インターンシップの鞄選びに迷っている人へ

このページのまとめ

  • インターンの服装はスーツ、私服指定の時はオフィスカジュアル
  • スーツの場合はビジネスバック、私服の時はトートバック
  • リュックはビジネスシーンに合っていないので避ける
  • 就活鞄は自立するタイプ、ポケットが多いタイプがおすすめ

インターンシップは職場の中に入るので、社内外の人に失礼のない格好をする必要があります。
今回のコラムでは、インターンにふさわしい服装と鞄の選び方を解説。私服指定の時はリュックを使っても良いのか、気になるマナーを学びましょう。



 

インターンシップの正しい服装

インターンは選考の場ではありませんが、インターン中にマナー違反があるとマイナス印象になり、選考に良くない影響が出る可能性があります。
インターンで好印象を持ってもらうには、発言や行動はもちろん、見た目も大切な要素。清潔感がある服装で、爽やかな雰囲気を演出しましょう。

基本の服装はスーツ

特に服装の指定がなかった場合、インターンシップにふさわしい服装はスーツです。
とはいっても、明るい色やストライプ柄が入ったスーツは避け、黒や紺、ダークグレーのリクルートスーツを選択しましょう。
「社員がおしゃれなスーツを着ている」という職場でも、就活生は企業にお邪魔して就業体験をさせてもらう立場。スーツのおしゃれは社会人になってから楽しみましょう。

▼関連記事
「服装自由」のインターンは、スーツで行くべき?

私服指定はオフィスカジュアル

「私服でお越しください」と言われた時は、オフィスカジュアルを選ぶのが正解。就活で言う「私服」は普段大学に行く時のラフな格好ではなく、「ビジネスシーンで通用するスーツよりカジュアルな服装」と心得ましょう。
オフィスカジュアルはスーツに比べてアイテムの選択肢が多いですが、男性はジャケットにシャツ、スラックスが定番。女性もジャケットもしくはカーディガンにパンツかスカートを合わせればOKです。
オフィスカジュアルでは、色が派手すぎないこと、スカート丈が長すぎず短すぎないことに気をつけましょう。また、私服だからといって半ズボンやサンダル、スニーカーはカジュアル過ぎるので避けてください。

▼関連記事
インターンシップの服装はスーツ?オフィスカジュアル?



 

インターンシップにはどんな鞄がふさわしい?

服装と同じくらい気を配りたいのが鞄選び。鞄は服装と同様真っ先に目に入るので、ビジネスシーンにふさわしいものを選びましょう。
ここでは、スーツとオフィスカジュアルそれぞれに合った鞄の種類をご提案します。

スーツの場合

リクルートスーツに合わせるなら、男女ともに黒のビジネスバッグが定番。男性は手で持つタイプ、女性はショルダータイプが一般的です。
素材は皮やナイロン、ポリエステルなど好みのもので構いませんが、キャンパス地といった生地感のあるものはカジュアルな印象になるので避けましょう。
ビジネスバックといってもブランドのロゴが大きく入ったもの、模様があるものは職場によっては好ましく思われない可能性があるので避けるのが無難。
特に女性用の鞄はデザイン性の高いものがありますが、インターンではシンプルかつベーシックな鞄を選ぶのが良いでしょう。
入学式で使ったビジネスバックがあれば、もちろんそれを就活で使ってもOKです。また、汚れや色あせがなく綺麗な状態なら、先輩や兄弟のお下がりを使っても問題ありません。

オフィスカジュアルの場合

オフィスカジュアルの場合、服装に合うならビジネスバックを使ってもいいですし、合わない時はトートバックでも良いでしょう。特に工場見学や外での活動がある場合は、肩にかけられメモがとれるトートバックがおすすめです。
トートバックには色々なデザインがありますが、オフィスカジュアルに合わせる場合は色合いやデザインが落ち着いたものを選びます。また、目立つキーホルダーやストラップはつけないようにしてください。

▼関連記事
インターン中のバッグや服装、何が正解?



 

リュックを選ばない方がいい?

インターンでは動きやすいリュックを使いたいという人がいるかもしれませんが、就活中はリュックは避けた方が良いといわれます。なぜならリュックには、「プライベートで使う鞄」という印象があり、ビジネスシーンにふさわしくないと考える人事担当者がいるからです。
最近ではビジネスに使えるデザインも増えていますが、就活生の立場で使用すると「常識がない」とマイナス評価される恐れがあります。また、リュックにはスーツにシワが入りやすいデメリットも。特に堅い業界では、余計な減点を避けるために定番のビジネスバックを使うのが良いでしょう。

もちろん企業や担当者によっては、「リュックでも気にしない」という意見もあります。持ち物が多いといった理由でどうしてもリュックにこだわりたい方は、インターンの1日目は無難なビジネスバックやトートバックで行き、周りの学生や職場の雰囲気を観察してはいかがでしょうか。
個性的な服装が許されるアパレル業界、人物本位の評価を行うベンチャーや外資系企業では、リュックでも問題ない場合があります。

インターンの服装や鞄の種類に迷った時は、業界や企業の雰囲気に合っているかを考えるのがコツです。
就活中はおしゃれや個性ではなく、ビジネスシーンにふさわしいか、職場の雰囲気に合っているかという基準でアイテムを選ぶと間違いがないでしょう。



 

鞄選びのポイント

最後に、就活で使う鞄選びのポイントをお伝えします。

自立するタイプ

面接時、椅子の下に鞄を置いた時に形が崩れるとだらしない印象を与えます。インターンの面接選考や本選考で使うことを考えるなら、自立するタイプの鞄を選びましょう。

A4サイズが入る大きさ

鞄には履歴書やエントリーシート、もらった資料を入れるため、A4ファイルが収納できる大きさを選びましょう。

撥水機能がある

絶対条件ではありせんが、撥水機能があると雨や雪、汚れに強くなります。就活中はどんな天候に見舞われるかわからないので、常に書類をぬらさない工夫が必要です。

ポケットが複数あると便利

身だしなみを確認する手鏡やモバイルバッテリー、筆記用具など、就活中はこまごました物を持ち歩くことになるので、ポケットがあると便利でしょう。
特に外ポケットつきの鞄は、ハンカチや定期などが取り出しやすくおすすめです。

高級ブランドは避ける

高級ブランドは人事担当者に良い印象を与えません。目立つロゴや模様がついた鞄は使わないようにしてください。

見た目に清潔感がある

いくら就活にふさわしいビジネスバックであっても、目立つ汚れやほつれがあるとだらしなく見えてしまいます。鞄の汚れはこまめに手入れをし、破れてしまった時は修理するか新しいものを買い直しましょう。


就活中のマナーに迷った方は、新卒支援のキャリアチケットにご相談ください。キャリアチケットでは専任のアドバイザーがカウンセリングを行い、就活の悩みを解消。
ご希望や適性に合った求人を提案し、応募先が決まれば選考対策から面接日程の調整まで全面的にバックアップいたします。
キャリアチケットで対策した場合の選考通過率は、1人で就活した時の1.39倍。仕事内容や社風を理解した上で応募を決められるので、入社後のミスマッチを防げるのもポイントです。
「就活が行き詰っている」「効率的に早く内定をとりたい」という就活生は、アドバイザーと話をしてみましょう!



 

キャリアチケットについて

キャリアチケットは、就活生の最高のキャリアスタートを支援するサービスです。