インターン中のバッグや服装、何が正解?

このページのまとめ

  • インターンに参加する際、ふさわしい服装は男女ともにビジネススーツが好ましい
  • バッグは、スーツに合わせてビジネスバッグを選択するのが良い
  • 私服を指定された場合、ラフな普段着ではなくオフィスカジュアルを目指す

参加することで採用に有利に働くと言われることの多いインターン。就職活動において重要な役割を占めるイベントの1つと言えるでしょう。
学生側だけでなく、企業側も早期に優秀な人材とコンタクトを取りたいと考えており、重要視しているところは多いものです。企業に好印象を与えられるよう、ここでは身だしなみについてご紹介いたします。
インターンにピッタリな服装やバッグとは?男女別に見ていきましょう。



 

インターンの服装・バッグ:男性編


男性におすすめのインターン中の服装とバッグについてそれぞれご紹介いたします。

服装

学生とは言え、インターン中も仕事であることに変わりはありません。一緒に働く社員と大きな相違のない身だしなみで参加することが望ましいでしょう。
仕事にふさわしい格好と言えば「スーツ」です。黒や紺、ダークグレーなどの落ち着いた色合いのものを選びます。リクルート用と書かれたスーツを購入しておけば間違いないでしょう。
大切なのはしっかり着こなせているかどうか。友人から借りた、兄弟からのお下がりということが分かるような着こなしをしないよう、自身の体型に合ったサイズ・裾の丈のものを選びます。

ワイシャツは白一択。長袖を着用し、シワが無いようしっかり当日までにしっかりアイロンをかけておきます。ネクタイは、情熱や熱意をアピールできるエンジ、またはフレッシュさやスマートさをアピールできるブルーなどのカラーがおすすめです。
結び方は、プレーンノットかダブルノットが適していると言われています。
ベルトと靴は革製の黒を選択。靴下は、黒や濃紺といったダークカラーを選ぶと良いでしょう。

▼関連記事
インターンシップの服装はスーツ?オフィスカジュアル?

バッグ

スーツで参加する場合には、服装に合わせてフォーマルなビジネスバッグが望ましいです。色は黒で、A4サイズの書類が入り自立するものがおすすめ。
リクルート用のカバンであれば間違いありません。就活の間ずっと使用することになるため、ポリエステルやナイロンなどの耐久性・防水性に優れた、軽い素材のものを選ぶと良いでしょう。



 

インターンの服装・バッグ:女性編


次に、女性におすすめの服装とバッグについてそれぞれご紹介いたします。

服装

女性の場合も、男性同様リクルートスーツを選択しましょう。色は黒で無地のもの。ボトムスはスカートとパンツの2種類ありますが、どちらでも大丈夫です。
活発な印象を与えるパンツ、柔らかい印象を与えるスカート、与えたい印象や自身の体型に似合うほうを選択すると良いでしょう。スカートの場合、気をつけたいのは丈の長さです。
立ったときに膝がしっかり見えている長さでは、座った際に太ももが露出し過ぎてしまう恐れがあります。立ったときに膝がしっかり隠れる、または半分くらい隠れる丈感のものがおすすめです。サイズは自身に合っているものを選びましょう。
また、ストッキングにも注意が必要です。色は自身の肌に馴染むものをチョイス。気づかず伝線してしまっていることも多いため、常に気にしておき予備を準備しておきます。
靴は黒のプレーンなパンプスがおすすめです。ヒールは3~5cmのものをチョイス。必ず試着し、自身の足にフィットする履き心地の良いものを選びましょう。
スーツの下は、白のブラウスを着用し、一番上までボタンを留めます。 

▼関連記事
基本はスーツ?インターンシップの服装は何がベスト?

バッグ

バッグも、男性同様リクルート用のものであれば間違いありません。手提げタイプの男性用に対し、女性用はショルダータイプです。
黒で無地、A4サイズが入る自立するもの、耐久性や防水性に優れた素材のバッグを選びましょう。



 

「私服で来てください」と言われたら?


