改めて感謝の意を示しましょう。

例文

件名:OB訪問のお願い(◯◯大学 キャリア花子)

本文:
株式会社◯◯ ◯◯部
◯◯様

お世話になっております。
◯月◯日(曜日)にOB訪問に対応していただきました、◯◯大学◯◯学部のキャリア花子と申します。
その節は貴重なお時間をいただき、誠にありがとうございました。

この度△△株式会社から内定をいただき、就職活動が終了したことをご報告いたします。

◯◯様の「自分が何をしたいかだけでなく、何ができるか考えることも大切」というお言葉は、就職活動の方向性を定める一助となりました。
悔いのない就職活動ができたのは、◯◯様のおかげです。心より御礼申し上げます。

今後またご縁がございましたら、何卒宜しくお願いいたします。
◯◯様のますますのご活躍を祈念しております。

----------------------------------------------------------------------------
◯◯大学◯◯学部3年 キャリア花子
メールアドレス:◯◯◯◯@◯◯.jp
電話番号:000-0000-0000
----------------------------------------------------------------------------

キャリアチケットについて

キャリアチケットは、就活生の最高のキャリアスタートを支援するサービスです。

20社内定した学生の就活ノートがもらえる! LINE友だち登録をする