インターン先の企業によって、服装の指定は異なります。スーツ着用の企業もあれば、カジュアルな雰囲気の職場であれば「私服」または「服装自由」との指示があるでしょう。
企業側の指示に従って、相手が求める服装で参加することが大切です。「服装自由」との指定の場合は、私服とスーツどちらで行っても構いません。
しかし、「私服指定」の場合にスーツを着用するのは避けたいところ。そうは言っても、あくまでもお仕事体験をさせてもらっている立場です。
普段どおりのラフすぎる服装ではなく、仕事を意識したオフィスカジュアルが望ましいです。

▼関連記事
インターンシップでは何を着る?服装選びのポイントとは

オフィスカジュアルとは

男性向けのオフィスカジュアルとして、ジャケット・シャツ・パンツのセットがおすすめです。落ち着いた色合いを選びましょう。
インナーはシャツのほか、Tシャツなどでも浮かない企業もありますので社風に合わせて応用させてみてください。寒い場合にはジャケットの代わりにカーディガンを着用しても良いかもしれません。
パンツは、スラックスタイプのものであれば間違いないですし、チノパンタイプもオフィスカジュアルとしてふさわしいと言えます。

女性も男性と同じく、ジャケット・ブラウス・スカート(パンツ)のセットがおすすめ。インナーはブラウスやシャツが無難です。
しかし企業によっては、カットソーやニットなども良しとされる職場もあります。
企業の雰囲気を見て、悪目立ちしないようなアイテムを選ぶと良いでしょう。

ちなみに、避けたほうが良いとされるアイテムは、デニムやタンクトップ、ミニスカート、ショートパンツ、スニーカー、サンダルなど。
派手すぎない色や柄で、落ち着いた印象を与えられるアイテムを選ぶことが大切です。

バッグは、スーツ時のようにビジネスバッグではなく、落ち着いた色合いのトートバッグなどが好ましいでしょう。キャラクターものやメッセージ性の強いものなどは避け、シンプルなものを選びます。

▼関連記事
「服装自由」のインターンは、スーツで行くべき?



 

こんなバッグは避けよう


学生生活で使用していたバッグをそのまま使用する人もいるかもしれませんが、これは避けたいところです。ほとんどの場合が、学校生活上での使用を目的に購入しているため、カジュアル過ぎる印象を与えてしまいます。
それでは具体的に、就活やインターンなどのシーンでふさわしくないバッグとはどのようなものでしょうか。以下にご紹介します。

・リュック
・ボストンバッグ
・サークルのロゴ入りバッグ
・ブランド物だとひと目で分かるバッグ
・ファーバッグやカゴバッグなどの季節を問いファッション性の高いもの

また、上記以外のものでも、マジックテープやキーホルダーがたくさん付いたもの、汚れがひどいものなどは避けましょう。中にはリュックを使用している社会人もいますが、就職活動では好まれないことが多いです。

▼関連記事
インターンシップの鞄選びに迷っている人へ



 

バッグも身だしなみの一環と考える


インターンでは、服装はもちろん持ち物であるバッグも見られています。バッグ1つですべての印象が決まるわけではありませんが、バッグもスーツと同様重要なアイテムの1つです。
バッグも身だしなみの一環であると考え、持ち物で悪い印象を与えてしまうことがないよう、マッチしたものを選択してください。

「インターンについて知りたい」「インターン時にふさわしい服装について知りたい」などの悩みをお持ちではありませんか?そんなときに頼りにしていただきたいのが、就職支援サービスを提供しているキャリアチケット。キャリアチケットでは、新卒者を対象に、適性や希望に合った求人のご紹介、ESや履歴書などの書類を書くコツ、面接官に好印象を与えられる面接対策などを実施しています。
まずはあなたのお悩みや現状についてお聞かせください。お問い合わせお待ちしています。



 

キャリアチケットについて

キャリアチケットは、就活生の最高のキャリアスタートを支援するサービスです。